転職に伴う引越し費用は何がある?基礎知識と安く抑える方法

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 転職に伴う引越し費用は何がある?基礎知識と安く抑える方法
引越しアドバイス
引越しアドバイス
転職に伴う引越し費用は?
基礎知識と安く抑える方法
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「転職時の引越しにはどれくらいの費用がかかる?」「かかる費用の内訳・種類を知りたい」「引越し費用をなるべく抑えるコツは?」

転職先が現居から遠い場合は引越しをしなければなりません。 新たな職場でスムーズなスタートをきるためにも、引越しで必要となる費用やその抑え方を知っておきましょう。

今回は転職に伴う引越しではどのような費用がかかるのか、また抑えるコツなどをまとめましたのでぜひご覧ください。

転職に伴う引越し費用の主な種類

転職に伴う引越しではさまざまな費用がかかります。新たな職場で気持ちを新たに清々しく働くためにも、具体的な引越し費用の種類について知っておきましょう。

賃貸物件にかかる費用

転職時には新たな職場に通いやすい賃貸物件を借りることもあるでしょう。 そのため、転職に伴う引越しでは各種賃貸初期費用がかかります。

具体的には敷金・礼金・不動産会社への仲介手数料、前家賃などが必要になります。 これらを合計すると家賃のおよそ半年分になりますので、事前に準備しておいてください。

物件によっては敷金・礼金ゼロ、または仲介手数料不要といったものもありますので確認しておきましょう。

引越し業者に支払う費用

旧居から新居への引越し費用も必要です。

引越し費用は依頼する業者や運び出す荷物量、移動距離、オプションの有無などによってかなり違ってきます。 少しでも安く抑えたいと考えるならば複数の業者から見積りをとるようにしましょう。

業者に頼らず安価に引越しをしたい場合はレンタカーを借りて自力引越しをする方法もあります。 自力引越しでかかる費用はレンタカー代、ガソリン代、梱包資材代、手伝ってくれた友人らへのお礼などがあります。

梱包資材はコンビニやスーパーなどでもらえるので、さらに引越し費用を抑えたい人は検討してみてください。

引越しに伴う物品の購入費

新居で使う家具や家電を購入する場合はその購入費用も必要です。

たとえば、新生活を機に家具・家電を買い替えたいという方もいるでしょう。 また、旧居で使っていた物品のサイズが新居の間取りと合わない場合も買い替えが必要になります。

家具・家電は大きい買い物なので費用もかかりますが、長い目で見ると節約になるかもしれません。 たとえば、新型の省エネ冷蔵庫や省エネクーラーであれば電気代を大幅にカットできる可能性があります。 将来的にはランニングコストのダウンによる恩恵を受けられるのではないでしょうか。

転職に伴う引越し費用を抑える方法

転職先の会社に補助制度がないか確認する

引越し費用を抑える最もよい方法の一つが、転職先の会社の補助制度を利用することです。 補助制度があれば引越しにおける自己負担を軽減、またはほぼゼロにできるでしょう。

会社によっては新規採用者向けの引越し費用補助や家賃負担制度があります。 会社規則の確認をしたり担当部署へ質問したりして、事前に制度の有無を調べておきましょう。

会社によっては社宅や寮を所有していて、希望者に貸し与えているところもあります。 会社が一括で物件を所有または借り上げているので地域相場よりも家賃が安いため、自己負担を大きく軽減できる可能性があります。

国の補助制度を利用する

雇用保険を受給中であれば国から「移転費」が支給される場合もあります。 移転費は雇用保険受給資格者が次の職業に就くために住居変更が必要だと判断された場合に支給されるものです。

転職活動関連で国から補助される可能性のある費用として、「広域求職活動費」というものもあります。 現住所から遠い場所にある企業の面接・説明会に参加する際に必要となる交通費や宿泊費などを国が補助してくれます。

転職活動中はこうした補助を利用すれば、自己負担を大きく軽減できますので、ぜひ活用していきましょう。

引越し業者の料金が高くなるタイミングを避ける

引越しはタイミングによってその料金が大きく変わります。需要が高い時期は高くなり、需要が低い時期は安くなるイメージです。

一般的に引越しシーズンと言われるのが新生活の準備期間である3月~4月、企業の人事異動が多いとされる9月~10月です。 この時期は繁忙期で人員を確保するために引越しスタッフの人件費がアップするため、引越し料金も高くなります。

また、引越し土日・月末・午前中・大安など縁起の良い日も引越し需要が高いため料金が高くなりがちです。 なるべく自己負担を抑えたいのであればこれらのタイミングをずらすのが良いでしょう。

荷物の量を減らす

引越しの料金は運び出す荷物の量で大きく左右されます。 たとえば、ファミリー向け引越しだと荷物が多いため、作業スタッフの人数を増員し作業時間も増えますので人件費が高くなり費用も高くなります。

つまり、引越し費用をなるべく安く抑えたいならば荷物は少ないほうがよい、ということになるのです。

荷物をなるべく少なくするコツは断捨離することです。 使っていない不用品は粗大ごみなどに出したりリサイクルショップに引き取ってもらったりしましょう。 多少費用がかかりますが、引越し料金も大幅に削れます。

もし売れるものがあるならばフリマアプリやネットオークションを使って売却するのもおすすめです。 引越し費用を抑えるだけでなく売却による利益も得られるので一石二鳥といえます。

リーズナブルな引越し業者を利用する

引越し費用を誰でも簡単に抑える方法、それはリーズナブルな引越し業者の利用です。

数ある格安引越しの中でもおすすめなのが、独自の企業努力により徹底したコストカットを行い「業界最安クラスの格安料金」を実現している『ケーエー引越センター』です。 7,500円ポッキリの超激安パックを始めとしたさまざまなお得引越しパックを用意しています。

また、ケーエー引越センターはリーズナブルなだけでなく昨今流行しているコロナ対策も徹底して行っています。 熟練のプロスタッフによるサービスの質も高く満足度はかなり高い引越し業者といえるでしょう。

転職に伴う引越し費用を抑えるなら『ケーエー引越センター』

ケーエー引越センターの料金パック

ケーエー引越しセンターは首都圏の単身引越しで最安クラスの業者です。徹底したコストカットを行い、サービスの質を維持しつつもリーズナブルな引越し料金を実現しています。

また、引越し時にエアコンを移設したい方にもケーエー引越センターはおすすめです。 エアコン取り外し5,000円、取り付け7,000円と格安オプションを付属できます。

エアコン以外にも、引越し時に「やってほしいこと」「頼みたいこと」があればぜひケーエー引越センターに相談してみましょう。 引越し作業に関することならば便利屋レベルでかゆいところにまで手が届くサービスを格安で提供してくれます!

爆安75パック

爆安75パック』はリーズナブルなケーエー引越センターの中でも最も安いコンパクトな引越しパックです。

その名の通り7,500円ポッキリなので、荷物の少ない単身引越しであればぜひとも検討したいパックといえるでしょう。

爆安75パック』のパックの適用条件は以下です。

ダンボール20箱以内
東京23区内および指定近接エリア間の運搬
1階から1階のドアツードア運搬(依頼者の手伝いが必要)

この範囲内に収まるならば7,500円ポッキリ!オプションも格安なので必要であれば依頼してみましょう!

超節約パック

超節約パック』は「レンタカーよりも安い」をテーマにしたケーエー引越センターの格安引越しパックです。 自力引越しでレンタカーを使う場合、レンタカー代や手伝ってくれた友人への謝礼など意外と費用がかかります。 しかもプロの作業ではないので時間がかかりますし事故などのリスクもあるでしょう。

ケーエー引越センターの『超節約パック』ならば10,500円からなのでレンタカーよりもお得でスピーディー、しかも安全に引越しできます。

適用条件は以下です。

ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
ドアツードア運搬で依頼者の手伝いが必要
平日であること

レンタカーによる自力引越しを考えているならば、ぜひ『超節約パック』も検討してみましょう!

『標準パック』

ケーエー引越センターで最も人気のあるパックが『標準パック』です。

ダンボール箱90箱~120個まで可能でスタッフも最大3名派遣されるため、サービス内容としてはかなり手厚いものとなっています。 それでいて、最安価格は13,500円から!安心・安全・スピーディーでより質の高いサービスを求めるならば『標準パック』がおすすめです。

こちらのパックの適用条件は以下です。

ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

格安オプションも柔軟に追加できるのでぜひ検討してみてください。

ケーエー引越センターがリーズナブルな理由

爆安75パック』などケーエー引越センターは一般的な引越し業者と比べてかなりリーズナブルな価格設定をしています。 なぜそこまで料金を下げられるのか? その理由は無駄なコストを徹底的にカットしているためです。

たとえば人件費や交通費のかかる訪問見積もりを廃止しWeb見積もりを推進しています。 これはコストカットだけでなく、時間短縮や依頼者の負担軽減なども考えられた施策です。 また、下請け業者を使わずに専属スタッフのみの作業で余計な中間費用もカットしています。

他にも、中古車の仕入れ業務により作業用トラックを安価に仕入れたり、ガソリンを地域で最も安いセルフ給油で行ったりなどさまざまな面でコストカットを図っているのです。

ちなみに、ケーエー引越センターのパックは基本的な引越し作業のみにスリム化されています。 ダンボール代や養生、時間指定などはオプション化されていますので、利用者は必要なものを選んでいけます。 つまり、自分に合わせて引越しパックをカスタマイズできるという特徴があるわけです。

安くて無駄が一切ない、利用者にとってケーエー引越センターは使い勝手の良い引越し業者といえるのではないでしょうか。

転職時の引越しにかかる費用を工夫して抑えていきましょう

今回は転職に伴う引越しで必要となるさまざまな費用と、コストを抑えていくコツをご紹介しました。

引越し料金はもちろん、賃貸物件の初期費用や新居用の物品購入など意外とお金がかかります。 転職先の会社や国の補助制度を活用したり引越しタイミングを厳選したりして、費用をなるべく抑えていきましょう。

また、格安引越し業者を選ぶのも大きなポイントです。 特にケーエー引越センターはリーズナブルでサービスの質も高く信頼感があり口コミでも評判が高い引越し業者です。

爆安75パック』を始めとした業界最安クラスのパックをぜひご検討ください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる