引越しの訪問見積もりを安く抑えるコツ|依頼までの基本的な流れは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 03-5656-2858
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越しの訪問見積もりを安く抑えるコツ|依頼までの基本的な流れは?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越しの訪問見積もりを安く抑えるコツ
依頼までのまでの基本的な流れは?

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは引越しの訪問見積もりを安く抑えるコツについて、ご説明しますね!

引越し費用を決めるための方法として、多くの引越し業者が行っているのが訪問見積もりです。 しかし、この訪問見積もりはどのようなことをするのかを知っているのは利用したことがある依頼者の方だけではないはず。

そこで今回は、引越しにおいての訪問見積もりでは何をするのかを、見積もり依頼するまでの流れや注意点とともに解説します。 そして、その見積金額を安く抑える方法や、あえて訪問見積もりをしない引越会社などもご紹介します。

引越しの訪問見積もりとは?

引越し見積もりでは、引越し業者のスタッフが依頼者の自宅に訪問するのが一般的です。以下では、引越の訪問見積もりについて解説します。

訪問見積もりとは?

訪問見積もりとは、引越し業者の営業スタッフが利用者の自宅に訪問し、運ぶ荷物のサイズや量を正確に確認したり、必要なトラックのサイズ、ダンボールの数、作業員の人数、必要な依頼者におすすめできるオプションサービスを事前に確認して引越し作業にかかる費用の見積もり金額を算出するために行う事です。

また、作業時に住宅の搬入出ルートをチェックする役目もあります。

訪問見積もりのメリット・デメリット

メリット

訪問見積もりのメリットとしては、家具やダンボールなどの家財の量を正確に把握できるため、適正なトラックのサイズを決められることがあります。

また、オプションサービスにかかる費用の詳細がわかり、荷物が乗り切らない、梱包資材が足らない、追加作業が必要になるなど引越し当日のトラブルを回避しやすいということもあります。 引越しに関する質問、相談、要望があれば事前に伝えることも可能です。

さらに、業者によっては、訪問見積もりを依頼するだけで、お米や日用品などのプレゼントがもらえることがあります。

デメリット

デメリットとしては、利用者が訪問見積もりに立ち会う時間を捻出したり、住んでいる家の中や荷物を見られてしまうので、特に女性の場合などはクローゼットの中など、見られたくないものは片付けておく必要がでてきます。

そこで、一人暮らしの女性の引越しの場合には、女性スタッフが作業するレディースプランを用意する業者もあり、女性の利用者にとっては非常に安心できるとされています。

また、転居先や日程が決まっていないと、正しい見積もりが出せなかったり見積もり自体を断られる可能性もあります。

さらに、同時に別の商品の営業をされる場合があったり、さらに強引に契約を迫られるなどの弊害があります。口コミサイトや一括見積もりサイトのアンケートなどで、その業者の評判を見ることもできます。

引越しの訪問見積もりの所要時間と流れ

業者選びの際は複数の引越し会社に相談することも少なくありません。訪問見積もりのスケジュールがバッティングしないように、基本的な所要時間と流れについておさえてください。

訪問見積もりの所要時間

訪問見積もりの所要時間は1時間程度です。 また、金額 や作業の比較のために、複数の業者に同日で訪問見積もりを依頼する場合は、余裕を持ったスケジュールで業者同士のタイミングが重ならないよう心がける必要があります。

訪問見積もりの流れ

STEP1:複数の業者に見積もりを依頼する

料金を安く抑えるに複数業者に相見積もりを取るのがおすすめです。2~3社以上に見積もり依頼をするのが目安となります。 方法としては、直接複数の業者に申し込んだり、引越し一括見積もりサイトを利用することもできます。

また、今の引越し相場がどうなっているのか、このサイトで調べるなど、事前の情報収取を

STEP2:訪問見積もりの日程を決める

安さだけでなく、自分の引越しに適している数社の業者と連絡を取り、タイミングがかぶらないよう日程を調整し、スムーズに行なわれるようにすることが重要です。 営業スタッフが訪問しても大丈夫な日を複数リストアップし、重ならないように調整してください。

複数の営業スタッフに同時に訪問してもらうことはマナー違反となります。順番としては、頼みたいと考えている業者を後のほうの日程にしておくのがおすすめ。 これは訪問見積もり時に、それまでの業者の見積もりから、引越しの相場を知ることで、値引きの交渉をしやすくするためです。

STEP3:各業者と荷物量など引越しの条件を確認

見積もりは、各業者が訪問し、荷物のある部屋すべてを確認することになりますので、持っていく荷物や処分する不要な荷物などの説明準備ができるようにしておくことも大切です。

引越しの日程や依頼したい作業内容と業者のサービス内容をすり合わせ、引越しの時間帯、エアコンの移設工事の有無、不用品回収の有無、梱包作業の有無など必要なポイントを全て伝えます。

業者によっては価格交渉に応じてくれることもあります。また、要望・質問・相談などについては、積極的に伝えてください。粗悪なサービスを提供する業者もあるため、営業スタッフの印象から信頼性を判断してください。

STEP4:各業者が作成した見積書を比較検討

業者が会社と連絡を取り、トラックの空き状況、オプションサービスの対応可否を確認し、これまで確認した条件をもとに、業者が見積書を作成します。

契約がその場で決まれば、梱包材として無料でダンボールを渡してくれる業者もありますが、後で契約してもサービスは受けられるので、その場では契約せずに時間をかけて判断することが重要です。

特に複数社に引越し見積もりを依頼して業者選びをしたい場合は、一旦時間を置いて検討してください。インターネット上の料金相場などを参考にするのもおすすめです。

引越しの訪問見積もりを安く抑えるコツ

引越しの見積もり金額を安く抑えたい場合には、以下のようなポイントをおさえておくことをおすすめします。

即決価格にすぐ応じない

見積もりを提出し「今決めてもらうと◯◯円に安くする」など即決を条件に交渉される場合が多く見受けられます。しかし、即決するのは他社の条件もすべて聞いて納得してからにしてください。

その値段が安いのか高いのかわからないからです。他の業者の見積もりを参考にしなければ、最安かはわかりません。また、口約束で料金を提示する営業スタッフもいるため、書類を提示してもらうことをおすすめします。

「他社にも依頼しているので、見積もりが出揃ってから検討したい」ときちんと伝えることが重要です。 複数社の見積もりが出揃った後、頼みたい業者に交渉することになりますが、一番安い引越し業者の見積額より高ければ、その金額を提示して値引き交渉します。

特定の業者を決めたら、他の業者にはキャンセルの連絡を必ず入れるのもエチケットです。

事前に荷物の量を減らす

荷物量が減ればトラックのサイズが小さくなり、作業人員や梱包材を減らすこともできるので費用を削減することにつながります。 その際、廃棄するだけでなく、不用品はフリマアプリなどで処分すれば、お金を得られることがあるので積極的に利用してください。

また、引越しは断捨離のチャンスですから、この際に不用品を処分すれば新しい生活をすっきりとした気持ちで始められます。身の回りに不要なものがないか探してみてください。

繁忙期の予約は避ける

引越しが集中する時期である繁忙期の直前には、通常期よりも、訪問見積もり自体の予約も取りにくくなり、人気のある引越し業者では電話がつながりにくいほどです。

4月の引越しを予定していても、出来るだけ早いタイミングで見積もり予約をする必要があります。

訪問見積もりをしなくても大丈夫?訪問なしのメリットと注意点

引越し見積もりに営業スタッフの訪問は必須なのでしょうか。時間を調整しなければならないため、手間を感じる方も多いはず。以下では、訪問なしの引越し見積もりのチェックポイントを解説します。

訪問見積もりなしで引越し作業の依頼は可能?

実は、引越しの訪問見積もりは必須ではありません。引越し業者によっては、訪問なしでの見積もり依頼に対応しています。

ただし、訪問の有無にかかわらず、見積もりの作業自体は必要です。自宅への訪問以外の方法で業者とやり取りを行うことになります。Webサイトの入力フォーム、電話、メール、チャットなどが代表的な方法です。

通常、訪問なしの見積もりに対応している業者はホームページなどにその旨を記載しています。また、業者にとっても手間や人件費がかからなくなるため、引越し費用を安く抑えているケースが一般的です。少しでも料金を抑えたい場合は、訪問なしでの見積もりに対応している業者を探してください。

訪問なしで引越しを依頼するメリット

訪問なしで引越しを依頼する場合のメリットとして、訪問見積もりと比べて手間がかかりにくい点が挙げられます。オンラインのみでやりとりできる場合は、特に速やかに見積もりが可能です。荷物量や作業内容などの情報から、簡単かつスピーディに見積もりを知れます。 また、訪問見積もりのためにわざわざスケジュールを調整する必要がない点もメリットと言えます。引越し当日までに時間に余裕がない場合でも利用しやすくなります。相見積もりをとる場合も、訪問なしであればさらに多くの会社の見積もりを確認できます。

訪問なしで引越しを依頼する注意点

訪問なしでの見積もりを依頼する場合、業者側にとっては依頼者側から提供される情報しか見積もりの判断材料がありません。

そのため、荷物量や必要な作業については、正確に引越し業者へ伝える必要があります。見落としがあると、当日に追加の対応が発生し、料金が加算されることになりかねません。

また、追加料金や有料サービスについて事前に確認しておくのがおすすめです。予想外の追加料金を防ぐことにつながります。

これらの点から、引越しで持っていく荷物と処分する荷物がある程度決まってから業者に相談することをおすすめします。荷造りを済ませておき、ダンボールの数などで荷物の量を伝えられると理想です。

訪問見積もりなし!ケーエー引越センターの見積もり方法と料金プラン

ケーエー引越センターは、荷物量の少ない単身者向けに特化しているため運べる荷物量を制限しているので、訪問見積もりをしなくても問題はなく、しかも訪問見積もりのコストをカットして、引越し費用を極力安くすることが出来ます。 一般的な引越し業者では訪問見積もりは無料サービスとされていますが、人件費や交通費など、諸々のコストがかかっており、それが引越し料金に転嫁されているのです。

その他にも適用エリアを絞ることで効率よく作業をこなせ、広告費を抑えたり、荷物量の少ない単身者の引越しに重点を置くことで、大きなトラックや多くの作業員を抱えずに済むなどの方策でも低料金を実現することにつながっています。

必要なものだけを選べるケーエー引越センター

また、無料の梱包資材やサービス品なども同じ理由でカットしています。 無料サービスとされるダンボールも、当然引越しの料金の中にあらかじめ組み込まれていることが多く、自分で用意することが出来る人にとっては無駄でしかありません。

ケーエー引越センターでは梱包用ダンボールが必要かどうか、という所からオプションで選べるので、無駄のない引越しパック・プランを作れます。

その代わり、運送時に便利なハンガーBOXのレンタルや、無料の布団袋を用意しているので不便はありません。

ケーエー引越センターの「簡単見積もり」とは?

ケーエー引越センターのWebサイトのフォームに数項目入力するだけで概算の見積もりができるサービスが簡単見積もりです。

名前・電話番号など個人情報、引越し希望日、現在の住所、引越し先の住所を記入すると、2トントラックで積み切りパックの場合の見積額などがメールで送られてきます。

ケーエー引越センターの料金プラン

『爆安75パック』

爆安75パック』は、運べる荷物量がダンボール20箱以内で最安値7,500円からという同荷物量の宅配便同等かそれ未満の爆安価格を実現しています。 しかも新居へ直行するのでスピーディに行えます。

適用エリアは同一区内、または隣接する区で、他には利用者が荷造りし、運搬を手伝うことも条件になります。
荷物量の少ない単身者で都内へ引っ越す人などでとにかく安く引っ越しを終わらせたい人に向いているプランです。

『超節約パック』

爆安75パック』の倍以上の荷物量であるダンボール約50個相当(容積4.6㎥)までが可能で料金は10,500円からというレンタカー料金並みなのが『超節約パック』。

大きな家財さえなければ、単身引越が十分可能になり、同一区内、または隣接する区へのお引越しから、20km以内へのお引越しまで対応しています。
爆安75パック』同様に荷造りとお手伝いもお願いしています。

『標準パック』

ダンボールへの荷造りと荷解きは、利用者自身で行うことになりますが、大型家具や家電類の荷造り、そして養生と設置は、ケーエー引越センターの専門スタッフが担当します。
家族の引越しでは標準的なダンボール約90個相当(容積8.4㎥)~ダンボール約120個相当(容積10.5㎥)という荷物が運べて、スタッフが2~3名お伺いして13,500円からという一般的な『標準パック』とは比べ物にならない低価格が、ケーエー引越センターの『標準パック』です。

エリアは20km以内へのお引越しまで対応します。

引越し繁忙期の訪問見積もりはお早めに

「繁忙期は引越し料金が割高なのでさけたほうが良い」という事はかなり浸透していると思います。 しかし、相変わらず3月の末から4月の第一週目までに引越しは集中しているのはなぜでしょう? それは会社の転勤や卒業、入学など、時期を選べない引越しが多いからなのです。

転勤などは会社が引越し費用を負担してくれるケースがほとんどなので、引越し料金は高くても気にしないという事もあります。 また、新築物件の引き渡しも年度内に終わらせたいという理由も少なくありません。

どうしても繁忙期に引越しをしなければならない場合は、一刻も早く訪問見積もりを依頼することが重要です。 そして、新居の住所など細かい事がきまっていなくても、あるいは日にちが未定であってもとりあえず仮契約をして後で詳細が決まったら連絡するというような方法が出来ます。

また、近場の単身引越であれば引越しの日にちを希望する期間にして、業者の都合に合わせるといった方法もあります。 繁忙期といっても全ての曜日が忙しいわけではなく、必ずエアポケットのような空いている曜日があります。

そうすれば業者もスタッフや車両を遊ばせないで済むので、繁忙期料金であっても値下げしてくれることも考えられます。

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

全体のまとめ

引越しの訪問見積もりは、初めて経験する人には非常にストレスが多いことになります。

他人に自分の生活を見られるのですから当然です。 それで契約を迫られるのですから断るのも神経を使います。 それを何社も受け入れるとなると途中で妥協しそうになることもあります。しかし、少しでも安くするには頑張って行わなければなりません。

しかし、荷物の少ない単身者なら、そんな面倒で気を使う訪問見積もりは必要ありません。ケーエー引越センターの簡単見積もりを利用すれば、web上で全て完結するのです。 引越しが決まったら、まずはケーエー引越センターのホームページを訪れてください。きっとその低料金に満足するはずです。

ケーエー引越センター
ケーエー引越センターの「簡単見積もり」
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.