単身赴任の引越しでやるべきことは?費用の相場と安く抑える方法

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 単身赴任の引越しでやるべきことは?費用の相場と安く抑える方法
引越しアドバイス
引越しアドバイス
単身赴任の引越しでやるべきこと、
費用の相場と安く抑える方法
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「単身赴任の引越しではまず何をすべき?」「単身引越しの費用相場はどれくらい?」「引越し費用をなるべく安くする方法ってある?」

会社都合による転勤・単身赴任による引越しは会社から手当が負担されます。 とはいえ、会社からも「なるべく安く抑えて欲しい」という要望を受けたり、そもそも手当に上限があるため切り詰めたいと考えたりすることは少なくありません。

今回は単身赴任の引越しではじめにやるべきこと、引越し費用の相場、費用をなるべく安く抑えるコツをまとめてご紹介していきます。

単身赴任の引越しに必要な作業と手続き

勤務先の制度を確認する

単身赴任で引越しが必要となった場合は、単身赴任手当や住宅手当など各種制度が勤務先にあるのか担当部署に確認しましょう。

一般的には会社都合による転勤で単身赴任となる場合は引越し費用は負担されることがほとんどです。 住宅手当や帰省手当そのたさまざま補助、手当が支給される可能性がありますので、申請条件とともに事前に確認しておくと安心です。

新居を探す

会社が用意する社宅がない場合、単身赴任先の新居は自分で探すことになります。勤務地のある地元不動産屋やネットを駆使して吟味していきましょう。

単身赴任の場合、将来的には元の勤務地に戻ることが一般的です。 そのため、新たな家具・家電の購入はなるべく抑えたほうが良いでしょう。 そういった意味では家具家電付きの物件を選ぶと費用を抑えてかなりお得に引越しできます。

自宅から大型の荷物を運び出す必要がなくなるので引越し費用が安く済みますし、単身赴任終了後の家具・家電の処分に困ることもありません。

また、寝る場所さえあればよいという考え方もありです。基本的に自炊をしないと決めてしまって、コンビニや飲食店で食事を済ませれば家電を購入する必要がなくなります。そういった場合は、物件周辺に商店があるかどうかを確認しましょう。

必要な荷物を準備する

スーツやカバンなど、仕事で必要になる身の回りのものは事前にまとめておきましょう。 ただし、なるべく荷物は持っていかないほうがです。余計なものは増やさないほうが、作業が楽になります。必要な時点で現地購入するようにしてください。

引越し業者を手配する

新居が決まり運び出す荷物量がある程度決まったら引越し業者を手配します。 費用を安く抑えるには引越しシーズンを避け、複数の業者から相見積もりを取って比較検討すると良いでしょう。

自力引越しという手段もありますが、レンタカー代や手伝ってくれた友人への謝礼などもあるため意外と高くつきます。 単身者引越しに特化した業者の方が安く済むことも多いので、自力引越しはあまりおすすめできません。

住所変更に伴う手続きを行う

単身赴任では場合によって住所変更手続きを行う必要があります。 住民票は1年程度の短期的な単身赴任や、定期的に家族の住む実家に帰省する場合は不要です。ただ、長期化する場合は変更しておいた方が無難でしょう。

身分証明書になる運転免許証は引越し後に最寄りの警察署で変更しておきましょう。住民票の住所と異なっていても変更可能です。 電気・ガス・水道などのライフライン、インターネット設備は住所変更または新規開設手続きが必要です。 引越し後すぐに使えるように数週間前には手続きを済ませておくようにしましょう。

近隣への挨拶を行う

引越しをする際は近隣住民に挨拶回りをしておくことをおすすめします。 一昔前は集合住宅ならばそこに住むほとんどの人に挨拶をしていましたが、いまは新居の両隣と上下階の住民に挨拶すれば問題ありません。 逆に最低限、そこに挨拶しておけばトラブルが起きにくくなるのでおすすめです。

社宅に引越す場合は近所の住民が同僚または上司というケースも少なくありません。同じ社員同士、交流を深める意味でも挨拶を忘れずにしておきましょう。

単身赴任の引越し費用の相場

繁忙期(3~4月)の引越し費用の相場

距離 料金:単身(荷物少なめ) 料金:単身(荷物多め)
~50km未満(都道府県内) 平均4万638円 平均5万201円
~200km未満(同一地方内) 平均5万2,125円 平均6万346円
~500km未満(近隣地方) 平均5万1,077円 平均7万5,382円
500km~(長距離) 平均5万9,423円 平均8万1,741円

こちらは繁忙期における単身引越しの相場です。ご覧の通り、荷物量が違うと料金に大きな差がでます。

50km未満で1万円近く、500km以上の長距離になると2万円以上高くなります。費用をなるべく抑えたいのであればやはり荷物量はスリム化するほうがよいでしょう。

  • 【出典】価格.com「引越し費用・料金相場」 https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/
  • 本記事に記載した料金は2020年7月現在のもので、変更になる可能性があります。あらかじめご注意ください

通常期(5~2月)の引越し費用の相場

距離 料金:単身(荷物少なめ) 料金:単身(荷物多め)
~50km未満(都道府県内) 平均3万5,420円 平均4万2,240円
~200km未満(同一地方内) 平均4万6,187円 平均5万3,477円
~500km未満(近隣地方) 平均5万3,934円 平均6万7,639円
500km~(長距離) 平均5万7,022円 平均7万5,823円

こちらは通常期における引越し費用相場です。繁忙期と比べると全体的に5000円~1万円程度安くなっています。また、荷物量による差の開きが繁忙期よりも少ない傾向にあるようです。

  • 【出典】価格.com「引越し費用・料金相場」 https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/
  • 本記事に記載した料金は2020年7月現在のもので、変更になる可能性があります。あらかじめご注意ください

単身赴任の引越し費用を安く抑える方法

ケーエー引越しセンターの魅力

首都圏の単身引越しなら業界最安クラス!と言われているケーエー引越センターは、新卒者引越しの大きな味方となる存在です。

荷物量が少なければ7,500円から引越しできるプランがあるので、首都圏に就職する新卒学生さんにはかなりおすすめの業者といえるでしょう。

ケーエー引越センターがなぜ安いのか、その理由はとてもシンプルで「徹底したコストカット、効率化」を行っているためです。

訪問見積もりをカット
下請けを使わず中間コストをカット
稼働エリアを絞り効率化
サービスをオプション化してスリム化
ダンボールや養生など細かいサービスはオプション化

たとえば訪問見積もりは専門スタッフを依頼者の自宅に派遣する必要があるため、人件費や移動に使う車のガソリン代などがかかります。

訪問見積もりをなくすことでコスト削減はもちろん、引越しをスムーズに進めて効率化を図れます。このような努力の積み重ねが格安料金につながっているのです。

また、ダンボールなどの梱包資材や養生、時間指定などはオプション化することで基本料金を安く抑えています。 依頼者は自分でオプションをカスタマイズできるので、必要なものだけを利用して無駄な費用を省けるというメリットがあるのです。

このような理由から、新卒者向け引越しならば徹底したコストカットとカスタマイズ性で低料金を実現したケーエー引越センターがおすすめです。

ケーエー引越しセンターの主な料金プラン

爆安75パック

ケーエー引越センターでもっとも安い「ダンボール20箱以内なら7,500円」という価格を実現したプランです。この荷物量であれば宅配便よりも安く利用できるでしょう。 荷物の少ない引越しであればぜひ検討したいところです。

爆安75パック』には、ダンボールは自分で用意・対応エリアがある・旧居1階玄関から新居1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬といった適用条件があります。 これらに合致するかどうかを確認し、納得できたならばぜひ試してみましょう。

超節約パック

やや荷物量があり、レンタカーの自力引越しより安く済ませたいならばこちらのプランがおすすめです。

ダンボール50箱以内であれば10,500円から引越しできます。もちろん熟練のプロが派遣されますので、自力引越しと比べて労力はかからず、安全・スピーディーに引越しを進められます。

適用条件は、ダンボールを自分で用意・梱包、対応エリアあり・ドア・ツー・ドア運搬・平日です。

『標準パック』

業界最安クラスを誇るケーエー引越センターでもっとも人気のあるプランがこちらです。

ダンボール90箱以上の荷物運搬が可能で、料金の平均は1万5,500円となっています。多数の荷物を運べますので荷物の多い単身者はもちろん家族引越も格安で行えるでしょう。

適用条件はダンボールを自分で用意・梱包、対応エリアあり・ドア・ツー・ドア運搬・平日となります。

単身赴任の引越しは計画的に進めることでかなりお得になる!

今回は新卒の引越しで必要となる費用や安く抑えるコツをご紹介しました。

基本的に新卒の引越しでは、入社直後に転属などにならない限りは会社負担になるケースはほとんどありません。ただ、何らかの補助が出る場合もあるので入社前に確認しておいた方が無難でしょう。

また、引越し時期が繁忙期と重なるため、日時を調整したり事前予約をしたりなどの工夫で費用を安く抑えておきたいものです。 ケーエー引越センターは首都圏の単身者向けに特化した引越し業者なので、新卒者にも向いている業者です。

ケーエー引越センターで安くて安心・安全でスピーディーな引越しをして新生活を清々しく迎えましょう!

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる