転勤に伴う引越し費用はどこまで会社負担?注意すべきポイント

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 転勤に伴う引越し費用はどこまで会社負担?注意すべきポイント
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

転勤の引越し、どこまで会社負担?
注意すべきポイント

「転勤が決まったけど、引越し費用はどこまで会社が負担してくれるの?」
「転勤時の引越しで自己負担になる費用があるの?」
「自分への負担をなるべく少なく引越ししたい!」

転勤による引越しは会社都合のため、基本的な費用については会社が負担してくれます。とはいえ、どこからどこまでが「基本的」なのかわからない方も多いでしょう。

今回は「会社が負担する費用」と「自己負担になる費用」「転勤時の引越しにおける注意点」をそれぞれご紹介させていただきます。 さらに、「自己負担・一時負担」をなるべく軽くするための「お安く引越しする方法」も合わせてご紹介いたします!

転勤の引越し費用で会社負担となりやすいもの

引越し業者に支払う実費

転勤は会社都合によるものですので、引越し業者に支払う実費は通常は会社負担となります。 具体的には旧居から新居へ荷物を運び出すために必要な「業者の人件費」「荷物運搬料金」「車両チャーター料金」などです。 簡単に言えば「引越しに必要な基本料金」は会社負担になる、ということです。

ちなみに、会社によっては「指定の引越し業者」「運搬できる家財道具の条件」「事前見積もりで安い業者を事前に探す」などの条件がある場合もありますので確認しましょう。 また、ご紹介した引越し業者に支払う実費とは別で「単身赴任手当」や「引越し手当」などの名目で一時金や手当を出してくれる会社もあります。

敷金、礼金、仲介手数料

賃貸物件を借りる際に必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」などの初期費用。これらを支払うとなると数十万円になりますので、個人の出費としてはかなり痛いものです。

このような初期費用については会社負担であることがほとんどです。事前報告などが必要なケースもありますが、ひとまず大きな自己負担はないと考えて良いでしょう。

ちなみに退去時に壁紙や床の張替え、水回りの修繕など原状回復に必要であると認められる費用が敷金を超えた場合は自己負担となるケースがあります。

新居の入居に必要な諸経費

入居時に必要となる様々な諸経費も会社負担になるケースがほとんどです。たとえば賃貸契約時にほぼ必ず加入する火災保険、鍵交換費用などが含まれます。

また、他にはエアコンの移設・交換費用、入居前の部屋の虫・雑菌駆除のための消毒を行う入居消毒料・ハウスクリーニング代なども含むこともあります。

会社都合による転勤ですので、社員の安全や健康を守るという意味で会社負担となりやすいようです。

交通費、宿泊費

転勤先となる引越し先までの交通費が支給されるケースも珍しくありません。転勤は業務上必要なものであり、その交通費も経費として考えられるからです。 ただ、利用できる交通機関・交通手段については条件がある場合もあるので確認しておきましょう。

また、宿泊費が支給されるケースもあります。引越し先が遠方の場合は荷物運搬に時間がかかることもあります。そうした場合は宿泊を余儀なくされますので、ご本人はもちろんご家族も一緒ならば全員分支給される場合があります。

支給される宿泊費用の目安は会社によっても違いますが、出張費と同等になるケースがほとんどのようです。

転勤の引越し費用で自己負担となりやすいもの

新たに購入した家電や家具代

新居の間取りや規格などによってそれまで使っていた家電・家具が使えないこともありえます。そういったことで「引越しを機に買い換える」という場合は自己負担となります。

比較的大型で間取りによっては設置が難しい洗濯機・冷蔵庫・その他大型の家具などはご自身で負担できる範囲で買い替えを検討しましょう。 ちなみにほとんどの場合、旧居と新居では窓のサイズが変わります。そのためカーテンはほぼ必ず買い替えとなるでしょう。

また、特殊なケースとして「海外転勤」の場合は家電・家具などが会社負担になることもあります。これは日本と海外では大きく規格や仕様が異なるためです。事前に会社に確認をとっておきましょう。

特殊な荷物の運送費用

転勤による引越しでの場合、荷物運搬費は「基本的な引越し の中に含まれるため会社が負担してくれることがほとんどです。しかし例外として、一般的な引越し業者では運搬できない特殊な荷物の場合は自己負担になりやすい傾向にあります。

たとえばピアノや美術品の類、自家用車やバイクなどです。また、ペットも引越し業者では運べないため、交通機関のペット用運賃や専用ケースなどの費用は自己負担であることがほとんどです。

会社の支給規定を超えた分の引越し費用

会社によっては、転勤による引越し費用の上限が決まっていることがあります。金額は会社によってまちまちです。自己負担をなるべく減らすためにも、事前に就業規則や転勤取扱規定などを確認しておきましょう。

会社の規定という点では引越し業者のオプションサービスも注意が必要です。

荷造りから荷解きまで行うサービスや不用品処分などといったオプションは「一般的な引越し作業」の範疇を超えると判断されて規定により会社負担されないことが多いです。こちらも事前に確認しておいた方が良いでしょう。

会社から引越し費用をもらって転勤する際の注意すべきポイント

引越し業者を自由に選べない場合がある

転勤による引越しの場合、基本的な引越し費用は会社が全額または一部負担することがほとんどです。

ただ、ひとつ注意しておきたいのが、「引越し業者を会社から指定される場合がある」という点。各地に支社があり、比較的転勤が多い会社の場合は経費削減の意味で特定の業者と契約を結んでいることも珍しくありません。 安い業者やサービス・特典が充実している引越し業者があっても自由に選べないケースがありますので事前に確認しておきましょう。

会社によっては書類提出が必要な場合がある

会社によっては引越しの見積書を事前に提出しなければいけないケースもあります。 転勤による引越し費用の負担は必要な経費ではありますが、会社としては当然なるべく費用を抑えたいと考えています。そのため、最も安い見積もり業者を選ぶために見積書の提出を義務付けているのです。

引越し業者の領収書も提出可能性のある書類の一つです。 転勤による引越し費用というのは会社にとって業務上必要な経費であり、正確に把握しなくてはいけません。

そのため基本的には領収書は提出する流れになるでしょう。引越し完了後に業者から領収書を受け取っておくことはもちろん、会社に提出するまではちゃんと保管しておきましょう。

引越し費用の振り込みにタイムラグが生じる場合がある

会社から経費として引っ越し費用が振り込まれるまでには、時間がかかるケースがほとんどです。 引越し料金や賃貸契約の初期費用など多くの費用は、振り込まれるまで一時的に負担しなければならず新生活に少なからず影響がでる可能性があります。 ご自身のためにも経費がいつ振り込まれるのか確認しておきましょう。

また、引越し業者によっては、会社に請求書を送付することで支払いが可能なところもあります。 その場合は会社から直接支払ってもらえますので引越し費用については一時負担する必要がなくなります。こちらについても業者に確認をとっておくと良いでしょう。

ちなみに引越し費用の立て替え負担を少しでも減らすのであれば、リーズナブルな業者を選択するのがベストです。

ケーエー引越しセンター」では訪問見積もりをなくしたり、作業効率を高めたり、下請けを一切使わないなど様々な効率化を図ることで業界最安値クラスの料金を実現しています。
爆安75パック』や『超節約パック』などプランによっては宅配便やレンタカーを利用するよりも安くお荷物を運搬できます。

爆安75パック

業界最安値クラスを誇る「ケーエー引越しセンター」でも究極の激安引越しパックが『爆安75パック』です。荷物が少なく近距離の引越しであれば7,500円と驚くほどの安さになっています。

適用条件
・「ダンボール20箱以内(資材は自分で用意)」
・「東京23区内及びケーエー引越しセンターが認める近接エリア内」
・「1階玄関から1階玄関へのドアツードア運搬」
・「利用者の手伝いあり」

この条件を超える分についてはオプションとなりますが、それでも「階段上げ料金1,000円」「追加ダンボール10枚4,500円」など格安。単身赴任など荷物が少ない転勤であればぜひ活用いただきたいプランです。

超節約パック

「レンタカーを借りるよりも安い」「一般的な引越し相場より安い」として人気なのが『超節約パック』です。

安く引越しをしようとしたとき、ご友人らに手伝ってもらうと考える方もいるでしょう。 確かに賃金を払わなくても良いので安く感じるかもしれませんが、実際はいろいろと費用がかかります。 たとえばレンタカー代や友人らへのお礼としてお食事代・お車代などです。

また場合によっては素人のご友人が運搬の際に家具・家電の破損させてしまう可能性もあります。 そうなると買い替え費用も上乗せになるかもしれません。結果として思ったよりも出費してしまった、というケースは珍しくないのです。

超節約パック』ではご友人の代わりに「ケーエー引越しセンター」のプロスタッフを派遣。プロとの共同作業により、効率アップはもちろんお荷物運搬の安全性も高まります。 もちろん料金は引越し車両こみでも格安。場合によってはレンタカーを手配するよりもお安く済むかもしれません。

料金
・「同一区内・隣接区への引越し」「ダンボール50個相当」なら10,500円~
・「20km以内の引越し」「ダンボール50個相当」なら11,500円~

適用条件
・「平日であること」
・「低層階から低層階へのお引越しであること」

また、依頼者ご自身も引越しの手伝いをする形になります。ご友人らと楽しくお引越しも悪くありませんが、お安く効率よく作業をするならば『超節約パック』がおすすめです。

標準パック

「ケーエー引越しセンター」の中でも最も人気のあるプランが『標準パック』です。

荷造り・荷解きはご自身で行うことになりますが、大型家具や家電についてはプロのスタッフが担当してくれます。大型家具の移動や設置する時に壁などにぶつかり、せっかくの新居を傷つけてしまうといった心配もありません。

いわば一般的な引越しプランですが、料金は13,500円~とかなりリーズナブル。会社から経費が落ちる前の一時的な負担があるとしても、これならほぼ影響がないと言えるのではないでしょうか。

料金
・「同一区内・隣接区」「ダンボール90個相当」であれば13,500円~
・「20km以内」「ダンボール90個相当」であれば14,500円~
・「20km以内」「ダンボール120個相当」であれば24,500円~

適用条件
・「平日であること」
・「低層階から低層階(ドア・ツー・ドア)であること」
・「荷造り・荷解きはご自身で」

転勤の引越しは自分の負担を限りなく減らすことが大切

今回のポイントは以下です。

基本的な引越し費用・賃貸初期費用は会社が負担してくれる
新居用の家具の購入費や特殊な荷物運搬、引越しのオプションなどは自己負担になる
負担条件や費用振込み時期などは事前に確認すべき
自己負担や一時負担を抑えるためにも、引越し料金の安い業者を選ぶのがポイント

会社負担の適用範囲は会社によって全く違います。ぜひ事前に就業規則などを確認しておきましょう。 また、会社が引越し費用を負担してくれたとしても、一時的に立て替えが必要になる可能性もあります。なるべく新生活に影響しないよう、格安の引越し業者を選ぶようにしましょう。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる