引越しに伴う法人契約とは?契約するメリットと注意点、当日の流れ

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越しに伴う法人契約とは?契約するメリットと注意点、当日の流れ
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越しに伴う法人契約とは?
契約するメリットと注意点、当日の流れ
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「転勤に関する業務を効率化したい」「引越し業者と法人契約するメリットは?」「法人契約の流れを知りたい」

転勤に伴う引越しは業者選びから見積もり、実際の作業など時間や手間がかかります。 従業員自身の負担はもちろんのこと、企業側も見積もりの確認や支給額の検討・決定などやることが多く煩雑になりやすいものです。

そこでおすすめなのが引越し業者との法人契約です。 引越し業者と契約すれば企業側は担当窓口を一本化できますし、引越しをスピーディーに進めて従業員を速やかに転勤させることが可能になります。 今回は引越し業者との法人契約のメリットや流れ、注意点などをご紹介していきます。

引越しに伴う法人契約の基礎知識

法人契約とは?

法人契約とは個人である社員ではなく、法人である企業が各種業者と契約を結ぶことです。 契約に関する事務処理についても社員個人ではなく、総務部などの担当部署で行われます。

企業が行う法人契約にはさまざまなものがあり、たとえば転勤に伴う引越しでいえば以下のような例があります。

法人契約の例

・企業×引越し業者:転勤に伴う引越し費用を企業が負担する場合など
・企業×賃貸貸主:転勤に伴い社員の新居となる賃貸物件の初期費用・家賃を企業が負担する場合など
・企業×引越し業者・賃貸貸主:会社移転による場合など

このように企業と業者が契約を結ぶ例は少なくありません。

引越し業者と法人契約を結ぶメリット

企業と引越し業者の法人契約にはさまざまなメリットがあります。

たとえば、引越し業者とのやり取り窓口を一本化できるので事務処理が煩雑化しにくいというメリットがあります。 転勤に伴う引越しを会社から依頼する場合や、業者からの請求書発行までを同一窓口にて一括で行えるため、事務処理をスムーズに進められるでしょう。

逆に従業員が引越し業者を探して個別に依頼する形を取る場合は、安い業者を探せる可能性はあるものの、作業が煩雑化しやすくなります。 見積り金額の妥当性(余計なオプションがついていないか、相場に合っているかなど)を会社側が確認する必要がありためです。 会社の業務を効率化させるという意味で、引越し業者との法人契約にはメリットがあるといえるでしょう。

また、複数の従業員を転勤させて、社宅など同じ賃貸物件に入居させる場合も法人契約してあると便利です。一斉に引越しを依頼でき、時間の短縮や費用の軽減などを見込める可能性があります。 単純に法人契約している引越し業者があれば、従業員が業者選びをすることがないためスピーディーに引越しできるというメリットもあります。

法人契約での引越しの流れと注意点

法人契約での引越しの流れ

引越し業者と法人契約している場合の転勤に伴う引越しの流れをご紹介します。

STEP1:訪問見積もり前

引越し前に行われる訪問見積もりでは、従業員の希望に合わせて法人契約している引越し業者と担当部署が見積もりの日程を決定します。

訪問見積もりとは引越し時に運ぶ荷物量や搬入・搬出口、周辺の道路(広さや交通量)を業者が目視で確認して引越し見積もりを取る方法です。 比較的正確な見積もりを取れるので後から引越し費用が上乗せされる心配がほぼありません。

また、引越し業者によってはWeb上で使える法人向けシステムを提供するところもあります。転勤する従業員本人が依頼できるためフットワークが軽く進めやすいという利点があります。

総務部の担当者はWeb上で複数従業員の引越し進捗状況を一括確認できるので管理面でもメリットがあるといえるでしょう。

STEP2:訪問見積もり当日~引越し予定日

引越し見積もりの当日は業者の担当スタッフが従業員宅に出向き、荷物の量や周辺の道路環境などをチェックし、その後は企業担当者に見積り金額を報告します。 ちなみに、法人契約では荷物量によって値段は決まっているため従業員本人が値下げ交渉などは行う必要はありません。

企業の担当者は業者から提示された見積もりを確認します。契約通りの内容であれば引越し業者と従業員の双方に、そのまま引越しを進めるように伝えます

STEP3:引越し当日

引越し業者が従業員の旧居に訪れ引越し作業を始めます。転勤する従業員本人は立ち会いますが、企業の担当者は立ち会いの必要はありません。

引越完了後、引越し業者は当日に運び出した荷物量や移動距離から最終的な引越し費用を企業に請求します。 ほとんどの場合は訪問見積もりによって提示された金額と相違ありませんが、引越し当日に荷物が大幅に増えている場合などトラブルがあれば高くなる可能性もあります。

相違があった場合は引越し業者に確認を取りましょう。

法人契約での引越しの注意点

引越し業者との法人契約は、転勤する従業員の引越しを効率よく進められるというメリットがあります。 しかしその一方で、悪質な業者による「水増し請求」が行われる可能性もあるので注意したいところです。

引越しを進める上で運び出す荷物量を知っているのは、引越し業者と転勤予定の従業員のみです。 企業担当者は見積もり時や引越し当日に立ち会うことはないため荷物量について知ることができず、業者より提示された見積書や請求書を信じるほかありません。

請求書の内訳がブラックボックス化してしまうことはとても危険で、過去には大手引越し業者が料金を水増しするといった事件も発生しています。 このような危険性を排除するために、引越し業者によってはインターネットを介して企業担当者はもちろん、転勤する従業員も見積もりを確認できるサービスを提供しているところがあります。 荷物量や引越しスケジュールなどさまざまな情報が見える化されることで、スムーズかつ安全な引越しを提供されます。

引越し業者と法人契約する際にはこのようなサービスが提供されているところを選ぶと安心できることでしょう。

転勤に伴う法人契約の引越しなら『ケーエー引越センター』がおすすめ

引越し業者との法人契約をお考えならば『ケーエー引越センター』がおすすめです。

徹底したコストカットで首都圏の単身引越しなら業界最安クラスのため、会社が負担する転勤に伴う引越し費用を大幅にカットできる可能性があります

ケーエー引越センターを法人が利用するメリット

負担する引越し費用を格安で抑えられる

ケーエー引越センターは首都圏の単身引越し業界最安クラスの業者です。 個人による引越し依頼はもちろん、法人契約でもその安さは企業の経費削減に大きく貢献してくれることでしょう。

ケーエー引越センターが安い秘密は徹底したコストカットにあります。 たとえば訪問見積もりを行わないため、人件費や現地までの交通費をカット。 さらに梱包資材代や各種サービスをすべてオプション化し、作業をスリム化して業界最安クラスの引越し料金を実現しています。

また、ケーエー引越センターは中古車の仕入れ業務も行っているため、安くて質の良いトラックを仕入れるなどの企業努力もしています。

このように、ケーエー引越センターではさまざまな企業努力や工夫を行って、利用者に安価な引越し料金を提供しているのです。

ウイルス対策も万全で、従業員も安心

昨今、ウイルスの流行によりさまざまな企業で感染対策が求められています。 従業員の命を守るためにも、徹底したコロナ対策がされた引越し業者と法人契約を結びたいところです。

ケーエー引越センターは引越し業界でも高水準のコロナ対策が意識されています。 引越しで使うトラックはすべて業務用のオゾン発生器を使用し、同時にアルコール噴霧も行うなど徹底した殺菌を行っています。 また、新居の除菌・脱臭サービスも行っているため従業員も安心して新生活スタートできるのではないでしょうか。

転勤する従業員の健康を守るという意味でも、ケーエー引越センターは十分に選択肢に入るといえるでしょう。

短時間で引越し可能のため、従業員の負担も少ない

ケーエー引越センターは安さだけでなく、引越業務が効率的でスピーディーという特徴もあります。 熟練のプロスタッフが引越し作業を行うため、積み込み開始から完了までは平均1.5時間しかかかりません。

引越しは肉体的にも精神的にも疲れる作業なので、素早く終わらせられればそれだけ転勤する従業員の負担も軽くなることでしょう。 引越し後すぐに新勤務地で働くという従業員にも安心して進められます。

ケーエー引越しセンターのお得な料金プラン

ケーエー引越センターは首都圏の単身引越し最安クラスの引越し業者です。 実際に、一般的な引越し業者よりも費用を安く抑えられる可能性のあるプランが多数用意されています。

また、エアコンの取り付け・取り外しなどかゆいところに手が届くオプションが格安で用意されている点も魅力です。 格安プランと併用すれば少ない費用でも満足度の高い引越しが実現できるのではないでしょうか。

宅配便利用よりもリーズナブルな「『爆安75パック』」

ケーエー引越センターのプランの中でも最も安いプランが「『爆安75パック』」です。 荷物が少なく近距離の引越しならば7,500円ポッキリで引越しできます。

ダンボール20箱以内であれば宅配便よりも安く済ませられるので、宅配便のかわりに使うという利用者も実は少なくありません。

適用条件は
ダンボール20箱以内
東京23区内および指定近接エリア間の運搬
1階から1階のドアツードア運搬(依頼者の手伝いが必要)

もちろん適用条件以上の利用でも格安のオプションを追加することで費用を抑えて引越しできます。

レンタカーでの引越しよりもお得な「『超節約パック』」

費用を抑えるためにレンタカーを借りて引越しをするという方も実は少なくありません。 しかし自分で荷物を運び出して運転して引越しをするというのは思った以上に重労働なものです。 また、交通事故などのリスクもあるためあまりおすすめはできません。

そこでおすすめなのがケーエー引越センターの「『超節約パック』」です。 レンタカーよりも安いがコンセプトのパックで、同一区内または隣接区への引越しならば10,500円から引越し可能です。 熟練のプロが1名手配されますので、安全・スムーズ・格安で単身引越しを進められるでしょう。

適用条件は
ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
ドアツードア運搬で依頼者の手伝いが必要
平日であること

となっています。爆安75よりも荷物量が多いならば迷わずこちらを選びましょう!

単身引越しで首都圏最安クラスの『標準パック

単身引越しにおける一般的な荷物量で基本的な引越し作業をプロに任せるならば『標準パック』がよいでしょう。 ダンボール90箱相当13,500円~、ダンボール120箱相当ならば24,500円から引越しできます。

料金の安さもさることながら、『標準パック』はスタッフが2名(120箱なら3名)派遣されますので、スピーディーな引越しが可能です。 荷造り・荷解き以外は転勤する従業員も手伝う必要がないので肉体的疲労も大きく軽減することが可能です。 従業員のことを考え、安心・安全・スピーディーを求めるならば、ケーエー引越センターの『標準パック』は納得のプランといえるでしょう。

適用条件は以下です。
ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

引越し状況に応じて自由にオプションも追加もできる柔軟性がありますので、さまざまな従業員の引越しに対応できるでしょう。

引越し業者と法人契約をして業務の効率化を

今回は引越し業者と法人契約するメリットや注意点をまとめました。

各地に支社があり、転勤する従業員が多いのであれば業務を効率化するためにも法人契約はぜひともしておきたいところです。 ケーエー引越センターなら安価であることはもちろん、熟練のプロによるスムーズな作業、徹底したコロナ対策、柔軟に追加できるオプションなど多くのメリットがあります。

引越し業者の法人契約を検討されているならば、ぜひケーエー引越センターをお試しください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる