レンタカーで引越しする際のメリット・デメリット、おすすめ車種は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント レンタカーで引越しする際のメリット・デメリット、おすすめ車種は?
引越しアドバイス
引越しアドバイス

レンタカーを利用して自分で行う引越し、
そのメリットとデメリットとは?

引越しの際に引越し業者を利用せずに、レンタカーを利用して自分で行う人も多くいます。 そうなると荷物運びは当然のこと、車両の手配も自分でやらなければなりません。

そんな時、どんなタイプの車種を選ぶかが重要なポイントになります。また、レンタカーを利用する引越しにはメリットだけではなくデメリットもあります。 今回はそんなレンタカーで引越しする際のメリットとデメリット、そして引っ越しにおすすめの車種などをご紹介します。

レンタカーで引越しをするメリット・デメリット

メリット

費用を抑えやすい

引越し業者に依頼するよりも、レンタカーで引越した方が料金が安くなる傾向にあります。 引っ越し業者の利用料金の主な内訳は、基礎運賃+作業料+オプション料金で、移動距離や荷物の量、使用車種、作業スタッフの人数、繁忙期かどうかなどで料金が変わります。

レンタカーを利用して自力で引越しをする場合、費用の多くはレンタカー代が占めますが、他にも、高速道路およびガソリン代、お手伝いしてくれた人へのお礼などが必要となります。

引越しの日時を好きなタイミングに調整しやすい

引越し業者に依頼する場合、引越しの需要が集中する繁忙期は混み合っていて予約が取りづらく、業者の都合に合わせなければならない場合があります。 そのため、予定日まで時間のない急な引越し作業は受けてもらえない可能性があるので、早めの予約が必要となります。

その点、レンタカーを利用して自力で引越しをする場合は、自分のペースや希望するスケジュールに合わせて作業できるのは大変便利なので大きなメリットといえます。

知らない人を家に上げる必要がない

知らない人が自宅に入ることに抵抗を感じる人の場合、家族、友人など自分の関係者だけで作業を行うことができるため、レンタカーでの引越しは、気軽で心理的負担が少ないというのも安心できます。

デメリット

引越しに大きな労力が必要になる

荷造り・荷解きだけでなく、運搬や家具の設置なども自力で行う必要があります。また、引越しは重労働のため、体を痛めたり、ケガをしたりするおそれもあります。

そして、家具や家電など大型の荷物を運び出すときには、建物にエレベーターがなければ、荷物を持って階段で移動する必要があるので荷物運びはさらに大変な労力となります。

運転を自力で行わなければならない

レンタカーは自分で運転するか、知人・友人に頼む必要がありますが、土地勘のない初めての道を走る場合があるのと、トラックは普段乗っている乗用車とはサイズも違って運転しづらいと感じるはずです。

また、荷物を詰め込むと車両総重量が重くなり、運転感覚が変化しやすい事があります。したがって、初心者やペーパードライバーは無理をしないほうが良いでしょう。

トラブルが発生しても補償がない

一般的な引っ越し業者は、荷物の破損、旧居や新居の汚損、車両の損傷などのトラブルの際に補償できるよう保険に入っていますが、自分で作業を行う場合には、トラックへの積み込み時や搬入・搬出の際に万が一、トラブルが発生した場合に、余計な出費が増えるおそれがあります。

【シチュエーション別】レンタカーでの引越しにおすすめの車種

単身者向け

荷物の少ない一人暮らしには、レンタカーの中でも安く借りることができ、手軽な軽トラックがおすすめです。 積載量の目安はダンボール約58個分ですが、家具や冷蔵庫、洗濯機など大きな家財を乗せるとその分減らさなければなりません。

また、積載重量は350㎏までなので、注意が必要です。家具を引越し先で購入するなど、大きな家具の運搬が不要になるような工夫も必要です。 また、幌のない平ボディだと積み込みが難しく、積み込まる荷物も意外と少なくなります。 さらに、ロープなどを使って安全に荷物を押さえるのは慣れていないと無理なので、極力幌付きを手配する必要があります。

カップル向け

二人住まいなら、それぞれの荷物が少なくても人数が2人に増えるため、軽トラックより荷物が入るハイエースやキャラバンなどのバンタイプがおすすめです。 積載量の目安はダンボール約110個分で、荷台が低いため、荷物の出し入れは比較的楽に行えます。逆に長さはありますが、高さがないため背の高い家財は運べないという欠点もあります。

バンは、小回りがきくため、荷物を一度に運びきれなくても、ピストン輸送で旧居から新居まで荷物を運搬することもできます。

家族向け

荷物量が多い家族の引越しには、コンテナ付きの2トントラッククラスのトラックが向いています。 積載量の目安はダンボール約180個分と大きく、大きな家財なども積めます。 ただし、普通自動車免許だけで運転するには、一定の時期に取得した免許であることが必要です。

2017年3月12日以降に取得した普通免許では2トントラックは運転できず、最大積載量2トン未満の車両しか運転できません。 2007年6月2日~2017年3月11日に取得した場合は最大積載量3トン未満の車両を運転可能で、2007年6月1日以前に取得した場合は最大積載量5トン未満の車両を運転可能です。 2トントラックは運転できるため、そのような車両を運転できる人が運転する必要があります。

ただし、タウンエーストラックやボンゴトラックのような750㎏~1トンクラスのトラックでも、幌車なら高さがあるので、重量オーバーにならないように注意すれば2トンクラスに近い積載が可能です。 もちろん、普通免許があればだれでも運転できるのでおすすめです。

レンタカーで引っ越しする際の費用の相場

単身者の場合

単身者でレンタカーを使う引越しの場合、合計で平均2万4,900円の費用が必要になります。内訳としては次のようになります。

車両レンタル代(12時間);7,000円(ワンボックスカー)
高速・ガソリン代(30km圏内):3,000円
ダンボール箱代:4,000円(20箱分)
布テープ代:900円(3巻分)
協力者へのお礼:1万円(1人分)
合計24,900円

引越し業者に頼んだ場合には、繁忙期(3~4月)と通常期(5~2月)で異なり、単身・荷物小かつ50km未満(都道府県内)の引越しの場合を例にとると、繁忙期で平均40,420円、通常期で平均34,731円となります。

引越し業者に依頼するよりも、レンタカーを利用したほうが、およそ10,000~15,000円安くなる傾向にあり、荷物の少ない単身者が50km未満の引越しを業者に依頼した場合の平均料金との比較では繁忙期と通常期で約5,000円の違いがあります。

家族がいる場合

家族3人が50km未満の引越しをする場合には、合計で平均61,500円の費用が必要になります。内訳としては次のようになります。

車両レンタル代(12時間);2tトラック(ロング)15,000円
高速・ガソリン代(30km圏内):5,000円
ダンボール箱代:10,000円(50箱分)
布テープ代:1,500円(5巻分)
協力者へのお礼:2万円(2人分)
合計61,500円

同じように引越し業者に頼んだ場合には、繁忙期(3~4月)と通常期(5~2月)で異なり、家族3人かつ50km未満(都道府県内)の引越しの場合を例にとると、繁忙期で平均106,363円、通常期で平均79,167円となります。

引越し業者に依頼するよりも、レンタカーを利用したほうが、およそ17,000~44,000円安くなる傾向にあり、家族3人が50km未満の引越しを業者に依頼した場合の平均料金との比較では繁忙期と通常期で約27,000円の違いがあります。

料金以外に注意する点

家族引っ越しの場合はレンタカーの安さがクローズアップされますが、荷物量が多い分搬出・搬入に時間がかかるので店舗への返却も含めると12時間では足りず、延長料金がかかるかかる可能性があります。 実際には24時間かりる必要があるかも知れません。

また、繁忙期に料金が上がるのは利用客が増えることからレンタカーも同じです。 また、多くのレンタカー会社では引っ越しに適した軽トラックやバンの多くを在庫しておらず、繁忙期以外でも週末などは予約で埋まっている可能性があります。 したがって、早めに予約したほうが希望の日が取れるのは、引越し業者もレンタカーも同じという事になります。

レンタカーでの引越しよりも料金を抑えている格安業者もある

単身者が首都圏で近距離の引越しをするなら、無駄なサービスを省き、条件を絞ることで低価格を実現している「ケーエー引越センター」がおすすめです。 ケーエー引越センターでは以下の3つのプランを用意して、自分の引越しにあったプランを選ぶことが出来ます。

自力でレンタカーを借りて引っ越すよりも安い「超節約プラン」

首都圏近郊の単身者限定で、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6立方メートル)までの荷物量で、レンタカーを借りて引っ越すよりも安い、最安値10,500円からという激安プランになっています。 また、ケーエー引越センターは賠償保険に加入しているため、万が一、荷物が破損しても安心です。

宅配便よりも安い「爆安75プラン」

何とレンタカーはおろか宅配便より安い、最安値7,500円からという爆安プランです。 首都圏近郊の単身者限定ですが、荷物量はダンボール約20個相当までが可能なので、通常の宅配便より安く、しかも宅配便とは違って引越し先まで直行しますから安いだけじゃなくスピードが違います。

2トントラックを低価格で提供する「標準プラン」

2トントラックを使用する本格的プランです。荷物量によって作業員は2~3人が伺い、家具などの梱包も任せられます。 荷物量はダンボール約90個相当(容積8.4㎥)~ダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能で、同一区内、または隣接する区間または20km以内へのお引越しに適応され、料金は13,500円~、平均でも15,000円。 この本格的引越し内容でもレンタカーを利用するより安く上がります。

レンタカーは本当に安く上がるのか?

レンタカーを利用した引っ越しには、準備するものとして、台車や布団を保護する布団袋も必要になります。 また、スムーズな作業を行うためには事前に梱包作業も重要です。それらを行ってからレンタカーを引き取りに行き、作業が終わったら時間内に返却するため早急に店舗に行かなくてはなりません。 そして、開梱作業と整理が待っています。それでどのくらい節約になるのかを良く考えてみましょう。

そして、ケーエー引越センターの料金とも比較してみてください。ケーエー引越センターは安いだけでなく、大切な荷物を大切に取扱い、豊富な経験で作業します。そして、早く終わりますのでその他の用事もはかどります。

全体のまとめ

レンタカーを借りて引越しするメリットが一番大きいのは、荷物が一人で持てる段ボール程度で20個程度。しかも引っ越し先が近くてレンタカーの店舗も近くで6時間のレンタルで返却できること。 これなら若い男性なら安くあげられるでしょう。それ以外ではケーエー引越センターの見積もりを活用することをおすすめします。

ケーエー引越センター「引越しプラン」
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる