引越しで使えるローンの種類|多額の出費をカバーする方法とは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越しで使えるローンの種類|多額の出費をカバーする方法とは?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越しで使えるローン
多額の出費をカバーする方法とは?
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

引越しでは多額の出費が発生します。この負担から、新しい住まいでの暮らしが苦しくなってしまうと本末転倒です。そうした負担を軽減するために、ローンが活用できます。

こちらでは、引越しに必要な費用の内訳は、引越しに活用できるローンの種類、ローンの審査項目などについて説明します。 引越しの費用負担に困っている方や、どんなローンがあるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

引越しに必要な費用の内訳

引越しの際には、さまざまな費用が発生します。引越し後に生活が苦しくならないように、余裕を持って資金を用意しておかなければなりません。 引越しに費用に必要な費用の内訳を、「引越し費用」「賃貸物件の契約時にかかる初期費用」「家具や家電の購入費用」に分けて紹介します。

引越し費用

引越し時に発生する費用として代表的な例が、引越しそのものにかかる費用です。引越し会社を利用する場合と自分で引越しをする場合があり、それぞれ費用が異なります。

引越し業者を利用する場合、基準の運賃のほか、各種作業費用、オプションサービス料金などが発生します。荷物の量や移動距離、引越しの時期によって料金が変わってくるため、見積もりの確認が必要です。

自力で引越しをした場合も費用はかかります。車がない場合は借りる必要があるため、レンタカー代がかかります。 ガソリン代や梱包資材代も、引越しする人本人が実費で負担しなければなりません。1人での作業が難しく手伝いを依頼する場合は、手伝ってくれた人へのお礼も支払う必要があります。

賃貸物件の契約時にかかる初期費用

賃貸物件を契約時には、さまざまな初期費用が発生します。 「敷金」「礼金」「契約月の日割り家賃と前家賃」「仲介手数料」「火災保険料」「鍵交換費用」「保証料」が具体的な例です。相場として、家賃のおよそ5~6ヶ月分がかかると考えてください。

敷金は、大家さんに預けておく、担保のお金です。退去時に、原状回復費用などが差し引かれて返金されます。 礼金は、大家さんへの謝礼金として慣例的に支払われているお金です。礼金の支払いが必要ない場合もあります。

一般的に、入居する際には月途中からの家賃の日割りと、翌月分の家賃を一緒に払います。契約翌月の家賃は「前家賃」と呼ばれます。 単月ごとの家賃支払いとなるのは、入居の翌々月以降です。

仲介手数料は、不動産会社へ支払う料金です。 家賃の半分~1ヶ月分程度が目安となります。火災保険料は賃貸物件にかける火災保険の加入料です。 アパート引越しなど賃貸住宅へ引越しする場合、通常は火災保険の加入が入居条件になっています。

防犯の問題から、前の住人が使用できないよう鍵一式を交換するため、鍵交換費用も発生します。 保証料は、契約時に保証会社を利用する場合に必要な利用料金です。保証人を立てられる場合、支払いの必要はありません。

家具や家電の購入費用

新しい自宅での生活を始めるにあたり、必要な家具や家電を買いそろえるための費用が発生します。 これまで住んでいた家との間取りの違いや同居人数の増加、ライフスタイルの変化などに伴い、新しい家具や家電が必要になることは少なくありません。

それまで使用していた古い家電を持ち込んでも問題ありませんが、新しく買い替えたほうが電気代の節約につながることがあります。 新居に必要ない古くなった家電は売却するのもおすすめです。家族全員で引越し先に持ち込む家具を相談してください。

引越し費用を借りられるローンの主な種類

引越し費用は自分の資金でまかなえると理想ですが、ローンを使うのも一般的です。利息が発生するかわりに、支払い分散できます。 一括返済すれば、支払い総額を少し安くすることも可能です。金利が変わらない固定金利と、返済期間を通じて金利が変化する変動金利があります。

審査結果が合格であれば、支払いの負担を軽減できます。さまざまなローンが引越し費用の捻出のために利用されています。引越し費用を借りられるローンの代表的な種類をご紹介します。

フリーローン(多目的ローン)

フリーローン(多目的ローン)は、使用目的が決められていないローンです。引越しだけではなく、あらゆる目的に利用できます。 例外として、使途をギャンブルなどと記載すると審査に通過しないケースがあります。必要書類を提出し、審査に通れば利用可能になります。ローンのなかでは比較的金利が低く、負担の少なさが特徴です。

カードローン

カードローンはクレジットカード会社が提供するローンです。クレジットカード付帯のキャッシングも、ほとんど同一のサービスとして考えられています。ATMによる借り入れ、返済が可能です。

一般的に銀行のフリーローンよりも審査が通りやすく、利用のハードルが低いローンといえます。 早めに現金を手に入れられる点が特徴であり、最短で即日融資可能な場合もあります。ただし、銀行のフリーローンよりも金利が高い点がデメリットです。

引越し用のローン

銀行によっては、「引越しローン」と明確に打ち出した金融商品を提供しています。引越し会社に支払う費用のほか、家賃や敷金・礼金など、引越しにかかる費用すべてに対して利用できます。

必要書類が少ない、電話・インターネット申し込み可能など、引越し前の忙しい時期でも利用しやすいローンです。

不動産会社の分割払い

厳密にはローンとは異なりますが、不動産会社によっては初期費用を分割払いできる場合があります。

銀行との手続きがないため、時間がない場合や手間を少なくしたい場合はおすすめです。ただし、一般的なローンと同じく金利が発生することは注意点として挙げられます。

引越し時のローンで審査される主な項目

上述したようなローンは、審査に通過しなければ利用できません。 審査の目的は、申し込み者の返済能力を測り、金融機関側のリスクを軽減することです。引越し時のローンでは、主に以下のようなポイントが審査対象となります。

年収

上述した通、金融機関はローン申し込み者に返済能力があるかどうかを重視しています。そのため、申し込み者の年収は重要な審査項目です。年収が多ければ多いほど審査で有利に働きます。

また、年収と借入希望額の比率(返済負担率)も重要なチェック対象です。年収に対して借入希望額が多く、返済負担率が高いと、返済能力が低く高リスクと見なされ、審査に通りにくくなります。

他社の債務状況

すでに他の金融機関で多額のローンを組んでいる場合、審査を通りにくくなるため注意が必要です。上述した返済負担率は、申し込み者が抱えているすべての借金をもとに計算します。つまり、他社の借金があると返済負担率が高くなり、審査では不利に働きます。

債務状況は信用情報機関が保有する信用情報として登録されています。各金融機関は、この情報を参照することで情報を共有しています。そのため、他社での借り入れ状況を隠すことはできません。

ただし、すでに多額のローンがある場合も、借入希望額を制限することで審査に通る場合があります。ある程度自己資金がある場合は、少なめの借入希望額で申し込んでみるのもひとつの選択肢です。

信用情報

信用情報とは、過去の金融事故の情報や現在の借入状況などが登録された情報のことです。

日本では「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」という3つの信用情報機関が、信用情報を管理しています。各金融機関は、過去に問題を起こしていないか確認するため、信用情報をチェックします。

過去の延滞や破産があれば、審査では不利に働きます。クレジットカード返済の延滞なども、金融事故として一定期間信用情報に登録されます。 また、任意整理、個人再生、自己破産といった債務整理も、代表的な金融事故です。

さらに、ローンの申し込み履歴照会でき、短期間に集中して申し込んでいる履歴が確認されると、審査に落ちやすくなってしまいます。 これは、「お金に困っており、返済能力に支障がある」と見なされやすいためです。

年齢

ローン申し込み時の条件として、年齢の範囲が決められています。年齢制限は金融機関によって異なるため、事前に確認が必要です。 一般的に対応している年齢の下限は20歳、上限は65~70歳となっています。

ただし、定められた年齢の範囲内だったとしても審査に通過するとは限りません。 高齢の方が、返済期間が長期におよぶローンを申し込んだ場合、完済できないリスクがあると見なされ、審査に通らない可能性があります。

勤続年数

勤続年数も重要な審査基準です。勤続年数が長いと収入が安定していると見なされ、返済能力が高いと判断されます。 一般的には、同じ勤務先で3年以上働いている場合、一定の返済能力を有するとみなれます。

新たな仕組みの引越しローンが登場

引越しをサポートする、新しい仕組み引越しローンが登場しています。これから引越しを検討している方にぜひ利用していただきたいローンです。このローンの仕組みやメリットについてご紹介します。

新しい引越しローンの仕組み

新しい引越しローンでは、個人の基本情報や希望額などを登録します。その後、登録された情報を見た金融機関から連絡が来ます。 ローンの融資プランの提案を受けることも可能です。提案されたプランを確認した後、正式な申し込みとなり、審査が行われます。

新しい引越しローンのメリット

新しい引越しローンの代表的なメリットとして、信用情報を保護できる点が挙げられます。 上述した通り、ローンの申し込み状況は信用情報として登録されるため、複数のローンを短期間に申し込むことはできません。

新しい引越しローンでは、各金融機関への問い合わせをユーザーが都度しなくてよいため、申し込みの履歴を増やして信用情報を傷つけずに済みます。

また、融資の成功率が高い点もメリットです。これは、金融機関が申し込み者の情報を確認した上で、融資プランをオファーしているためです。返済額に不安がある場合は、より負担が少ないプランを立てるように相談することもできます。

ローンを賢く利用して引越しの金銭的負担を軽減

引越しでは一度に大きな費用が発生します。住宅ローンの支払いが重なり、「お金がない」と悩みを抱えるケースも少なくありません。 転勤などといった事情から、金銭的な準備ができていない状態で引越しをしなければならないこともあります。

新居で余裕のある生活を送るために、ローンなどで支払いの負担を軽減できます。ローンにはいくつかの種類があるため、状況に応じて最適なものを選んでください。

ローンの審査に通過するためには、信用情報をクリーンに保つことや、むやみに多くのローンに申し込まないことが大切です。 また、近年は引越しのサポートに特化したローンもあるため、積極的に利用を検討してください。

単身引越し首都圏最安 標準パック 平均15,500円
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる