引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>引っ越し料金を安く抑えるコツは?レンタカーよりお得な業者を紹介

引越しアドバイス

引っ越し料金を安く抑えるコツは?
レンタカーよりお得な業者を紹介

引っ越し料金を安く抑えるコツは本当にあるのでしょうか?引っ越しは多くの人が一生のうちにそう多くは経験しないだけに、コツを極めるのは非常に難しいと言われています。 それぞれに荷物の量も事情も異なり、旧居と新居も同じではありません。

少しでも値段を安くするためにはどんなポイントがあるのでしょうか。あるいは何か安くするための裏ワザがあるのでしょうか?そこで、今回は、引っ越し料金を安く抑えるコツと、レンタカーよりお得な業者をご紹介しましょう。

引っ越し料金を安く抑える3つのコツ

引っ越し料金を安く抑えるには、大きく分けて3つのコツがあります。一つ目は荷物の量を少なくすること、ふたつ目は引っ越し業者の繁忙期を避けること、そして最後が複数の業者に見積もりを依頼するということです。

荷物の量を少なくする

運び出す荷物の量によって、運搬にかかる時間や必要な人員、車両の大きさが変わってくるために、引っ越し料金は変動しやすい傾向にあります。 当然、荷物の量の多いほうが車両は大きくなり、作業員の数も増えるので人件費も増えて、引越料金は高くなります。

逆に言うと、少しでも荷物量を減らすことで その分は安くなるので、不要なものは事前に処分しておくほうが良いということになります。 普段の回収日を有効に活用してこまめに出す以外には、不用品 を自治体に粗大ごみとして回収を依頼したり、リサイクルショップで買取してもらったり、オークションサイトで売却しても良い方法かもしれません。

また、車を持っているのなら、処分場に直接持ち込むのことも可能です。

引っ越し業者の繁忙期を避ける

一般的に、新生活が始まる3~4月や土・日・祝日、そして月末は引っ越し業者の繁忙期とされるため、予約が取りづらく、料金が高騰しやすい傾向にあります。 そのため、引っ越しのタイミングを調整できる場合は業者が空いている時期や曜日、時間に合わせると格安な金額が提示される可能性もあります。

また、希望日時に幅を持たせておくと料金が安い日時を選びやすくなり、作業時間の指定もしないほうが、料金は安くなる可能性が高いです。 料金は、午前中に引っ越しを行う「午前便」が最も高く、次に「午後便」、そして、午前か午後かは業者の都合で決まる「フリー便」の順に、次第に料金は安くなっていきます。

つまり「フリー便」なら 最安値の料金となります。さらに、業者の手配や荷造りなど引っ越しの準備は、早めから行うことで無駄を削減できるので、引っ越しが決まったら早めに準備を整えるように心掛けましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

引っ越しには法律などで定められた定価がないため、料金は業者によって変動します。そのため、複数の業者に見積もり依頼をして、料金を比較検討することが大切になります。 値引き交渉は苦手だなと思われるかも知れませんが、1社目の業者に「即決してくれたら値引きする」と言われた場合でも、すぐに決めずに他の会社の見積もりも検討してから決めるようにすることで、自分から無理に交渉せずとも最後には安値が提示されてきますので、覚えておきましょう。

また、荷物の量や距離によってお得なプランを提供している引っ越し業者や、単身者向けサービス、近距離の引っ越し限定で低価格のプランを提供している業者もあるため、引っ越し内容に適した業者やプランを選ぶのも、格安な引っ越しをする良い方法です。

荷物の量や時期で引っ越し料金はどれくらい安くなる?

なるべく安い料金で引越をするためには、実際にいくらかかるのかという相場を知っておかないと、安いか高いのかの判断がつかずに高めの料金で契約してしまいかねません。ここで、通常期と繁忙期の引っ越し料金の相場を見てみましょう。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

荷物の量による違い

通常期で、移動距離15km未満の市区町村内の単身者の引っ越し料金相場は、荷物が少なめであれば平均29,022円、荷物が多めなら平均38,154円となります。 つまり、荷物を少なくする努力をすれば約9,000円も安くなることになります。時期や移動距離が同じ条件でも、家族2人となると荷物が増えるため、平均64,273円となります。

さらに大型の家具や5ドアの大型冷蔵庫などがあればトラックを占有する荷物量も増加しますし、必要とされるスタッフの人数も増えることになり、荷物が少なめの単身者にかかる2倍以上の料金になっています。 これが引っ越し料金の目安となります。

繁忙期と通常期の違い

上記と同じ移動距離で3~4月の繁忙期の場合、荷物少なめの単身者では平均36,176円、5~12、1~2月 の通常期は平均29,022円なので、繁忙期を避けるだけで約7,000円も安くなることになります。 さらに同条件で家族2人の場合は繁忙期で平均80,538円、通常期が平均64,273円ですから、繁忙期を避けるだけで約16,000円も安くなることになります。

このように繁忙期を避けるだけで大きな差があるため、日時に余裕があるなら、なるべく通常期を選ぶことが重要になります。

自分でレンタカーを借りて引っ越す場合との料金比較

引っ越し業者に料金を払うぐらいなら、自分でレンタカーを借りて引っ越そうとする方もいると思います。では、その場合の料金はどれくらいかかるのでしょうか? また、その場合に考えうるリスクには、どんなものがあるのでしょうか?

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

自分で引っ越し作業を行うリスク

引っ越し料金を下げるには、レンタカーや自家用車を利用して自分で引っ越すという方法もあります。 引っ越し業者を使わないので実費だけで済むということになりますが、実際にはレンタカーの料金、ガソリン代、梱包資材の調達、そして手伝ってくれた人への謝礼など、意外と費用はかさみます。

また、荷物サイズや個数に対し充分に見合う車種を用意してあるレンタカー屋を探したり、手配すべき車が引越したい日時に空いているか確認したり、旧居と新居に必要な養生の道具を調べて購入しに行ったり、梱包用に中古の段ボールを収集したり、お皿が割れないように1枚1枚を包むなど梱包をしたり、いざ当日に重い荷物を運搬したり・・・など、自分で行う手間は予想以上に多くかかるのが現実です。

また、不慣れな人が荷物の運び出しを行うと、思わぬトラブルや事故を招くケースも予想されます。自分で壊した物は、誰も補償してくれません。 そのようなリスクを避けるには、引っ越し業者に依頼することです。不要な手間や費用をかけずに引っ越しできるため、結果的に、ほぼレンタカーを借りた場合と変わらない費用か、またはレンタカーより費用を安く抑えられる場合もあるのです。

自分でレンタカーを借りる場合の料金の相場

ここでは具体的に、単身者がレンタカーを使って自力で引っ越した場合にかかる平均的な費用を見てみましょう。

例として移動距離が30km圏内の場合とすれば、平均で約24,900円となります。 この中にはレンタカー代、高速・ガソリン代、ダンボール・布テープなどの梱包資材代、手伝ってくれた人への心付けが含まれます。 荷物少なめの単身者が通常期に引越業者を使用した場合は、前出の通り平均が29,022円となりますから、それより約4,000円ほど安くなっています。

同じ距離で家族世帯がレンタカーを使って自力で引っ越した場合は平均で 約61,500円、家族2人が通常期に業者を使用した場合(15km圏内)の平均は64,273円で条件は揃っていませんが、約2500円は安くなります。

いかがでしょうか。自分で引っ越しを行う金銭的なメリットは、どのような場合も数千円程度。自分で引っ越し作業をした場合の疲労や、事故などのリスクを考えるとお得とは言えないのではないでしょうか。

レンタカーよりもお得な引っ越し業者・ケーエー引越センター

しかし、平均的な相場はわかっても、相場より安い引っ越し業者を自分で見付けられるかどうか自信がないという人もいるかもしれません。

引越しは普段から気にかけている業種ではなく、引っ越すことが決まって初めて意識する業界ですから、それも当然です。そこで、レンタカーよりも安くお得な引っ越し業者として人気のある「ケーエー引越センター」をご紹介しましょう。

その内容と安さの理由、そして実際の料金プランを見れば、レンタカーよりも安く引っ越せることが本当だと理解できると思います。

※参考:引越しプラン https://ka-center.jp/plan/
※参考:低価格の秘密 https://ka-center.jp/himitsu/
※参考:料金早見表 https://ka-center.jp/price/

レンタカーを借りるより安い引っ越し業者

ケーエー引越センターの最安プランである「超節約プラン」なら、条件にもよりますが10,500円となり、レンタカーを借りるよりも安い場合があります。 使用する車両は引っ越し専用に作られた車両の「ロイヤル号」で、これにスタッフ1名が手配されます。「ロイヤル号」は軽トラックでありながら2トン車の半分ほどの容積があり、ダンボール約50個相当の荷物が積載可能です。

レンタカーで軽トラックを借りて、オプションで幌を取り付けても、こんなに多くの荷物を積むことはできません。

低価格でも高品質なサービスを実現できる理由

サービスをオプション化

では、ケーエー引越センターはどうしてこのような、(大手を始めとした各社より)激安ともいえる低料金を可能にしているのでしょうか? ひとつは、サービスをオプション化しているという点が挙げられます。各種サービスをオプションにすることで、引っ越しの基本料金を抑えて利用者にも分かりやすくしているのです。

ダンボールなどの梱包資材料金、時間指定料金、横持ち、エアコン取り付け・取り外しなどから必要なものだけを加え、かつ無駄な料金やサービスを排除することで、本当に必要な作業だけが、低価格で提供されているのです。

無駄なコストを徹底カット

そしてケーエー引越センターでは、下請け業者を使用していません。

これにより中間マージンが発生せず、また訪問見積もりを行わないため見積もり営業マン部隊にかかる人件費が一切ありません。 営業マンが使用する営業車や、その駐車場料金などのコストも発生しないのです。 そしてトラックのガソリンは引っ越しスタッフが自らセルフで給油するなど、徹底したコストカットを行っています。

その結果、同業の各社より安く、大手より最大で数万円以上、場合によっては半額にもなる格安料金を実現させているのです。

ケーエー引越センターの料金プラン

では次に、ケーエー引越センターの料金プランを見てみましょう。標準プラン、超節約プラン、爆安75プランという3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

家族の引っ越しに最適な「標準プラン 13,500円~」

標準プランは一番の人気をほこるプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20Km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。

とにかく節約したい人に「超節約プラン 10,500円~」

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約プランでは、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20Km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。

宅配便よりも安い!「爆安75プラン 7,500円ポッキリ!」

「爆安75プラン」は、23区内同士、または隣接する市部へという近場の引っ越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この「爆安75プラン」しかありません。

引越料金を抑えるには、難しい交渉よりも業者を選ぶ方が近道

複数の業者で相見積もりを行い、交渉術をフルに使って契約する方法もありますが、そもそもの基本プランが安い業者に依頼することの方が、当然ですが簡単ですし揉めごともありません。 引っ越しを業者に依頼するには、その選び方が重要になります。そのためには、複数社の中から、自分にあったサービス内容と料金があるのかを調べておきましょう。

単身で荷も少なく、長距離でもないのに、必要以上の当日作業員や梱包を行われて料金が膨れ上がっては無駄でしかありません。 また、引っ越しが集中する土日ではなく平日や仏滅、あるいは時間帯の指定をしない場合、その条件で安くしてもらえる業者であることも確認しましょう。

全体のまとめ

引っ越しが決まっても、仕事のある方は休日しか準備に時間をかけられないはずです。 その休日も洋服類の整理や梱包であっという間に時間は過ぎてしまいます。複数の相見積もりをとっても、引っ越しの訪問見積もりに対応できないまま日にちが過ぎてしまいかねません。

「ケーエー引越センター」なら、電話だけでもメールでも見積もりが可能です。実はメールで見積もりのやり取りをしてくれる引越し業者は、意外に少ないのです。

PCからであれば24時間入力できますので、夜お仕事から帰ってから、あるいは仕事の休憩時間でも気軽に見積もりや相談ができますね。この機会にぜひ「ケーエー引越センター」を利用してみてはどうでしょうか?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり