単身赴任の生活費はどのくらい?金額の目安と効果的な節約方法

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 単身赴任の生活費はどのくらい?金額の目安と効果的な節約方法
引越しアドバイス
引越しアドバイス
単身赴任の生活費はどのくらい?
金額目安と効果的な節約方法
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「単身赴任で必要な生活費はどれくらい?」「単身赴任で自炊をすべき?」「生活費を抑える方法を知りたい!」

単身赴任はご自身とご家族の二重生活になるため、生活費も二重でかかってしまいます。さらに定期的にご家族のもとに帰省するとなると、その自己負担額はかなりのものとなってしまうことでしょう。

とはいえ、一般的には会社から単身赴任手当などが支給されるので全額自己負担するケースはほぼありません。ただ、必ずしも十分な支給額とはいえないケースもあることでしょう。

今回は単身赴任における生活費の目安や効果的で具体的な節約方法をご紹介していきます。

単身赴任の基礎知識と生活費の相場

単身赴任の基礎知識

単身赴任とは会社の事例に従って家族を家に残して、遠方にある勤務地付近に一定期間一人で移り住むことです。簡単に言えば、家族を残して転勤・引越しになります。

単身赴任では転勤先での自身の生活費と家族の生活費と両方かかることが特徴です。二重生活状態であるため、家賃・水道光熱費・食費などが家計を圧迫する可能性があります。

また、単身赴任では月々の生活費だけでなく、転勤先への引越し・賃貸物件・家具や家電の購入費用などがかかってきます。 費用をなるべく抑えるならば、家具・家電つきの物件を選んだり、格安の引越し業者を選択したりしましょう。

このように単身赴任には多くの費用がかかることから、通常ほとんどの会社では各種手当が単身赴任者に支給されます。 単身赴任手当や住宅手当、家族のもとに帰るための帰省手当などです。

厚生労働省によれば、民間企業に勤める会社員の単身赴任手当・別居手当の平均額は4万6,065円となっています。 家賃補助となる住宅手当は1万7,000円が平均です(単身赴任に限らず支給されることもある)。

この額が多いか少ないかは状況によって異なりますが、これらの各種手当をうまく使って健やかな暮らしが送れるようにしていきたいものです。 必ず事前に申請して自己負担をなるべく減らすようにしましょう。

単身赴任の生活費の相場

単身赴任における生活費は、総務省統計局によると1ヶ月あたり16万3,781円となっています。 中でも食費がもっとも高くて4万4,263円、水道光熱費が1万1,652円、交通・通信費が2万1,068円、共用・娯楽費で1万9,426円となっています。

もちろん個々の生活習慣や状況によって金額は変わりますが、16万円前後の生活費が必要になることは覚えておきましょう。 ちなみに家賃は地域によって大きく変わりますので、必ず転勤先の地域相場を確認しておいてください。

単身赴任の生活費を節約する方法

会社に費用負担の補助制度があるか確認する

単身赴任の生活費自己負担をなるべくなくすためには、会社の手当を利用しましょう。

単身赴任手当や住宅手当は法的に義務付けられたものではないので、その有無や金額は会社によってまったく異なります。 ですから、各種手当については単身赴任が決定したらすぐに総務部などの担当部署に確認してください。

確認したい事項としては以下です。

各種手当の有無や適用条件、範囲
支給方法やタイミング
社宅の有無

基本的な引越し費用や賃貸物件の初期費用は会社が負担してくれることが多いです。 また、会社によっては社宅を所有または法人契約していることがあるので、家賃については安く済ませられる可能性もあります。こういった部分もぜひ事前に確認しておきましょう。

自炊する

ご紹介したように、食費は生活費の中でも大きなウェイトを占めます。ですから、生活費を抑えたいならば自炊がおすすめです。

とはいえ、男性の場合は料理が得意でなく毎日作るのが面倒という方も少なくありません。 そもそも作り方がわからないという方もいるでしょう。

そういった場合は、無料のレシピアプリを参考にすると便利です。 一人暮らし用の作り置きレシピを活用すれば、毎日料理を作らなくてもパッと食事を準備できますし、お弁当にも活用できます。 さらに麦茶などを作って水筒に入れれば通勤・勤務中の水分補給代も抑えられます。

自炊がどうしても難しい、面倒くさいという場合はなるべく安いお弁当を購入しましょう。 コンビニは便利で良いのですが価格的には割高になることがほとんどです。地域のスーパーや個人商店の方が安くて量の多いお弁当があるのでぜひ活用してみてください。

電気のつけっぱなしを防ぐ

光熱費も生活費の中ではそれなりのウェイトを占めます。照明やエアコンの点けっぱなしは控え、ホットカーペットなど電気代のかかるものは時間を決めて使うなど工夫をしてみましょう。

使用しない時は電源を切ることはもちろんですが、タイマー予約などを活用すると習慣化されて無駄な電気を使いにくくなります。

費用の安い交通手段を選ぶ

交通費も通勤や買い物、ちょっとした移動を自転車にすることでかなり安く抑えられます。ダイエットにもなるので自転車通勤が許可されているならばぜひ検討してみてください。

帰省では夜行バスを利用すると費用を抑えやすくなります。また、飛行機を使う場合にはマイルをその都度貯めるなどすれば、旅行を計画した時に役立つことでしょう。

会社によっては帰省手当を支給しているところもありますので、担当部署にぜひ確認してみてください。

格安スマホに乗り換える

今の時代、スマホを携帯するのは必須です。多くの人にとって毎月のスマホ代は当たり前に払っている費用となっていることでしょう。

この当たり前の費用を安く抑えることで長期的にかなりお得にできます。

たとえば大手業者のスマホで8,000円程度かかっている場合、格安スマホ・格安SIMに乗り換えるだけで毎月半額以下になる可能性があります。 また、格安スマホで懸念点となる通信制限も、自宅や会社ではWi-Fi接続にすることでかかりにくくできます。

現在はさまざまな格安スマホ業者があるので、ぜひご自身に合ったものを検討してみてください。

単身赴任の引越しにおすすめの『ケーエー引越センター』

ケーエー引越センターとは?

ケーエー引越センターは首都圏の単身者向け引越しで業界最安クラスを誇る引越し業者です。

最安パックで7,500円とかなり激安なので、単身赴任先が首都圏であるならば、ぜひ利用を検討するべき業者だといえるでしょう。 ここまで引越し料金を安くできる理由は業界トップクラスのコストカットや経営努力にあります。

たとえば、ケーエー引越センターは首都圏に絞り単身者向けに特化することで業務を効率化し、安い案件をたくさんこなすことで利益をとっています。 また、訪問見積もりをなくして人件費をカットしたり、専用トラックの給油をセルフにしたりすることで着実なコスト削減をしているのです。

このようなさまざまな努力が実を結び、引越し料金へと還元されているというわけです。

ケーエー引越センターの主な料金プラン

爆安75パック

こちらのプランは宅配便よりも安い!を目指したケーエー引越センターでも最安の引越しプランです。

ダンボール20箱以内の首都圏引越しであれば7,500円ポッキリで行えます。 10箱程度であれば宅配便でも安く抑えられますが、引越しのプロではないので信頼感という意味ではやや劣ります。 ケーエー引越センターは20箱までOKで1万円以下なので料金はもちろん安心感的にも宅配便よりお得感があるのではないでしょうか。

こちらのプランの適用条件は以下です。

ダンボール20箱以内
東京23区内および指定近接エリア間の運搬
1階から1階のドアツードア運搬(依頼者の手伝いが必要)

費用を抑えた単身赴任引越しをするならぜひご検討ください!

超節約パック

こちらのプランはダンボール箱50箱以内であれば10,500円で引越しできる格安プランです。 爆安75よりも多く荷物を運べるので、一般的な単身赴任引越しでも不用品の整理をそれほどしなくても十分に対応できるのではないでしょうか。

価格的にはレンタカーを借りて自力引越しをするのと同等かそれよりも安いですし、なによりプロのスタッフが手伝ってくれるので安心感があります。単身引越しのスタンダードとしておすすめです。

こちらのプランの適用条件は以下です。

ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
ドアツードア運搬で依頼者の手伝いが必要
平日であること

首都圏引越しであれば問題ない条件なのでぜひ検討してみてください。

『標準パック』

こちらはケーエー引越センターでも人気がもっとも高いプランです。 プランの平均価格は1万5,500円で、ダンボール箱90箱程度の多い荷物量でも対応できます。

単身引越しで家具・家電など荷物が多くなってしまう方はもちろん、家族引越などでも利用できる懐の広さがあるのではないでしょうか。他のプランよりも作業スタッフが増員されるので信頼感もアップします!

こちらのプランの適用条件は以下です。

ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

荷物が多く平日に引越しできるのであればかなりお得なプランですのでぜひご検討ください。

単身赴任の生活費は工夫次第で簡単に抑えられる!

今回は単身赴任でかかる生活費の種類や相場目安、生活費を抑えるコツをご紹介しました。

単身赴任ではご自身とご家族で生活費が二重にかかるため自己負担額はかなりのものとなってしまいます。 会社から負担されることがほとんどですので多少は安心ですが、支給額によっては単身赴任前よりも厳しい生活になる可能性もあるでしょう。

高くなりやすい生活費をなるべく抑えるためには自炊や光熱費の節約、スマホ代の見直しが効果的です。ぜひ可能なものから手をつけてみましょう。

また、単身赴任の初期費用となる引越し料金も見逃すことはできません。自己負担を減らすためにもケーエー引越センターなどの格安業者を利用してお得に引越しをしましょう。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる