引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>単身での引っ越しの見積もり金額相場と、おすすめの業者は?

引越しアドバイス

単身での引っ越しの見積もり金額相場と、おすすめの業者は?

単身で引っ越しをする場合、荷物量も移動距離も少なければ引っ越し費用も安く済むのは想像がつきますね。 でも引越し費用なんて、日常生活では気にする必要がないこと。

「この荷物量なら、実際にトータルでどのくらいの費用がかかるのか?」の相場感覚は、引っ越し経験者でも分かりません。 まして、どの業者に頼んだらベストなのかは、検討もつかないのではないでしょうか

そこで今回は、単身での引っ越しの見積もり金額の相場、格安かつ安心できる業者を、ご紹介したいと思います。

単身で引っ越しする場合の見積もりの相場

引越料金は、荷物の量と移動する距離で基本となる料金が決まります。 単身世帯で「荷物が少ない」という目安は、冷蔵庫やベッド、洗濯機などがなく、ダンボールや衣装ケース、カラーBOX程度の高さまでの荷物という判断になり、「多めの荷物」とは、それらがある場合、と考えると分かりやすいと思います。

そして気を付けたいのが、繁忙期では割高になる事です。 繁忙期とは、引っ越し業者が対応しきれないほど引っ越し件数が集中する時期のことで、3月中旬から4月上旬とされています。それ以外でも、土日や祝日は割高になり、平日は割引されるのが普通です。

荷物が少ない単身世帯

15km未満(市区町村内)

通常期は平均28,998円、繁忙期は平均36,176円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均34,307円、繁忙期は平均40,640円

500km以上(長距離)

通常期は平均52,738円、繁忙期は平均62,435円

繁忙期は通常期に比べて6,000~8,000円近く平均価格が高い

荷物が多い単身世帯

15km未満(市区町村内)

通常期は平均38,082円、繁忙期は平均47,138円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均40,695円、繁忙期は平均49,892円

500km以上(長距離)

通常期は平均63,919円、繁忙期は平均81,841円

繁忙期は通常期に比べて9,000~18,000円近く平均価格が高い

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

単身向け引っ越しサービスの種類

一般の引っ越し業者による引越では、単身者の引っ越し需要を取り込む目的のため、様々な割引サービスを用意しており、これらを利用すると通常料金よりかなり節約でき、また午前指定するより午後や時間指定なしにするのも安く引っ越しをするコツとなります。

2種類の単身向け引っ越しサービス

プラン名は業者によって異なりますが、大きく分けると「単身パック」と「単身プラン」の2種類に分けられます。その違いと特徴を見てみましょう。

単身パック

用意されたコンテナボックスに入るだけの荷物を詰め込み、ほかのコンテナボックスと混載して運ぶことで、料金を安く抑える方法で、シングルパックなどと呼ばれることもあります。 荷物を引き取ってからすぐに配送されるのではなく、即日に対応するサービスもありますが、混載便のため一度センターにとどめて置き、実際に配送されるまでに数日かかる場合があります。

電話での対応だけで訪問見積もりがなく、梱包資材のダンボールの提供もない場合が多くなります。

単身プラン

荷物をトラックに積み込む通常の引っ越し方法で、軽トラックなどの小型の車両を使って、荷物の少ない単身向けに最適化され、ワンルームプランなどとも呼ばれます。 業者が訪問見積もりを行ったり、ダンボールや布団袋を用意したりする場合が多くなります。

単身パックと単身プランの選び方

では、どのような人がどのタイプを選べば良いのでしょうか。

単身パックが向いている人

荷物が少なく、大きな家具を運ぶ予定もない人や新居で家具を新たに買い替えれば、運搬する必要がない人。そして、とにかく料金を安くしたい人が向いています。 デメリットとしては、当日に新居へ配送されない場合には、ご実家など、その間住むことが出来る場合となるでことです。

単身プランが向いている人

安く済ませたいけれど、当日中に引っ越しを完了したい人にはこちらが向いています。そして、引っ越しの荷物が多めで、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなども運びたい人にも最適な方法です。

単身向けサービスのいいとこ取りをしたケーエー引越センター

ここで、東京都内とその近郊への引っ越しにおいて、激安のパックプランを設定して注目される「ケーエー引越センター」をご紹介しましょう。

※引越しプラン https://ka-center.jp/plan/

ケーエー引越センターは単身パックと単身プランのいいとこ取り

ケーエー引越センターは、単身プランのように当日中に引っ越しを完了できます。しかも単身パックのように、訪問見積もりもせず、荷造り用のダンボールの提供をオプションサービスにしたりすることでコストカット。

それにより業界最安クラスの価格を実現し、単身者の見積もりが都内だけで年間1万件を超える実績を誇っています。

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターの料金プランには標準プラン、超節約プラン、そして爆安75プランという3つのプランが用意され、それぞれの状況にあったプランを選ぶことが出来ます。

標準プラン 平均料金は15,000円

もっとも基本となるプランで、同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までへのお引越しで、1ルーム等にお住いの2人家族向けのプランとなります。

2トン車とスタッフ2名が伺うので、ダンボールなどへの荷造りや荷解きさえ行っていただければ、タンスなどの大型家具や冷蔵庫などの大型家電類は、ケーエー引越センターの専門スタッフが梱包・運搬を全部任せられるので安心です。 それでいて平均の15,000円という料金は他の引っ越し業者と比較しても圧倒的に安いのです。

超節約プラン 平均料金は10,500円

その名の通り、相場よりも安い料金で引越したい超節約志向の方におすすめのパック・プランプランです。 同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までへのお引越しで、スタッフは1名で、車両は軽トラックながらも1トン車並みの容積を持つ引っ越し専用車のロイヤル号が伺い、ダンボール50個相当の荷物量までが可能です。

お客さんにも手伝ってもらいますが、その労力に見合った価格を実現。 10,500円という平均価格は個人でレンタカーを借りるのと同程度ですから超割安料金です。

爆安75プラン 爆安価格7,500円

近距離の引っ越しで、大きな家財がなくダンボール20箱程度の少ない荷物量に適用されます。 引越し当日までに荷物の梱包を済ませ、玄関前に用意して頂き、荷物の積み込み・積み降ろしを手伝って頂きますが、宅配便で出すよりも安い7,500円という爆安料金となります。

常識にとらわれないケーエー引越センターだからこそできたコストカットによる爆安価格といえます。

※表示価格は全て税抜価格ですので別途消費税がかかります。

無駄を省けば格安になる

引っ越しに限らず、過大なサービスが当たり前になった結果、それが当然のようになっている風潮があります。

楽が出来、色々無料でもらえてお得になったような気分になりますが、気が付くと余分なサービスに代金を払っていることに気が付きます。 引っ越しにおいては、無料のダンボールや必要以上のスタッフによる人件費などが挙げられます。 では、これらを全てカットしたらどうなるか。

当然引っ越しに必要な最低限の車両となり、ダンボールもお客さんが用意して梱包。搬出搬入も手伝ってもらうことでスタッフ数も減らせます。 そして引っ越し料金は驚くほどの低価格が可能となります。当然売上高は低くなりますが、コストカットの努力と件数をを多く引き受ける事で可能となります。

もちろん様々な事情で代金を支払ってでも全部任せなければならない方もいらっしゃいますが、単身で若く元気な方なら「ケーエー引越センター」の各種格安プランを利用することで無駄のない引っ越しが出来ます。

全体のまとめ

無駄を省いて必要最低限の引っ越しを高い品質で可能にする「ケーエー引越センター」は、単身者の引っ越しにはぴったり。見積もりも専用サイトや電話で完結するなど利用しやすさも魅力です。

それで浮いたお金は何かと物入りの新生活にあてることも出来ます。荷物の少ない近距離の引っ越しを計画中の方はまずは「ケーエー引越センター」の簡単見積もりをおススメします。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり