単身での引越しの見積もり金額相場と、おすすめの業者は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しアドバイス
引越しアドバイス
単身での引越しの見積もり金額相場と、おすすめの業者は?
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

単身で引越しをする場合、荷物量と移動距離が少なければ、引越し費用も安く済むのは想像がつきます。

ですが「具体的に○○万円かかる」とイメージできる方は、業界関係者でない限りほとんどいません。実際に引越し業者で働いたことがある人でも、そうすぐには計算できないものです。

そこで今回は、単身での引越しの見積もり金額の相場に加え、格安かつ安心できる業者をご紹介します。

単身で引越しする場合の見積もりの相場

引越料金は、荷物量と移動距離によって基本料金が変わります。

単身世帯で「荷物が少ない」という判断目安は、冷蔵庫やベッド、洗濯機などの大型家具・家電がなく、ダンボールや衣類ケース、カラーBOX程度の高さ・奥行きの荷物だけで引越しできるケースを指します。一方、大型家具・家電がある場合は「荷物が多い」と判断されます。

引越は時期が重要となります。引越し業界におけり繁忙期では、通常期に比べて基本料金が割高になります。 繁忙期とは、引越し業者が対応しきれないほど、引越し件数が集中する時期のことで、一般に3月中旬から4月上旬が該当します。

それ以外でも、土日や祝日は割高になり、平日は割引される傾向にあります。

荷物が少ない単身世帯

荷物が少ない単身世帯の引越し料金の相場は30,292~81,532円です。なお、データは2020年12月5日現在のものです。

15km未満(市区町村内)

通常期は平均30,292円、繁忙期は平均36,768円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均35,492円、繁忙期は平均40,562円

500km以上(長距離)

通常期は平均56,902円、繁忙期は平均59,430円

繁忙期は通常期に比べて6,000~8,000円近く平均価格が高い

荷物が多い単身世帯

荷物が多い単身世帯の引越し料金の相場は39,227~81,532円です。なお、データは2020年12月5日現在のものです。

15km未満(市区町村内)

通常期は平均39,227円、繁忙期は平均48,272円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均42,384円、繁忙期は平均49,691円

500km以上(長距離)

通常期は平均75,826円、繁忙期は平均81,532円

繁忙期は通常期に比べて9,000~18,000円近く平均価格が高い

単身者向け引越しサービスの種類

単身者のニーズを満たすため、各引越し業者は単身者向けの引越しサービスを用意しています。それを利用することで、お得に引越しできる可能性があります。

2種類の単身者向け引越しサービス

単身パック

用意されたコンテナボックスに荷物を詰め込み、ほかのコンテナボックスと混載して運ぶことで、料金を安く抑える方法です。

荷物を引き取ってからすぐに配送されるのではなく、即日対応するサービスもあります。ただ、多くはセンターに荷物を留めて置き、配送までに数日かかる場合が大半です。 また単身パックは、電話対応が基本です。訪問見積もりがなく、梱包資材のダンボールの提供もないサービスが多くみられます。

なお、単身パックは混載便ともいいます。根菜便とは、トラックに複数の荷主の荷物を同時に積載することで、運送料を抑える運送方法です。 荷主同士で運送料金を分担できるため、一人ひとりが負担する運送料金が安くなります。

単身プラン

荷物をトラックに積み込む従来の引越し方法で、ワンルームプランとも呼ばれます。荷物の少ない単身向けに最適化されたプランで、軽トラックなどの小型車両を使って荷物を運びます。

一方でサービスは充実しており、業者が訪問見積もりを行ったり、ダンボールや布団袋を用意してくれたりします。

単身パックと単身プランの選び方

ここでは、単身パックと単身プラン、それぞれがどのような人に最適なのかご紹介します。

単身パックが向いている人

とにかく引越し費用を抑えたい人や、荷物が少なく、大きな家具を運ぶ予定もない人、新居で家具を新たに買い替えれば、運搬する必要がない人に向いています。 金銭面のメリットが大きいので、費用面を重視したい方うってつけです。

一方、当日に新居へ配送されない場合には、ご実家や友人宅などの仮住まいが必要です。

単身プランが向いている人

安く済ませたいけれど、当日中に引越しを完了したい人にはこちらが向いています。また、引越しの荷物が多めで、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなども運びたい人にも最適な方法です。

単身での引越し見積もりを安くするポイント

いくつかのポイントを抑えれば、単身での引越しを安く抑えられます。ここでは、見積もり金額を安くするポイントを解説します。

複数の引越し業者から見積もりを取る

引越し費用を安くするためには、相見積もりを取るのが基本です。相見積もりを取れば、現在の引越し条件での相場を把握したり、料金やサービスを比較したりできます。

直接複数の業者に連絡・交渉するのが一般的ですが、WEBサイト上から申し込み、複数の引越業者に一括見積もりを依頼できるサービスもあります。後者は非常に便利なので、一度お試しください。

なお、見積もり依頼をする業者の数は、比較しやすい3社程度に留めるのがおすすめです。選択肢が多すぎると、比較検討に時間がかかるほか、引越し予定日のスケジューリングも難しくなります。

人気の時期や日にち、時間帯を避ける

人気の時期や日にち、時間帯を避けることも大切です。人気のある時期は引越し費用が高くなる傾向があります。これは、引越し需要の高まりから、費用が高くても利用する人が多く、各社が料金を高く算出して設定するためです。

避けておくと引越し費用を抑えやすいタイミングの例として、繁忙期や特定の曜日、時間帯などが挙げられます。可能であればこうしたタイミングを避けられるように準備してください。

3~4月は引越し業界の繁忙期であり、多くの業者が料金を高めに設定しています。これは、入学や就職、転職などによって新生活が始まるタイミングであり、引越し需要が急激に高まるためです。

土日や祝日は、学校や会社を休まずに引越しできるタイミングのため、通年で引越しの需要が高まります。また、月末も家賃の二重払いを防ぎやすいため、引越し需要が高まります。

大安や天赦日、一粒万倍日など縁起が良い日も、引越し需要が高まる場合があります。また、曜日やシーズンにかかわらず、午前中は引越し作業を早めに終わらせることができるため、需要が高まります。 午後に作業を開始する「午後便」や、引越し業者の予定に合わせて時間を指定しない「フリー便」は費用が安くなりやすいためおすすめです。

荷物の量を減らす

運ぶ荷物の量が多くなると、引越し費用は高くなります。これは、使用する車両のサイズやグレードを上げる必要があったり、引越し会社の作業員の作業時間が増えたりするためです。

車両によって、積載量には限度があります。そのため、比較的小さな社長を使用する単身パック・単身プランでは、荷物量を制限する場合があります。

食器や衣類、自転車、家具家電、小物など不要なものがあれば、引越しの機会に処分するのがおすすめです。1LDKなど広めの間取りの部屋から引越しする場合は、特に荷物の量が多くなりがちなため、事前に処分を検討してください。

単身向けサービスのいいとこ取りをしたケーエー引越センター

ケーエー引越センター』では、関東の単身引越しにおすすめのプランを提供しています。 大手と比較して安価ながら丁寧な引越しサービスを提供しておりますので、ぜひご利用ください。料金やサービス内容についてご紹介します。

ケーエー引越センターは単身パックと単身プランのいいとこ取り

ケーエー引越センターは、単身プランのように当日中に引っ越しを完了できます。しかも単身パックのように、訪問見積もりもせず、荷造り用のダンボールの提供をオプションサービスにしたりすることでコストカット。

それにより業界最安値を実現し、単身者の見積もりが都内だけで年間1万件を超える実績を誇っています。

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターの料金プランには『標準パック』、『超節約パック』、そして『爆安75パック』という3つのプランが用意され、それぞれの状況にあったプランを選ぶことができます。

『標準パック』 平均料金は15,000円

もっとも基本となるプランで、同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までへのお引越しで、1ルーム等にお住いの2人家族向けのプランとなります。

2トン車とスタッフ2名が伺うので、ダンボールなどへの荷造りや荷解きさえ行っていただければ、タンスなどの大型家具や冷蔵庫などの大型家電類は、ケーエー引越センターの専門スタッフが梱包・運搬を全部任せられるので安心です。 『標準パック』 詳細ページ

『超節約パック』 平均料金は10,500円

相場よりも安い料金で引越ししたい"超節約志向"の方におすすめのパック・プランです。 同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までへのお引越しで、配属スタッフは1名。車両は軽トラックながらも、1トン車並みの容積を持つ引っ越し専用車『ロイヤル号』が伺い、ダンボール50個相当の荷物量を運搬可能です。

本パックはお客さまにも作業をお手伝いいただきますが。その労力に見合う価格を実現しております。 超節約パック』 詳細ページ

『爆安75パック』 爆安価格7,500円

近距離の引っ越しで、大きな家財がなくダンボール20箱程度の少ない荷物量に適用されます。引越し当日までに荷物の梱包を済ませ、玄関前に用意して頂き、荷物の積み込み・積み降ろしを手伝って頂きますが、宅配便で出すよりも安い7,500円という爆安料金となります。

常識にとらわれないケーエー引越センターだからこそできたコストカットによる爆安価格といえます。 『爆安75パック』 詳細ページ

ポイントを抑えて単身の引越し見積もり料金を下げて満足な引越しを

引越しに限らず、過大なサービスが当たり前になった結果、それが当然のようになっている風潮があります。

作業の手間が省けるほか、色々無料でもらえてお得な気分になりますが、気が付くと余分なサービスに代金を払っていることもしばしば。特に引越しにおいては、無料配布のダンボールや必要以上のスタッフによる人件費などが挙げられます。誤解を恐れずにいうと、これらは不用意に引越し料金を高めるための、無駄な費用です。

無駄を省いて必要最低限の引越しを高い品質で可能にする『ケーエー引越センター』。弊社の引越しプランは、単身のお客さまの引越しに最適です。多少はお手伝いいただきますが、基本はプロが作業するため、新居のドアや壁を傷つけることなく、ご安心いただけます。

ダンボールはお客にご用意いただき、梱包。搬出搬入もお手伝いいただくことでスタッフ数も減らせます。こうした積み重ねが、相場以下の料金を実現し、お客さまにもご満足いただいております。単身で若く、元気なお客さまなら『ケーエー引越センター』の各種格安プランを利用することで、お得に引越しができます。

それで浮いたお金は、新生活に必要な物の購入費に充当できます。荷物の少ない近距離の引越しを計画中の方はまずは『ケーエー引越センター』の「簡単見積もり」をおすすめします。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる