引越し業者の種類と選び方|失敗しないために重視すべきポイントは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 03-5656-2858
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越し業者の種類と選び方|失敗しないために重視すべきポイントは?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越し業者の種類と選び方、
失敗しないために重視すべきポイントは?

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。

心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。このページでは引越し業者の種類と選び方について、ご説明しますね!

引越し業者選びで重視すべきポイントさえ抑えておけばお得かつ満足度の高い引越しを実現できます。いざ引越しをすると決めるとなると、どこの引越し業者に依頼したらいいのか、多くの方が悩みます。

「単身引越しにはどんなタイプが用意されているのか?」
「あの有名な引越し業者の評判は?料金は?」
「お得な引越し時はある?」

このように、数多くある引越し業者の中から自分にあった業者を選ぶにはどうしたらいいのか、ほとんどの人がその方法を知りません。

そこで、「繁忙期を避ける」など具体的に費用を安くおさえられる時期、おすすめの引越し業者など、失敗しないために重視すべきポイントを含めて、引越し業者の種類と選び方をわかりやすく簡単にご紹介します。

引越し業者の選び方

知識がない状態で、たくさんある引越し業者の中からひとつを選ぶのは簡単ではありません。まずは引越しする家族の人数や荷物量などを把握してください。そして引越し業者に依頼し見積書を確認し、料金比較をしていってください。

ここでは引越し業者の選び方についてわかりやすく解説していきます。

複数の業者から相見積もりを取る

相場を知るために2~3社以上の複数業者から見積もり依頼をする「相見積もり」という方法があります。相見積もりを行うには一括見積もりサイトなどを利用すると便利で効果的です。

その後、各業者の訪問見積もりで見積額、利用可能なサービスなどを確認し、自分に合った引越し業者はどれなのかをじっくりと比較検討します。

引越し見積もりに訪れるのは営業マンですから「即決で安くなる」と説得されるケースが少なくありません。迷うところではありますが、よほど条件が良く納得できるもので無い限りは、他社の見積もりが出揃ってからの検討をおすすめします。 決してその場で契約しないようにしてください。 すべての見積りが終わってから、具体的な値引き交渉を進めてください。

また、見積もり時には、荷物が増えた場合や処分して荷物が減った場合、あるいは引越し先の状況や日取りが変更になったときの料金のことも訊いておきます。 選ばなかった業者にも断りの連絡を必ず入れておくのも大切なマナーです。今回は契約に至らなかったとしても、いつかお世話になる可能性があるためです。

見積もりを取るまでは引越し業者が無料で対応してくれるケースが一般的です。 ただし、あまり多くの業者に見積もりを依頼しても判断が難しくなってしまいます。相見積もりを取る際には目安として3社程度がおすすめです。

引越し業者の口コミを確認する

各引越し業者の利用者がレビュー投稿しているサイトの口コミを確認すると、引越し業者の人気や情報について参考になります。 口コミ内容にはさまざまなものがあり、料金やサービス内容、発生したトラブル、満足できた点など細かく書かれているものもあります。もちろん、インターネットの匿名情報であり、あくまで利用者たちの個人的な感想のため、参考程度にとどめてください。

ちなみに、引越し比較サイトでは多くの引越し業者を詳しく紹介しています。安さやサービス、補償内容、その他さまざまな情報をランキング形式で比較できるのでわかりやすいのが特徴です。

割引サービスがあるか確認する

引越し業者によっては割引クーポンが配布されている場合があります。引越し業界は競争が激しく、お得なクーポンで顧客獲得率を高めたいためです。

割引クーポンはかなり料金がお得になりますが、ほぼ必ず適用範囲や条件があります。事前に利用できるか確認するのが大切です。

割引クーポンを利用すれば引越し費用を安く抑えることが可能です。引越し業者を選ぶ際にポイントのひとつとして参考にしてみてください。

引越し業者を選ぶときの基準

引越し業者を選ぶ際には、料金・サービス内容・担当スタッフの質・引越し人数など各項目で基準となるポイントがあります。ここでは引越し業者を選ぶ際に基準となる点についてわかりやすく解説しますので、良い業者を選ぶための参考にしてください。

料金の安さ

料金の安さは引越し業者を選ぶときのポイントとなります。 引越し料金の安い業者はどこなのか知るためには、相見積もりを取るのがおすすめです。複数社の引越し料金を比較検討すればより安い引越し業者を探せるためです。また、相見積もりの際には各社担当者に見積もりの内訳も確認しておくと、より詳しく比較検討できます。

注意したいのは、料金が安いからといって安いなりの作業内容・サービスでは満足度が低くなってしまうという点です。引越し業者を選ぶ際は安さに加えて、アルバイトではないプロの作業員がしっかりとした引越し作業を行うのが最低条件として考えておいてください。 スタッフの質が高い上で無駄を省き、料金を安くしている引越し業者を見つけることが大切です。

利用したいサービス内容

業者によって対応できるサービスが異なることがあるので、自分が利用したいサービス内容があるのかも確かめなければなりません。 業者によっては、近距離の引越しが得意だったり、単身向けプランが充実していたり、あるいは女性向けの引越しプランに対応していたりなど、得意分野があります。

また、午後便などの割安プランや不用品回収サービスなどが利用できるか、連絡にメールが使えるのかも確認します。梱包の丁寧さや旧居と新居での手際の良さ、そして当日の時間の正確さなどのサービスの良さは、体験者による口コミサイトなどでチェック可能です。

さらに、有料サービスとなるエアコンの取り外しや取り付け工事についても確認してください。 引越し業者経由で手配してもらったほうがスムーズに行えるので、契約時に確認し、依頼するのがおすすめです。そうすれば、引越し作業の前にエアコンの室内機や室外機を取り外し、引越し業者が忘れずに運んでくれます。工事自体は引越し業者にかかわらず、地元の電気工事店が施工するので差はありません。

引越し人数に合わせた料金プランの有無

単身または2人以上の家族かどうかで荷物量が変化するため、引越し料金も変動します。また人数によって引越し業者で提供されているプランも異なってくるため、引越し人数に合わせた料金プランの有無はぜひ確認してください。

単身者の場合

単身引越しであれば「一人暮らし用プラン」の有無を確認してください。引越し業者によっては荷物が少ない単身者向けに、リーズナブルな引越し料金プランを提供していることがあるためです。

一人暮らし向けプランでは運搬できる荷物量、大きさが制限されているのが一般的です。制限をかけることで家具や家電はもちろん、衣類・食器などの荷物梱包や運搬の手間が少なくなり、手配するスタッフの人数が少なく済むためです。一人暮らし向けプランは不要なサービスがなく、引越し作業が短縮できることで、格安料金が実現されています。

家族で引越しする場合

家族で引越しする場合は人数や荷物量、新居までの距離といった各要素を確認し、事前にシミュレーションするのが大切です。というのも、引越し業者によってプランが異なり、各要素によって料金が大きく変動するためです。

もし小さいお子さんがいらっしゃる場合は梱包作業も行ってくれるプランのある引越し業者がおすすめです。子育てや家事で荷造り等引越し準備の時間が取りにくいためです。もちろん、梱包を始めとした引越し準備を手伝ってくれる家族や友人がいるなら話は別。スタッフが搬出・搬入作業のみを行うプランにした方がリーズナブルに引越しすることができます。

また、家族が多いとそれだけ不用品も出やすくなるものです。いらないものがたくさんある場合は事前に不用品処分しておくと引越し料金が安く収まります。また、事前の不用品処分が難しい、手間に感じる場合は引越し作業とともに不用品回収を行うサービスを提供している引越し業者を選んでください。

営業担当者の人柄

相見積もりで迷った場合には、最後の決め手になるのは営業担当者の人柄です。信用できる担当者がいる会社にしたほうが、安心して作業を任せられます。 訪問見積もり時の態度が良いと、相談もしやすく、想定よりも料金が安くなるプランを提示してくれたり、無理な日程でも受けてもらえたりするメリットがあります。

相見積もりの際は、サービスや料金の案内を受けるだけではなく、複数社の担当者とやり取りする手順を踏んでください。 それぞれの担当者とコミュニケーションをとることで、どの人が良いのか、またどの会社が信頼できるのか、相対的に判断しやすくなります。

【種類別】引越し業者のメリット・デメリット

引越し業者にはいくつかのタイプがあります。一長一短があるため、状況に応じて選ばなければなりません。 引越し業者のメリット・デメリットを種類別にご紹介します。

大手の引越し業者

全国展開している知名度の高い業者には、引越しの専門業者と、運送業務と兼業で行う会社の2種類があります。 2つにサービス内容では大きな差異はなく、いずれも長距離の引越しが可能であったり、オプションサービスが充実していたりする点がメリットです。

また、スタッフや車輌の数が多く、予約の取りやすさも優れています。大手ならではの安心感がある点も魅力です。 反面、大手では人件費や広告費等をかけているため、料金が比較的高くなる点がデメリットとして挙げられます。予算の都合から、少しでも引越し料金を安くしたいという方には適していません。

地域密着型の引越し業者

中小企業を中心とし、エリアを限定して引越しサービスを提供する地域密着型の引越し業者もあります。地域密着型の引越し業者は大手業者と比べて広告費をあまりかけていないことなどで、比較的安い料金で利用できるのがメリットです。 また、土地勘があるスタッフが多く、近距離の引越しに強い点が魅力です。

地元の小規模の運送会社でも繁忙期などは引越しを行いますが、作業員が引越しのプロではない点がデメリットです。 作業が雑になったり、トラックそのものが普段他の仕事に使用されているので、大切な家財を預けるのに不安が残ったりする場合もあります。

軽貨物運送業者

引越し業者よりも安く運搬できることがあるのが軽貨物運送業者のメリットです。業務に使用する軽トラックは、狭い路地にも入れて便利です。

ただし、軽トラックに載せられる荷物量しか運搬できないので、基本的には単身引越し向けのサービスです。 また、依頼者が引越し作業を手伝う必要がある場合も多くあります。個人営業の場合も多く、サービス内容は限定されていることも多いため、その点がデメリットです。

軽貨物運送業者のなかには軽トラックであっても、引越し専用車を使用することで、1tトラック並みの荷物を運べるサービスを提供する『ケーエー引越センター』のような引越し業者もあります。

運転手付きレンタカーサービス

最近になって注目されているのが、運転手付きでレンタカーを提供するサービス。 これまでは運転手付きレンタカーサービスというとリムジンでの送迎などが中心でしたが、こちらはトラックで荷物を運搬してくれるサービスです。

通常、レンタカーを利用すると自分で運転しなければなりません。 大型の車を運転する場合は、専用の免許が必要です。一方、運転手付きレンタカーサービスはプロのドライバー運転手が付いているため、大きなトラックであっても特別な免許は要りません。 荷物運びなど引越し作業も一部手伝ってくれるほか、手伝いなしだと料金を安く抑えられます。

ただし、利用時間や時期、時間帯によって別料金が発生します。安くするためには、時間や時期に関してシビアに考える必要があります。 時間がかかると予想以上の料金がかかってしまう点がデメリットです。

引越し業者の料金を安く抑えるポイント

引越し業者の利用料金は依頼者側の工夫で安く抑えられます。料金を安くするために知っておいていただきたいポイントをご紹介します。

引越しスケジュールに余裕を持たせる

引越しのスケジュールを決めるために、引越し希望日を業者に伝える手続きがあります。料金を安くためには希望日にある程度の幅をもたせておきそのなかから「最も安くなる日」を引越し業者に提示してもらうことです。 引越し業者によっては、「混載便」や「帰り便」などの料金が安くなるプランを提示してもらえる場合があります。

混載便は複数人の荷物を一度に運び、運賃を下げるプランです。 別に人の引越しが終わり、トラックが帰るついでに荷物が運べる場合は、帰り便のプランを利用することで引越し料金を下げられます。

需要の多い時期を避けて引越しできるよう調整する

引越し業者に定価はなく、料金相場は需給バランスで変わります。 引越しの繁忙期は業者の需要が高くなるため、料金が上がる傾向があります。 特に事情がない場合や、急ぎではない場合は、なるべく繁忙期ではない通常期(5~2月)に引越しできるように調整してください。

引越しの需要は曜日や月内のタイミングによっても異なります。 需要が多いのは、土日祝日、月末、大安などの縁起が良い日です。引越し料金が高くなる傾向があるため、可能な限りこうした日を避けてください。

また、引越しが始まる時間帯も重要です。午前中に引越し作業が始まる「午前便」を避けます。 午後から始まる「午後便」や、引越し業者に時間の都合を合わせる「フリー便」のほうが料金は安くなります。

荷物をなるべく減らす

荷物の量を少なくすると、スタッフの人員を削減したり、使用するトラックの大きさを小さくしたりできるため、費用や作業時間を削減できます。

不用品はネットオークションやフリマアプリを利用し、処分するのがおすすめです。 家電など処分に費用がかかる不用品は、知人や地元密着型の掲示板を利用すれば、貰い手が見つかる場合があります。

反対に、荷物が見積もり時よりも多くなると、用意したトラックに入りきりません。すると、1日で引越しが終わらなかったり、荷物の運の追加料金を引越し後に取られたりすることがあるため注意が必要です。

引越しは平日に依頼する

引越し費用を安く抑えるならば平日に依頼するのがおすすめです。休日と比べると平日の方が需要や人件費の関係で料金が低くなる傾向にあるためです。

引越し業者が提示する引越し料金の内訳として最も多くの割合を占めているのが人件費です。一般的に休日は人件費が上がりやすく引越し料金も高くなります。そのため、平日の方がリーズナブルな料金になるのです。

また、平日は休日と比べて引越し需要が下がります。それに伴いスタッフや車両の手配も落ち着くためコストも下がります。つまり、需要面から見ても平日の方が引越し料金は安くなるわけです。

このように、引越し料金を安く抑えたいならば平日をなるべく選ぶのが得策です。事前に料金プラン等を確認し、平日に引越しするといくら安くなるのかを確認した上で依頼してください。

首都圏の単身向けの引越しに強いケーエー引越センター

ケーエー引越センター』は首都圏において単身の方の引越しにおすすめできる引越し業者です。単身引越しに特化し他社と比べて価格的にもお得なプランが多数あるためです。

当社の引越しコースの特徴や強みについてお話しします。

ケーエー引越センターの特徴

『ケーエー引越センター』は、首都圏の単身向け引越しを業界最安クラスで実現しています。 引越し費用を安く抑えられる理由としては、訪問見積もりを行わず、電話やネットで入力する方法を利用するなどでコストを抑え、低価格を実現しています。

また、梱包資材など細かいサービスもすべてオプション化してコストカットして、引越しにかかる値段を低く抑えています。 さらに、荷物の少ない単身者向けに特化することで搬出・搬入作業時間を短縮。かつ、首都圏にエリアを限定した地域密着型のため、移動時間が短く効率的に運搬できることも大きな理由です。

そして、特徴的な3つの格安プランが用意されています。

『ケーエー引越センター』の料金プラン

『ケーエー引越センター』では、大きく分けて「超節約プラン」「爆安75プラン」「標準プラン」3つのプランを用意しています。それぞれ適用条件が決まっているため、事前にご確認ください。 適切に利用していただければ、宅配便を利用したり、レンタカーで自力の引越しを行ったりするよりも、料金が安く済みます。

下記で3つのプランの特徴とお得ポイント、適用条件について具体的に解説していきますので参考にしてください。

『超節約パック』

自力でレンタカーを借りるより安く引越しができるのが『超節約プラン』です。 レンタカーを手配して自分で引越しをしたときと同じくらい、むしろもっと安い料金で引越しすることができます。さらに『ケーエー引越センター』独自の引越し専用車両「ロイヤル号」と、経験豊富な作業スタッフ1名が手配されます。

適用条件は、同一区内、または隣接する区、あるいは20㎞までの引越しで、ご自分で荷造りしたダンボール約50個相当(容積4.6㎥)の荷物が可能です。 料金は10,500円~となっていて、荷物が少ない方で費用を抑えたい方にピッタリのおすすめの引越しプランです。

『爆安75パック』

『爆安75プラン』は、ダンボール20個以内の荷物量の場合に適用できる激安プランです。ご依頼者様に手伝っていいただくことにより宅配便よりも安くて速い引越しが7,500円という爆安料金で実現可能です。 安いといっても宅配便のように翌日以降にお届けとういうことはありません。荷物をトラックに積み込んだらそのまま当日中にお届け先に直行しますから、最速で激安の引越となります。

適用条件は、同一区内、または隣接する区へお引越しで、ご自分で荷造りしたダンボール20個以内のみ。 1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬となります。作業員が1名伺いますがお手伝いをお願いしています。

さらに、このプランは当日直行の宅配便代わりにも使用可能。荷物が少なく近距離の引越でしたら、この激安価格の『爆安75プラン』がおすすめです。

『標準パック』

ダンボールの荷造りと荷解きは、お客様で行いますが、大型の家具や家電などの荷造りは、ケーエー引越センターの専門スタッフが担当します。 また、大きな家具の養生や設置もケーエー引越センターのプロにまかせられます。

適用条件は同一区内、または隣接する区へ引越しと20km以内への引越しで、荷物量は2t車を利用するので、ダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)が可能となります。

そして作業内容に応じて作業員数は2~3人が伺う、本格的な引越しをプロが行い、料金は13,500円からという超格安料金が可能となっています。これが『ケーエー引越センター』の『標準プラン』です。

豊富なオプションサービス

オプションサービス料金

時間指定料金(1台あたり):2,000円~5,000円
横持ち料金:10m毎1,000円
エントランスや廊下床養生:500円/メートル
内階段養生:5,000円/1フロア
作業員追加:平日7,500円〜/人 土日祝8,500円〜/人 繁忙期:10,000〜/人
電気工事(標準工事)エアコン取外:5,000円
電気工事(標準工事)エアコン取付:7,000円

梱包資材料金

ダンボールパック5枚セット(送料込):2,600円
ダンボールパック10枚セット(送料込):3,500円

ダンボールのサイズはMかLを選べます。
Mサイズ:幅33.3cm × 奥行36cm × 高さ34.5cm
Lサイズ:幅35.8cm × 奥行51.5cm × 高さ34.5cm

ダンボールは用意されていますが、ご自分で集めてくればこのオプションの費用は不要です。引越し用のダンボールは丈夫な分、意外と高いのです。

重量が軽い荷物ならスーパーやホームセンターでもらえるダンボールでも十分に利用できます。引越しが決まったら少しずつ集めておくと、後々楽になります。

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

選び方を工夫して最適な業者を見つけ、理想の引越しを

引越しには業者に支払う金額以外にも、新居の契約や新しい家財の購入など、多くの費用がかかります。 したがって、引越し料金はなるべく低く抑えた方が新生活を気持ちよくスタートできるものです。

引越し料金を少しでも安く抑えるコツは、引越しの時期と引越しプランにこだわってスケジュールを立てることです。 繁忙期や週末といった引越しが集中する時期や日にちを避け、さらに午前ではなく午後便やフリー便を選ぶことでかなりの節約になります。また、相見積もりを活用して各引越し業者の料金比較、提供しているプランを比較して最もお得な業者を選んでください。

また、オプションはできる限りつけないことも引越し料金を抑えるコツとなります。自分でやれることは自分で行う、たとえば荷物を減らしたり、不用品を処分したりしてください。このように無駄なサービスをカットした上で、自分に合った引越しプランを提供してくれる引越し業者を選ぶことで料金的にはかなりお得になります。

そして何より「後悔しない引越しをする」この気持が何よりも大切です。満足度の高い引越しを実現するためにも、「自分にどんな引越し方法が合うのか」を知っておくことも重要になります。 「忙しいから料金がかかっても楽に行いたい」「自分でやれることはできるだけやってとにかく安く抑えたい」「子供がいるので梱包などはサポートして欲しい」など人それぞれ事情も理想も異なります。自分にとって理想の引越しとはどのような形なのかをしっかりと思い描き、引越し業者を検討してください。

首都圏エリアで引越しを検討中で引越し料金をなるべく安く抑えたいとお考えでしたら、首都圏の単身向け引越しを業界最安クラスで実現している『ケーエー引越センター』がおすすめです。

『ケーエー引越センター』ではいつでも定額7,500円の「爆安75プラン」を始め、「超節約プラン」「標準プラン」など引越しの規模やサービス内容に合わせた格安プランをご用意しています。オプションも豊富かつリーズナブルですので、ご自身で必要だと思うオプションサービスを加えることで、理想の引越しを実現できます。

なるべく安く、それでいて満足度の高い引越しをご希望でしたら、ぜひ『ケーエー引越センター』をお選びください。

ケーエー引越センター
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.