訪問なしで引越し見積もりが可能な業者の特徴、メリット・注意点は?

引越しアドバイス
引越しアドバイス
訪問なしで引越し見積もりが
可能な業者の特徴、
メリット・注意点は?

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。

心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。このページでは「訪問なしで引越し見積もりできる業者」について、ご説明しますね!

引越しをする際、契約前に引越し業者から見積もりを取らなくてはいけません。営業スタッフが直接目視確認して正確な見積もり金額を出せるため、引越し業界では訪問見積もりが主流です。 しかし、「日程調整が難しい」「時間を取るのが嫌だ、手間になる」「他人に家に来てほしくない」などの理由で訪問なしで見積もりをしたいと考える人も多くいます。

実は近年、コストカットや依頼者の手間を削減する目的で訪問なし見積もりをする業者が増えてきています。

そこで今回は、訪問なしで引越し見積もりは可能なのか、訪問なし見積もりの流れやコツ、メリット・デメリットなどを詳細に解説していきます。

引越しの見積もりは訪問なしでも可能?

引越し時の見積もりは訪問が当たり前とイメージする方がほとんどです。しかし、結論から言うと引越し見積もりは訪問なしでもできます。 そもそも訪問見積もりとはどのようなものでなぜ行われるのかをご紹介します。

そもそも訪問見積もりとは?

訪問見積もりとは、引越し業者の見積もり専門スタッフや営業スタッフが依頼者の自宅を訪問して荷物や大きな家具・家電などを目視でチェックし、引越し費用の見積もりを出す方法です。

引越しのプロがその目で荷物量や道路状況などを確認することから正確な見積額、つまり確定金額を導けるのが訪問見積もりの特徴でありメリットです。 後々、「荷物量が多かった」などの理由で金額を上乗せされたり「作業スタッフが足りない」などのトラブルを減らしたりできます。

そのかわり、日時の調整・予約が必要であり、立ち会いに30分~1時間程度は時間を取られるという面倒臭さもあります。 また、業者とはいえ知らない人を家に入れなくてはいけないので、女性の1人暮らしだと不安があるかもしれません。

とはいえ、多少のデメリットがあるものの、訪問見積もりは正確な見積もりを取れます。トラブルを回避したい方は活用したいものです。

引越しの見積もりは訪問なしでも可能?

実は引越し業者の中には「訪問見積もりなし」というところもあります。 メールや電話、Webサイトからのお問い合わせフォームなどに住所や運搬する家財などの情報を記入すれば簡単に見積もりが取れます。

たとえば、「部屋が汚い」「見られたくないものがある」「1人暮らしで防犯的に怖い」という方は訪問なしを選ぶケースが多いです。 さまざまな事情から「見積もり依頼するのが面倒」「訪問見積もりをしてほしくない」という方は、それに対応している引越し業者を選ぶとよいでしょう。

訪問なしで見積もりを行う引越し会社の特徴

見積もりは訪問でなければ行えないのかというと決してそうではありません。実は訪問見積もりでなくても引越し見積もりを行うことは可能です。

具体的にどのような方法で訪問なしで見積もりを行うのか、各引越し会社が行っている様々な引越し見積もり方法の特徴を解説していきます。

ビデオチャット(Zoomなど)での見積もりを受け付けている

近年はビデオチャットを活用して見積もりをする引越し業者も増えています。リモートですが訪問見積もりと同等の効果があります。 引越し業者はビデオ通話の映像を経由し、運搬する荷物の量やサイズ感などを目視でチェックできるためです。

ビデオチャットを利用した見積もりではカメラ付き(外付けまたは内蔵)のパソコンやスマホ、タブレットなどを利用します。オンラインで完結できるため、訪問見積もりよりも気楽で手間をかけずに行えるのがメリットです。

チャットツール(LINEなど)の見積もりを受け付けている

LINEなどのチャットツールを活用して見積もりを行う引越し業者もあります。

業者によって様々ですが、チャットツールはAIによる自動応答が可能であり、24時間いつでも見積もり受付が可能です。 また、基本情報入力後は営業スタッフ等と1対1でやり取りでき、部屋の写真を送信するなどして訪問見積もりに近いレベルで正確に見積もりを取ることが可能です。

利用方法はチャットツールをスマホ等にインストール後、引越し業者の公式アカウントと友だち登録します。その後、各種情報入力を進めていく形です。

簡単にLINEでの見積もりを依頼したい方はこちら

電話やメール、公式サイトのフォームでの見積もりを受け付けている

電話やメール、公式サイトの見積もり入力フォームから見積もりを受け付けている場合もあります。 これらの方法、特に電話での見積もりは古くから行われており、訪問なし見積もりのスタンダードな方法です。

ただし、電話見積もりの場合は引越し業者の営業時間内に電話しなければならず、繁忙期など忙しいタイミングだとつながらない場合もあるため注意が必要となります。

メールや公式サイトのフォームからの見積もりの場合は24時間いつでも行えるのがメリットです。 ただし、返信がくるのは営業時間内となりますので、確定見積もりが出るまでにはややタイムラグ出るケースもあるため注意しましょう。

単身パックのプランがある

単身パックは訪問見積もりを必要としません。単身パックとは引越し業者が設定する荷物量までしか運べないサービスであり、見積もり後に料金が増額することはないためです。

荷物上限以外にも、単身パックには移動距離、利用できる時期や曜日、時間帯などさまざまな条件が設けられていることがほとんどです。 この範囲内に収まるのであれば一定額となるため、荷物量が少ない・近距離引越しである・訪問見積もりが面倒だ、といったケースでは利用しやすいサービスです。

訪問なしの見積もりで引越しをするメリット・デメリット

メリット

見積もりの時間を取らなくて済む

訪問見積もりは荷物のチェックだけでなく依頼者の希望を伝えたり、サービスについて説明を受けたりするため、30分~1時間程度の時間がかかります。

また、依頼者はその前から家に待機し、簡単な片付けなどの準備をする場合もあるため、実際はもうちょっと時間を取られると考えたほうがよいでしょう。 時間帯によってはその日半日~1日が潰れてしまうかもしれません。

見積もりなしであれば、日程調整は不要です。 都合のよいタイミングで電話やネットなどを通して見積り依頼をすればよいので気楽だと言えます。 また、見積もり金額が算出されるまでの待ち時間は短いので所要時間も少なくて済みます。

時間を大切にしたい、訪問は面倒という方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

しつこい営業を受けずに済む

訪問見積もりは本来、引越し費用の見積もりを取るだけのはずですが、引越し業者によってはしつこく営業をしてくる場合もあります。

たとえば「いま契約してくれたら○万円値引きします」「いまならトラックの空きがあるのですが…」「今日までのキャンペーンで○○がサービスでついてきます!」といった形で何かエサを出して契約を取ろうと営業してくるのです。

もちろん、それはそれでお得ではあるのですが、しつこい営業は不快に感じられる方も少なくないでしょう。

訪問なしの見積もりならばこのような面倒ごとはありません。ネットを使えばサラッと見積もりだけ出せるので複数社の営業も気楽に行なえます。

プライバシーが守られる

知らない人を家にあげることに抵抗があり、たとえ引越し業者であっても「できれば家に入れたくない」と考える方もいらっしゃることでしょう。 また、部屋が汚かったり見られたくないものがあったりすれば、なおのこと入ってほしくないものです。

訪問なし見積もりならば担当者が家に訪れることがないので、プライバシーを守れます。

自由な時間に手軽に依頼できる

訪問見積もりを依頼するには営業スタッフとの日程調整が必要となります。 実際に訪問見積もりする場合は30分~1時間かかるため、ある程度の時間を確保しなければなりません。

仕事等でなかなか時間が取れない場合は見積もりができず、引越しが先延ばしになってしまう可能性があります。

しかし、電話やメールまたはフォームからの見積もりであればいつでも好きな時間に見積もり依頼を行えます。 ビデオチャットやチャットツールであっても、訪問見積もりよりは時間の都合をつけやすいです。

そのため、訪問見積もりの時間を取れない、気軽に依頼したいという方は訪問見積もりなしで見積もりできる方法を選択した方がメリットがあります。

女性一人でも安心して見積もりを取れる

訪問見積もりなしであれば、引越し会社の営業スタッフを家にあげる必要がなくなります。そのため、女性の単身引越しであっても安心して見積もりを取ることが可能です。

女性の一人暮らしだと「知らない人を家にあげたくない」「家が散らかっている」「あまり部屋の中を見られたくない」といった気持ちを持っているケースが多いです。 電話やメール、フォーム入力での見積もりならば家にあげる必要がないため、プライバシーを守れます。

デメリット

荷物量を自分で確認する必要がある

訪問なし見積もりのデメリットは「荷物量を自分で確認・正確に伝える」必要がある点です。

業者に伝えた情報よりも荷物量が大幅に多い場合、トラックに荷物が積み込みきれずに往復運搬をしなくてはいけなくなります。 そうなると追加料金が発生してしまう可能性がとても高いのです。

とはいえ、積み込める程度の追加荷物であれば問題はありません。 そもそも引越し業者側は訪問なし見積もりで依頼者側から申告された荷物量よりも多い積載量の車両を用意してきます。

これは万が一を想定し、往復作業が発生しないように考慮してのことです。 ですから、多少であれば気にせず、前日または当日の早い段階で連絡だけ入れるようにしましょう。あまりに荷物量が多い場合は、なるべく早めに連絡してください。

スムーズに引っ越しできない可能性がある

訪問見積もりでは荷物量以外にも搬入・搬出口や周辺の道路状況などをスタッフが事前に確認します。 そのため、引越し当日は計画立ててスムーズな作業が行えるでしょう。

一方、訪問なし見積もりではそういった事前確認ができないので、状況・環境によっては作業時間に影響する可能性があります。 たとえばトラックが家の近くまで乗り入れできない、大型家具の搬入・搬出が困難、階段しか無いなどにより時間がかかってしまうかもしれません。

訪問なし見積もりに慣れている業者だと事前にこういった情報を依頼者側から引き出すのでそこまでの心配はありません。

訪問見積もり限定のサービスが受けられない

訪問見積もりをするスタッフは営業も兼ねているので、依頼者に対してさまざまなサービスや特典をつけてくれることが少なくありません。

サービス内容は引越し業者によって異なります。たとえば契約をしなくてもダンボールや梱包資材の無料提供や、洗剤やお米など日用品をくれるなど、印象をよくするためにいろいろなことをしてくれます。 もちろん、引越し費用の値引きもこうしたサービス・営業の一環です。

訪問なし見積もりはスタッフが自宅に赴かないのでこういったサービスはなく、特典がつくこともありません。

事前の見積もり金額よりも請求金額が高くなる場合がある

訪問なしで見積もりをする場合、引越し作業後に請求される金額が見積もり時に提示された金額より高くなる可能性があります。 訪問なしでの見積もりで正確に荷物量や作業量を把握できず、見積もり時の金額が安く提示されてしまうことがあるためです。

訪問見積もりでは営業スタッフが目視にて全ての荷物を把握するため、見積もり料金は正確です。 しかし、訪問なしの場合は依頼者が正確に荷物量を伝えきれなかったなどの理由で、当日に作業量が増えてしまいコストがかかる場合があります。

このような事態を避けるためには、正確に荷物量について引越し業者側に伝えることが大切です。

訪問見積もりを受ける際の注意点

訪問見積もりの目的は引越し料金を正確に導き出すとともに、引越し業者側が引越し当日にどのような作業をすべきかを事前にスケジューリングするためのものです。

できる限りスムーズかつ正確に訪問見積もりを行ってもらうために、依頼者側が覚えておきたい注意点をまとめます。

部屋が汚い場合の注意点

訪問見積もりは多少部屋が汚い程度であれば問題なく行えます。 引越し準備で荷造り中であるといったケースでも大丈夫です。

しかし、荷物量や家具・家電のサイズなどが確認できないレベルで散らかってしまっている場合は訪問見積もり前に片付けが必要です。 あまりに部屋が汚い場合は、荷物量を正確に判断できず、見積もり金額が高くなる・安くなるおそれがあります。

部屋を片付ける際、可能であれば不用品の処分を行っておきましょう。 そうすれば、荷物量を減らして引越し料金の総額を抑えられます。 まだ処分していないものの、処分予定のものがある場合は営業スタッフにその旨を伝えましょう。

ちなみに、不用品買取や処分を行ってくれる引越し業者もあるため、利用を検討してみてください。 あまり見られたくない物等については収納や浴室、またはダンボールに詰めておくなどしておきましょう。

不用品処分が気になる方はこちら『引っ越しで出る不用品の処分方法は?

相見積もり時の注意点

最もリーズナブルな業者や好条件を提示する業者を探し出す際に役立つのが相見積もりです。 相見積もりサイトであれば十数社同時に見積もりしてもらいますが、訪問見積もりの場合は3~4社程度に抑えましょう。

訪問見積もりは1回につき30分~1時間程度かかります。10社に依頼すれば10時間近くかかってしまうかもしれません。 引越し業者の予定も考えた場合、全社から見積もりを取り終わるまでに数日かかってしまうことでしょう。それは大きな手間ですし、引越し日を先延ばしにしてしまうことにもつながります。

また、相見積もり時には引越し業者の営業スタッフが鉢合わせしないように時間をずらすことも大切です。同じ時間にしてしまうと、業者によっては見積もりを断る可能性があります。

訪問見積もりで相見積もりする場合はこれらの点に注意しましょう。

値引き交渉時の注意点

訪問見積もりのメリットは営業スタッフと顔を合わせ、直接値引き交渉できる点です。 しかし、スタッフが見積もりにきてすぐに値引き交渉するのはやめましょう。

事前にある程度の荷物量を依頼者から聞いているはずなので、ある程度の費用感はスタッフも持っています。 しかし実際の見積もり金額はスタッフが現場で直接目視確認した後に決まります。そのため、いきなり値引き交渉を行っても意味がないのです。

また、値引き交渉するならば事前に引越し相場の費用感を頭に入れておきましょう。 引越し費用は引越し業者によって異なりますが、荷物量や時期、移動距離などが大きく関係しています。

つまり、それらがわかっていればある程度の相場は把握できるのです。 事前に相場観を頭に入れておけば、ぼったくりに合う心配はありませんし、どれくらいまで値引きできるかの目安にもなります。ぜひ把握しておきましょう。

引越しシーズンの注意点

3月4月にかけては引越し需要が高くなります。この時期に訪問見積もりを依頼する際にはいくつか注意しておきたいことがあります。

訪問見積もり時は需要が高まり引越し業者側も忙しくなるため、引越し料金が高くなります。

提示された見積もり金額が「相場より高い」と感じる場合もありますが、それは繁忙期が関係している可能性があるので注意しましょう。 3月~4月に引越しをする場合は繁忙期の相場を頭に入れておくようにしてください。

また、繁忙期は値引き交渉してもあまり効果がない場合もあります。 業者的には目の前の顧客を逃しても次の依頼がすぐ来ることがわかっているためです。

それでもできる限り費用を抑えたい場合は、引越し候補日を複数出す、平日でもOKとするといった譲歩を依頼者側で行いましょう。訪問見積もり時の値引き交渉がうまくいく可能性が高まります。

訪問なしの見積もりで引越しできる『ケーエー引越しセンター』

ケーエー引越センターに訪問見積もりがない理由

ケーエー引越しセンター』では引越し業界では一般的とされる訪問見積もりを完全排除しています。 その大きな理由は「顧客にリーズナブルなプランを提供するため」です。

そもそも訪問見積もりにはさまざまなコストがかかっています。スタッフの人件費や訪問車両手配・燃料代、粗品の仕入れなどは回り回って引越し費用に上乗せされています。

ケーエー引越しセンターではとにかく安い単身者の引越しを実現するために、訪問見積もりをなくして大幅なコストカットに成功しているのです。 他にも対象エリアを絞り効率化する、中間コストを省くなどの工夫を行いコストカットしています。

ケーエー引越センターの見積もり方法

訪問見積もりなしのケーエー引越しセンターは、メールまたは電話での見積もりを行っています。 荷物量・日時・新居と旧居の住所などの情報を依頼者から受け、それを基に見積もりを出します。

またWebサイトからできる『簡単見積もり』も人気が高いです。その名の通り非常に簡単で「たった5項目」の情報を入力してしまえば完了します。 仕事で忙しくて訪問見積もりが難しい、とにかく手間をかけたくないという方の引越しに向いています。

ケーエー引越センターのお得な料金プラン

『爆安75パック』

「一人暮らしで荷物が少ないし安く引越したい」という方は『爆安75パック』がおすすめです。 ケーエー引越しセンターは業界でも最安クラスと評判ですが、その中でも一番安いプランとなっています。

ダンボール20個以内の小さな引越しであれば選んで損はないでしょう。

・同一区内・隣接する区へ引越し
・スタッフは1名
・ダンボール20個以内
・必要があればオプションもあり

これで7,500円なのでかなりの激安価格と言えるでしょう。

爆安75パック』の適用条件は以下の通り。

・「ダンボール20箱以内(資材は自分で用意)」
・「同一区内、または隣接する区へのお引越し」
・「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア」
・「依頼者の手伝い必須」

訪問見積もりなしでサッと引越せてこの価格。時間もお金も節約できるのでおすすめです。

『超節約パック』

引越し料金を節約するために自力引越しを検討する方も少なくありません。 しかしレンタカー代が思ったより高かったり、素人作業のため想像以上に荷物の運搬が大変だったりと苦労も多いものです。

そこでおすすめなのが『超節約パック』です。レンタカーよりも安いと評判のケーエー引越しセンターの引越しプランで10,500円から引越し可能となります。

具体的な料金をご紹介すると以下。

・「同一区内・隣接区への引越し」「ダンボール50個相当」なら10,500円~
・「20km以内の引越し」「ダンボール50個相当」なら11,500円~

このプランを適用する条件としては以下です。

・「平日であること」
・「低層階から低層階へのお引越しであること」
・「依頼者が運搬を手伝うこと」

条件が厳しいわけではないですし、条件に外れた分はオプション追加すれば問題はありません。

『標準パック』

『ケーエー引越しセンター』で最も人気の高いプランが『標準パック』です。 いわゆる一般的な引越しパックで、ダンボールの数は最大で120個相当までいけて派遣スタッフは2~3名、2t車で引越し作業をしてくれます。

・「同一区内・隣接区」「ダンボール90個相当」であれば13,500円~
・「20km以内」「ダンボール90個相当」であれば14,500円~
・「20km以内」「ダンボール120個相当」であれば24,500円~

ということで、爆安や超節約よりも高く見えるものの、引越し相場から考えるとかなりお安いのがわかります。

適用条件も

・「平日であること」
・「低層階から低層階(ドア・ツー・ドア)であること」
・「荷造り・荷解きはご自身で」

ということで、それほど難しい条件ではないのがお分かりいただけるでしょう。 訪問なしでなるべく安い引越しをするならケーエー引越しセンターがおすすめです。

訪問見積もりがなくても引越しはできる

ご紹介したように訪問しなくても見積もりは可能ですし、訪問なしにはさまざまなメリットや特徴があります。

訪問に関するコストをカットできるので料金が安くなる
プライバシーを守れる
余計な時間や手間を取られないで済む
不要不急の接触を避けて感染症対策になる
住まいが汚れていても安心して見積もりを出せる

もちろん、訪問見積もりにも正確な見積額を出しやすいなどのメリットがありますが、『ケーエー引越しセンター』のような訪問なし見積もりを徹底している業者ならば問題はありません。

訪問なし見積もりのメリットを最大限に活かした爆安・格安のパック料金もありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.