老人ホームへの引越しに適した業者の選び方と、作業の大まかな流れ

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 老人ホームへの引越しに適した業者の選び方と、作業の大まかな流れ
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

老人ホームへの引越し、
業者の選び方と作業の大まかな流れとは?

本人や家人が老人ホームへ入居するという事は、誰にでも訪れることです。 一口に老人ホームと言っても様々な形態があり、必要とされる施設、利用が許される施設はどこなのか、またどのような準備が必要で、引越しはどうすればいいのかを、理解している人はいないのではないでしょうか。

しかし、急に入居しなければいけなくなった時のために事前に準備しておけば、慌てずに済み安心できます。 そこで、老人ホームの基礎知識や老人ホームへの引越しに適した業者の選び方や注意点、そして作業の流れなども含めてご紹介したいと思います。

老人ホームの種類と引越しの流れ

老人ホームの種類

老人ホームは大きく2つの軸で分けられます。ひとつは『要介護者向け』と『健康なシニア向け』という入居者の状態によって異なる施設。もうひとつは『公共施設』か『民間施設』かという経営母体の違いです。

介護付き有料老人ホーム

24時間介護スタッフが常駐し、介助サービスを受けることができる施設です。都道府県の指定(認可)を受けて主に民間企業が運営します。
これは特定施設(特定施設入居者生活介護)というサービスに分類され、要介護5まで受け入れ可能で、認知症患者も受け入れてくれる施設で、申し込みから入居待ちまでの期間が比較的短いのが特徴です。

住宅型有料老人ホーム

主に民間企業が運営し、要介護者や、自立(介護認定なし)・要支援状態の高齢者を受け入れている施設となっています。
生活援助や緊急時の対応、レクリエーションが受けられ、介護が必要な場合は外部サービスを利用しながら生活できるなど設備とサービスが充実しているのが特徴です。

特別養護老人ホーム(特養)

地方公共団体や社会福祉法人が運営し、在宅での生活が困難になった重度の介護を必要とする高齢者が入居できる施設です。
少ない費用負担で長期入居できる公的な介護施設であることが特養の特徴です。入居要件が厳しくなり待機状況は地域差が大きいのですが、入居待機者が多いのが問題となっています。

介護老人保健施設(老健)

医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)を受け入れる公的な施設です。
食事や排泄の介助といった介護サービスは整っていますが、在宅復帰を目指すためのリハビリが中心で、3~6ヶ月程度の一定期間で退去することが前提になるので、特別養護老人ホームの入居待ちとして利用する場合に多く利用されます。

介護療養型医療施設

介護保険適用の医療施設となっており、重度の認知症患者や寝たきりなど病状が安定していて、なお長期の治療が必要な患者が、医師の管理のもと介護やの看護を受けることが出来ます。
医療施設なので病院と同様に、病状や状態が改善してきた場合は退所を求められることがあります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅で、有料老人ホームと異なり自立あるいは要支援、要介護高齢者を受け入れる施設となっています。
さまざまな生活支援サービスを利用することができ、介護が必要な場合は外部の介護サービスと個別に契約する必要があります。

シニア向け分譲マンション

自立可能な高齢者が暮らしやすい設備やサービスを提供する分譲マンションです。
バリアフリーで設計されていたり、見守りサービスといった独自のサービスが提供されているのが特徴です。また分譲マンションなので資産となり、売却や賃貸もできるのも特徴です。

健康型有料老人ホーム

家事手伝いや身の回りのお手伝いなど、日常生活のサポートを受けられる民間事業者が運営する施設です。
健康型とされるように、自立(介護認定なし)あるいは要支援状態の高齢者を対象としていて、介護度が上がると退去となります。

ケアハウス(軽費老人ホーム)

社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営され、60歳以上の高齢者が、介護サービスで食事や洗濯などのサービスが受けられます。
自立した独居生活に不安のある高齢者用の「一般型(自立型)」、軽度から重度の要介護状態の高齢者用の「介護型(特定施設)」の2種類があります。 助成制度の利用により低所得者の費用負担が比較的軽い施設となっています。

養護老人ホーム

中~重度の介護を必要とする高齢者が対象の特別養護老人ホーム(特養)に対し、養護老人ホームは、介護に関係なく在宅で生活することが困難な高齢者が、介護を受けながら生活を送るための施設です。
高齢者の「養護」が目的で介護ではないため、本人の社会復帰を支援します。そのため介護保険は適用されません。

グループホーム

地域密着型サービスで、要支援2以上の認知症高齢者をに特化した小規模の介護施設で、認知症介護の知識と技術を持ったスタッフがそれぞれに合わせた認知症ケアを提供します。

老人ホームへの引越しの大まかな流れ

ここでは老人ホームへ引越すための大まかな流れを解説します。

STEP1:施設への入居手続き

まず、施設への入居前に一度入居予定の方が見学することで、施設の雰囲気や設備をチェックできるので良いでしょう。
そして、健康診断書など必要書類を用意して契約します。その他、引越し当日の注意点なども確認しておきましょう。

STEP2:荷物の整理、仕分け

老人ホームに持っていく荷物を選んで梱包などの荷造りをします。持っていくものには施設によって上限があり、通常は大きな家具や大量の家財は持っていけません。
不要な荷物は処分するかトランクルームに預ける方法もあります。

STEP3:引越し作業

荷物の運搬は、運搬時に施設や荷物を破損するリスクがあるので、自分や家族だけで行うよりも業者に頼んだほうがよいでしょう。
その点、引越し業者はプロとして専用の資材を使用して、大切に荷物を部屋まで移動し、しかも万が一のために保険に加入しているので安心です。

老人ホームへの引っ越しで利用する業者の選び方

高齢者向けプランを用意している業者を選ぶ

高齢者向けプラン(パック)を用意している業者の場合、すべての引越し作業を業者まかせにできるので、余裕をもってトラブルもなくスムーズに介護施設への入居ができます。 また、不用品回収や退去時の掃除や片付けを行ってくれる業者もあります。

その他、住所変更の届け出代行サービスを代行する業者もあります。 荷物の整理方法など、引越しについての専任アドバイザーをつけられたり、無料相談ができる業者もあります。

荷物の少ない単身向けの業者を選ぶ

老人ホームへの引越しは、持ち込める荷物の量に限りがあるために荷物量が少なくなることがほとんどです。
軽貨物運送業者による軽トラックを利用した引越しを利用すれば車両に同乗できたり、費用を安く抑えることができて大変便利でお得です。

老人ホームへの引越しも格安でできるケーエー引越センター

東京・神奈川・埼玉・千葉の単身引越しなら、業界最安料金のケーエー引越センターは、老人ホームへの引越しも格安でできます。 ここではそのケーエー引越センターの安さの理由とおすすめプランをご紹介します。

料金が業界最安クラス

ケーエー引越センターでは、ムダを徹底的に省いてコストカットしているために業界最安料金が可能になっています。
例えば、見積もり訪問を行わない、サービスの多くをオプション化して選択できるようにしている、エリアを限定して効率よく引越しできるようにしているのどの工夫がされています。

首都圏の近距離引越しに特化

ケーエー引越センターの引越しプランを利用すると、転居先が近い場合など自分たちで引越しするよりも費用を安く抑えられる場合もあり、プランによってはレンタカーを借りるよりも安く運搬できることも可能です。

爆安75パック

お客様にも手伝って頂きますが、ダンボール箱20以内のお荷物量で、23区内同士、または隣接する市部へのお引越しなら、何と宅配便より安い7,500円という爆安料金で引越せます。
しかも、宅配便と異なり自宅から引っ越し先まで直行するので、まさに老人ホームの引越しにピッタリのプランです。

超節約パック

爆安75パックより多いダンボール約50個相当の荷物でも、同一区内、または隣接する区へのお引越しから20km以内へのお引越しなら最安で10,500円からという格安料金です。
玄関までの移動などお手伝いいただきますが、レンタカーを手配するより安い節約プランです。小物の家電類や小型の仏壇も運べるので大変便利なプランです。

標準パック

2トン車とスタッフ2名が伺うので、荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、ベッドやタンスなどの大型家具や家電類の荷造り、そして養生と設置はプロのスタッフが行います。
ダンボール約90個相当から120個相当のお荷物で、同一区内、または隣接する区へのお引越しから20km以内へのお引越しなら最安で13,500円で可能になります。標準的な引越しに対応してこの料金は激安です。

オプションサービス

上記の料金は、「平日であること」「低層階から低層階へのお引越しであること」が条件となりますので注意してください。 それ以外の条件や、ご自身が参加できない場合などはオプションでスタッフを追加することで安心して引っ越しが出来ます。

オプションサービス一覧

引越し業者に任せた方が安心

誰もが初めての入居となるケースも多い老人ホームへの引越しでは、手続きや異なる環境への適応など、やることや考えることも多く、引越しまで頭が回らないことがあると思います。 そんな時は引越し業者に荷運びは全て任せてしまった方が安心ですし、荷物も丁寧に運んでくれます。

そして、もっとも大事なのは自分だけで抱え込まずに、周りの人に相談することです。 新しい暮らしを少しでも快適に過ごすために、なるべく楽に準備し行動するのが老人ホームへの引越しにおいての最大のポイントです。

全体のまとめ

老人ホームへの入居は思ったよりお金がかかるのは、経験して初めてわかる事です。入居してからも何に費用が必要か心配されると思います。

せめて、引越し料金だけでも安く押さえられれば、少しは安心できるのではないでしょうか。そのためにはケーエー引越センターがきっとお役に立てるはずです。

ケーエー引越センター
無料見積もり・お問い合わせ:0120-915-846
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる