近距離の引越し費用の相場は?安く抑える方法とおすすめの業者

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 近距離の引越し費用の相場は?安く抑える方法とおすすめの業者
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

近距離の引越し費用の相場は?
安く抑える方法とおすすめの業者

同じ市内など引越し先が近場の近短距離の引越しは、長距離の引越しと比較して簡単に済むというイメージがあります。 しかし、移動距離が短いだけで引越し作業そのものは変わりません。

特に荷物の少ない単身引越などでは友人に手伝ってもらい、 自分たちだけですぐ終わると思いがちですが、梱包から開梱までにはかなりの時間がかかってしまいます。 また、家具など運べないものも出てきます。やはり、引越し業者に頼んだ方が良いとは思うのですが、近距離の引越し費用の相場はどれくらいなのでしょうか?

そこでこの記事では、近距離の引越しの料金相場と引越しを安く抑えるコツ、そしておすすめの格安業者などをご紹介します。

近距離の引越し費用の相場

引越し費用は、距離と荷物量で決まりますが、3~4月の引越しの繁忙期とそれ以外の通常期でも大きく異なります。
近距離においてもその影響は大きく、引越し費用をなるべく押さえたい近距離引越しでは時期を考えることが最大のポイントとなっています。

単身者

15km未満(同一市区町村内)

繁忙期(3~4月)
・荷物少なめ:平均3万6386円
・荷物多め :平均4万7777円

通常期(5~2月)
・荷物少なめ:平均2万9444円
・荷物多め :平均3万8549円

荷物量の違いで約1万円の差が出ることから、荷物の量が多いほど引越し費用がかかるので、不用品などを出来るだけ処分して荷物を少なくすることが引越し費用を安く押さえることにつながります。
また、繁忙期のほうが約7,000~9,000円割高になることから、時期をずらすことでより節約することになります。

50km未満(同一都道府県内)

繁忙期(3~4月)
・荷物少なめ:平均4万374円
・荷物多め :平均5万40円

通常期(5~2月)
・荷物少なめ:平均3万5019円
・荷物多め :平均4万1324円

荷物量による費用の差は約6,000~7,000円で、近距離の15km未満の場合と比べて荷物量による費用の差は少ない傾向にあります。 ただし、15km未満の距離の場合と比べて、距離が増える分、引越し費用そのものは高くなります。

また、繁忙期と通常期で費用の上がる幅に約2.5~5倍の違いがあり15km未満の場合に比べて、繁忙期は約1万5000円、通常期は約3000~6000円高くなっていることから、近距離の15km未満の場合よりも繁忙期の影響が受けやすい傾向があります。

2人家族

15km未満(同一市区町村内)

繁忙期(3~4月)
・平均8万734円

通常期(5~2月)
・平均6万4635円

50km未満(同一都道府県内)

繁忙期(3~4月)
・平均8万1371円

通常期(5~2月)
・平均円6万8039

繁忙期は新生活などに向けた引越しが多く、予約も取りづらくて引越し料金は高くなります。

通常期と比べ、15km未満では約1万6千円、50km未満では1万7千円の割高になります。この差は非常に大きく、時期をずらすことで費用を2割近く節約できる事になります。
その代わり、15km未満と 50km未満の距離による価格差はほとんどなく、荷物量が同じならコストもかかる時間も変わらないことが理由と思われます。

3人家族

15km未満(同一市区町村内)

繁忙期(3~4月)
・平均9万4825円

通常期(5~2月)
・平均7万8112円

50km未満(同一都道府県内)

繁忙期(3~4月)
・平均10万2439円

通常期(5~2月)
・平均7万9112円

標準的な荷物量となる3人家族の引越しですが、通常期と繁忙期の価格差は、15km未満で約1万6千円、50km未満では約2万3000円の差となります。
2人家族の場合よリもその差が若干広がるのは、トラックの大きさが変わることの影響でもあります。また、距離による差は少なく15kmも50kmもほぼ変わりません。

近距離の引越し費用を安く抑える方法

自力で運搬する

自身で引越しを行なうと、引越し業者を使用した場合よりも5,000~4万円ほど費用が安くなります。 その料金は、30km圏内の場合だと、単身者は約2万5,000円、家族は約6万円が目安となっています。
内訳としては、車両のレンタル代が12時間、高速道路代、ガソリン代、梱包資材代(ダンボール、布テープ)、協力者への謝礼などです。

引越し業者より安くなりますが、運転や荷物の積み下ろし、運搬は全て自力で行う必要があり、慣れていないと建物に傷をつけたり、荷物を破損したりするおそれもあるので、大変な労力であることを覚悟する必要があります。 また、大型の家財である家具家電の移動や搬入は、お手伝いする人がいても素人には危険がともないます。

また、目安である単身者は約2万5,000円、家族は約6万円という料金は平均的な引越し料金よりは確かに安いのですが、この料金とほとんどかわらない、あるいはもっと安い料金の「ケーエー引越センター」のような引越し業者があるのも知っておくべきです。

ケーエー引越センター」についてはこの後の項でご紹介します。

一部の荷物だけ運搬してもらう

自力で運搬が難しい大型家電(冷蔵庫、洗濯機)、大型家具(ベッド、ソファ)などの荷物のみ、引越し業者や軽貨物運送業者に配送してもらう方法もあります。
また、ピアノはサイズが大きく重たい上、デリケートで運送が難しく、分解・組み立て作業や重機の利用が必要になる場合があるので、専門業者に配送と設置をしてもらうことが鉄則です。

不用品を処分して運ぶ荷物量を減らす

引越し料金は、運搬するトラックのサイズが小さくなり、作業員の数も減らせるため費用が安くなる可能性があるので、不用品を処分して運ぶ荷物量を減らすことで引越しの基本料金を安く押さえることが出来ます。 そして荷物量が減れば、単身パック、ミニ引越しプランなどの、荷物量が少ない人向けの割安な引越しプランや割引コースなどを利用することが可能になります。
また、荷物量が大幅に減れば、宅配便を利用して荷物を送付する方法もあります。

荷物を減らすには、単純に破棄するだけではなく、食器や衣料などはリサイクルショップやフリマアプリを活用すると、お金を得られることがあるので積極的に利用することをお勧めします。 また、家具・家電の買い換え予定があれば、引越し前に処分し、新居到着後に購入すると荷物量が減って良い方法です。

引越しが集中する時期を避ける

引越しの需要が多い繁忙期と呼ばれる時期は料金が割高になるだけでなく、引越し業者の予約が取りにくくなる傾向があります。

避けたほうが良い時期としては、まず、3~4月の繁忙期です。転勤や就職、入学、そして春休みの時期でもあり新生活が始まる事が多く、年度の変わり目ということもあって引越しが集中しがちです。 また、通常期であっても、土日・祝日は会社や学校を休まず引越しできるため人気があります。
さらに、家賃の二重払いを避けるための月末や、大安、天赦日、一粒万倍日といった縁起の良い日も人気があるので避けた方が良いでしょう。

また、引越す日にちの希望を業者の都合に合わせられるように、複数の日にするなど柔軟に設定することで、割引を得られることもあります。

午後便やフリー便を利用する

時間帯も引越し料金に影響します。午前中から作業を開始する「午前便」は、引越し作業を早く終わらせたい人が多いために依頼が集中することで料金が割高になりやすい傾向にあります。
午後から引越し作業を開始する午後便や、引越し業者の都合で作業開始時間が変わるフリー便(おまかせ便)は、基本料金が割引されることが多いので、積極的に利用した方がお得です。

近距離の引越しがお得なケーエー引越センター

ケーエー引越センターがリーズナブルな理由

ケーエー引越センター」では、大手の〇〇引越し社や〇〇引越しセンターと異なり、首都圏エリアの近距離の単身向け引越しに絞ることで効率化しています。 さらに、訪問見積もりをせず、人件費や車両の燃料代などのコストをカットしたり、下請けを使用していないことで中間マージンもカットするなどで業界最安の低料金を実現しています。
業界では当たり前になっている無料の梱包資材サービスはしないことも、低料金を実現したことにつながっています。

梱包資材や養生など細かい作業まで有料オプション化していることは、利用する人が予算に応じてサービスを選べることになり、無駄をはぶくことになり、結果的に引越し料金を安くすることになります。

ケーエー引越センターのお得な料金プラン

レンタカーを借りるよりも安い「超節約プラン」

引越し作業を手伝う必要がありますが、最安値で1万500円からという料金ながらも、スタッフ1名と引越し専用車両「ロイヤル号」が手配されるプランです。
荷物量の目安はご自分で用意したダンボール約50個相当(=容積4.6立方メートル)で、適用条件としては同一区内か隣接する区への引越し、あるいは20km以内への引越しとなります。

宅配便の利用よりも安い「爆安75プラン」

ケーエー引越センターが誇る激安引越パック・プランが「爆安75パック」です。 ご自分で荷造りしたダンボール20箱以内に収まる少量の荷物で、同一区内か隣接する区への引越しなら、宅配便よりも安い7,500円からという激安価格です。

その他の適用条件としては1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬なので、室内の移動などのお手伝いをお願いすることになります。

単身引越しなら首都圏最安レベルの「標準プラン」

このプランは大手の引越し業者とはまったく異なる13,500円からという低価格ながらも、本格な家族引越しが可能なプランです。 ダンボールの荷造りと荷解きは、ご自身で行っていただきますが、家族の引越しには付き物である大型家具や家電類の荷造りはプロのスタッフが行なうので安心です。

適用条件は、同一区内か隣接する区への引越し、あるいは20km以内への引越しで、2t標準車からロングが配車されてスタッフは荷物量に応じて2~3名、荷物量はダンボール約90個相当(=容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(=容積10.5㎥)までが可能です。

ケーエー引越センター

自分で引越しても安くなるとは限りません

新居までの距離が短い場合に、レンタカーの軽トラやバン等を借りて自分で引越すことを考える人も多いと思いますが、その場合のメリットとデメリットを考えた方が良いでしょう。 なれない荷物の搬出と搬入作業に加え、運転も自分で行うのは思ったより時間と労力が必要です。 また、友人に手伝ってもらうと気を使うのとプロの仕事のようにストイックではないので、余計に時間がかかることもあります。

加えて、引越し当日はレンタカーを受け取りに行き、引越しを終えたら返しに行くという往復の時間を考慮したレンタカーを借りる時間指定を考えなければなりません。 そうなると、引越し業者なら3時間ほどで終わる作業が倍も3倍もかかってしまいます。つまり、レンタカー料金も高くつくことになります。

そんなことを頭に入れて格安の引越し業者の料金と比べてみてください。いったいいくらぐらいお得なのでしょう。むしろ引っ越し業者に頼んだ方が安いケースもあるのです。

全体のまとめ

自分でレンタカーを借りるより安くなる可能性があるのが「ケーエー引越センター」です。 自分で引越ししようと思うぐらいの元気がある方なら、荷運びのお手伝いも積極的に行えるはずですから、かかる時間もグッと短縮できるでしょう。 あとは段ボールを用意して荷造りするだけです。

引越し費用で悩んだら、まずは「ケーエー引越センター」の簡単見積もりをしてみましょう。各種オプション価格も明記されていますから、必要なオプションなどを入力すればオッケー。
レンタカーを借りるかどうかをそのあとで考えてみてください。また、電話でも対応してくれます。

ケーエー引越センター
オプション料金表
無料見積もり・お問い合わせ:0120-915-846
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる