引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>引越し料金が安い時期とは?

引越しアドバイス

引越し料金が安い時期とは?

できるだけ引越し料金を安く抑えたい場合、引越しの時期は重要です。曜日や時間帯などによっても費用が変わることが多々あります。 また、家賃にも影響が出る場合が。実際には業者に見積もりを行うことになりますが、ここでは、引越し料金が安い時期についてご紹介します。
あわせて賃貸の物件探しに良いタイミングについても確認していきましょう。家族で引っ越す方も単身で引っ越す方も必見の内容です!

引越し料金が安い月は?

まず、引越し料金は、引越し業界が繁忙期か閑散期かによって変動します。当たり前ですが、繁忙期であればあるほど料金は高くなりますよね。 そして、繁忙期とは、多くの人が転居する時期=卒業、入学、就職、転勤などが発生するタイミングです。

よって、その時期にあたる2月後半~4月がもっとも料金が高くなります。逆に、もっとも安くなる時期は、11月頃です。 では、月別に詳しく見ていきましょう!

1月:料金は安価!ただし家賃交渉は難しい場合も。

多くの人が新生活に照準を合わせ、2月以降に引越しをするため、1月の引越し料金は比較的安くなります。
ただし、家賃交渉は難しい場合も。不動産屋が、2月以降の繁忙期まで待てば家賃を下げることなく借り手がつくということを見越し、特に優良物件は家賃を下げない傾向があります。

2月:低料金を狙うなら、前半までに!

2月の引越し料金は、1月よりも高くなりますが、3月よりも格段に安くなっています。その中でも狙い目は、前半の平日。
2月を逃すと、GW明けまで引越しできない!なんてことも。早めに業者に見積もりを依頼しましょう!

3月:1年でもっとも高い時期!物件数も少なめ。

3月は、4月からの新生活に向けて引越しをする人が非常に多く、引越し料金も1年でもっとも高い時期です。
また、引越し業者の予定も埋まりやすく、希望通りの日時に引越しできない場合も。物件が決まったら、すぐに引越しに向けて動き出しましょう!

4月:狙いは中旬!GW前までに引越しを。

4月からの新生活に備え、3月中に引越しをするのが一般的。とはいえ、繁忙期の3月は業者の予約がとれず、中には4月にずれ込む人も。
そのため、4月上旬は3月同様に料金が高くなります。また、ゴールデンウィーク中も高い傾向があるため、安く引越ししたいなら中旬がおすすめです。

5月:引越しに最適なシーズン。費用を抑えるならGWは避けて!

穏やかな陽気の5月は、引越しに最適なシーズン。特にゴールデンウィークは、他の大型連休である年末年始やお盆に比べて気候も良く行事も少ないので、人気です。
そのため、ゴールデンウィークにかかる前半は料金も高め。安く済ませたいなら、中旬以降が狙い目です。

6月:天候は不安定でも料金は安い!

ゴールデンウィークにかけての繁忙期が終わり、6月は引越し業界全体で閑散期に。そのため、料金は格段に安くなります。
ただし、梅雨時なので、天候は不安定。ジメジメした雨の中の作業が気にならないという方には、6月はおすすめです!

7月:狙い目は上旬!6月より高い傾向に。

徐々に暑さが厳しくなる7月は、引越しを避ける人も多くなります。ですが、7月下旬の引越し料金は、高めに設定されていることも。
それは、多くの学生が夏休みに突入し、一人暮らしの大学生や、小・中学生の子どもをもつ家族が引越しをする可能性があるからです。引越し費用を抑えたい場合は、上旬までに済ませましょう!

8月:夏休み突入!閑散期の中では比較的高め。

本格的な夏場を迎える8月は、引越しの梱包作業をするにも一苦労。「できれば夏場の引越しは避けたい」と、多くの人が思うのではないでしょうか。
ですが、8月の引越し料金はあまり安くありません。それは、7月同様に学生が夏休み期間であることに加え、多くの社会人がお盆休みに突入するからです。

9月:料金は平均的でも下旬は繁忙期に!

9月の引越し料金は、一般的には平均的な価格帯であると言われています。9月上旬は残暑が厳しく、できれば中旬以降に引越ししたいですよね。
ですが、9月下旬から10月にかけては、料金は高めに。大学の秋入学や転勤に伴う引越しが発生するためです。 9月の引越しを検討中の人は早めに動き出しましょう!

10月:上旬は繁忙期。低料金を狙うなら下旬に!

日増しに涼しくなり引越し作業も捗る10月。この時期は、繁忙期とも閑散期とも言えない時期でもあります。
10月上旬までは、9月に転勤辞令を受け引越しをする人が多く、「第二の繁忙期」とも言われています。そのため料金が高く設定されていることも。 ピークが過ぎるのは、中旬から下旬にかけてです。

11月:1年でもっとも安い!引越しに最適な月

11月は、大学の秋入学や企業の人事異動による転勤などが落ち着き、引越しの需要が激減する月。そのため、引越し料金も、1年を通してもっとも安くなっています。
気候的にも本格的な冬場を迎える前なので作業もしやすいですよね。とことん費用を抑えたいという場合は、11月の平日に引越しをすることをおすすめします。

12月:料金は比較的安めでも年末年始は繁忙期に。

12月は、繁忙期ではないので引越し料金は高くはありませんが、年末年始は注意が必要。場合によっては、3月~4月の繁忙期の料金と変わらなくなることも。
新年を新居で迎えたいという人も多く、学校や企業が休みの年末年始の間に引越しをしようとする人は少なくありません。 12月の引越しを検討している人は、できるだけ中旬までに引越しできるように動きましょう!

引越し料金が安い日は?

引越し料金を安く抑えるためにもっとも重要なのは、「何月に引っ越すか」ということ。同じ月であれば、土日か平日かを除き、大きな変動はありません。ですが、比較的料金が安くなる傾向があるのは「月中」です。 基本的に「月中」→「月初」→「月末」の順に高くなります。

入学や就職、転勤などによる新生活は「1日」からスタートすることがほとんどですよね。そのため、月末にかけて引っ越しのニーズが高まります。また、家賃が日割りでない物件から引っ越す場合、その月のギリギリまで元の住居に住み引っ越すということが多いため、月末から月初は引越しの需要が比較的高まります。 このようなことから、同じ月であれば「月中」に引越しをするのがおすすめです!

引越し料金が安い曜日は?

引越し料金は、同じ月であれば大きな変動はありませんが、安く済ませたい場合、土日と祝日を避けることが重要。 基本的には、「火曜日・水曜日・木曜日」→「月曜日・金曜日」→「日曜日」→「土曜」の順に高くなります。

平日の中で、一週間の中日である「火曜日・水曜日・木曜日」が「月曜日・金曜日」より安くなるのは、月曜日や金曜日であれば、有給休暇を取得することで土日と絡めてスムーズに引越しできると考える人が多いためです。

また、日曜日が土曜日より安くなる理由については、土曜日に引越しをして日曜日は片付けをしたいという人の心理が働くためでしょう。

引っ越し料金が安い時間帯は?

引越し料金は、1日の中でも時間帯によって差が出てきます。基本的には「午後便」のほうが「午前便」より安くなります。

多くの人が、できるだけ早めに引越しを終わらせ、その日のうちにせめて寝床と簡単な調理ができる環境を整えておきたいと考えることでしょう。そのため、早い時間帯での引越しを希望することが多くなります。

また、「午前便」は、引越し業者が1日の中で最初に行う引越し。ほぼ確実に指定した時刻から作業が始まるため、その後予定がある人や、移動距離が長い人も「午前便」で検討する傾向があります。

荷物が少ない場合や、その後の予定がない場合は、料金が安く済む「午後便」を選択するのも一つの手です!

物件探しに良い時期とは?

引越しをすることが決まった場合、まず最初に行うのが部屋探しですよね。賃貸の物件探しは、タイミングが重要。基本的には、引越しの2ヶ月ほど前から部屋探しを始めるのがおすすめです! 部屋探しをスタートする時期は早ければ早いほど落ち着いて多数の物件を見て比較しながら検討することができます。

ただし、早過ぎるのも要注意です。早い段階で気に入った物件が見つかり契約を余儀なくされた場合、現住居と新居の両方に家賃を支払わなければならない期間が発生してしまう場合も。 また、入学や就職、転勤などで引越しをするのではなく「いまより良い部屋があれば引越しをしたい」という人の場合、部屋探しは、繁忙期である2月~4月は避けたいもの。

ゴールデンウィーク明けから「第ニの繁忙期」である10月までに部屋探しを行うと良いでしょう!不動産会社も時間をかけてじっくりと対応してくれるはずです。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり