引越し料金が安いのは何曜日?できるだけ費用を抑えるタイミング

引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越し料金が安いのは何曜日?
できるだけ費用を抑えるタイミング

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは『引越し料金が安い曜日』について、ご説明しますね!

実は引越し料金は曜日によってかなり変動します。土日祝日は高くなり、平日は安くなりやすいのです。また、曜日だけでなく時間帯や時期も引越し料金に影響を与えるため、引越し見積もりを取る際は意識してください。 今回は皆様が少しでもお得に引越しできるように、引越し料金が安い曜日、曜日以外に費用を抑えられるタイミング、お得な引越し会社について解説します。

引越し費用が安い曜日

引越し費用が安い曜日を知る前に、高い曜日についてもぜひ覚えておくことをおすすめします。

引越し費用は土日・祝日は高くなる傾向があります。これは、休日であれば会社や学校を休むことなく引越しを行えるためです。 特に土曜日は日曜日に荷解きの日程に充てられるため、引越し費用がより高くなりやすいです。

引越し費用が高い曜日がわかれば、安い曜日もわかります。 つまり、引越し費用が安い曜日は土日以外の平日となるわけです。

以下では、平日の中でもさらに安い曜日、高くなりやすい曜日について具体的に解説していきます。

平日の火曜日・水曜日・木曜日が安い

平日の中でも引越し費用が安くなるのは火曜日・水曜日・木曜日です。 これらは週の真ん中であり連休にもなりにくい曜日です。

引越しするためにはわざわざ休みを取る必要があります。

特別な理由がない限りは貴重な休暇を取ってまで引越し作業をすることはありませんので、引越し需要は低く、料金も低めに設定されています。 できる限り引越し費用を抑えたい場合は、平日の中でも火水木を狙って引越し見積もりをとってください。

平日でも月曜日・金曜日は引越し費用が高い

平日は休日と比べて引越し費用がリーズナブルになりやすいですが、月曜日・金曜日は少し事情が異なります。 どちらも休みにすることで土日を含めて3連休にできて引越し作業がしやすくなるため、費用が高くなりやすい傾向にあります。

月曜日の場合は土日に荷造りなどの準備を行って、月曜日に引越しする流れです。土日よりは引越し予約は取りやすいものの、平日の中では需要が高いので注意してください。

金曜日は平日の中でも特に人気のある曜日です。金曜日に引越しをすれば、土日を荷解きの日程に充てられます。余裕を持って新生活の準備ができるため、平日の中では需要が高く料金も高くなりやすいわけです。

連休の場合は要注意

連休の場合は平日であっても引越し費用が高くなる可能性があります。 例えば、連休の初日や中日は荷解きを次の日以降にゆっくりと行えるため引越し費用は高くなるのがほとんどです。

一方で、連休最終日は連休の中でも引越し料金が安くなりやすいです。これは土曜日の料金が高く日曜日の料金が安いことと同じ理由です。

平日を1日挟む飛び石連休の場合は連休の間にある平日の引越し料金が高くなりやすく注意が必要。 飛び石となる平日に有給休暇を取って連休にした上で引越しを計画している人が多いため、平日であっても料金が高くなりやすくなります。

引越しを安く済ませるタイミング

引越し費用は曜日によって大きく変動しますが、実は曜日以外にも引越し費用に影響を与えるタイミングがあります。

引越しを安く済ませるタイミングを知れば、よりお得な引越しを実現可能になりますので、ぜひ覚えておいてください。

引越し料金が安くなる時間帯を選ぶ

引越し料金は時間帯によっても変動し、お得な時間帯を選べばリーズナブルな引越しが可能です。 ほとんどの引越し会社では、午前便・午後便・フリー便の3つの時間帯が設定されています。

午前便は引越し作業を午前中に終えて午後からは荷解きなどに割り当てられるため、人気があります。

一方で、午後便は午前便と比べ需要が低くなりやすいため、値段も安くなりやすいです。

フリー便は3つの中で最も料金の安い時間帯です。利用者側で時間指定ができず、引越し業者側で空いている時間で作業が行われるため安く設定されます。

縁起が悪いとされる日を選ぶ

引越しをする際には縁起を気にする人も少なくありません。例えば、六曜の大安などの縁起が良いとされる吉日は引越し予約が集中しやすく、引越し料金も高くなる傾向にあります。

仏滅や赤口などの日は縁起の悪い日とされるため引越しする人が減りやすいです。そのため、引越し料金も安くなるため狙い目です。

繁忙期を避ける

3月4月の引越しピーク時は曜日と関係なく引越し料金が高くなるタイミングです。新生活に向けて新居に引越しする人が増えるため引越し予約が集中して需要が高まりやすいためです。

それ以外の5月2月については通常期と言われ、引越し需要が落ち着くタイミングです。中でも12月1月月は引越し件数がさらに少なくなる閑散期で、引越し料金が安くなる傾向にあります。

費用を抑えて引越ししたい方は、通常期または閑散期を狙ってください。

引越しの安い時期が気になる方はこちら『引越し料金が安い時期とは?

曜日を問わずに安い引越しができるケーエー引越センター

引越しは平日、中でも火曜日・水曜日・木曜日に行うとお安くできます。しかし、平日は時間が取れない方も多くいらっしゃいます。

曜日を問わず安く引越ししたいとお考えでしたら『ケーエー引越センター』をぜひご検討ください。

ケーエー引越センターの特徴

ケーエー引越センターは関東エリアの単身者向け引越しを得意としている地域密着の引越し会社です。 対応エリアは東京・埼玉・神奈川・千葉などで、単身者の引越しを専門にしており、リーズナブルな価格設定で引越しサービスを提供しています。

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターは「リーズナブルな引越し」を実現できる地域密着の引越し会社です。

関東エリアトップクラスのお得な料金プランが用意されているため、費用を抑えて引越ししたい方に向いています。また、オプションも豊富にあるため、自分に合った引越しを実現したい方にもおすすめです。

以下はケーエー引越センターのお得な料金プランをご紹介しますので参考にしてみてください。

爆安75パック

爆安75パック』はリーズナブルなケーエー引越センターの中でも最安プランです。とにかくお金をかけたくない、という単身者に向いています。

運べる荷物量はダンボール20個以内であり、荷物が少ないケースでの引越しプランです。移動距離は同一区内、または隣接する区となっているため、短距離引越し向けでもあります。

料金は定額7,500円で、時期や曜日・時間帯によって変動しません。例えば、「土曜日しか時間がないが、安く引越ししたい」という方であれば、「爆安75パック」がおすすめです。

超節約パック

超節約パック』は東京23区内の近接エリアの引越しにおいて「レンタカーより安い引越し」を実現できる引越しプランです。

最安10,500円から依頼でき、爆安75パックよりも多くの荷物を運搬できます。ダンボール20箱では荷物がまとまらない方はぜひ検討してみてください。

運べる荷物量はダンボール約50箱相当で、同一区内・隣接区への引越しであれば10,500円から20km以内の引越しであれば11,500円から依頼できます。

こちらのプランを適用するには「平日であること」や「低層階から低層階への引越し」であることが条件となります。土日祝日や月末、繁忙期は料金が異なるため必ず確認するのが大切です。

標準パック

標準パック』はケーエー引越センターの中で最も人気のある引越しプランです。

一般的な内容の引越しをサポートしてくれるため、荷物が多い・大きな家具・家電があるといったケースでも対応可能です。

ケーエー引越センターは引越し実績30万件を誇り、安全・安心は引越しを実現できる経験豊富なスタッフが揃っています。 標準パックでは優秀なスタッフが荷物量に応じて2~3名派遣されますので、理想的な引越しを実現できます。

お得な料金を適用するには「平日であること」や「低層階から低層階への引越し」が条件です。土日祝日や月末、繁忙期に引越しをする場合は、事前に料金を確認してください。

引越し料金を安くするなら曜日にこだわるのがおすすめ

今回は引越し料金が安くなりやすい曜日について解説しました。

ご紹介したように、引越し料金は土日祝日に高くなり、平日は安くなる傾向にあります。平日の中でも特にリーズナブルとなるのは、週の真ん中となる火水木です。 引越し費用を抑えたいとお考えでしたら、このタイミングを狙って引越し見積もりをしてみてください。

また『ケーエー引越センター』の爆安75パック』であれば、曜日や時期に関わらず定額7,500円というお安い料金で引越し可能です。 荷物量や移動距離に条件はあるものの、リーズナブルな引越しを実現したい場合はぜひご検討ください。

ケーエー引越センター』には他にも超節約パック』『標準パック』といったお得な料金設定のプランがあります。お得な引越しをご希望なら、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.