引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>引っ越し料金の見積もり相場はいくら?依頼時のポイントは?

引越しアドバイス

引っ越し料金の見積もり相場はいくら?
依頼時のポイントは?

引っ越し業者に支払う引っ越し料金には、悩みますよね。新居の契約にも多くの費用を必要とするのでなるべく抑えたいけれど、そもそも相場の料金がよくわからない・・・という人も多いのではないでしょうか。

見積もりを依頼する時、どのようなことに注意したら安くあげることが出来るのか、今回は引っ越しの見積もりについて、相場と依頼時のポイントを中心にご紹介します。

引っ越し料金の見積もりに含まれる主な費用

引っ越し料金に含まれる費用には、基本の荷物量と距離以外にも、オプションの費用やその時期によって変動する要因が含まれています。

引っ越し料金とは

引っ越し料金とは、引っ越し業者に依頼したときに支払う料金のこと。人件費や車両の手配にかかる料金のほか、荷物量や作業時間による時間制の料金、移動距離による距離制の料金が加算されます。

引っ越し料金の主な変動要因

移動距離

移動距離が長いほどガソリンが多く必要になり、高速道路など有料道路を使用したときには別途交通費がかかります。 つまり給与と新居の距離が離れているほど、引っ越し料金は高くなります。同じ荷物量であっても、50㎞以内の近距離よりも、100㎞、200㎞と距離が延びればその分、料金も高くなります。

荷物量

荷物の量が増えるにつれ、使用するトラックのサイズも1トン、2トンと大きくなり、作業スタッフの人数も増えます。また、荷物量が増えれば梱包資材の量や作業時間も増えるため、さらにその分の費用も加味されることになります。 つまり荷物量と比例して、引っ越し料金は高くなります。

引っ越しの時期

引っ越しには業者への依頼が集中する「繁忙期」と、繁忙期ではない「通常期」、通常期よりも引越し件数が減る「閑散期」があります。

繁忙期は年度の変わり目となる3月から4月ですが、繁忙期は引っ越し料金が高騰する傾向にあります。繁忙期ではない通常期でも、土日・祝日には引っ越しが集中しやすいので、料金が高くなります。 よって、通常期よりも引っ越しの件数が減る「閑散期」が、年間を通して1番安くなる時期と言えるでしょう。

オプションサービスの利用の有無

有料オプションサービスを付けることで、引っ越し料金の総額は高くなります。 オプションには次に記載する付帯サービス以外にも、階数、横持、時間指定、特殊作業といった引っ越し作業そのものにかかわるものがあり、それぞれが基本料金に加算されていきます。

主なオプションサービス

一般的と思われるサービスでも、業者によっては取り扱っていないケースがあります。 有料ではなく無料で行っていることもありますが、その場合は、そもそもオプションサービス分の料金が、引っ越しの基本料金に含まれている可能性が高いです。

自分に不必要なサービスが基本料金として付帯されていると無駄な料金を支払うことになりますので、不必要なサービスは外して貰えるのかどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

一般的には、以下に挙げるオプションが有料サービスとなっているケースが多いです。

不用品処分

旧居で不要になった家具や家電を処分するサービスです。自社で引き取る場合のほか、提携会社に任せるケースなどもあります。 処分にかかる料金は業者ごとに異なり、また最近では不要品処分サービス事体を廃止しまっている引っ越し業者も多いので、当日になってから「不要品を処分してもらえない!」とあわてないよう、事前に確認しておきましょう。

エアコンの移設工事

エアコンの移設など、電気工事に関わる作業は専門業者に依頼する場合が一般的です。 近距離の場合は、取り外しと取り付けを同じ業者が行ってくれます。引っ越しの繁忙期および夏の始めである7月は電気工事の繁忙期になるので、早めの予約が肝要です。

同様に設置工事が必要なものとして、洗濯機、BS・CSアンテナ、ウォシュレット、食洗機などがあります。 引っ越し予定日の1ヵ月前くらいから、工事業者の見積もり依頼や日時手配を開始すると良いでしょう。

車、バイクの輸送

長距離の引っ越しで発生するオプションで、サービスを受け付けている引っ越し業者の場合、これらの運搬にかかる費用は実費請求が多いようです。 車両の大きさや距離によって、積載車や船便などの輸送方法が必要となるケースもあり、その場合は、事前にガソリンスタンドでガソリンを抜いておくなどの注意事項があります。

ちなみにバイクは、たとえ原付であっても、他の荷物といっしょに運ぶことは出来ません。

ピアノ、ペット、絵画などの高額な美術品、骨董品の運搬

これらも通常の荷物と一緒に運ぶことができないケースが多い品です。美術品や骨董品はそもそも壊れやすいことが多く、通常の輸送方法では損傷は免れないと思っておいた方が良いでしょう。 そのため専門業者に特殊な輸送方法での運搬を頼むことになります。また、高額商品は引っ越し業者の補償対象外であることがほとんど。

運搬を了承する引っ越し業者の場合でも、通常の料金のほか、オプションで保険料を支払うことになります。また、美術品や骨董品がどんなに高額でも、引っ越し業者への申告を怠ると通常の荷物とみなされ、損傷の際に補償されません。

見積もり時には、その品が高価な美術品や骨董品、アンティークの類であることを必ず申告し、相談しましょう。

荷造り、荷解き

荷物をダンボールに収める梱包作業と、ダンボールから取り出す開梱作業を手伝うサービスは、その荷物量によって料金が異なります。 大量の荷物である場合、梱包だけを引っ越し前日に行い、運搬作業はその翌日に行う、と2日がかりになることが多いです。

また、引っ越し作業の終了が押して予定より延長してしまった場合、さらにその翌日に開梱することになる場合も。 ちなみに、梱包に伴う資材は新品が使用されるので、荷物量が増えれば比例して、計上される資材費も増えることになります。

荷物の一時的保管

引っ越し会社の保有する倉庫への保管や、旧居の荷物を積み込んだトラック内に荷物を留置するサービスです。

旧居からの退去日と、新居への入居日が空いている場合に利用されます。1日や2日程度ならトラックに留め置く間に占有する料金が、それ以上の日数では保管費用と荷下ろし、再度の積み込み料金、保管場所からの配送料金が加算されます。

ハウスクリーニング

専門業者が、退去後の旧居または入居する新居のクリーニング作業を行うサービスです。掃除だけでなく、新たな汚れをつきにくくするハウスコーティングを受け付ける業者もいます。

物件の契約内容によっては、その部屋を管理する管理会社がハウスクリーニングを手配するという規約になっていることも多いので、事前に確認する必要があります。

単身世帯の引っ越し料金の相場と、安く抑えるコツ

実際の引っ越しにはいくらかかるのか、その相場を見てみましょう。ここで例として取り上げるのは単身世帯です。繁忙期と通常期の引っ越し料金を比較し、引っ越し料金を安く抑えるコツを紹介します。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

繁忙期(3~4月)の引っ越し料金相場

引っ越しには法律などで設定された定価というものがありません。 ですが、多くの業者が決める料金には、相場があります。相場の額未満になることも相場の額以上になることもありますが、あくまで「相場」とは、平均的な数字だと考えてください。

但し、相場額以上を支払う用意があったとしても、引っ越し会社の空車枠自体が無い場合は受けてもらえないことがありますので、注意してください。

都道府県内(50km未満)

旧居と新居の移動距離があくまでの場合、荷物が少なめの場合の平均相場は40,640円、多めの場合は49,892円となっています。 50km未満とは、たとえば東京で言えば都内や隣接する県などがこの範囲となります。 就職が決まった時や結婚による場合、また今よりちょっと広い部屋や、仕事先に近い場所への引っ越しなど、単身者の引っ越しに一番多いケースがこのパターンです。

ここで記した相場は、あくまで基本の料金です。 引越し作業開始時間の指定をするなどオプションをつけたり、旧居または新居にエレベーターが無かったり、トラックを駐車できる場所からエレベーターの入り口が遠かったりすると、その分だけ料金が加算されます。

長距離(500km以上)

荷物が少なめの場合は平均62,435円、多めなら平均81,841円と記載があります。しかし、これはあくまで今までの累積データです。 昨今、人手不足により物流価格が上昇しており、荷物量が多く梱包&開梱作業も行う場合、60万をこえるケースも報告されています。

そして長距離便の場合、見積もり多くの場合は混載便となり、旧居を出発した荷物が新居に到着するまで、数日かかることもあります。 翌日の到着指定、あるいは日にち指定の場合はさらに割増料金になるため、料金をなるべく抑えたい場合、日時指定はなるべくしない方が良いでしょう。

通常期(5~12月、1~2月)の引っ越し料金相場

単身者の場合の「荷物少なめ」の目安とは、1DK相当の荷物、多めは1LDK相当の荷物です。

都道府県内(50km未満)

荷物が少なめの場合は平均34,336円、多めは平均40,767円となります。それぞれ繁忙期と比べると約5千円~9千円の差となり、 閑散期と比較すると、繁忙期は15~20%近い割増料金となっていることがわかります。

長距離(500km以上)

荷物が少なめの場合は平均55,011円、多めの場合は平均69,789円となり、繁忙期との差は7千円~1万2千円となり、距離が増えるごとにその割り増される金額も大きくなっています。

単身世帯が引っ越し料金を安く抑えるコツ

引っ越し料金を安く抑えるコツとしては、まず荷物量をできるだけ少なくすることが重要です。 料金相場を比較すると、繁忙期と通常期の料金差よりも、荷物量による差のほうがわずかに大きいことがわかります。

引っ越し先は決まっているので、移動距離を縮めることはできません。 そうなれば荷物量を減らすことが唯一の方法となるので、引っ越しを機に不用品を処分したり、大きな家具は運搬するのではなく、買い替えて新居に直接発送してもらうことも検討しましょう。

さらに、各引っ越し業者の「単身パック」サービスを利用したり、コンテナボックスに入るだけの荷物量に抑えることで、料金も安くなるサービスもあります。指定の荷物量まで減らすことが出来れば、最安値の料金に近づくことになります。

家族世帯の引っ越し料金の相場と、安く抑えるコツ

家族の引っ越しは単身者よりも荷物が多いために高くなり、繁忙期での割増し額も多くなります。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

繁忙期(3~4月)の引っ越し料金相場

ここでは仮に、条件を家族2人の場合及び3人の場合とします。

都道府県内(50km未満)

家族2人の場合は平均80,490円、家族3人では平均103,382円となります。距離は単身者と同じでも、荷物量が多くなるとトラックのサイズやスタッフの人数が多くなるので引っ越し料金は高くなります。

また、大型の家財もあるために作業時間も増え、さらに加算されています。家族が増えればその分荷物も増え、間取りが多ければやはり荷物が増える傾向にあります。

長距離(500km以上)

家族2人では平均149,088円、家族3人では平均192,063円となります。 同じ荷物量でも距離が延びればその分高くなるのは単身者と同じですが、荷物を新居まで直接運ぶためにトラックが貸し切りとなることによる料金ですので、単身者の場合よりも余計に割高になります。

通常期(5~12月、1~2月)の引っ越し料金相場

単身者の場合よりも、繁忙期との差額は大きくなります。

都道府県内(50km未満)

家族2人の場合は平均68,193円、家族3人では平均78,361円となります。繁忙期との差は1万2千円~2万5千円にもなり、繁忙期を避けることが重要になってきます。 しかし、家族の引っ越しの場合はどうしても繁忙期を避けられないことが多く、極力、荷物量を減らす工夫が求められます。

長距離(500km以上)

家族2人では平均114,960円、家族3人だと平均132,889円となります。繁忙期を避けるだけで3万4千円~5万円も安くなります。これだけの差があるので、何とか繁忙期を避けることを真剣に考えなければいけません。

家族世帯が引っ越し料金を安く抑えるコツ

引っ越し先への移動距離と、家族人数は減らしようがないので考慮しないとしても、料金相場を比較してみると、繁忙期と通常期の差が約12,000~60,000円ほどあります。 有給休暇を取得し、平日に引っ越し作業をすることを検討することも重要です。また、引っ越し料金が高くなる日時は繁忙期だけでなく、土日・祝日、月末、大安の日など、通常期にも存在し、相場よりも料金が高くなることが多いです。

また、午前中は引っ越し料金が高くなります。理由は、午前中に作業を開始できれば昼~夕方までに新居の搬入まで終わる可能性が高いからです。

このため希望者が多く、午後に開始する「午後便」や、時間を業者の都合に合わせる「フリー便」のほうが安くなります。 この仕組みは繁忙期であっても同じなので、日にちや時間帯を引っ越し業者の都合に合わせることで、安くなる可能性があります。

引っ越しの見積もりを依頼するときのポイント

引っ越しが決まったらなるべく早く積もりを依頼すること、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼して比較することが、見積もりを依頼するときのポイントとなります。

引っ越しが決まった段階で見積もりを依頼する

引っ越しの予定が決まったら、早い段階で業者に見積もりを依頼しましょう。早い時期であれば引っ越し業者のスケジュールにも余裕があるため、日時の選択肢が広がりやすいのです。

とにかく引っ越しの日の空車枠を押さえることが重要です。電話だけでなく、Webサイト上のフォームから見積もりを依頼できる業者もあるので、すぐに見積もりを依頼しましょう。

複数の引っ越し業者に見積もりを依頼する

業者によって見積もり料金は大きく異なるため、1社だけでなく、複数社に見積もりを依頼したほうが良いでしょう。

引っ越し料金には法律などで設定される定価がないため、引っ越しにかかる費用を安く抑えるためには、複数の業者の料金相場や各業者のメリットを整理しておくと、比較検討しやすくなります。 そのためには一括見積もりサービスを活用しても良く、時間や手間をかけずに複数の引っ越し業者から見積もりを受け取ることができます。

「簡単見積もり」が可能なケーエー引越センター

上記の見積もりポイントを押さえつつ、東京都内や隣接する地域での引っ越しに特化して、格安な引っ越しを提供している「ケーエー引越センター」の見積もり方法をご紹介しましょう。

ケーエー引越センターでは「簡単見積もり」と「しっかり見積もり」というふたつの見積もり方法があります。そして料金プランも非常にわかりやすく、すべてが格安という非常に安い料金設定になっています。

※参考:
簡単見積もり https://ka-center.jp/form1/
引越しプラン https://ka-center.jp/plan/
低価格の秘密 https://ka-center.jp/himitsu/
料金早見表 https://ka-center.jp/price/

時間がない人のための「簡単見積もり」

ケーエー引越センターのWebサイトでは、確定した引っ越しの日や詳細な荷物量がまだ決まっていない人でも見積もり希望依頼が出来る、「簡単見積もり」があります。

名前と連絡先、引っ越し希望日、現住所、引っ越し先の住所だけで、単身者の一般的な荷物量の見積もり料金が送られてきます。これでおおよその料金がわかるので、引っ越しの予定も立てやすくなります。 そして、少し入力項目は増えますが、「しっかり見積もり」で見積もり希望依頼をすると、より詳細な見積もりを知ることができ、安心して契約することが出来ます。

料金プランの特徴

ケーエー引越センターの料金プランには「標準プラン」「超節約プラン」「爆安75プラン」があります。 オプション別の料金設定なので、ダンボール料金を別オプションにすることで引っ越しの基本料金を下げるなど、本当に必要なサービスだけを選べるのが特徴です。

標準プラン 料金:13,500円~

荷造りは自分で行う必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や移動・運搬はプロのスタッフが担当するので安心できます。 同一区内、または隣接する区へのお引越しと20Km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じた車両とスタッフ2名~3名が伺います。

荷物量もダンボール約90個相当からダンボール約120個相当が可能となります。このサービス内容で近距離の引っ越しなら料金は13,500円からと、面倒な値引き交渉なしで破格の安さが人気のプランとなっています。

超節約プラン 料金:10,500円~

作業スタッフ1名が伺いますが、ご自身で荷造りをする以外に作業も手伝ってもらう事でスムーズに作業が行えます。 同一区内、または隣接する区へのお引越しと20Km以内への引越しが可能で、ダンボール約50個相当の荷物の運搬が可能となります。

それでいて10,500円からの料金と、大変に安いプランです。このプランを利用するには、極力、荷物を減らすことが肝要です。

爆安75プラン 料金:7,500円ポッキリ!

「爆安75プラン」は、23区内同士、または隣接する市部へという近場の引っ越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方なら7,500円という、まさに爆安料金となります。 段ボール20個を宅配便に出してもこれ以上の料金がかかりますし、しかも事務所や倉庫へ持ち戻らず、旧居から新居へ直行するのでスピードも安心も違います。

通常、大手引越し業者が料金を安くするためには混載便を使用するしかないありませんが、他の引っ越し会社には真似のできない、ケーエー引越センターだからこそ可能になった、業界底値の最安 単身者向けプランです。

ケーエー引越センターで利用できるサービスオプション

ケーエー引越センターで利用できるサービスオプションには、時間指定料金横持ち料金各種養生作業員追加ダンボールなどの梱包資材、そしてエアコン取り付け・取り外しなどがあり、必要に応じて設定することが出来ます。 不必要なサービスは断れるため、必要最小限の料金で引っ越しすることが可能です。

引っ越し料金以外にかかる費用

引っ越しには、引っ越し業者に支払う料金以外にも費用のかかるものがあります。

引っ越し料金は、引っ越しにかかる総額の一部

多くの場合、引っ越し料金よりも、そのほかにかかる費用のほうが高くなります。最も多くの割合を占めるのが、新居の入居にかかる費用です。 家賃・敷金・礼金・仲介料・クリーニング代などがあります。

日割り計算による前家賃、退去日をいつまでに申告すべきか、退去のクリーニング代はいくらかなど、新居と旧居それぞれ契約内容や規約で決まっているので、管理会社へ早めに確認することが重要です。 以下では、それら各々について詳しくご紹介します。

引っ越し料金以外にかかる主な費用

新居の入居にかかる費用としては、新居の入居契約時に仲介業者や大家さんに支払う「前家賃」があります。これは入居前にあらかじめ支払う、入居した日が属する月の翌月分の家賃のことです。

また、敷金・礼金は大家に払うもので、一番多くみられるパターンとしては、それぞれ家賃の1カ月分で合計2カ月分というものです。 敷金は、退去の立ち合い時に確認できた部屋の損傷具合に応じて「汚損や修理の必要な箇所が少ない」と判断されれば、その度合いに応じた額が退去時に戻ってくる可能性があります。 仲介手数料は不動産会社に払うもので、家賃1カ月分が目安となります。

上記で紹介した家賃・敷金・礼金・仲介手数料は、不動産屋や物件によっては「交渉すれば」安くなるケールもあるので、契約担当者に相談してみましょう。

管理費、共益費は施設の共同部分の維持管理に必要な費用として徴収されるものです。家賃の5~10%であることが多く、家賃と一緒に支払うことになります。 その他にも、火災保険料、鍵の交換費用、また保証会社を利用する場合は保証料などがあり、合計すると一般的には家賃の5~6カ月分が相場とされています。

旧居の退去にかかる費用

旧居の退去にかかる費用としては、原状回復にかかる修繕や、ハウスクリーニングの費用があります。 大きな損傷個所や軽く掃除しただけでは取れない汚れがあったり、原状回復に工事が必要な場合、入居時に支払っている敷金で賄えないと判断されると、契約内容によっては賃借人が差額を支払うことになります。

解約日までの家賃も必要です。新居の家賃と二重払い状態が起きないように、引っ越しの日程を調整する必要があります。 退去を申告した日によっては、違約金や解約金が必要になるケースもあるため、入居の際に締結した契約書の解約予告期間などを確認しておくと良いでしょう。

家具や家電の買い替え費用

引っ越しのタイミングで家具や家電を買い替える人も多いのですが、不要な家具家電が出た場合には処分が必要です。 料金を払って粗大ごみとして自治体に回収してもらう方法が一般的で、荷物量を減らすためにも断捨離を実行するチャンスですが、1点につき500円、大きなものは800円程度の費用がかかります。

引っ越し業者や廃棄物専門業者に頼むより、行政に回収して貰った方が安くあがることが殆どであるため、不用品処分は引っ越し業者より自治体の回収を利用するのがおすすめです。

近隣住民への手土産代

手土産代は1軒あたり500~1,000円程度のもので充分なのですが、新居、旧居の両隣や上下(もしくは前後)あわせて8件回ると仮定すると、4,000~8,000円程度は必要になります。

無駄をなるべくなくし、必要なサービスのみを依頼する

引っ越しの見積もりと聞くと、自分の住まいに他人を招き入れるストレスや、訪問日時の調整を何度もしなくてはらなかったり、さらに自宅内での面倒な値段交渉など、つい身構えてしまいますね。 でも今はWEBや電話もありますし、なかにはケーエー引越センターのように、ほとんどのやり取りをメールだけで済ますことができる引越し会社も存在します。

ここでおさらいですが、少しでも引っ越し料金を抑えるには、荷物量を少なくして安いプランにすることです。また、繁忙期を避けることでも料金を抑えることが出来ます。 見積もりを依頼する時のポイントとしては、なるべく無駄をなくし、必要なサービスのみを依頼することです。

全体のまとめ

引っ越し業者に見積もりを依頼しても、その金額が相場より高いのか安いのかわりません。引っ越し見積もりの一括サイトを利用したら色々な業者から電話やメールが来て、それも煩わしいという意見も多いようです。

そんな時はケーエー引越センターの「簡単見積もり」と「しっかり見積もり」を利用することをおススメします。きっと、自分に必要なものだけを選んで、無駄のないの引っ越しを実現できることでしょう。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり