単身引越しの見積もりを安く抑えるコツ|費用の相場と注意点は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 単身引越しの見積もりを安く抑えるコツ|費用の相場と注意点は?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
単身引越し費用を安く抑えるコツや、
その相場やおすすめの業者
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

「単身の引越しって、どれくらい費用がかかるもの?」
「一人暮らしだから、できるだけ安くあげたい」
「お得な引越し業者を探している」

単身の引越しでは費用をできるだけ抑えたいもの。 しかし、そもそも相場がどれくらいなのかや、引越し時の注意点などはなかなかわからないものです。

そこでこちらでは、単身の引越し費用の相場や、費用を安く抑えるコツ、おすすめの業者をご紹介します。

単身の引越し見積もりの相場(業者に依頼する場合)

引越し料金はさまざまな条件によってかなり変動しますが、なかでも「荷物の量」と「移動距離」は料金を決めるうえで大きなポイントになります。 一般的には移動距離が同じであれば、荷物の少ない単身世帯は引越しにかかる費用が安くなり、荷物が多くなる家族引越しは費用が高くなりやすいです。

具体的な荷物量の「多い・少ない」が判断される目安はダンボールの数とともに冷蔵庫やベッドなど「大型の家具・家電の有無」がポイントになります。 衣装ケースやカラーBOX程度の高さがひとつの基準で、これ以上背の高い荷物については「大型」と判断されます。

たとえダンボールの数が少なくても、冷蔵庫などがあれば「多めの荷物」と判断されて料金が高くなる傾向にあると覚えておいてください。

もうひとつ大きく引越し料金に影響を与えるのが「引越しの時期」です。繁忙期と言われる3~4月は業者が対応しきれないほど引越し希望者が殺到するため、料金も割増されます。 さらに土日祝日や午前中指定であればさらに引越し料金が割高になるので覚えておいてください。

荷物が少ない単身世帯

繁忙期は通常期に比べて3,000~6,500円近く平均価格が高くなります。

15km未満(市区町村内)

通常期は平均30,354円、繁忙期は平均36,841円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均35,487円、繁忙期は平均40,606円

500km以上(長距離)

通常期は平均57,110円、繁忙期は平均59,646円

荷物が多い単身世帯

繁忙期は通常期に比べて8,500~10,000円近く平均価格が高くなります。

15km未満(市区町村内)

通常期は平均39,357円、繁忙期は平均48,256円

50km未満(都道府県内)

通常期は平均42,318円、繁忙期は平均49,852円

500km以上(長距離)

通常期は平均76,537円、繁忙期は平均81,548円

自分で単身引越しする際の費用の相場と注意点

引越し業者を利用せず、自分で単身引越しをすることも可能です。その際も、費用は発生します。また、注意点もあるため、覚えておいてください。

自分で単身引越しする費用の相場

引越し業者を使わずに自分で単身引越しをすれば人件費を節約することができるので費用を抑えることができます。

主にかかる費用としては「レンタカー代」「ガソリン代」「協力者への謝礼」などです。他にも梱包資材代など細々したものもかかってきます。

実際にレンタカーを借りて自力による単身引越しをした場合の費用相場は以下の通り。

レンタカー代:7,000円(ワンボックスカーを12時間レンタル)
ガソリン・高速代:3,000円(30km圏内の場合)
梱包資材代:4,900円(ダンボール20箱+布テープ3巻)
協力者への謝礼:10,000円(交通費・お食事代含む)

=レンタカーでの自力引越しの費用相場は24,900円

ダンボールについては強度が落ちますがスーパーやコンビニで余ったものをもらえば費用を抑えられます。 逆に協力者の数が増えるとその分だけ費用がかかりますので覚えておいてください。

協力者への謝礼については、相手との関係性にもよって額が変わってきます。少なくとも、現場に足を運んでもらうために発生した交通費は支払うべきです。 引越し作業を手伝ってもらったことを考慮し、謝礼を上乗せすべきです。最低限、お茶代などは負担する必要があります。

また、作業の内容や流れをあらかじめ早めに説明しておくなど、しっかりと指示をすることも心がけてください。

自分で単身引越しする際の注意点

引越し業者を利用せずに、自分で単身引越しを行う方法には、メリットとデメリットがあります。 大きなメリットは、引越し費用を抑えやすいことです。

デメリットとしていくつかトラブルが起きやすいことが挙げられるため、以下では注意点としてご紹介します。

搬入・搬出時に壁や床などを傷つけるリスクがある

自力引越しでは搬出・搬入時に壁や床に荷物をぶつけないように気をつけてください。特に狭いドア付近や通路などは注意が必要です。

費用はかかってしまいますが、搬入・搬出経路となるところには養生をするのがおすすめです。集合住宅によっては引越し時に共用部分の養生必須としているところもあります。

細心の注意を払いさらに養生をしていたにも関わらず壁に大きなキズをつけてしまった…そうした場合は修繕費用が必要になります。 また、手を滑らせて荷物を落下させてしまい、中の食器が割れた…という場合はなんの補償もされないので覚えておいてください。

また、知人に手伝いを依頼してこうしたトラブルが起きた場合は、責任の追及が困難です。 そもそもプロではない人に手伝いをお願いしていることから、強く責めることはできません。関係性が崩れいないように配慮する必要もあります。

体力を使う作業を1日で大量に行うことになる

引越しはとても体力のいる作業です。荷物の搬入・搬出、積み込み・積み下ろし、荷造り・荷解き、レンタカーの確保・返却、目的地までの運転、共用部の養生作業…などさまざまな業務があります。

引越し業者に依頼すれば、作業に慣れているプロがやってくれますので楽をできますが、ご自身でとなるとかなり重労働です。 疲労により運転中は眠気が襲ってきたり集中力が切れやすくなったりしますので、交通事故には気をつけるようにしてください。

冷蔵庫と洗濯機の取り扱いに注意する

自力引越しの場合、最も注意したい家電は冷蔵庫と洗濯機です。どちらも引越しの前日までに水抜きをしておきます。水抜きを怠ると運搬時に水が漏れてしまい他の荷物を濡らす・汚してしまう可能性があります。

レンタカーの車内まで汚れてしまうとクリーニング代が請求されてしまうので注意してください。また、冷蔵庫は立てて運搬してください。横にして運搬すると故障する恐れがあります。

単身引越しの費用を安く抑えるコツ

いくつかのコツを覚えておくと、単身引越しの見積もりを安く抑えることができます。代表的なコツをご紹介してください。

安くなる時期や時間帯を選ぶ

引越し費用を安く抑えるには繁忙期を避けて時間帯を選ぶのがコツです。

引越し業界の繁忙期と言われる3月~4月、多くの人が希望する土日祝日、家賃の二重支払いを避けるために選ばれやすい月末・月初、縁起のよい日とされる大安などは割増料金になる可能性が高いので避けてください。

時間帯も午前中は依頼が集中しやすく引越し料金も高くなりやすいです。空いている午後便や引越し業者の都合に合わせるフリー便だと安くなります。

大型家具は転居先で買い換える

大型の家具や家電を転居先で買い換えるのも実は引越し費用を抑える、またはお得にする方法のひとつです。

実際に大型荷物の運搬がないことを条件にして、引越し料金が安くなるプランも業者によっては存在します。準備するトラックを小さくできるので安くなるのです。 もし買い換えるのであれば、古い家具・家電はリサイクルショップでの買取りやフリマアプリ、ネットオークションなどで売却してください。 リサイクルショップでは買取りではなく無料または少額支払っての引取りになる可能性もありますが、多くの場合は粗大ごみに出すよりもお得です。

フリマなどで売却できれば、引越し費用の足しになります。また、新しい家電は性能もよく、長い目で見れば電気代の節約になりお得になる可能性もあります。

不要な荷物は処分する

引越し料金は荷物量によって大きく変わります。荷物量が多いと使用するトラックサイズを大きくしなければなりませんし、作業員の増員も考えなくてはいけなくなるので人件費なども高くつきます。 そのため引越し料金が上がってしまうのです。

なるべく費用を安く抑えたいならば不要なものはどんどん処分してください。粗大ごみに出すのもありですし、フリマやネットオークションで売却できればちょっとしたお小遣いを得ることもできます。

引越し費用を抑えてさらに収入まであればかなりお得。ぜひ不用品はこの機会に処分してしまうのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼する

引越しの見積もりでは、複数社に見積もりを依頼するのが基本です。

一括見積サイトなどを利用すれば、簡単に複数の引越し会社に見積もりを依頼できます。引越し先、荷物量、引越し日時などの情報を入力すれば、その条件での複数社の見積もりが確認できます。 複数社の見積もり金額を比較でき、相場を確認できるのが魅力であることから、ユーザーに高く評価されているサービスです。

ただし、見積もり額が正確ではない場合があるため注意が必要です。あくまで参考として確認しておいてください。

業者の数は、3社ほどに抑えておくことをおすすめします。多すぎると、やり取り・連絡に時間がかかったり、訪問見積もりの日程が被ったりしてしまうためです。 また、安さだけではなくサービスの内容についても詳細を吟味して予約する一社を選ぶことが大切です。サービス内容を把握しないまま作業を依頼すると、粗悪なサービスを行う業者を利用してしまうことがあります。

単身向けの引越しサービスを利用する

部屋にある荷物の少ない単身者向けに、引越し費用を抑えたサービスを用意している引越し会社があります。

運ぶ荷物の量を制限することで、大型車両を使わず、作業員も減らしているため、コストを下げ安価でサービスを提供できます。

単身引越しで相見積もりする場合の値引き交渉のコツ

単身引越しで相見積もりを取る際は、値引き交渉をすることもできます。実際に値下げを実現するためには、テクニックが必要なため覚えておいてください。

相見積もりになることを伝えておく

まず、他の引越し業者にも見積もり依頼していることを伝えてください。 営業マンが競合を意識して、価格交渉に応じてくれるケースがあります。他社にはない費用の割引や、有料オプションサービスを無料にする特典などを提案してくれることが期待できます。

即決価格には応じない

訪問見積もり時に、営業マンから「今決めてもらえたら、△△円安くする」という提案を持ちかけられることがあります。 こうした即決価格は、その場で成約を得るためのものですが、後からさらに安い見積もりが出る可能性があるため応じるのはおすすめできません。

「各社の見積もりが出揃ってから決める」と言うと断りやすくなります。即決価格は一般的にかなり魅力的な価格設定になっていますが、強い気持ちで一旦決断を保留にしてください。

また、安さだけではなくサービスの内容にも注目してください。

契約したい引越し業者は3社目に見積もりしてもらう

契約したいと考えている本命の引越し業者は、3社目に見積もりをしてもらうのがおすすめです。

後に見積もりをもらう引越し会社のほうが、他社の見積もり金額を提示できるため、値引き交渉がしやすくなります。提示する金額は1社より複数社あるほうが、交渉が容易になります。

単身向け引越しサービスの種類

一般の引越し業者による引越しでは、単身者の引越し需要を取り込む目的のため、さまざまな割引サービスを用意しており、これらを利用すると通常料金よりかなり節約でき、また午前指定するより午後や時間指定なしにするのも安く引越しをするコツとなります。

プラン名は業者によって異なりますが、大きく分けると「単身パック」と「単身プラン」の2種類に分けられます。その違いと特徴を見ていきます。

単身パック

用意されたコンテナボックスに入るだけの荷物を詰め込み、ほかのコンテナボックスと混載して運ぶことで、料金を安く抑える方法で、シングルパックなどと呼ばれることもあります。

荷物を引き取ってからすぐに配送されるのではなく、即日に対応するサービスもありますが、混載便のため一度センターにとどめておき、実際に配送されるまでに数日かかる場合があります。

電話での対応だけで訪問見積もりがなく、梱包資材のダンボールの提供もない場合が多くなります。大きな家具・家電がなく荷物量が少ないのであればおすすめです。

単身プラン

荷物をトラックに積み込む通常の引越し方法で、軽トラックなどの小型の車両を使って、荷物の少ない単身向けに最適化され、ワンルームプランなどとも呼ばれます。

業者が訪問見積もりを行ったり、ダンボールや布団袋を用意したりする場合が多くなります。 家具や家電も持っていきたいけれどなるべく引越し費用をお得にしたい、という場合は単身プランがおすすめです。

単身向け引越しサービスのいいとこ取りをしたケーエー引越センター

ここで、東京都内とその近郊への引越しにおいて、激安のパックプランを設定して注目される『ケーエー引越センター』をご紹介しましょう。

ケーエー引越センター

ケーエー引越センターは単身パックと単身プランのいいとこ取り

ケーエー引越センターは、単身プランのように当日中に引越しを完了できます。

しかも単身パックのように、訪問見積もりもせず、荷造り用のダンボールの提供をオプションサービスにしたりすることでコストカット。 それにより業界最安値の価格を実現し、単身者の見積もりが都内だけで年間1万件を超える実績を誇っています。

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターの料金プランには『標準パック』超節約パック、そして爆安75パックという3つのプランが用意され、それぞれの状況にあったプランを選ぶことができます。

『標準パック』 平均料金は15,000円

もっとも基本となるプランで、同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までの引越しで、1ルーム等にお住いの方向けのプランとなります。

2トン車とスタッフ2名が伺うので、ダンボールなどへの荷造りや荷解きさえ行っていただければ、タンスなどの大型家具や冷蔵庫などの大型家電類は、ケーエー引越センターの専門スタッフに梱包・運搬を全部任せられるので安心です。

それでいて平均15,000円という料金は他の引越し業者と比較しても圧倒的に安いのです。

『超節約パック』 平均料金は10,500円

その名の通り、相場よりも安い料金で引越したい超節約志向の方におすすめのプランです。

同一区内か隣接する区、あるいは20㎞までの引越しで、スタッフは1名で、車両は軽トラックながらも1トン車並みの容積を持つ引越し専用車のロイヤル号が伺い、ダンボール50箱相当の荷物量までが可能です。

お客さんにも手伝ってもらいますが、その労力に見合った価格を実現。10,500円という平均価格は個人でレンタカーを借りるのと同程度ですから超割安料金です。

『爆安75パック』 爆安価格7,500円

近距離の引越しで、大きな家財がなくダンボール20箱程度の少ない荷物量に適用されます。

引越し当日までに荷物の梱包を済ませ、玄関前に用意していただき、荷物の積み込み・積み降ろしを手伝っていただきますが、宅配便で出すよりも安い7,500円という爆安料金となります。

常識にとらわれないケーエー引越センターだからこそできたコストカットによる爆安価格といえます。

見積もりのコツおさえて安い料金で引越ししよう

引越しに限らず、過大なサービスが当たり前になった結果、それが当然のようになっている風潮があります。

過大なサービスはたしかに、「楽ができる」、「いろいろ無料でもらえる」などお得になったような気分になりますが、気が付くと余分なサービスに代金を払っていることに気が付きます。 必要最低限のサービスを依頼し、適切な料金を支払う引越しが一番です。

引越しにおいては、無料のダンボールや必要以上のスタッフによる人件費などが挙げられます。 では、これらを全てカットしたらどうなるでしょうか。

当然、引越しに必要な最低限の車両となり、ダンボールもお客さんが用意して梱包、搬出搬入も手伝ってもらうことでスタッフ数も減らせます。 そして引越し料金は驚くほどの低価格が可能となります。当然売上高は低くなりますが、コストカットの努力と件数を多く引き受けることで可能となります。

もちろんさまざまな事情で代金を支払ってでも全部任せなければならない方もいらっしゃいますが、単身で若く元気な方なら『ケーエー引越センター』の各種格安プランを利用することで無駄のない引越しができます。

単身引越しの費用相場は「荷物量」や「移動距離」でほぼ決まります。 移動距離が同じであるならば、費用を安く抑えるには荷物を減らす・不用品を処分することが近道です。

さらに引越し費用を抑えるなら自力単身引越しという方法もありますが、手間の割にはお得感が薄いのが現実です。 「なるべく安く」「少しでも手間をかけずに」「安全安心スピーディー」に単身引越しをするならば、無駄を省き必要最低限の引越しを高い品質で提供する『ケーエー引越センター』がおすすめです。

引越し業界最安クラスの3つの単身プランをご用意していますので、条件に合わせてお選びください。

新生活は何かと物入りですから、浮いたお金はぜひそちらに回してOKです。引越し費用を抑えられれば、新居に置く家具家電を増やすことも可能です。

荷物の少ない近距離引越しを計画方はぜひ『ケーエー引越センター』にお任せを! お電話はもちろん、見積もり専用サイトでは5項目の入力のみでOKな「簡単見積もり」もご用意しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ケーエー引越センター『簡単見積』
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる