引越しにかかる時間の目安は?作業時間を短縮するポイント

引越しアドバイス
引越しアドバイス
多くの時間を必要とされる引越し作業、
そんな作業時間を短縮するポイントとは?

引越しの所要時間はどれくらいでしょうか?荷物を搬出してトラックに積み込み、引越し先で荷物を搬入するのにかかる時間は、経験者にしかわからない事ですから、初めて引越す人や、荷物が増えた場合は見当が付きません。

しかし、かかる時間が分からないとその後の段取りの計画が立てられませんし、午後便を利用できるのかも判断が付きません。 そこで、今回は引越しにかかる時間の目安と、作業時間を短縮するポイントをご紹介したいと思います。

引越し作業全体にかかる時間はどのくらい?

引越し作業全体にかかる時間として、作業時間以外に見積もりにかかる時間もご紹介します。

特に訪問見積もりは正しい荷物量を把握できる方法ですが、営業マンを家に招き入れるという煩わしさと他の業者との競合があるため対応が面倒なことが嫌われているほか、荷物の少ない単身引っ越しなどでは、ネットなどで十分対応可能なことで、利用する人も減りつつあるようです。

引越しの見積もりにかかる時間

見積もりにかかる時間としては、営業マンによる訪問見積もりが30分~1時間ほど、電話見積もりは10~20分ほどというのが見積もりにかかる平均的な時間です。 訪問見積もりでは荷物量や部屋数によってもう少し時間が必要な場合もあります。

訪問なしでの見積もりが気になる方はこちら『訪問なしで引越し見積もりが可能な業者の特徴、メリット・注意点は?

また、最近注目されているウェブサイトを利用した見積もり方法を利用すると、5~10分程度で済み、24時間いつでも見積もりが可能なので、日中働いている単身者を中心に、利用者が増えています。

搬出作業や搬入作業にかかる時間の内訳

時間の内訳としては、養生作業に10分ほど、チェックと確認作業が5~10分ほど、そして荷物の運び出しや運び入れと、運び出し後の片付け、家具の分解・設置となります。 ただし、マンションなどで階段やエレベーターの養生を求められる場合は余分に時間がかかります。

引越しの作業時間を短縮するには?

当日の引越しの作業時間を短縮するために前日までにやっておくことは、荷物を極力少なくすることと、荷造りをしっかりとして運びやすい状態にしておくことです。

荷物の量を少なくする

荷物が少なければ搬出・搬入時間も少なくなり、作業時間を短縮出来ます。 そのためには不用品は処分しておく必要があり、リサイクルショップやフリマアプリで売ってり、知り合いに譲ることもできるので、積極的に活用しましょう。

荷物の少ない引越しが気になる方はこちら『荷物の少ない「小さな引越し」を行う方法とおすすめの業者

荷造りを済ませておく

荷物は大型のもの以外はダンボールに収納することで運びやすく、作業時間が短縮できます。 また、「本」「服」など、到着後に開封しなくてもわかるよう中身を記入しておくことで、搬入の時運ぶ場所が把握できて、また、荷ほどきもスムーズに行えます。 そして、衣装ケースなどの収納器具は、引き出しが開かないよう養生テープなどで留めておくと簡単で便利です。

当日の荷造りや梱包を引越し業者に頼む場合には、その分作業時間が増えるので、引越し時間もずれ込みます。 家族引越しで荷物が大量になる場合は業者と相談し、前日に作業を行うのが当日の作業時間を短縮するコツとなります。

荷物に新居で置く場所を書いておく

荷物に新居で置く場所をダンボールに直接記入しておくと、新居のどの部屋に持っていくかというやり取りが省略できます。 細かい内容だけでなく、大きくハッキリとした目印がより有効です。また、家具・家電にはメモを貼っておくと良いでしょう。

事前の準備が必要不可欠

引越しをスムーズに行うには事前の準備が必要不可欠となります。 当日までのスケジュールを立て、なるべく早めに準備を始め、前日までに梱包作業などを完了させて、翌日の引越しかかる時間を短縮できるようにします。

引越しにかかる時間を短縮できて、料金もお得なケーエー引越センター

ケーエー引越センターの引越しが短時間で済む理由

訪問見積もりを行わないなど、カットすることでコストを抑えて低価格を実現したケーエー引越センターは、引越しが短時間で済むのも特徴です。

荷物の少ない単身者向けに特化していることや、首都圏にエリアを限定しているため搬出・搬入作業時間が短く済み、移動時間も短いという理由があります。

ケーエー引越センターの料金プラン

効率化により業界最安クラスの料金を実現し、プランによっては宅配便やレンタカーを借りるよりも安く引越せることもあります。

『爆安75パック』

ダンボール箱20個を宅配便より安い7,500円で運ぶ『爆安75パックは、安いだけでなく、宅配便とは異なり、引越先までそのまま直行するので、引越しが早く終わるというメリットもあります。 同一区内、または隣接する区へのお引越しで、お客様にもお手伝いをお願いします。

一円でも安く押さえるためなら、荷運びも積極的に行いたいという単身者には、うってつけの引越パック・プランです。

『超節約パック』

超節約パック』は同一区内、または隣接する区への引越しから20km以内への引越しに対応し、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6㎥)までで10,500円からという格安プライス

自分でレンタカーを手配して自分で引越すよりも費用が抑えられ、お手伝いして頂くことでスピーディーに作業も終わります。少しでも安く上げたいという単身引越しにおすすめのプランです。

『標準パック』

標準パック』は同一区内、または隣接する区への引越しで、2トン車と作業員2名でダンボール約90個相当(容積8.4㎥)のお荷物を運んで13,500円という安さ。 20㎞まででダンボール約120個相当(容積10.5㎥)の場合は作業員の人数を3名に増やして、作業が遅くならないようにしながらも24,500円からとなっています。

当日は作業員に全てお任せで、平均15,000円という安さでも、ベッドなどの大型家具や冷蔵庫や洗濯機もプロの手で梱包し、搬出搬入から設置まで行うのでスピーディーに作業が進み少しで早く終えたいというお客様のご希望にこたえています。

多彩なオプション

上記のプランは、平日であることと、1階から1層階への引越しであることが条件となります。 そのため、それ以外に該当する条件の場合はオプションサービスから必要なサービスを組み入れることになります。また、土日、祝日、月末や繁忙期は上記金額とは異なるので問い合わせください。

オプションサービス一覧

引越し料金の相場が安くなる時間帯とは?

時間帯で引越し料金が変わる理由

引越し料金は、繁忙期などの時期だけでなく時間帯でもその金額は変わります。 午前中に作業を開始できる「午前便」は時間指定できこともあり、引越しの需要は午前中が最も多く、料金は高く設定されています。

引越し業者では、需要の少ない午後に引越しする料金を安くして、午前に集中しないように集客することがあります。 これまでは午前便を2~3割安くする方法でしたが、今ではフリー便を荷物の少ない単身引越し向けプランとして用意しています。

引越し料金が安くなる時間帯

午後便は昼過ぎから引越し作業開始します。 午前中に別の引越しを終えてからの作業であることがほとんどのため、午前便と違い時間指定できない場合が多く、開始時間が思ったより遅く、荷物量や引越し先までの距離によっては終了時間が深夜におよぶ事もあります。

フリー便は格安料金というのがメリットですが、時間指定できず、いつから作業開始になるかわからないのと、引越し業者の都合によるため、夜間になる場合もあるので予定が立てづらいという欠点があります。

引越し料金の安い時期が気になる方はこちら『引越し料金が安い時期とは?

引越し料金の安い曜日が気になる方はこちら『引越し料金が安いのは何曜日?できるだけ費用を抑えるタイミング

引越しを早く終わらせるにはその前からの準備が必要

引越し時には作業が終わった後にやらなければいけないこともあります。 開梱して荷物を整理し、梱包材等を片づけなければ生活できません。 翌日から仕事が始まるのであれば、当日にやっておかないとしばらく荷物の山に囲まれて生活することになります。そのためには早く引越しが終わらせるには、一にも二にも事前の準備が重要です。

ベテランの引越し作業員は「準備八割」ともいいます。 しっかりした準備が出来ていれば引越しは終わったも同然なのです。 そして、プロの引越し業者のプランを比較し、自分に最適なプランを選んで、少しでも早く予約することがポイントとなります。

全体のまとめ

安いだけでなく、早く引越しを終わらせれば一日を有効に大切に使うことが出来ます。 自分で引越してだらだらと時間ばかりかかって、やらなければいけない事を何も出来なかったという事態になりかねません。 引越し作業にプロが加わることで、その場が引き締まり、事故やけがのリスクも減るという効果もあります。

何よりも早く終わるので、余裕をもって荷解きや片づけができて新しい生活をすぐに始められます。 そして『ケーエー引越センター』ならそのお手伝いが必ずできます。

ケーエー引越センター

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.