引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>一人暮らしの引っ越し費用|内訳と目安、安く抑えるポイントを解説

引越しアドバイス

一人暮らしの引っ越し費用
内訳と目安、安く抑えるポイントを解説

単身で荷物の量も少なく、引っ越し先までの移動距離も短い人にとっては、引っ越し料金も少なく済みます。

そして最安値の引っ越し業者を使う事で、より費用を抑えることもできます。しかし、何も情報がないとその具体的な方法を知ることができず、割高な引っ越しをすることになります。

そこで、一人暮らしの方の引っ越し費用の目安と、なるべく安く抑えるポイントを解説することにしました。

一人暮らしの引っ越し費用総額の目安と項目

一人暮らしの引っ越し費用総額の目安

一人暮らしの方による引っ越し費用の総額の目安としては、新しい住居の家賃6カ月分程度と引っ越し費用の合計と考えてみます。 賃貸物件で関東地方の場合は、敷金と礼金ですが、関西地方は敷金と礼金の代わりに保証金と敷引きがあり、初期費用の出し方が異なるので、目安を出しづらいという特徴があります。

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の分類

引っ越し費用は大きく3つに分けられ、このほかに家具・家電・生活用品の購入費用が発生するケースも考えられます。 まず、新居の賃貸契約にかかる初期費用そして、旧居を退去するのにかかる費用と引っ越し作業にかかる費用の3つです。

新居の賃貸契約にかかる初期費用の内訳

敷金

貸主への保証金である敷金は、家賃を滞納した場合や退去時の修繕費用が発生した場合に使用する もので、借主の不注意などによる汚損がなければ退去時に返金されることになります。通教は家賃の1~2カ月分が目安です。

もし修理費用などが発生した場合はその差額が返金されるか、足りない場合は追加費用を支払う事になります。荷物を搬出したのちに、家主や不動産会社の担当者といっしょに確認し、後日計算書もしくは請求所が送付されます。

礼金

礼金は大家さんへのお礼のお金という性格のものなので、基本は返金されない料金です。通常は家賃の1~2ヶ月分、物件によっては3ヵ月分というものもあります。 賃貸物件選びにおいてはもっとも気になる部分で、入居者を獲得しやすくするために、礼金ゼロという物件や期間限定の礼金ゼロキャンペーンも増えています。

仲介手数料

大家さんとの間を仲介する不動産会社などへ支払う紹介料です。一般的には家賃の1~2か月となる事が多く、これも少なくなる傾向で、家賃の半月分という不動産会社もあります。

前家賃、日割り家賃

入居前に家賃を入居月分だけでなく翌月分も前納することを前家賃といいます。 そして、入居する日が月の途中だった場合の、家賃の支払い方法で、満額ではなく 1ヶ月分を日数で割った金額を支払う事になります。

管理費、共益費

管理費は、家賃とは別に賃貸の入っているマンションやビルの維持管理に使用される費用のことです。 つい見逃しがちですが、安いと思った家賃が管理費を含めると意外に高かったりするので、契約するときは確認しておくことが必要です。3千円~2万円と物件によって大きな差があります。

共栄費は物件の共有部分を使用する時にかかる費用のことで、廊下やロビー、エレベーターなどの維持管理に使う費用となります。共益費がない物件でも家賃に含まれています。

賃貸保証料

何らかの事情で連帯保証人を立てられない場合、「家賃保証会社」に加入し、借主が保証料を支払うことで連帯保証人の役割を担ってくれるサービスです。 保証料は1万円〜3万円程度、または家賃の30~100%が相場になっていますが、審査があり利用できない人や物件もあります。

鍵の交換費用

防犯対策の一つとして、キーを新しくするための費用です。料金は約15,000~25,000円が相場で、 ディンプルキーなど防犯効果の高いものはそれよりも費用が高くなる傾向にあります。

火災保険料

火災や水漏れなどの事故にあってしまうリスクは常にあるため、火災保険の加入は必須で契約条件にもなっています。 通常は家主や不動産会社が代理店になっているため、保険会社や内容は決められており自由に選ぶことは出来ません。保険料は木造や鉄筋、床面積などで変わりますが、年額で1~2万円程度で契約時と毎年もしくは更新時に支払います。

引っ越し作業にかかる費用の相場

引っ越し作業にかかる費用の特徴

引っ越し作業にかかる費用は荷物量や荷物の運搬距離、引っ越す時期などにより異なります。

時期では一般的に引っ越し業者の繁忙期となる3~4月は料金が高めに設定されている場合が多いので、安く抑えるためにはこの時期をさけることが賢明です。 しかし、転勤や就職などのタイミングで、どうしてもこの時期になるようなら、土日や大安などを避けることが割高な料金にならずに済むコツとなります。

一人暮らしの引っ越しにかかる費用相場

繁忙期の引っ越し料金相場

3月下旬から4月上旬は、新生活が始まる季節であるために、どこの引っ越し業者も引っ越し予定が集中することで繁忙期と呼ばれています。 この時期は、多くの引っ越し業者が引っ越しの為のトラックやスタッフを同時にかき集めるためるのですが、引っ越し件数に追いつかず、可能な引っ越し件数の予約が、早い段階で埋まることになります。

そのため、料金は通常の時期より高くなる傾向にあり、実際にそれぞれの料金を比較すると1万円前後から10万円前後と、かなり高いことがわかると思います。 これだけ料金に差があっても引っ越しが集中するのが、引っ越し業界の繁忙期なのです。

繁忙期の単身引っ越しの料金相場
距離 荷物量の目安(小) 荷物量の目安(大)
~15km未満(市区町村内) 36,288円 47,562円
~50km未満(都道府県内) 39,801円 49,725円
~200km未満(同一地方内) 53,465円 60,317円
~500km未満(近隣地方) 48,848円 74,459円
500km~(長距離) 61,875円 81,935円

※価格は平均/参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

通常期の単身引っ越しの料金相場
距離 荷物量の目安(小) 荷物量の目安(大)
~15km未満(市区町村内) 28,495円 37,958円
~50km未満(都道府県内) 34,004円 40,465円
~200km未満(同一地方内) 43,868円 51,206円
~500km未満(近隣地方) 52,552円 63,510円
500km~(長距離) 54,270円 70,101円

※価格は平均/参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

旧居を退去するのにかかる費用の内訳

修繕費用とハウスクリーニング費用

旧居を退去するのにかかる修繕費用とハウスクリーニング費用は、経年劣化ではなく、借主の故意や過失による破損・汚損があった場合に発生します。 どのようなものか例を挙げると、借主が清掃を怠って発生してしまった壁や部屋の隅のカビやシミ、引っ越し作業でできた壁のクロスや柱の傷、冷蔵庫や洗濯機の下にできたサビの跡などが挙げられます。

ハウスクリーニング費用は、賃貸契約書に負担に関する記述がなければ、借主が負担しなくて良いことになっています。そして、発敷金から発生した修繕費用とハウスクリーニング費用を差し引いた分が返金される仕組みになります。

そのため、退去時の掃除を念入りに行い、経年劣化を考慮した状態まで原状回復すると、敷金が戻ってくる可能性があります。 しかし、部屋の傷や汚れが多いと、余分なハウスクリーニング代が発生する場合があるので、退去前に台所の油汚れや水まわりのカビなど、きれいにできるところは掃除しておく必要があります。

解約日までの家賃

退去した後も、解約日まで家賃が発生あいますが、月の途中ならば日割り家賃にできる場合もあるので、契約書を見直したり、管理する不動産会社などに確認しましょう。

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるポイント

新居の初期費用を抑える

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるポイントとしては、まず、初期費用を抑えられるように、新居の物件探しを工夫する必要があります。それには仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ事は重要です。 家賃の安さだけではなく、敷金が安く礼金のない物件を選び、家賃と管理費の合計金額が安い物件を選びます。仲介手数料や敷金・礼金を抑えらることで、新居にかかる費用の合計を安くすることが出来ます。

最近は敷金と礼金がいらない物件や、時期によっては安くなるキャンペーンを行う不動産会社もあるので、そういった物件からも探すこともお勧めします。

引っ越し業者の単身者向けプランを利用する

引っ越し業者によって、荷物が少ない単身者向けプランを用意しているところや、荷物を専用のコンテナや専用ボックスに積んで運んでもらうプランがあります。 コンテナを利用するプランは、長距離の引っ越しなどでほかの人の荷物と一緒に運搬されるため、料金が安価になるメリットがあります。

デメリットとしては、荷物はコンテナに積める限りのため、高さや横などのサイズ、ダンボールの個数など運ぶものに制限を設ける業者もありますので、大型家具などがある場合は利用できない場合もあります。 また、軽トラックやその他の大きさのトラック1台を使って、積みきれるだけ荷物を運んでもらうプランは、コンテナに積むプランを利用できない場合に使う場合に利用されます。

引っ越し業者は、さまざまな条件によって料金が異なるシステムになっています。荷物の量によってトラックの大きさが変わったり、必要な作業員の人数も増えれば料金は増えます。 また、新居までの移動距離や物件の階数など作業によっても料金が変わります。

料金プランが豊富な業者であれば、より予算に適したパックやプランを選択することが出来ます。複数の業者を比較して、自分にあったプランがあるのかを確認してみましょう。

不用品は前もって処分する

荷物が多いと引っ越し費用が上がるので、前もって不用品を処分しておくと、引っ越し当日にかかる手間も少なくて済みます。 家具類も行政のサービスを利用すると平均して500円程度で処分してもらえます。

また、インターネットオークションやフリマアプリで不用品を売り、引っ越し費用の足しにしても良いし、洗濯機などを購入する予定があるなら、欲しい人に取りに来てもらい、新しく購入するものは新居に配達してもらいます。 ご実家がある場合は、季節ものの衣類や残したいものを宅配便で送るという方法もあります。

一人暮らしの引っ越しにおすすめの『ケーエー引越センター』とは

ケーエー引越センターの特徴と料金プラン

都内の単身引っ越しでは業界最安の価格を誇る「ケーエー引越センター」には、大手と異なり「爆安75パック」「超節約パック」「標準パック」というプランが設定されており、ご自身のタイプに合う料金を確認できます。 また、オプション別に料金が設定されているので、本当に必要なサービスだけを選べるなど前もって自分で計算できるのも特徴です。

爆安75パック 単身の方向けのプラン

当日までに荷造りが出来る単身の方におすすめのプランです。 23区内同士、または隣接する市部へのお引越しで、スタッフは1名となります。

このプランの適用条件としては、ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。 部屋の中の移動などはお客様のお手伝いをお願い致します。

距離 荷物量の目安 料金
東京23区内及び近接エリア間 段ボール20箱以内 7,500円~

※価格は税抜

超節約パック 安い料金で引越したい方向け格安パック・プラン

超節約パック は、自分でできる作業を手伝うことで、相場よりも安い料金で引越したいと方にピッタリの格安パック・プランです。スタッフが1名伺い、荷物量は段ボール約50個相当(容積4.6㎥)となります。

ご自分で用意した高さ・幅・奥行の3辺の和が120センチ以内で、1個当たりの重量が10キロ以内の段ボール20箱以内のみで、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬。部屋の中の移動などはお客様の手伝いが必要になります。

距離 荷物量の目安 料金
東京23区内及び近接エリア間 段ボール20箱以内 10,500円~
20Km以内 段ボール20箱以内 11,500円~

※価格は税抜

標準パック 大きな家具や電化製品がある方に最適

標準的な引っ越しのプランで、引越し用段ボールの荷造りと荷解きは、お客様ご自身で行っていただきますが、大型家具や家電類の荷造りは、ケーエー引越センターの専門スタッフが担当します。
スタッフ2名~3名が伺い、段ボール約90個~120個相当の荷物が運搬可能となります。大きな家具や電化製品がある方に最適なプランです。

距離 荷物量の目安 スタッフ 料金
20Km以内 段ボール約90個相当(容積8.4㎥) 2名 14,500円~
20Km以内 段ボール約120個相当(容積10.5㎥) 3名 24,500円~

※価格は税抜

上記のプランは平日の基本料金ですので、積み地や降ろし地、またはお客様の希望などで必要なオプションを加えることになります。 また、繁忙期には特別料金となるために事前に問い合わせれば、丁重な対応で、説明してもらえます。

ケーエー引越センターのサービスオプションと費用目安

ケーエー引越センターには豊富なオプションがあります。この中から必要なオプションを上記のプランに組み込むことで引っ越し費用の全体像がわかります。そして、どの部分が節約できるか検討する指針にもなります。

休日(土曜日) 合計金額に30%加算
休日(日曜日・祝日) 合計金額に15%加算
階段での4Fへの搬出入 2,000円
階段での5Fへの搬出入 5,000円
距離増し(21km~100kmまで) 2,500円(10km毎) 例:31㎞なら25,000円
距離増し(101km以上) 1,500円(10km毎)
横持ち(*車両から玄関までの距離) 10m毎 1,000円
時間指定 3,000円〜5,000円
当日今すぐ便 15,000円
作業員1名追加 10,000円〜

※価格は税抜/参考:https://honbucho.com/plan.html

ケーエー引越センターの見積もり依頼方法

ケーエー引越センターの見積もり依頼方法は、電話と、「かんたん無料WEB自動見積」、そして「しっかり見積もり」が利用できます。 「電話」での見積もりは急ぎの場合などに便利です。親切に対応してくれますので、安心して相談できます。

「かんたん無料WEB自動見積」は、忙しくて時間の無い方や、引越し日、荷物の内容量がまだ決まってない方におすすめです。 また、とにかくざっくりとした概算の見積もり金額を知りたいという方でも、簡単なフォームの入力なので問題ありません。 2トン車に作業員2名で積めるだけ積み込む積みきりパック・プランなどの見積もり料金が、すぐに届きます。

もっと正確に知りたい場合は「しっかり見積もり」があります。 比較的時間がある方や、日取や新旧の住所や荷物量が確定している方におすすめで、決定した内容を入力して頂ければ、より詳細な見積もりがすぐに返信されてきます。 また、荷物量によっては、簡単見積もりの積みきりパック・プランよりも安い見積りになるケースもあります。

しっかり見積もり

引っ越しを機に身軽になろう

引っ越し代金が思ったより高くなる場合、荷物の量が予想以上に多いことがその要因となるが意外と多いのです。例えワンルームのお部屋であっても、長年住んでいると部屋いっぱいに荷物がたまります。 けっして大型家具などはないにもかかわらず、荷造りを始めてみるとケース類やボックス類を始めとしたかさばる荷物が多く出てきます。

引っ越しを機に思い切って身軽になる事をお勧めします。何年も使ってないものは処分し、必要ななものだけを持って新居に行くことにすれば、引っ越し料金も安くなるはずです。

全体のまとめ

家賃を値引き交渉するのは不可能ですが、引っ越し料金を安くする方法はあります。 基本は楽しようとしないことです。少しでも安くするには、自力で情報を多く取り事前に準備することも重要になります。 そして、梱包や荷造りに汗を流すことでその分安くなります。また。他の人とは違う日程や曜日、時間を選ぶことで忙しくなるのかも知れませんが、引っ越し料金が割引されることもあります。

それらの積み重ねで、楽して全て他人任せにするより大幅な節約になるのです。もちろん、様々な理由で全てをこなすことが出来ない場合もあります。それでも諦めずに、少しでも安くおさめるようにするのなら、「ケーエー引越センター」に問い合わせ、もしくはメールで見積もりを依頼してみてください。きっとお役に立てると思います。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり