引越し時の初期費用が払えないときはどうする?対策方法を解説

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越し時の初期費用が払えないときはどうする?対策方法を解説
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越し時の初期費用
払えないときはどうする?対策方法を解説
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

引越しには大きな初期費用がかかります。この点から、引越しをなかなか決断できずにいる方も少なくありません。 特にお金がない方にとっては、この初期費用をどのようにして工面して支払うかは重要な問題です。

また、事情によって急な引越しを貯金なしの状態でしなければならないケースもあります。時間がないなか、引越しの資金を自分で用意するのは困難です。

こちらは、引越しの初期費用の内訳や金額、初期費用を抑えるための対策をご紹介します。現在のアパートやマンションから引越ししたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

初期費用の基礎知識

引越しには初期費用がかかるため、可能であればあらかじめ予算に組み込んでおいてください。 計画的に資金を積み立てておかないと、初期費用が払えない事態も考えられます。

以下では、初期費用の基礎知識についてくわしくお話しします。

初期費用の内訳と相場

まずは、初期費用の合計と内訳、相場について解説します。

利用する引越し会社や引越し先の契約内容によって異なりますが、初期費用の総額として家賃のおよそ6カ月分前後がかかります。主な内訳は「賃貸住宅の初期費用」「引越し費用」「家具家電の購入費用」の3種類です。

以下では、それぞれの内訳について説明します。

賃貸住宅の初期費用

賃貸住宅に引越しする場合は「敷金」「礼金」「前家賃」「仲介手数料」「保証料」「火災保険料」「鍵交換費用」の支払いが初期費用として求められます。

敷金は、大家さんに預けておく担保のお金で、退去時に原状回復費用などを差し引いて返金されます。保証金という名目で請求されることもあります。 差し引かれる費用が敷金を上回る場合、返金はありません。家賃の1~2カ月分が一般的な相場です。

礼金は大家さんへの謝礼金として慣例的に支払いわれている費用です。敷金とは異なり、返金はありません。こちらも、家賃の1~2カ月分が相場です。

前家賃は翌月分の家賃として契約当月中に支払うお金のことです。翌月分の家賃がそのまま請求されるため、家賃1カ月分が発生します。別途、契約当月の家賃の日割り家賃も発生する点にも留意してください。

仲介手数料は、不動産会社へ支払う手数料です。支払う額は、不動産会社によって異なります。相場は、家賃の0.5~1カ月分です。

保証料は契約人に保証会社を利用する場合に必要になる費用です。保証人を立てられる場合は支払う必要はありません。家賃の0.5~1カ月分が相場です。

火災保険の加入は賃貸住宅の契約で必須となり、2年契約で2万円ほどの火災保険料が発生します。

鍵交換費用はセキュリティの観点から鍵を交換するために必要となり、相場は1~2万円ほどです。

以上が、賃貸契約に発生する初期費用です。通常は、賃貸契約を締結する際に、不動産会社へ一括で支払いいます。

引越し費用

引越し業者を利用した場合は、料金が発生します。内訳は、運賃、人件費や子運防止剤日、交通費などを含む実費、附帯サービス料の3主です。運賃は、車種によって異なるケースがあります。

利用する引越し業者によって料金に差があるため、確認が必要です。荷物の量や移動距離、引越しの時期によって料金は変わってきます。

家具や家電の購入費用

必須ではありませんが、家具や家電を買い替える場合、その費用も予算に組み込む必要があります。

部屋の間取りや、引越しのライフスタイルの変化によって、買い替えの必要があります。 また、古い家電の場合は、引越しを機に新しく買い替えたほうが電気代の節約につながることがあります。

大型の家具や家電や処分にも費用がかかるため、注意してください。

家賃の目安

家賃は新生活が始まってから継続的に発生する費用です。一度引越しするとすぐには引越しできないため、家賃の支払いに無理がないように慎重に家を決める必要があります。

一般的には、月々の給料の手取りの25~30%ほどが目安です。ただし、給料の30%を家賃として毎月支払っていく場合、生活が厳しくなる可能性があります。 家賃や生活費を支払うと残額がギリギリとなりやすく、趣味などにかける費用が捻出しにくいためです。

引越しの初期費用が払えないときの対策1:支払い方法の変更

引越しには多くの初期費用がかかるため、そのために引越しを先送りにしている方も少なくないはずです。

初期費用が払えない場合の対策としてまず案内したいのが、支払い方法の変更です。 具体的には分割払いやローンの利用などが挙げられます。

分割払いにする

引越しの初期費用は、現金で一括払いするのが一般的です。 しかし、一部の大家さんや管理会社、不動産会社は初期費用の分割払いや後払いを認めています。 必ず承諾されるとは限りませんが、初期費用の支払いが負担になっている場合は、相談してみるのも選択肢のひとつです。

また、クレジットカード払い¥が認められている場合は、リボ払いなどクレジットカード会社のサービスを利用して分割払いができます。 ただし、分割払いには金利がかかることを覚えておいてください。一度に発生する金銭的負担は軽くなりますが、利息の発生により支払いの総額は一括払いと比較して大きくなります。

ローンを利用する

ローンや融資を利用すれば、引越しにかかる費用を一時的に借りることができます。 銀行のフリーローンや引越し用のローン、クレジットカード会社が提供しているカードローン、消費者金融のサービスなどが代表的です。 最短、即日で現金が手に入ります。利用には必要書類を提出し、審査を通過しなければなりません。

また、分割払いと同じように金利がかかる点には注意が必要です。 また、借り入れの際は、限度額に気を付けてください。返済用意が必要なことも注意点です。返済額によって新生活が苦しくなってしまうことも考えられます。

引越しの初期費用が払えないときの対策2:出費の節約

初期費用を節約して、予算内に収めるという選択肢もあります。節約の方法を賃貸物件の初期費用、引越し費用、家電家具の購入費用に分けて考えてみます。

賃貸物件の初期費用を抑える

家の選び方しだいでは、賃貸物件の初期費用を抑えることも可能です。

家賃を安く抑える

初期費用は家賃に応じて高くなる傾向にあるため、家賃が安い物件を選ぶことで初期費用を大幅に抑えることができます。

ただし、家賃を低くしようとするほど、選択肢が少なくなり、一般的に条件は悪くなっていきます。妥協できる条件とできない条件を洗い出し、物件を選びなおしてください。

初期費用の安い物件を探す

初期費用が安い物件があります。 敷金・礼金が無料の物件が紹介されていれば、初期費用を少し安くできるため狙い目です。一定期間の家賃を無料にしているフリーレント物件もあります。

仲介手数料は不動産会社に支払う手数料ですが、条件によっては割引や無料になるケースがあります。仲介手数料キャンペーンを実施している不動産会社などを探してください。

共同生活を許容できるのであれば、シェアハウスもおすすめです。一般的に敷金や礼金が無料となっており、安い家賃で借りられます。

特定優良賃貸住宅を検討してみるのも選択肢のひとつです。特定優良賃貸住宅とは、家賃の一部を国や地方自治体が助成金を補助してくれる公的賃貸住宅の制度のことです。 家賃補助によって新生活も楽になるはずです。保証人不要で初期費用も安いことが一般的となっています。ただし、世帯年収に上限があるため、条件に該当しているか確認が必要です。

引越し費用を抑える

引越し会社に支払う費用を抑えることもできます。

引越し会社の相見積もりを取る

まず、引越し会社を選ぶ際は、複数の会社に相見積もりを取ってください。

引越し会社によって費用に差があるため、それぞれの料金を比較して安い業者に相談してください。 他社の見積もり料金を申告すれば、値下げ交渉の応じてくれるケースもあります。

引越し費用が高くなるタイミングを避ける

各社が設定する引越し費用は、引越しの需要に応じて変化します。引越し需要が高い時期を避けることで、費用を抑えることも可能です。

費用が高くなりやすい、避けたほうが良いタイミングとして、繁忙期となる3~4月が挙げられます。 この時期は一般的に、入学、就職、転職などにより新生活が始まりやすいため、引越しの需要が高まります。 また、土日祝日なども、平日学校や仕事に行っている人の引越しが集中するため、可能であれば避けたほうが無難です。

また、月末は二重家賃を支払うリスクがあるためおすすめできません。加えて、午前中は午後から夕方にかけた荷解きができ、その日のうちに引越し作業を終わらせられるため、人気が集中します。

荷物の量を減らす

荷物の量が多いと車両の積載量が多くなり、必要な作業員が増えます。人件費を減らすため、極力荷物の量を減らしておくのがおすすめです。

家具家電の購入費用を抑える

少しでもコストを下げるため、新しく購入する家具家電についてはよく検討してください。

フリマアプリやネットオークションなどを利用する

フリマアプリやネットオークションを利用すれば、一般的に新品を購入するよりも安く入手できます。古い家具や家電を処分したい場合にも、こうしたサービスを利用するのがおすすめです。

家具家電付きの物件を選ぶ

家具家電付きの物件もあります。新たに購入する必要がないため、費用を抑えたい場合は狙い目です。また、入居前に部屋に入る家具や家電のサイズを確認しなくて済むため、手間がかからないというメリットがあります。

引越し費用を抑えるならケーエー引越センター

ケーエー引越センターは、引越し費用を抑えたい一人暮らしの方に最適なサービスを提供しています。お気軽にお申し込みください。

ケーエー引越センターがリーズナブルな理由

ケーエー引越センターは、コストカットを徹底することで、首都圏の単身者向け引越しで業界最安値を実現しています。

梱包資材など各種サービスをオプション化しているため、必要なサービスだけを選んでいただくことが可能です。 訪問見積もりを行わず、人件費をカットしている点もポイントです。

作業効率を向上させるために、サービス提供エリアを首都圏に絞っています。また、中間コストをカットするために、下請け業者を利用していません。

車両についても、質の高い中古トラックを厳選して仕入れるなど、取り組みを行っています。

ケーエー引越センターの料金プラン

ケーエー引越センターの利用プランをご紹介します。

爆安75パック

爆安75パックは、7,500円(税込)~のプランで、場合によっては宅急便よりも安く引越しができます。

利用に際しては、条件があります。荷物量はダンボール20箱以内、引越しエリアは東京23区内および近接エリアに限定させていただきます。また、1回階玄関から1階玄関までのドア・ツー・ドアの運搬サービスであり、お客様にお手伝いをお願いしております。

超節約パック

超節約パックは、10,500円(税込)~のプランです。

引越しエリアを同一区内、隣接区、もしくは20km以内に、荷物量をダンボール50箱以内に限定する代わりに、お安くサービスを提供します。また、対応する帯同スタッフは1名のため、お客様にお手伝いいただく点をご了承ください。

標準パック

標準パックは、13,500円(税込)~のプランです。

対象エリアは、同一区内、隣接区、および20km以内となります。荷物量はダンボール90箱以内となりますが、追加料金のお支払いで最大120箱まで運ぶことも可能です。お荷物が多い方に最適なプランとなっています。

引越しの初期費用が払えない場合も工夫して安く引越ししよう

貯金がない、あるいは足りないといった事情から引越しを先送りにしていませんか? 初期費用が予算オーバーだからといって、引越しをあきらめる必要はありません。

今回ご紹介したような工夫で初期費用を抑えることができます。もしお安い引越し業者をお探しであれば、ケーエー引越センターにご相談ください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる