とにかく安い引越しを実現する方法|首都圏で最安クラスの業者は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント とにかく安い引越しを実現する方法|首都圏で最安クラスの業者は?
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

とにかく安い引越しを実現する方法や、
その注意点について解説します

「とにかく安い引越しを実現したい」
「引越し費用を安くする方法ってある?」
「安心・安全で安価な引越し業者を知りたい!」

できることならば引越し費用を抑えたい、そう思うのは当然のことです。しかしどうやったら安く引越せるのか、その方法を知る人はあまりいません。
今回は引越しをとにかく安くしたい方向けに、費用を抑えるコツや方法、実際に安い引越し業者をご紹介します。

とにかく安い引越しを実現する方法(1)タイミングを選ぶ

費用が安くなりやすい時期を選ぶ

引越し費用をなるべく安くするならば「引越し時期のタイミング」を意識しましょう。
一般に引越しの需要が高まりやすいタイミング、たとえば3~4月の引越しシーズンや土日祝日、月末月初などは依頼者が集中しやすく、費用も高くなる傾向にあります。

とにかく安い引越しをするならば上記のようなタイミングを避けるべきです。実際に引越し費用が安くなる、落ち着くタイミングとしては以下のものがあります。

5~2月:新生活の引越しシーズン以外は比較的落ち着きやすい
平日:土日祝日などの休日はサラリーマン世帯や学生の需要が多いので避ける
月の中旬:引越し時の家賃二重払いを防ぐ目的で月末月初は需要が高め
仏滅など縁起が悪いとされる日:大安などの縁起のよい日は引越し需要が増えやすい

このような時期は大手・中小問わずどの引越し業者も費用が抑え目になります。引越し時期にある程度融通をきかせられるならば、ぜひこれらのタイミングを選んでみましょう。

費用が安くなりやすい時間帯を選ぶ

時期だけでなく、時間帯によっても引越し費用が違ってきます。 とにかく安く引越しをするならば、迷わず「午後便」か「フリー便」を選ぶようにしましょう。

午後便はその名の通り引越し作業が午後以降にスタートします。業者によっては夕方便・夜便と呼ばれるものもあるようです。 遅い時間帯であるほど依頼者が減るので費用も安くなる傾向にあります。

フリー便は引越し作業時間を依頼者の都合で決めることができず、業者側の作業スケジュールの隙間に組み込まれます。 実際にどの時間帯になるかは、ほとんどの業者で遅くとも前日までに連絡がきます。 引越し業者側としては業務効率をアップさせられますし、依頼者としても融通をきかせた分、費用を割安にすることができます。

ちなみに、とにかく安い引越しを目指したいならば午前中便はおすすめできません。 「午前中のうちに引越しを終えたい」「午後からはゆったりしたい」という方も多く、依頼が集中するため費用が高くなりやすいからです。

とにかく安い引越しを実現する方法(2)荷物量を減らす

荷物量を減らして安いプランを利用する

引越し料金は運搬する荷物量によって大きく変わります。 とにかく安い引越しを目指すならば、荷物量を減らし、安いプランを選びましょう。
荷物量が少なければトラックサイズを小さくでき、作業員も少なくて済みます。車両にかかる費用や人件費を抑えられるので明らかに価格を安くできるでしょう。

また、荷物量が少なければ「単身パック」「ミニ引越し」などの割安プランを利用できる可能性が出てきます。 また、家具などがなければ比較的安価な宅配便やレンタカーによる自力引越しという選択肢も出てくるでしょう。

このように、荷物量を減らせば引越し料金は安く抑えることが可能です。

不要な荷物は売却する

荷物を減らすためには「不用品を売却する」というのもよい方法です。 いらないものを捨てるとなると、引取り料金などで逆に費用がかかるかもしれません。

しかし売れるものは売ってしまう、という考え方ならば逆にお小遣いくらいは稼げる可能性があるのです。 「服」や「本」は売りやすくて荷物量を減らしやすいアイテムです。フリマアプリやネットオークションでも売却しやすいので不要ならばぜひ売ってしまいましょう。

大型家具や家電を処分して、転居先で購入する

旧居で使っていた大型家具や家電は処分し、新居で新たに購入したほうが安くつく可能性もあります。 エアコンや洗濯機など一部の家具・家電は引越しの基本費用とは別に設置・取り付けオプションとして料金がかかる可能性があります。

さらに、古い家電は電気代がかかりやすく、新規に購入したほうが性能もよくてランニングコストを抑えられるかもしれません。 新規購入費用プラス古い家電の処分費用と、引越しのオプション料金を比較してどちらが将来的にお得になるかを検討してみてはいかがでしょうか。

また、処分することを選択した場合は、家電量販店の引取りや自治体の粗大ごみ回収だけでなく、リサイクルショップの買取りサービスも検討してみてください。 大幅な利益こそ見込めないかもしれませんが、査定によっては無料引取りや新規購入費用の足しになる利益が出るかもしれません。

とにかく安い引越しを実現する方法(3)業者や手段を選ぶ

一括見積もりサイトを利用する

一括見積もりサイトを活用すれば引越し業者選びも簡単で、安い業者も見つかりやすいです。 見積もりサイトはいくつかの条件を入力するだけで、一気に複数業者の料金比較をすることができます。

料金だけでなく、サービスの種類や口コミなどで並び替えができるサイトもあるのでさまざまな視点から比較してみましょう。 ご自身の荷物量や移動距離などの条件から最安になる引越し業者を選んでみてください。

軽貨物運送業者を利用する

安い引越しを実現するならば軽貨物運送業者の利用も検討の価値があります。 引越し業者とは違い、軽トラックなどを使って軽貨物を輸送する業者でスタッフも基本的には1人。そのため、料金がリーズナブルに収まりやすい傾向にあります。

費用を安く抑えやすい反面、引越しのプロではなく個人事業主であるためサービスの質はまちまちというのが特徴です。 また、使用車両は軽トラックやそれに準ずるサイズのものなので、積み込める荷物量には限界があります。

そのため荷物量が多い場合は往復運搬で対応することになり、費用が高くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

自分で引越しをする

レンタカーを借りて自力で引越しをするのも引越し費用が安く済みやすい傾向にあります。 費用はレンタカー代+ガソリン代が最も多くかかり、それ以外に梱包用ダンボール代、手伝ってくれた友人らへの謝礼・交通費などです。

長距離引越しの場合はレンタカーを乗り捨てで借りておくと便利です。 ワンウェイ代金を取られますが、戻りのガソリン代や時間が節約できることを差し引くと、それほど多くない必要経費と割り切れることでしょう。

ちなみに自力引越しでは引越し業者と違って事故などで荷物が破損した場合の保証がありません。 また、ご自身はもちろんお手伝いしてくれる友人も、プロではないので時間がかかる、事故が起きやすいなどのデメリットも考えられます。
安さだけでなくそういった点も考慮しておくとよいでしょう。

宅配便を利用する

大型の家具・家電がなくて荷物も少ないならば宅配便で引越しすればとにかく安く抑えられます。 料金は普通の宅配便なのでダンボール10箱程度ならばかなり費用は安くなるでしょう。

ちなみに、宅配便の料金はダンボールサイズ、重さなどによって決まっています。 また、あまりに大きい・重たいものは運んでくれない可能性もあるので事前に確認し、自分自身で簡易的に見積もりを出しておきましょう。

首都圏でとにかく安い引越しを実現できる『ケーエー引越センター』

ケーエー引越センター

とにかく安いケーエー引越センターの料金プラン

とにかく安い引越し業者!として評判なのがケーエー引越センターです。 さまざまな効率化を図っている業者で、業界でも最安クラスの引越し料金を実現しています。

プランやパックによってはレンタカーや宅配便利用よりも安く引越しができるのでお得です。

もちろん安いからといって手を抜くことはありません。下請けを使わず「全員がプロの引越しスタッフ」なので安心感も抜群です。安さと安心を兼ね備えているという点ではかなりおすすめです。

● 爆安75パック

とにかく安く!できれば爆安で!という方におすすめなのが『爆安75パック』です。 その名の通り「パック料金7,500円」で、業界最安クラスのケーエー引越センターの中でも最も安い引越しパックとなっています。

使用車両は小さなロイヤル号でスタッフは1人、作業時は依頼者がお手伝いをすることになりますが、荷物が少ないならば「とにかく安い引越し」を実現するのに最も近いパックと言えるのではないでしょうか。 爆安75パックの具体的な適用条件は以下です。

ダンボール20箱以内(資材は自分で用意)
東京23区内または近接エリア間の運搬
1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア
依頼者の手伝い必須

この条件の範囲内であれば検討してみる価値は大いにあるといえるでしょう。

● 超節約パック

レンタカーよりも安い!しかも安心!という夢のようなプランが『超節約パック』です。 とにかく安く引越したいけど自力引越しは不安、手伝いの友人が捕まらなかった、という場合は迷わずこのプランがおすすめです。

プロの引越しスタッフが担当するので安心感がありますし、料金は10,500円~と超節約価格。 レンタカーを借りて自分で頑張る労力を考えたら圧倒的にお得と言えるのではないでしょうか。

具体的な料金は以下。

「同一区内・隣接区への引越し」「ダンボール50個相当」なら10,500円~
「20km以内の引越し」「ダンボール50個相当」なら11,500円~

適用条件はこちらです。

平日であること」
低層階から低層階へのお引越しであること
依頼者が運搬を手伝う

多少の手伝いが必要ですが、荷物が少ないならば検討してみたいプランです。

● 標準パック

単身などの荷物の少ない引越しはもちろん、ご家族の引越しにも対応できるとにかく安いプランが「標準パック」です。
近距離の引越しであれば、ダンボール120箱相当までプラン料金で対応可能で、ケーエー引越センターでも一番人気のプランとなっています。

具体的な料金はこちら。

「同一区内・隣接区」「ダンボール90個相当」であれば13,500円~
「20km以内」「ダンボール90個相当」であれば14,500円~
「20km以内」「ダンボール120個相当」であれば24,500円~

適用条件は以下になります。

「平日であること」
「低層階から低層階(ドア・ツー・ドア)であること」
「荷造り・荷解きはご自身で」

引越しに必要な最低限のサービスがしっかり詰まっていて必要があれば格安のオプション追加も可能。 荷物がそれなりにあるけど、とにかく安く引越したいという方はケーエー引越センターの標準パックがおすすめです。

ケーエー引越センターの費用がとにかく安い理由

ケーエー引越センターがなぜこれほど安いのか、その裏にはたくさんの企業努力が隠されています。 ケーエー引越センターでは大手引越し業者では当たり前となっている下請けを使いません。

中間マージンをカットするとともに、全員がケーエーのスタッフということでサービスの安定化も図っています。 人件費という意味では訪問見積もりを排除し、見積もりスタッフのコストカットにも成功しています。

業務用のトラックやそのメンテナンスにも企業努力が見られます。 実はケーエー引越センターは中古車の仕入れ業務を行っており、専用のトラックを安く仕入れています。 また、1円の安さにこだわり、地域で最も安いセルフスタンドで給油してランニングコストのカットにも成功しているのです。

他にも不要なサービスをカットしオプション化、首都圏特化で作業効率を高めて隙間なく引越し業務を行うなどの工夫も。 このようにとにかく安い引越しのために、ケーエー引越センターは努力し、そして成功しているのです。

知識と工夫があれば引越し費用はとにかく安くできる

今回はとにかく引越しを安く済ませるためのコツや安い業者の選び方をご紹介しました。

安い引越しプランを選んで事前に準備しておけば費用は抑えられる
軽貨物運送業者、宅配便、レンタカーなどを使えば安く引越せる
荷物は少ないほど安いので売却や処分をしておく

こうしたコツを覚えておけばとにかく安く引越しを済ませられるでしょう。
また、業界最安クラスのケーエー引越センターならば驚くくらいに安いプラン、パックがあります。このような業者を活用してぜひ安い引越しを実現させてください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる