生活保護を受けていても引越しできる?手続き(申請)の流れと注意点

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 生活保護を受けていても引越しできる?手続き(申請)の流れと注意点
引越しアドバイス
引越しアドバイス
生活保護を受けていても引越しできる?
手続き(申請)の流れと注意点
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。 引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「生活保護の引越し」についてご説明しますね!

生活保護受給者でも引越しはできるのか、引越し費用の支給はされるのか、引越し費用を申請する手続きの流れや注意点などについて解説していきます。 さらに、多くの生活保護受給者の方に選ばれているお得な引越し業者もご紹介していきます。

生活保護を受けていても引越しはできる?

生活保護とは、健康的で文化的な最低限度の生活を保障することを目的として、経済的に困窮する方に金銭を支給する制度です。

生活保護を受けている方が、さまざまな事情により引越しをしなければならない場合、果たして引越しは可能なのでしょうか。

生活保護受給者の引越しまでの流れや手続き・申請について解説していきます。

条件に当てはまれば引越しは可能

生活保護受給者であっても、条件さえ当てはまれば引越しすることが可能です。 家賃の値上げや離婚、建物の取り壊しといった正当な理由があれば、引越しにかかる費用を支給してもらうことも可能です。

引越し費用の支給については「住宅扶助」という制度によって各自治体により支給金額の上限が決められています。 引越し業者に支払う費用・家賃・敷金など、決められた範囲内で全額またはその一部が支給となります。

ただ注意点として、急な引越しとなり違約金などが発生した場合、その退去費用については支給されません。 なるべくそういった退去費用が発生しない形で引越しを進めるようにしましょう。

引越しする際の流れ

STEP1:ケースワーカーに相談し、役所の許可を得る

生活保護受給者の引越しは、まず引越しが可能かどうか、可能となる条件は何か、などを福祉事務所のケースワーカーに相談することからスタートします。

条件面がクリアーだと判断できたならば、役所の生活福祉課などに出向き、引越しの許可を得ましょう。

STEP2:物件および引越し業者を探す

役所の許可を得られたら、引越し先を探していきましょう。

不動産会社によっては、生活保護受給者を受け入れてくれる物件を取り扱っていない場合もあります。 そのため、事前に確認をするのはもちろん、不動産会社を何件か回れる時間的余裕を持つことが大切です。

物件が無事に決まったら引越し業者を探していきましょう。なるべくリーズナブルな業者を探せればベストです。

STEP3:住宅扶助を受け取り、引越しする

引越し先となる新居、作業をしてくれる引越し業者が決まったら見積書をまとめます。 見積書はケースワーカーに提出し、許可をもらったら住宅扶助の費用を受け取る流れになります。

引越しにかかわる費用を受け取ったら、大家さん・管理会社との賃貸借契約や引越し業者との契約を正式に結び、支払いをしていきましょう。

生活保護を受けながら引越しする際の注意点

生活保護を受けつつスムーズに引越しをすすめるために、必要となる申請手続きや引越し業者を選ぶ際のポイント・タイミングなど、注意しておきたい点をご紹介します。

別の市区町村に引越しする場合は改めて生活保護申請を行う

引越し後も滞りなく生活が送るためには、転居先エリアにある役所にて改めて生活保護の申請が必要です。 もちろん引越し後に生活がガラリと変わり、生活保護の必要がなくなるというのであればかまいませんが、そうでなければ必ず申請を進めてください。

ちなみに、住宅扶助を受けて引越しをする場合は手続きがスムーズに進みやすくなります。転居元の役所から生活保護受給者に関する資料を転居先の役所に送付し情報共有しているためです。

複数の引越し業者から見積もりを取る

住宅扶助により引越し資金を役所から支給してもらうためには、「引越しに必要な費用」として正式に認めてもらわなくてはいけません。

そのため、複数の引越し業者に見積もりを出してもらう「相見積もり」をして、最も安い業者を選ぶようにしましょう。 相見積もりには一括見積りサービスを利用すると、時間や手間がかからずおすすめです。

ちなみに引越し業者の見積書はケースワーカーに提出する形となります。

引越し業者の繁忙期は避ける

住宅扶助として役所から支給される引越し費用には上限があります。 それほど多い金額ではないため、超過しやすく超過分については自腹で支払わなくてはいけません。そのため、引越し料金はなるべく安い方が良いです。

このような理由から、引越しする時期は3月~4月の引越し需要が高くなるハイシーズンを避けるべきであるといえます。引越しシーズンはどの引越し業者も費用が割高になるためです。

繁忙期以外であっても引越し料金が高くなるタイミングがあります。 たとえば、土日祝日・月末・大安などの演技の良い日・午前中などは割高になりやすいので、できる限り避けるようにしましょう。

不要な荷物は処分する

引越し料金は運び出す荷物量によって大きく左右されます。

荷物量が多ければ多いほど作業量も増えて人件費がかかり、運搬用の車両も大型にしなければならないため料金が高くなります。 そういった理由から、不用品についてはできる限り処分してしまいましょう。

また、不用品をリサイクルショップやフリマアプリなどで売却できれば、引越し資金や新生活用の資金として利用できる副次的なメリットもあります。

生活保護受給者も引越し可能な『ケーエー引越センター』の特徴

ケーエー引越センター』は多くの生活保護受給者の方に選ばれている引越し業者です。 なぜ『ケーエー引越センター』なのか、その理由や特徴、お得なプランについてご紹介します。

生活保護受給者の引越し実績多数

首都圏の単身引越しで業界最安クラスを誇る『ケーエー引越センター』は、これまでに多くの生活保護受給者の引越しに対応してきました。 リーズナブルさはもちろん、柔軟な対応力と訪問見積もりなしという気軽さが選ばれている理由です。

生活保護受給後の初めての引越しでも安心して利用できます。

首都圏の単身引越しは業界最安値クラス

『ケーエー引越センター』は首都圏の単身引越し業界最安クラスで、生活保護受給者の引越し会社として選ばれています。 格安料金を実現できている理由は徹底したコストカットと独自の料金設定にあります。

『ケーエー引越センター』では引越しに必要最低限のサービス基本として、梱包資材代など付加的なサービスについてはすべてオプション化しています。 そのため、依頼者自身が必要と思うサービスを選ぶことができ、引越し料金をスリム化することが可能です。

また、訪問見積もりを行っていないため、人件費・車両維持費・駐車場代などのコストを削減。下請け業者を使わず自社スタッフのみで作業しているので無駄な中間コストのカットにも成功しています。

このように『ケーエー引越センター』では、さまざまな工夫・努力を通してコストカットを行い、リーズナブルな価格を実現しています。

爆安75プラン(7,500円)

『ケーエー引越センター』の中でも『爆安75プラン』は最も安い引越し料金プランです。 7,500円のみなので、場合によっては宅配便利用よりも安く引越しできます。

爆安75プランの利用は以下の条件内である必要があります。

・ダンボール20箱以内の荷物量
・同一区内、または隣接する区へのお引越し
・1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬
・利用者の手伝いが必要

これらの条件内であれば7,500円で引越しが可能です。 役所から支給される金額内または自腹で支払うお金を最小限に抑えられますので、ぜひ検討してみてください。

超節約プラン(1万500円~)

超節約プラン』は荷物量がやや多くなる人向けのリーズナブルな引越し料金プランです。 1万500円から利用できるため、レンタカーを借りた自力引越しよりも安く引越しすることも可能です。

また、プロが引越し作業をサポートするので、慣れない作業での疲労や怪我、大型車運転による事故といったリスクがなく、安心して引越しを進められます。

「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」がお得な料金プランを適用する条件です。リーズナブルかつ安全・安心に引越しを進めるならばぜひ検討してみましょう。

標準プラン(1万3,500円~)

リーズナブルな『ケーエー引越センター』の中で最も人気となっている引越料金プランが『標準プラン』です。生活保護受給の利用者もたくさんいます。

その名の通り、リーズナブルながら標準的な引越しを実現してくれるプランで、大型家具・大型家電の荷造り・養生などはプロのスタッフが率先して行い、2t車で十分な量の荷物を運び出すことが可能です。

「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」という条件を満たすことができれば、1万3,500円から利用できます。ぜひ検討してみましょう。

生活保護受給者の引越しは手続きと引越し業者選びが大切です

生活保護を受けていても引越しすることは可能で、正当な理由があれば家賃・敷金・引越し料金なども全額または一部支給されます。 ただ、住宅扶助を受けるためにはケースワーカーと相談し役所の許可を得なくてはいけません。

また、支給額には上限があって超過分は自腹となりますので、引越し業者はなるべく安いところを選ぶのがおすすめです。 費用を抑えるために、不用品の処分をして事前に荷物量を減らすなどの工夫も行いましょう。

『ケーエー引越センター』は首都圏の単身引越し最安クラスの引越し業者として、多くの生活保護受給者に選ばれています。 徹底したコストカットによるリーズナブルな価格設定、安心・安全な作業などが選ばれている理由です。

生活保護を受けていて引越し予定があるならば、ぜひ『ケーエー引越センター』をぜひご検討ください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる