自分で引越しをするメリットとデメリット|お得な業者はある?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 自分で引越しをするメリットとデメリット|お得な業者はある?
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

自分で引越しをするメリットとデメリット
お得な業者はある?

「自分で引越し作業をすれば安いって本当?」
「自力引越しのメリット・デメリットを知りたい!」
「自分でやるより業者に頼むほうがお得になる?」

引越し費用をなるべく抑えたいと考える方にとって「自力引越し」は選択肢のひとつになります。 確かに引越しにかかる費用は少なくすむ傾向にありますが、その分だけ労力や時間がかかる面も。

果たして、総合的に見て本当に自力引越しはお得なのでしょうか。
今回は自分で引越しをするメリット・デメリット、準備する際のコツ、自力引越し並みにお得な業者の紹介をいたします。

自分で引越しをするメリット・デメリット

メリット

引越し費用を安く抑えやすい

自力での引越しは引越し業者に頼むよりも費用を安く抑えやすい傾向にあります。

自分で引越しをする場合に必要となる費用はレンタカー代、手伝ってくれた友人・知人への謝礼や交通費・お食事代、荷物を詰める梱包代などです。 その他、必要があればガソリン代や高速道路代などもかかってくるでしょう。

これらを合計しても大手引越し業者と比べれば、プロを雇うよりも安く抑えられやすいのです。

自分に都合の良い日時で引越しできる

自分の都合で引越しができる点も自力引越しのメリットと言えるでしょう。 引越し業者は時期によっては忙しくて予約が取れない場合もあります。 特に3~4月の繁忙期や土日祝日などは依頼者も殺到するのでかなり前から予約していないと、希望日に引越すのは難しいでしょう。

また、もしできたとしても繁忙期の引越しは割増料金がかかる傾向にあるので、費用面では微妙とも言えます。

一方、自力引越しならば繁忙期などは関係ありません。レンタカーや手伝ってくれる友人らさえ確保できてしまえばいつでも好きな時期に引越しができます。 しかも、かかる費用はいつでもほぼ一定です。

プライバシーが守られる

自分での引越しはプライバシーを気にする方にとってもよい手段と言えます。 引越し業者に頼んだ場合、どうしても家の中や荷物をスタッフに見られてしまいます。

また、訪問見積もりを頼んでいる場合は汚い家の中を見られてしまう…という不安を感じる方もいるでしょう。 1人暮らしの女性の引越しだと防犯上の理由からあまり人を家に入れたくない、住所を知られたくないということもあります。

自力であればこういった心配は一切ありません。

デメリット

家や荷物を壊すリスクが高い

自力引越しの場合、荷物を運搬するのはご自身や手伝いの友人らです。 もちろん引越しのプロではありませんので、運搬作業に慣れておらず家やマンションの共用部に傷をつけたり、荷物を落下させて破損させてしまったりなどのリスクが高くなるでしょう。

もちろんこういった場合、修理費を出すのは引越しをするご自身となります。

引越し業者に依頼すれば、作業するのはプロですから上記のようなミスはほぼありません。また、万が一の場合に備えて保険に入っていますので、修理費用なども心配ないでしょう。

当日の作業が多く、手間がかかる

引越し当日はとにかくやることが多く、手間がかかります。

最低限やるべきことをまとめると、荷物の搬出・搬入・積み込み・積み下ろし、レンタカーの運転・返却、荷造り・荷解きがあります。
特に荷物を運び出す作業はかなりの重労働で、たとえ荷物量が少なかったとしても素人がやるには筋力体力ともに必要となるでしょう。

また、マンションなどの集合住宅の場合は共用部に養生をしなくてはいけない場合があります。 管理規約によっては養生をしない引越しは規約違反となる可能性もあるでしょう。

もし規約になかったとしても養生はできる限りしたほうが無難です。 というのも、共有スペースに家具などをぶつけて傷つけてしまうと、修繕費用を請求される可能性が高いからです。 せっかく費用を抑えて自力引越しをしようとしたのに、これでは身も蓋もありません。

こういった手間やリスクを考えるとプロの引越し業者に頼むのも悪くはないと考えられるでしょう。

自分で引越しをするときに必要な準備

車両を確保する

自力引越しをするにはまず運搬用の車両を準備しなくてはいけません。できればバンや軽トラックなど荷物を積みやすいものがよいでしょう。 通常はレンタカー店でのレンタル、もしあればマイカーや友人の車でもかまいません。

車両が確保できたら荷物を積み込むスペースをメジャーなどで計測しておきましょう。運搬できる荷物量の計算と当日の積み込み計画を立てるためです。

引越しを手伝ってくれる協力者を探す

自力引越しとはいえ、大型家具などがあればとても1人では作業できません。 車両の次は手伝ってくれる友人・知人を探しましょう。

最低限、荷物を運搬する人員としては2人以上。大きな家具・家電を運ぶのに必要となります。 また、できれば車両の見張り役もいたほうがよいでしょう。これは引越し時を狙った盗難を防止するためです。

こう考えると、ご自身を含めて4人程度は最低でもいないと引越し作業が回らないと考えられます。全員のスケジュールを合わせておきましょう。

梱包資材を入手する

荷造りに必要な梱包資材も、ご自身で準備しなくてはいけません。 購入するのであれば、ECサイトやホームセンターを活用しましょう。 新品であれば強度も高く、汚れなどもないので大切なものをしまうのに便利です。

もちろんすべて購入ではなく、スーパーやコンビニなどで余ったダンボールをもらってきてもかまいません。 多少強度が落ちてしまい、汚れなどがある場合もありますが、費用を抑えるにはこういったものも使うべきでしょう。

また、エアキャップや新聞紙などもあると便利です。特に食器などの壊れ物は緩衝材がないと運搬時に割れてしまう可能性が高くなります。 せっかく運んだのに壊れて使えない…という悲しい事態を避けるためにも、ぜひ緩衝材もご用意ください。

冷蔵庫と洗濯機の水抜きを済ませる

自力での引越しで、絶対にやっておきたいのが冷蔵庫や洗濯機の水抜きです。 業者での引越しの場合、依頼したタイミングで注意事項として必ず伝えられますが、ご自身のみだと忘れてしまう方もかなりいます。

水が残った状態だと水漏れが起きてしまい、荷物が濡れるなどのトラブルが発生してしまいます。 その結果、レンタカーを汚してしまうなどの危険もあるので必ず水抜きをしておきましょう。

また、冷蔵庫・洗濯機は横にした状態で運搬すると故障リスクがあるためNGです。 どうしても積み込めない、運搬する自信がないという場合は冷蔵庫・洗濯機を含めた大型家具・家電のみを業者に頼む方法もあります。 比較的割安なので検討してみましょう。

大型家具の寸法をチェックしておく

自分で行う引越しで最も難しいのが大型家具の運搬です。

そもそも重いというのも大変な理由ですが、サイズが大きいため廊下や階段、玄関などの狭い部分を通るのが素人では非常に困難となります。 事前に狭い通路・入り口の寸法を測っておき、どうやって運び出すかシミュレーションしておくとよいでしょう。

このような難しさがあるので、分解できる大型家具であればなるべく分解しておくとよいでしょう。作業を簡素化するだけでなく、当日の作業時間を短縮することができます。 分解もできず狭い部分を通すこともできない、そういった家具については吊り上げて搬入・搬出しなければいけません。

もしご自身や協力者にそういった知識があればよいですが、ほとんどはないでしょう。 専用の器具も必要ですのでこちらは業者に依頼する形になります。別途料金がかかりますので事前に計算に入れておきましょう。

荷物を梱包する

自力引越しに限らず、荷造りは引越し前日までには済ませておきましょう。

当日の運搬や新居到着後の荷解きを少しでも楽にするコツは部屋ごとに荷物を分けて梱包することです。 キッチン・寝室・居間などで分けておけば、荷物の確認や運搬時の整理整頓、荷解き後の再配置が簡単になります。

また、梱包する順番としてはシーズンオフの服、いまは読まない本などすぐに使わないものから進めていきます。 最終的には荷物搬出後に旧居の掃除をするのに必要な掃除用具を残して全て梱包していってください。

自分で引越しするよりも安い『ケーエー引越センター』の料金プラン

ケーエー引越センター

ケーエー引越センターの主な料金プラン

超節約パック

自力引越しのほとんどはレンタカーをレンタルして行いますが、実は「レンタカーよりも安い」そんな引越し業者があるのをご存知でしょうか。

ケーエー引越しセンターの『超節約パック』は最安値が10,500円からと非常にリーズナブルです。 しかも引越しのプロがスタッフとして1名派遣され、専用車両のロイヤル号も手配されてきます。

自力引越しは費用が安い点が魅力的な一方で、手間がかかり荷物の破損などのリスクもあります。 むしろ、リスクのせいで想定以上に費用がかかってしまうこともあるでしょう。

ケーエー引越しセンターの『超節約パック』ならばリスクなく、しかも低価格で引越しが可能!ぜひ検討したいプランと言えるでしょう。 超節約パックの適用条件は

●「平日であること」
●「低層階から低層階へのお引越しであること」
●「依頼者が運搬を手伝う」

ということで自力引越しとそれほど大差ありません。必要なサービスはオプション追加もできますのでぜひ検討してみてください。

爆安75パック

超節約パックよりもさらにお安いのが『爆安75パック』です。 こちらはレンタカーどころか「宅配便よりも安い」をコンセプトにしており、自力引越しよりも格段に安く、しかもプロが作業するので安心感がかなり高くなっています。

料金は7,500円ポッキリでロイヤル号とプロのスタッフが手配されますのでかなりお得感が強いです。 適用条件は

●「ダンボール20箱以内(資材は自分で用意)」
●「東京23区内または近接エリア間の運搬」
●「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア」
●「依頼者の手伝い必須」

となっていますので、適合するようであれば頼む価値があります。ぜひご検討ください。

ケーエー引越センターの費用がお得な理由

ケーエー引越しセンターはご紹介したように『爆安75パック』『超節約パック』など驚きの安さを実現しています。 なぜ引越し費用をここまでお得にできるのか、その理由はさまざまな企業努力にあります。

ケーエー引越しセンターではできる限り不要なコストをカットしています。

訪問見積もりなしで人件費削減
必要なサービスはオプション化して基本料金を下げる
下請け業者を使わずに中間マージンをカット
ガソリンはセルフスタンドで給油する

どを行い業界最安クラスの引越し料金を実現しているのです。

また、中古車の仕入れ業務を行っていることから、安くて質の良い引越し専用車両を入手できるという点も大きな特徴です。 格安パックでもしっかりしたトラックを用意してくれるのは、利用者としてはお得感があります。

さらに、荷物の少ない単身者の引越しや移動距離の少ない首都圏に特化しているのもケーエー引越しセンターならではの特徴。 作業効率アップにつながり、多くの注文を受けることができるので引越し料金も安くすることができるのです。

このように格安料金はケーエー引越しセンターのさまざまな企業努力によって裏付けされています。 安かろう悪かろうではなく、安いうえに上質なサービスを受けられるのがケーエー引越しセンターです。

「自力引越しが難しい場合は無理せず業者に依頼を」

費用の関係から自力引越しを検討する方も少なくありませんが、ご紹介したようにメリット・デメリットさまざまあります。

自力引越しは引越し業者に頼むより費用を抑えやすい傾向にある
自分の都合で引越しをすすめることができる
荷物の破損や共用部を傷つけるなどのリスクがある
肉体的疲労が激しく時間もかかりやすい
場合によっては業者に頼むより高くつくこともある

自力引越しを進める前にまずはご自身でシミュレーションをしてみましょう。 費用はもちろん、手間や時間、協力者を集められるかなどを含めて考えてみて、明らかに業者に頼むべきだと思えたらぜひプロにお願いしてみてください。

また、ケーエー引越しセンターならばレンタカーを借りるよりお得!そんなプランもあります。 費用に重点を置いて自力引越しすべきか迷っているならば、ぜひ『超節約パック』なども検討してみてはいかがでしょうか。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる