新卒の引越し費用は会社負担になる?料金を安く抑えるコツ

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しアドバイス
引越しアドバイス
新卒の引越し費用は会社負担?
料金を安く抑えるコツ
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「新卒の引越し費用は会社負担される?」「新卒引越しではどれくらいの費用がかかる?」「新卒の引越しをなるべくお得にするコツを知りたい!」

新卒で社会人になる場合、実家から出て新たに一人暮らしを始める方が多いことでしょう。 新たな生活が始まるということでワクワクしている反面、引越しにかかる費用がどれくらいかかるのか疑問や不安を感じている方も少なくないのではないでしょうか。 また、新卒の引越し費用は会社から負担されるのか、または何らかの補助が出るのか気になる方も多いはずです。

今回は新卒での引越しでかかる費用や会社からの負担有無、費用をなるべく安く抑えるコツをご紹介します。最安クラスの引越し料金を誇る業者あわせてご紹介しますのでぜひご覧ください!

新卒の引越し費用に関するよくある疑問

新卒の引越しにはどのような費用がかかるのか、また会社からの負担・補助があるのかなどをご紹介していきます。

新卒の引越しにはどんな費用が必要?

新卒の引越しには新居に移り住むための引越し費用だけでなく、さまざまな費用がかかります。

たとえば賃貸物件の初期費用として、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料・鍵交換費用などが必要になります。これらを合計すると、家賃の5~6ヶ月分になるのが一般的です。

また、新卒で一人暮らしをスタートさせる場合は家具・家電の購入もする必要があるでしょう。 生活必需品となる冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・ベッド・テーブル・カーテンなど、さまざまなものの購入費用を用意しておきましょう。 家具・家電店では新卒者向けセットとして比較的安く販売している場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

新卒の引越し費用を安く抑えるコツ

新卒の引越し・新生活にはさまざまな費用がかかります。できる限り引越し費用を抑えるためにはどうしたらいいのか、そのコツをご紹介します。

少しでも引越しが安くなる日にちや時間帯を選ぶ

引越し費用は安く抑える最大のコツは「繁忙期を避ける」ことですい。 しかし、新卒の引越し時期はどうしても引越しシーズンである3~4月になってしまうため、通常期と比べると高くなる傾向にあります。

そんな中でも、引越し需要の高い日時を避ければ、かなり引越し費用を安くできます。一般的に土日祝日・月末・大安などの縁起の良い日は需要が高く料金も高くなります。 また、午前中引越しも需要が高いため料金が加算されることでしょう。

就職前であればある程度時間を自由に使えるので、上記のような日時を避けて引越しを行いましょう。 場合によっては1万円単位で安くなることもあります!

引越し業者を早めに予約する

実は早めに日にちを決めて引越し業者を予約すると料金が割引されることがあります。 逆にギリギリの予約・依頼となると引越し料金が高くなることが多いのでおすすめできません。

引越し予約の受付は業者によって可能日が異なります。 一般的な引越し業者では2~3ヶ月前から受け付けているので、勤務地が確定していて引越し予定があるならばぜひ事前予約をして費用を安く抑えましょう。

運ぶ荷物を少なくする

運び出す荷物量は引越し料金に大きく影響します。

荷物量が多いと作業スタッフを増員や使用するトラックが大型化することから、人件費やガソリン代等の経費がかかります。 それが引越し料金にも反映されるため、高額料金になってしまうのです。

引越し費用をなるべく安く抑えるならば、できる限り荷物のスリム化を図るようにしたいものです。

都内で引越しを検討中の新卒者におすすめの「ケーエー引越しセンター」

ケーエー引越しセンターの魅力

首都圏の単身引越しなら業界最安クラス!と言われているケーエー引越センターは、新卒者引越しの大きな味方となる存在です。

荷物量が少なければ7,500円から引越しできるプランがあるので、首都圏に就職する新卒学生さんにはかなりおすすめの業者といえるでしょう。 ケーエー引越センターがなぜ安いのか、その理由はとてもシンプルで「徹底したコストカット、効率化」を行っているためです。

訪問見積もりをカット
下請けを使わず中間コストをカット
稼働エリアを絞り効率化
サービスをオプション化してスリム化
ダンボールや養生など細かいサービスはオプション化

たとえば訪問見積もりは専門スタッフを依頼者の自宅に派遣する必要があるため、人件費や移動に使う車のガソリン代などがかかります。

訪問見積もりをなくすことでコスト削減はもちろん、引越しをスムーズに進めて効率化を図れます。このような努力の積み重ねが格安料金につながっているのです。

また、ダンボールなどの梱包資材や養生、時間指定などはオプション化することで基本料金を安く抑えています。 依頼者は自分でオプションをカスタマイズできるので、必要なものだけを利用して無駄な費用を省けるというメリットがあるのです。

このような理由から、新卒者向け引越しならば徹底したコストカットとカスタマイズ性で低料金を実現したケーエー引越センターがおすすめです。

ケーエー引越しセンターの主な料金プラン

爆安75パック

ケーエー引越センターでもっとも安い「ダンボール20箱以内なら7,500円」という価格を実現したプランです。この荷物量であれば宅配便よりも安く利用できるでしょう。 荷物の少ない引越しであればぜひ検討したいところです。

爆安75パック』には、ダンボールは自分で用意・対応エリアがある・旧居1階玄関から新居1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬といった適用条件があります。 これらに合致するかどうかを確認し、納得できたならばぜひ試してみましょう。

超節約パック

やや荷物量があり、レンタカーの自力引越しより安く済ませたいならばこちらのプランがおすすめです。

ダンボール50箱以内であれば10,500円から引越しできます。もちろん熟練のプロが派遣されますので、自力引越しと比べて労力はかからず、安全・スピーディーに引越しを進められます。

適用条件は、ダンボールを自分で用意・梱包、対応エリアあり・ドア・ツー・ドア運搬・平日です。

『標準パック』

業界最安クラスを誇るケーエー引越センターでもっとも人気のあるプランがこちらです。

ダンボール90箱以上の荷物運搬が可能で、料金の平均は1万5,500円となっています。多数の荷物を運べますので荷物の多い単身者はもちろん家族引越も格安で行えるでしょう。

適用条件はダンボールを自分で用意・梱包、対応エリアあり・ドア・ツー・ドア運搬・平日となります。

引越し費用を安く抑えて新生活を清々しくスタートさせよう

今回は新卒の引越しで必要となる費用や安く抑えるコツをご紹介しました。

基本的に新卒の引越しでは、入社直後に転属などにならない限りは会社負担になるケースはほとんどありません。ただ、何らかの補助が出る場合もあるので入社前に確認しておいた方が無難でしょう。

また、引越し時期が繁忙期と重なるため、日時を調整したり事前予約をしたりなどの工夫で費用を安く抑えておきたいものです。 ケーエー引越センターは首都圏の単身者向けに特化した引越し業者なので、新卒者にも向いている業者です。

ケーエー引越センターで安くて安心・安全でスピーディーな引越しをして新生活を清々しく迎えましょう!

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる