荷物の少ない「小さな引越し」主な方法と料金相場、おすすめ業者は?

引越しアドバイス
引越しアドバイス
荷物の少ない「小さな引越し」
主な方法と料金相場、
おすすめ業者は?

「荷物が少ないので安く引越したい」
「荷物が少ないけど業者に頼むことはできる?」
「引越し費用を抑えるコツは?」

単身赴任や学生の新生活など、少量の荷物のみを持って新たなスタートをきる「小さな引越し」は近年増加しています。大手引越し会社や引越しを代行する業者でも小さな引越しをサポートするサービスが増えてきているようです。

今回は小さな引越しで使える業者の種類や荷物が少ないことのメリット、さらには業界最安と言われる引越し業者の紹介をいたします。

荷物の少ない「小さな引越し」の主な方法

単身者向けの荷物の少ない引越しや、一部の大型家具だけの運搬を担うサービスなど、引越し会社によってさまざまな特徴を持つ「小さな引越し」が登場しています。以下では、その種類や特徴について紹介します。

引越し業者の「小さな引越し」専用プランを利用する

単身パック

小さな引越しの代表格といえば「単身パック」です。単身赴任の社会人や荷物の少ない学生などが利用するのに適しています。 単身パックの特徴は、引越し依頼者以外の荷物も同時に専用ボックスに入れて運搬する「混載便」であることです。他の荷物も同時に運べるので人件費やガソリン代・車両費などのコストカットができ、その結果として料金を安く抑えられます。一方で、集荷日や配送・配達日二制限がある場合もあります。引越し先が遠方の場合などもあるため、まずは引越し見積もりの際に担当者に確認をしてください。 各引越し業者が指定するコンテナボックスに入る分量のみの運搬となり、タンスや本棚などの大型家具は入らない場合もあります。事前にどの程度の荷物量まで可能なのか確認してください。

単身プラン

単身者向けでパックよりも融通の利く小さな引越しが「単身プラン」です。単身パック同様に単身赴任の社会人や、一人暮らしの学生などに向いているお得なプランです。 単身パックと違う点は荷物の量に合わせてトラックの車両サイズを選べる点。多少荷物が多くても、大型の家具があっても車両サイズを大型にすれば問題なく引越しできます。ただ大きい車両ほど料金は高くなるので覚えておいてください。 逆に、1LDK以下の荷物が少ないならば車両を小さくすることも可能です。その場合は料金が安く済みますし時間もあまりかかりません。このように、引越し依頼者の荷物量に対して車両サイズを柔軟に合わせられるのが単身プランの特徴です。

ミニ引越し

「ミニ引越し」は荷物量や移動距離を限定することで引越し料金を安く抑えたプランです。 移動距離は20キロ前後が目安で特定の区域内またはその近隣といった形で限定されます。比較的引越し距離が近い場合であればお得感の高いプランと言えます。 繁忙期と土日を除く毎月1〜20日までの申し込みで割引になる引越しサービスやWEB割引を行っているところもあります。 申し込みのタイミングや方法によってお得に引越しを行えるため、事前にサービス内容の確認を行ってください。 また引越し業者の中にはベッドや冷蔵庫などの大型家具・家電のみを運ぶといったミニプランを用意しているところもあります。 「自力で引越したいけど大型荷物の運搬が難しい」という方におすすめの引越しサービスです。大型家具さえ運んでもらえれば、残りの荷物はレンタカーや宅配便を使えばよいのでコストも抑えやすくなります。

家具家電のみの引越しプラン

運搬に手間のかかる家具家電のみをプロにお任せできるのが「家具家電のみの引越しプラン」です。 家具ひとつだけでも運搬、設置まで行ってくれるところもあります。 ただ、繁忙期は通常より価格が上がってしまう場合や、希望の日程に行えない場合がありますので事前の確認が必要です。 運搬する家具家電が少ない場合は、荷物を全て運ぶ引越しに比べると安く抑えられます。

軽貨物運送業者を利用する

荷物の少ない小さい引越しであれば、赤帽をはじめとした「軽貨物運送業者」を利用するのもよい選択です。一般的に専門の引越し業者よりも価格がリーズナブルになる傾向があります。 軽貨物運送業者がリーズナブルな理由は車両が軽自動車のためサイズが小さくスタッフも基本1人であるためです。人件費・ガソリン代などのコストを抑えられるのでリーズナブルな価格になります。 ただスタッフは基本1名しかいないので、依頼者が荷物の搬出・搬入を手伝うことがほとんどです。また、軽トラックのキャパシティを超える荷物量の場合は往復運搬をすることになり、逆に引越し業者よりも価格が高くなる可能性もあるので注意してください。

レンタカーを利用する

小さな引越しであれば「レンタカー利用」もひとつの案です。引越し業者や軽貨物運送業者を利用せず、レンタカーを借りて自力で荷物を運搬する方法となります。プロを雇う必要がないので人件費を節約できます。 レンタカー利用で必要になる費用はレンタカー代、ガソリン代、引越し準備に必要な梱包資材代、協力してくれた友人・知人への謝礼などです。謝礼はお車代とちょっとした食事代くらいでOKなので比較的安く済ませられます。 ただし、自力引越しは労力や時間がかかりやすく、家具の破損などがあっても自分で対応する必要が生じるので注意が必要です。

自力での引越しが気になる方はこちら『自分で引越しをするメリットとデメリット|お得な業者はある?

宅配便を利用する

「宅配便」も検討してみてよい方法です。荷物量がダンボール数箱程度であれば、宅配便で送ってしまったほうが安くなることもあります。大きな家具などは無理ですが、荷物が少量の小さな引越しにはピッタリです。 郵便局の「ゆうパック」やクロネコヤマトの「宅急便」は、専用のダンボールや梱包資源も販売されており、引越し準備に必要なグッズがすぐに手に入ります。 注意点としては運べるダンボールの大きさや重量が決まっている点。あまりに大きい・重たいものは宅配便だと断られてしまうので覚えておいてください。

荷物の少ない「小さな引越し」の料金相場

「小さな引越し」のサービスは、全国対応の大手引越し会社から、地域密着型の中小引越し会社まで行っており、その料金相場もさまざまです。

荷物の少ない単身者の一般的な引越し料金相場

卒業や新生活で引越し需要の高い3月〜4月の繁忙期は、その他の時期と比べると同じ条件であっても引越し費用が高くなります。 また、引越し会社により異なりますが、長距離での引越しになるほど費用が高くなる傾向があります。 以下では、繁忙期と通常時の引越し費用を表にしたものです。

繁忙期
(3月~4月)
通常期
(5月~翌2月)
全平均 52,000円 34,560円
15km未満
(同一市区町村内程度)
35,640円 27,000円
15km以上
50km未満
(同一都道府県内程度)
44,000円 30,000円
50km以上
200km未満
(同一地方程度)
61,000円 41,750円
200km以上
500km未満
90,000円 54,000円
500km以上 100,000円 65,940円

引越し業者の「小さな引越し」専用プランの料金相場

引越し業社の専用プラン「小さな引越し」は、前述した「荷物の少ない単身者の一般的な引越料金相場」よりも割安となるケースが多いです。 ただ、引越し業社により、運搬可能な荷物の条件やサイズ、サービス内容などに違いがあるため、事前に確認が必要です。 ここでは、主な引越し業社による「小さな引越し」プランについて紹介します。

引越し業者名 プラン名 料金の目安
日本通運 引越し単身パックL 30,800円〜
ヤマトホームコンビニエンス わたしの引越 18,700円〜
らくらく家財宅配便 16,254円〜
サカイ引越センター 小口便引越プラン 68,000円〜
西濃運輸 カンガルー単身MAX+1 41,800円〜
カンガルー引越便(単身引越) 45,000円〜
福山通運 青春引越便 37,400円〜
アーク引越センター ミニ引越しプラン 21,538円〜
アリさんマークの引越社 ミニ引越しプラン 38,670円〜
SGムービング チャータープランサービス 35,700円〜
共立トランスポート ミニトラ便 12,000円〜
中越運送 ミニ引越 33,770円〜
日本通運
引越し単身パックL 30,800円〜
ヤマトホームコンビニエンス
わたしの引越 18,700円〜
らくらく家財宅配便 16,254円〜
サカイ引越センター
小口便引越プラン 68,000円〜
西濃運輸
カンガルー単身MAX+1 41,800円〜
カンガルー引越便(単身引越) 45,000円〜
福山通運
青春引越便 37,400円〜
アーク引越センター
ミニ引越しプラン 21,538円〜
アリさんマークの引越社
ミニ引越しプラン 38,670円〜
SGムービング
チャータープランサービス 35,700円〜
共立トランスポート
ミニトラ便 12,000円〜
中越運送
ミニ引越 33,770円〜

軽貨物運送業者の料金相場

「一人で運ぶには難しいけれど、引越し業社を使うより安く抑えたい」という方には、赤帽がおすすめです。 軽貨物運送の協同組合である「赤帽」の料金目安は、15.750円〜です。 一般的な引越し業社とは異なり、作業員は、基本的に運転を行う1名のみです。 ご自身が運搬の手伝いをすることで、引越し業社を利用するより引越し費用を安く抑えられます。 ただ、赤帽は距離と時間で料金が変わるシステムのため、長距離での引越しの場合は、割高になる場合があるので事前確認が必要です。

レンタカー利用時の料金相場

運搬から、設置まで自力で行えるという方や、手伝ってくれる方がいる場合にはレンタカーがおすすめです。 積載量の多いハイエースは、一般的なレンタル会社では、6時間で6000円〜での利用が可能です。 近距離での移動であれば、引越し費用をかなり安く抑えることが可能ですが、時間を延長する場合には追加料金がかかります。

宅配便利用時の料金相場

ダンボールで完結するほどの少量の引越しなら、宅配便もおすすめです。 150km以内の近距離での輸送なら、120サイズのダンボール1つ分の宅配料金は、日本郵便の「ゆうパック」で、1,590円、ヤマト運輸の「宅急便」なら、1,720円〜です。 大型家具や家電のない方には、格安で利用できる引越し方法と言えます。

荷物の少ない引越しで「小さな引越し」プランを選ぶメリット

荷造りなどの引越し準備から、引越し業社との契約など、引越しは、何かと時間も体力も使いますが、荷物の少ない「小さな引越し」には、いくつかのメリットもあります。

引越し料金が安く済む

小さな引越しのメリットはなんといっても「引越し料金を安く抑えられる」点です。荷物が少なければそれだけ使用する車両も小さくなります。また、作業時間・作業スタッフも減らせるのでコストがかかりません。そのため、引越し料金も安くなるのです。

「なるべく費用をかけたくない」「荷物が少ないので最低限のサービスでよい」という方は、上記でご紹介したプランやパック、業者を利用してみてください。

また、引越し見積もりは、事前に料金相場をあらかじめ算出することが可能なため引越し業社選びに重要です。

引越し業社によって、サービスや割引がある場合もあるので、事前に確認してください。

荷造りや荷解き作業が楽になる

引越しをするにあたって最も手間になるのがダンボールに荷物を詰める作業です。新居に着いてからも荷解きをしなければならず、配置まで考えるとなるとかなり大変になります。

小さな引越しの場合は荷物が少ないため、荷造り・荷解きの手間や作業時間が少なくなるというメリットがあります。荷物の把握も簡単なので整理整頓しやすいという点もメリットと言えます。

どうしても時間がない場合や、体調などにより梱包や開梱まで引越し業社にお願いしたいという場合は、別料金がかかる場合がありますが、梱包、開梱、設置まで行ってくれる便利なサービスを提供している業者もあります。

お小遣いを稼げることがある

小さな引越しの意外なメリットとして「お小遣いを稼げる」可能性がある点も挙げられます。もともと荷物が少ない方は別ですが、小さな引越しをするために荷物を減らす際に不用品を売却できます。

洗濯機などの大型家電をはじめ、テレビや電子レンジなどの家電製品は、まとめて出張買取に来てもらえます。

また、シングルベットなどの家具や自転車など、引越し準備の際に出た不用品は、使用年数や状態にもよりますが、買い取ってもらえる場合もあるので、リサイクルショップで一括査定してもらうことをおすすめします。

また、「本当に売れるのだろうか?」というものでも意外と必要としている人は少なくありません。フリマアプリやネットオークションで意外な高値がつくこともあるのでぜひ試してみてください。

首都圏で荷物の少ない引越しを行うなら「ケーエー引越センター」がおすすめ

不要な引越しサービスを省くことでコストを抑え低価格での引越しを提供する『ケーエー引越センター』。

首都圏で小さな引越しを考える方に向けたおすすめのプランを紹介します。

荷物の少ない引越しにピッタリなケーエー引越センターの料金プラン

爆安75パック

「宅配便より安い」というキャッチフレーズで業界最安クラスを誇るケーエー引越センターの中でも最もリーズナブルなパックが『爆安75パック』です。

ダンボール20箱以内で近距離の引越しならば7,500円ポッキリという激安価格になっています。 荷物が少ない小さな引越しをなるべく安く済ませたいという方におすすめです。

適用条件は以下です。

・「ダンボール20箱以内(資材は自分で用意)」
・「同一区内、または隣接する区へのお引越し」
・「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア」
・「依頼者の手伝い必須」

かなり限定された条件ではありますが、適用可能であれば使わない手はないのではないでしょうか!

超節約パック

超節約パック』は「レンタカーよりも安い」をコンセプトにした格安引越しプランです。

実際、レンタカーによる自力引越しは運転・運搬による事故のリスクがあります。 また、友人に払う交通費にレンタカー代、さらにガソリン代などで予定以上の出費となる可能性もあります。

ケーエー引越センターの『超節約パック』ならば自力引越しにおける不安は一切ありません。 10,500円~という料金でプロが安心・安全に引越しをサポートしてくれます。

具体的な料金は以下の通り。

・「同一区内・隣接区への引越し」「ダンボール50箱相当」なら10,500円~
・「20km以内の引越し」「ダンボール50箱相当」なら11,500円~

適用条件も確認しましょう。

・「平日であること」
・「低層階から低層階への引越しであること」
・「依頼者が運搬を手伝う」

標準パック

ケーエー引越センターの中でも最も人気の高いプランが『標準パック』です。

料金が安いこともさることながら、引越し時に必要となる最低限のものがしっかり詰まっている点が人気の秘密です。 荷物量に合わせてトラックサイズも変更できるので柔軟性も高いと言えます。

具体的な料金は以下の通り。

・「同一区内・隣接区」「ダンボール90箱相当」であれば13,500円~
・「20km以内」「ダンボール90箱相当」であれば14,500円~
・「20km以内」「ダンボール120箱相当」であれば24,500円~

適用条件は以下の通りです。

・「平日であること」
・「低層階から低層階(ドア・ツー・ドア)であること」
・「荷造り・荷解きはご自身で」

小さな引越しのつもりでも意外と荷物が多かった、というような場合は『標準パック』も検討してみましょう。

ケーエー引越センターの費用がお得な理由

ケーエー引越センターが業界最安クラスと言われる秘密は、さまざまなコストカットにあります。

ケーエー引越センターでは不要なサービスをことごとくカットしていて、引越しプランは必要最低限のサービスのみとなっています。

たとえばダンボール代、時間指定、旧居新居の共用部分の養生、などはオプションサービスになっています。事前準備や、開梱などをご自身で行っていただければ、追加料金もかかりません。また、訪問見積もりを行わないため、人件費や交通費などもしっかりカットしています。

他にも下請けを使わずに中間コストをカット、中古車仕入れ業務を行っているのでトラックを安く仕入れることが可能、ガソリンはセルフで価格重視のものを、などさまざまな企業努力をしているのです。

また、ケーエー引越センターは首都圏の単身向け引越しに特化。引越し対応エリアを限定することで作業の効率化や件数をたくさんこなせるなどのメリットがあります。業界最安でのサービスを提供している裏にはこうした企業努力があるわけです。

ケーエー引越センターでは、三種類の引越しプランからご自身に合ったプランを選択することでお得に引越しすることが可能です。小さな引越しをご検討中の方は、ぜひご利用ください。

荷物の少ない引越しなら、お金や労力を節約できる小さな引越しプランを!

今回は小さな引越しをするメリットやおすすめの業者をご紹介しました。ポイントとしては以下になります。

・引越し業者以外にも宅配便や軽貨物運送業者を利用するのもありレンタカーを借りれば労力はかかるものの自力引越しもできる
・小さな引越しは費用がかからずスムーズで楽ちんな引越しができる

小さな引越しはさまざまなメリットがあります。お得に使える業者も多いので断捨離やフリマアプリを活用して減らした荷物で小さく引越しをするのもよい選択です。

また、ケーエー引越センターならば宅配便やレンタカー利用よりも安く引越しできるパック・プランがあります。引越し見積もりは、お気軽にご相談ください。

お電話での申し込みもお待ちしています。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.