引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME>引越しを格安・激安にするおすすめポイント>引っ越しの見積もり方法別メリット・デメリット|金額は何で決まる?

引越しアドバイス

引っ越しの見積もり方法別メリット・デメリット
金額は何で決まる?

引っ越しをするにあたり引っ越し業者に見積もり依頼をすると、営業マンが来て訪問査定をしたり、あるいは電話やメールで見積もってもらうことになります。 その見積もりとは、いったいどこを見て、どう算出するのでしょうか。筆者の経験から言うと、訪問した営業マンから具体的な見積もり方法を説明されたことはありません。

そこで今回は、引っ越しの見積もり方法やメリットとデメリット、そして金額は何で決まるのかを検証してみようと思います。お引越しの参考にしてもらえると幸いです。

引っ越しの見積もり額を決める4つのポイント

引っ越しの見積もり額を決めるポイントには、引っ越しの時期や日程、荷物量、移動距離、そしてオプションサービスの有無という4つの柱があり、これら全てを計算した上で引っ越し料金が確定します。

引っ越し料金とは

引っ越し料金とは、引っ越し業者に依頼したときに支払う料金のこと。人件費や車両の手配にかかる料金のほか、荷物量や作業時間による時間制の料金、移動距離による距離制の料金が加算されます。

引っ越しの時期や日程

一般的に、年度変わりの3月から4月は繁忙期といわれ、引っ越し料金が割り増しになる時期です。また土日・祝日も人気があり引っ越しが集中するため、割り増し料金になるケースが多くなります。 したがって、引越しの時期や日程を自由に選ぶことが出来る場合、繁忙期を避けて引っ越すことで、見積もり金額(見積もり額)が下がりやすいという事になります。

また、この日に引越したい!という希望日で引っ越すためには、引っ越しの日程が決まった時点で、なるべく早く業者に見積もり依頼をして、トラックの空き枠を予約することが必要になります。

これは希望日の1週間前など日程が近くなってからでは厳しいので、どんなに遅くとも2週間前くらいまでには見積もりをもらい、業者を決定しておくことを心がけましょう。 特に、繁忙期は1カ月以上前には申し込んでおかないと、引っ越し希望日どころか見積もりすら受付してもらえない場合があります。

荷物量

荷物が多くなると用意されるトラックの大きさも変わり、それに伴い、車両代や人件費なども割り増しになります。

荷物を少なくすることが出来れば、その分を安くできる可能性がありますので、事前に自治体の不用品回収で不用品を処分したり、オークションサイトやフリマアプリ、リサイクルショップで買い取りしてもらったりなど、荷物量を減らす工夫をすると良いでしょう。

移動距離

引っ越しにおいては、輸送距離に応じて基本料金が高くなります。 長距離の引っ越しは、市区町村内の引っ越しに比べ相場が2倍近くに跳ね上がる事もあります。 引越し見積もりの比較サイトである価格.comから例を挙げると、通常期の単身者で荷物少なめの場合には15km未満(市区町村内)では平均29,022円ですが、500km以上(長距離)だと平均55,011円にもなるのです。

また、引っ越しにかかる「基準運賃」は、国土交通省が定めている金額に準拠した金額で設定されます。 荷物を運ぶ距離が100km未満の場合、作業時間で計算される時間制運賃が適用され、4時間制と8時間制の2種類があり、1時間ごとに料金が増すことになっています。

そして、荷物を運ぶ距離が100kmを超えると、今度は距離制運賃が適用され、距離が増すごとに料金は増えていく仕組みになっているのです。 そして、基準運賃は使用するトラックの大きさでも異なり、当然ですが積載量の大きいトラックのほうが高くなります。

※参考:価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/

オプションサービスの有無

引っ越しに関連する作業で、業者が有料オプションとして行うサービスがあります。 例えば、通常のトラックによる振動に耐えない精密機器や、年代物で壊れやすい絵画などの美術品・骨董品・ピアノなどが、それにあたります。これらは通常の荷物と同じ養生・設備では運ぶことができません。

また、ペットなど生き物の搬送も、オプションとして有料になるケースが多いものです。業者によってはサービス自体の取り扱いがないこともありますので、事前に確認をしておきましょう。

引っ越しの見積もりを依頼する3つの方法

見積もり依頼の方法についてですが、従来の訪問見積もりに加え、インターネットや電話での見積もりが主流になりつつあります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

インターネット見積もり

引っ越し業者のWebサイトのフォームから見積もりを利用する場合のメリットとデメリット

メリット

一斉見積もりサービスを利用すると、条件の入力が一回で済むので簡単で便利であることが最大のメリットです。

24時間いつでも時間帯を気にせず依頼が可能で、複数の業者から一気に見積もり結果が来るため時間の節約になり、料金相場の比較がしやすいことから、利用する人も多いようです。

デメリット

一斉見積もりをすると、複数の業者から一気に電話やメールが来ます。 沢山の業者から連絡がありますが、訪問見積もりの日時は1社毎に別々で調整する必要があり、調整結果の連絡がいつ来るか分からない事もちょっと面倒くさいと思う人もいるでしょう。

また、荷物の種類と量をすべて入力するタイプの見積もりフォームの場合、正直、スマホで入力するのはキツイでしょう。 荷物量を聞かれるタイプの見積もりフォームである場合、最初からパソコン環境で入力した方がラクにスムーズに見積もりをとることが出来ます。

荷物の量を入力するのが面倒くさい場合

ケーエー引越センターなら、状況に応じてフォーム入力の量が選べる「簡単見積もり」というシステムがあります。 忙しくて時間がない人や、引っ越し日や荷物量がまだ決まっていない人でも、たった5項目を入力するだけで概算の見積もりを知ることができ、大体の料金の目安がわかります。

対する「しっかり見積もり」では、旧居・新居、引っ越し日、荷物量、家具などの家財を詳しく入力することで、きちんと詳細な見積もりがわかります。 概算の見積もりでは「ごく一般的な単身者の荷物量」で計算されているため、詳しく入力した「しっかり見積もり」の方が、概算の「簡単見積もり」より安くなることが多いようです。

※参考:
簡単見積もり https://ka-center.jp/form1/
しっかり見積もり https://www.ka-center-plus.jp/kacorp/budget_entry_form.php

電話見積もり

一番簡単なのが、引っ越し業者に「電話だけで」見積もりをしてもらう方法です。ほとんどの引っ越し業者は訪問見積もりが必要ですが、上記したケーエー引越センター、その他、引越本部長などは、電話だけでも見積もり可能です。

メリット

部屋が散らかっていても、他人を家に招き入れることなく引っ越しの見積もりを頼むことができる点や、会社でも友人の家からでも、どこからでも連絡出来て見積もりの金額も直ぐに提示されるのが最大のメリットです。 また、急に引っ越しが決まり急いでいる場合も、リアルタイムにやり取りできる電話がベストといえるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、大型の荷物に関して、自分で荷物の量やサイズなどを測定して調べないといけない場合があることです。 旧居には入った家具でも、新居では玄関口や部屋の窓間口から入らないというケースも多々あります。

よって冷蔵庫5ドアや5人かけソファーなど、通常「明らかにサイズが大きいであろうことが予想されるもの」や「名称だけではサイズの予想がつかないもの」については、自分で詳細なサイズを測って、見積もりオペレーターに伝えることが必要になるケースがあります。

また、引越しの見積もりをとろうとすると、ごく数日の間に複数の業者に見積もりを依頼することになります。 短期間に何度も同じ内容を電話で説明をすることになることもデメリットですが、電話による会話だけだと確認すべき事項や細かい内容は忘れがちです。トラブルを起こさないため、メモを取ることが大事です。

訪問見積もり

引っ越し業者が家を訪れ、実際に荷物や部屋、道路環境などを見て見積もりする方法です。昔はこの方法が一般的でした。

現在でも、ある程度以上の広さの住まいや、荷物が多くて自分では「梱包した段ボールがいくつになるか分からない・・・」など荷物量の判断が難しい場合、また長距離引っ越しの場合には、この方法が主流となっています。

メリット

引越し業者が自宅まで確認に来るため、自分でサイズを調べなくて済みます。 また荷物量は引っ越し業者側が算出しますから、当日になって「いざ梱包してみたら段ボール数が予想よりはるかに多かった!」などの事情により追加料金を支払うことになる可能性が少ないのは、大きなメリットといえます。

デメリット

訪問見積もりには1社毎に1時間ほど時間を取らなければならず、また洗面所の下から押し入れの扉の奥まで、部屋の全てを見せることになります。これは、家に他人を上げたくない人にとっては多大なストレスにもなるかも知れません。

また、引越し業者の営業マンからしてみたら、この後に見積もりに来るであろう他社の引越し会社は全てライバル。 そのため、お客様に「即決してくれたら安くするから印鑑を!」など押しの強い営業をされる可能性があります。普段からハッキリ断ることが苦手な方には、訪問見積もりはあまりお勧めできない方法です。

見積もりの際に業者から確認される主な情報

見積もりの際に業者から確認される情報には、主にどんなものがあるのでしょうか。これを事前に知っておけば、見積もりのその場で慌てて調べる必要がなくなります。

見積もりしてくれる営業マンにもスピーディーかつ正確に伝えることが出来るため、交渉もスムーズに進むでしょう。

旧居と新居の住所、住居タイプ

引っ越し距離だけでなく、住所周辺の道路状況を調べるため必要になります。また、旧居や新居の住居タイプも確認します。これは住居タイプの違いにより準備が異なるためです。

例えば、集合住宅であれば入り口やエレベーターなど共用スペースにも養生が必要だったりするので、重要な情報になります。

駐車スペースの有無

引っ越しトラックを駐車できるスペースがあるかも必ず確認します。 駐車スペースの有無によって横持など作業方法が変わるため、スタッフの人数も変更になる可能性があるのでとても重要です。また、そのためには新居の道路の幅なども調べておく必要があります。

家具のサイズ、動線

旧居と新居の階段や玄関、エレベーターの広さなどのサイズを確認しておかないと、階段しか無い場合やエレベーターが使えない場合は作業時間や人員が増える事になり、料金が高くなる場合があることがあります。 あるいは引っ越し業者の「運送業者貨物賠償責任保険」の保険料が高くなることもあります。

さらに、大きさによっては家具・家電が新居に入りきらない場合は、家具・家電を人力で釣り上げ吊り下げ作業が必要になったり、もしくはクレーン車で吊り上げて搬入すると料金が高額になるので、搬入した時などの状況などを思い出しておくことも必要になり、新居に入れるのにその価値を比較して、場合によっては買い替えも視野に入れておくといいでしょう。

有料オプションサービスの有無

不用品回収やエアコンの取り外し、取り付け、必要なダンボールや梱包と開梱作業、さらにハウスクリーニングなど利用したいサービスをチェックおき、対応が可能かどうかを聞いておきましょう。

見積もり依頼から引っ越し当日までにやるべきこと

見積もりから引っ越し当日まで行う作業や準備、そして届け出は非常に多いので、ここで引っ越しまでの流れを一度確認しておきましょう。

荷造りをする

まずは荷造りから。普段使わないものから順に荷造りを始めるのがコツです。また、引っ越し前日まで使うものは最後にまとめて荷造りするようにしておくと、引っ越し後もスムーズに開梱できます。

不用品の処分を進める

引っ越しは断捨離のチャンスでもあるといえます。荷物量が多いと引っ越し料金の見積もりは高くなるので思い切って処分しておきましょう。また、冷蔵庫の中の食品や、消耗品も計画的に処分しておき、当日は空になっていることが理想です。

冷蔵庫や洗濯機の水抜き

冷蔵庫のコンセントは引っ越し1~2日前までには抜いておく必要があります。要冷凍や要冷蔵の食材は引っ越し日程に合わせて消費したり、購入を控えたりなどの計画を立てておきましょう。 1週間前くらいから計画を立てておき、念のためクーラーボックスを利用すると良いかもしれません。

コンセントを抜くのは、電源を切ることで製氷機内の氷を溶かし、冷蔵庫内の霜も取り、冷蔵庫下部にある蒸発皿の水を捨てるのが目的ですので、同じく洗濯機の水抜きも必要です。 方法としては、洗濯物を取り出して水道栓を閉じ、洗濯機を回した後、給水ホースを外し、給水ホース内の水を抜いて外します。次に脱水を行い、洗濯槽内と排水ホース内の水を抜き、排水ホースも外しておきます。

同様に石油ストーブやポリタンク内の灯油も抜くことも必要です。灯油が入ったままでは運搬できないので、使い切るのがもっとも良い方法ですが、ポリタンクの灯油はガソリンスタンドで処理できる場合もあります。

各機関への届け出

市区町村内の引っ越しなら転居届、ほかの市区町村へ引っ越すなら転出・転入届を役所で行います。マイナンバーカードの住所変更手続きも必要です。それらは引っ越し前後2週間以内に行うようにしましょう。

また、郵便局では郵便物転送サービスの手配、電力会社、ガス会社、水道局には住所変更手続きと、旧居での閉栓、新居での開栓の手続きを行います。さらに、必要に応じて銀行、保険会社、カード会社へ住所変更の手続きも早めに行いましょう。

インターネット回線会社は移転手続きもしくは解約し、新居で新規契約する場合は新たに工事費用がかかる場合があるので早めに連絡しておきましょう。

大家さんや不動産業者との手続き

旧居の大家さんには退去の1カ月以上前から申告しておかないといけない場合が多いのと、新居や旧居の不動産業者との連絡も同時期に済ませて、引っ越しの段取りを決め、新居と旧居で二重に家賃が発生しないよう気をつけることも重要で、タイミングが合うように引っ越しの日にちを設定しましょう。

荷物量は正確に伝えることが重要

ネットや電話で見積もりを自分で行う場合は、荷物の多さや大きさなどを伝えたり入力しますが、大まかな判断ではなくメモやメジャーなどを用意して正確に行うことが重要です。 判断が付かないものはできるだけ細かく伝えたり備考欄に記入することも必要です。訪問しての見積もりと異なり、この情報が全てなので記載と異なる内容だと、用意された車両では積みきれなかったりする事態になるかもしれません。

このような場合は追加料金が発生したり、場合によっては引っ越し作業そのものが出来ない事態になります。それだけにより正確な内容が求められます。

全体のまとめ

様々な見積もり方法があり、自分に合った方法を選ぶことが出来ますが、家族の引っ越しではなく、単身で荷物量が少なく移動距離も短いのなら、電話やネットを利用する方法が良いと思います。

そして、ケーエー引越センターの「簡単見積もり」と「しっかり見積もり」を利用すれば、その良さと安さが実感できるはずです。 また、電話見積もりでも、親切な対応で見積もりしてもらえます。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり