老人ホームの引越しの流れ|入居手続きや持ち込める荷物、注意点は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 老人ホームの引越しの流れ|入居手続きや持ち込める荷物、注意点は?
引越しアドバイス
引越しアドバイス

老人ホーム等の高齢者施設への引っ越しなど
「普通の引越し」とは異なる場合は?

老人ホームへ引越しやその手続きは、高齢者である御本人ができることは少なく、通常はご家族が本人に変わって手配しなければなりません。 引越し先がアパートやマンションではなく老人ホームという施設であるという点で、今までに殆どの方が経験したことがあるであろう「普通の引越し」とは異なりますから、人生で初めてのことに、何かと不安に思う事も多いでしょう。

そして、ここに辿り着くまでには今までに山あり谷あり。 入所手続きも含め、様々な場面で御自分の生活を犠牲にして対応してきたはずですから、老人ホームへの引越しという今回のイベントも、少なからず負担が大きいことでしょう。

そこで、老人ホームなどの高齢者施設が入居先となる場合、引越しはどのようにしたら良いのか、少しでも費用を抑える方法はあるのかなど、スムーズに引越せるポイントやおすすめ業者などをまとめてご紹介します。

老人ホームへ引越しするときの流れ

STEP1:入居手続き

老人ホームに入居するには、まず施設を見学して入居申し込みを行い、必要書類や健康診断書などを準備し、面談の上、入居審査を受けます。この場合、体験入居に参加した方が安心できます。 その後に契約を行い本入居日を決めることになります。

その他の介護施設である、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、そしてケアハウスなども基本的には同じ手続きになりますが、認知症など介護の程度によって入居可能な施設が制限される場合があります。

STEP2:引越しの前準備

一般的な住宅型有料老人ホームの居室の広さは、20平方メートルほど。 居室の広さには限りがあるために、ほとんどのケースでは荷物整理が必要となります。 また、施設により異なりますが、一般的には、火器類、刃物、貴金属類などは持ちこめない荷物となりますので気を付けましょう。

まずは、持っていく荷物・家具を準備する必要があります。 一般的に必要とされるのは、衣類、タオル、シーツなどと、それらを収める整理用のタンスなど。衣装ケースも用意したほうが良いでしょう。 車椅子や杖などの必需品は、通常の引越し荷物とは分け、直ぐに使用できるよう取り出しやすい場所へ入れるようにする必要があります。

家具や家電についてですが、施設にもよるものの、テレビや単身用冷蔵庫など、最初から施設に備え付けがある家具は、施設側から持ち込みを断られることが多いようです。 何が持ち込めるものなのかは、入居する老人ホームや高齢者施設へ事前に確認しましょう。

荷物整理を誰が行うかについてですが、仏壇の位牌など本当にかけがえのない大切なものは別として、入居するご本人だけでは、持って行くものと持って行かないものの選別ができないことが多いようです。 ご本人にしてみたら「思い入れがある」「愛着がある」ので、あれもこれも持ち込みたい気持ちになってしまい、結局は整理選別ができないというケースが本当に多いのです。

引越し当日になって入居先の老人ホームの部屋に着いてから、「荷物を搬入してみたら入居先の施設の部屋に全く入りきらなかった!結局、後から廃棄することになった」というトラブルもよくあることです。

STEP3:引越し当日

衣類程度だけなら家族で荷物を運ぶことが可能ですが、レンタカーを借りなければならないほどの荷物量になったり、家具類があるなら無理をせず、自宅から施設内への搬入は引越し業者に頼む方が良いでしょう。

業者に頼むほうが良い理由としては、家族で運ぶ場合、家具運搬時に施設を破損して賠償しなければならなくなる可能性があること、また荷物そのものを破損する可能性もあるからです。 その点、引越し業者は万が一の時に備えて保険に加入しているので安心です。そもそも運送のプロですから、運搬に慣れています。

仕事が丁寧で、荷物を大切に取り扱うための方法を知っているので、事故を起こしにくく、 引越し作業にかかる時間も少なくて済みます。

老人ホームへの引越しのポイント

荷物整理には業者を使うと便利

老人ホームなどの高齢者施設に入られる入居者ご本人が引越し準備をする場合、荷物の量が多かったり、荷造りや仕分けといった作業が体力的に難しいこともあり、本当に大変です。

不用品回収業者や、引越し業者のオプションサービスで荷物の処分が依頼できれば利用すると楽ですし、片付けもスムーズに行えます。 さらに、家や部屋を売ったりアパートを退去する時には掃除も必要となりますが、老人ホームへの引越しに特化しているプランのある引越し業者に依頼すれば、何もしなくて済むということになります。

引越し業者によっては、不用品回収と引越しがセットになっている場合もあるので、引越し会社や老人ホームなどの施設の人に相談してみましょう。

トランクルームの利用も考えてみる

どうしても捨てたくないけれど、老人ホームに持ち込めないといった場合には、荷物を保管できるトランクルームを利用する方法もあります。

宅配型トランクルームであれば業者が引き取りに来てくれますし、引越し業者によっては、老人ホームなどの施設へ引越す往路に「立ち寄り」としてトランクルームに行ってくれる場合もあります。 これなら、気軽に依頼できますね。

老人ホームには安定感のある家具を持ち込む

高齢の方は、ふとした拍子に転びそうになり、倒れまいとして家具をつかんでしまうことがあります。 キャスター付きの家具など不安定な家具の場合、そのまま家具ごと転倒してしまう危険も。重みのある、安定感のある家具を持参するほうが良いでしょう。

住所変更手続きが必要になる場合もある

老人ホームの中には住民票の移転を義務付ける施設があります。 今は介護認定を受けていても、住民票の登録地でないと入居後は受けられなくなってしまう介護サービスもあり、こちらは入居前に事前の確認と注意が必要です。

ケーエー引越センターが老人ホームへの引越しにおすすめの理由

料金が業界最安クラス

ケーエー引越センターは、ムダを徹底的に省いてコストカットしているため、業界最安値を実現している今話題となっている東京の引越し業者です。

引越し業者では当たり前とされている見積もり訪問を行わず、メールや電話だけで見積もりを完結させることや、サービスの多くをオプション化して、引越しするご本人が選択できるようにしていること、そして担当エリアを限定して近距離を回遊し、稼働効率を高めていることが格安料金を実現する要因となっています。

自力での引越しよりお得な可能性が高い

老人ホームへの引越しは、上記した通り施設側の部屋が狭い為に荷物整理され、当日の引越し荷物量は少なくなる場合が殆どです。 このため、引越し会社のプランによっては、宅配便やレンタカーを借りるよりも、圧倒的に安く、安全に運搬できる場合があるのです。

特に、ご自身で引越しをするなら、トラックや軽貨物車などの運転や、思い入れのある荷物の運搬が、安全に出来る必要があります。 また入居されるご本人に介護が必要な場合、ご家族は、ご本人の介護をしながら同時に荷物を運搬することに!

そんな大変な時は、都内や首都圏近郊では安くて有名な、ケーエー引越センターがオススメです。ケーエー引越しセンターなら、格安なパック料金に、梱包など必要なサービスを加えて利用することができるのです。

爆安75プラン

ダンボール20個以内の荷物量までオーケーなので、衣料品程度の荷物なら十分に対応できます。23区内同士、または隣接する市部へのお引越しに適用され、料金は7,500円という宅配便より安い爆安プランです。 梱包用のダンボールをご自身で用意できない場合には、オプションでお届けできます。

超節約プラン

爆安75プランより多い荷物量になるけれど、大きな家具はないし費用を極力抑えたい!という人に最適のプランです。 荷物量の目安となるのは爆安75プランの倍以上となるダンボール約50個相当(容積4.6㎥)までが可能なのに、10,500円~という超低価格。 同一区内、または隣接する区へ、または20km以内のお引越しが適用条件となり、レンタカーを借りるより安く上がります。

標準プラン

洋服ダンスやベッドなどの大型家具や、家電類の荷造りは専門スタッフが担当する、標準プラン。 ケーエー引越センターの中で、もっとも利用される方の多い人気プランです。

同一区内、または隣接する区へ、または20km以内のお引越しで、荷物量の目安はダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能です。

料金は13,500円~、平均でも15,000円という本格的な引っ越し作業!なのに驚きの低価格となっています。

オプションサ-ビス

上記でご紹介した3つのプランはいずれも、荷造りをご自身が行うことが必要です。また爆安75プランと超節約プランでは、お客様ご自身に荷運びも手伝っていただくことが前提となります。

ご都合や要望によって、梱包作業や荷運びが出来ない場合には、オプションサービスの梱包作業や、スタッフの追加が可能。下記オプションサービス一覧をご覧いただくか、お問合わせにてご相談ください。 オプションサ-ビス 詳細ページ

ケーエー引越センター簡単見積もり
お問合わせと電話見積もり 0120-915-846

新しい生活を快適にスタートするために

老人ホームは、その施設によって備えられている設備や持ち込める家財が異なります。 中には洋服ダンスや家電類が全て揃っている所もあったり、逆に何もない場合もあるのです。それによって、持っていくものや処分するものが変わるので、入居前に良く考えて準備しなくてはなりません。

多くの場合、一人暮らしで生活することが厳しい状態になっている方が多く、その準備どころか、手続き方法も、良く分からないかも知れません。 そんな時は入居先や地域の民生員の方などに相談して、ご本人にとって一番良い方法を探すことも重要です。

ご本人やご家族が負担を抱え込まずに、プロの手を借り、少しでも楽に安全に引越すことで、新しい生活が快適にスタートするはずです。

全体のまとめ

住み慣れた我が家から環境の異なる老人ホームへ入居するのは、本人にとってもご家族にとっても一大決心となり、その心労は計り知れません。

そして、おそらくはこれが人生最後のお引越し。 せっかくの門出にケチがつかないよう、スムーズかつ安全な作業が求められます。 悔いのない引越しとし、またその作業を少しでも楽に安全に行うには、やはりプロの引越し業者を利用するのが一番です。

そして、東京では安くて有名なケーエー引越センターなら、きっとお役に立てるはずです。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる