引越し後にすぐ退去できる?次に入居する物件と引越し業者の探し方

引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越し後に
すぐ退去できる?
次に入居する物件と
引越し業者の探し方

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは引越し後にすぐ退去できるかどうかなどについて、ご説明しますね!

急な転勤が決まったときなど、引越してから短期間のうちに退去できるか気になるとの声は少なくありません。 そこで今回は引越し後にすぐ退去するとどうなるか解説し、次の引越し先を選ぶ際に知っておきたいポイント、すぐに引越しするための引越し業者選びのコツ、おすすめの引越し業者もご紹介していきます。

引越し後にすぐ退去するとどうなる?

引越し後すぐに退去した場合には、違約金が発生する可能性などがあります。具体的にどのようなことが起きるのか、注意すべき点や知っておきたい知識について解説します。

違約金が発生することがある

引越し後すぐであっても何かしら事情・問題が発生した場合、退去すること自体は可能です。ただし、入居から退去までの期間によっては「短期解約違約金」がかかることがあります。

「賃貸借契約書」には、どれくらいの期間で解約すると違約金が発生するケースに該当するか記されています。契約書には違約金の額も記されていて、一般的には家賃の1~3カ月分が相場です。

違約金が発生しない場合でも、通常は「解約予告期間」が設定されています。解約予告期間は、退去前にあらかじめ大家さんや管理会社に解約の旨を連絡する必要のある期間です。

退去日の1~2カ月前とされることが多く、この期間に連絡なく退去した場合、普通は該当する期間分の家賃を支払うこととなります。解約予告期間も賃貸借契約書に記載されていますので、事前確認は必須です。

一部のお金が返ってくる可能性がある

敷金

敷金は、入居者が物件を著しく破損・汚損した場合の修繕費用に充てられるお金です。一般的に、大家さんや管理会社が担保として預かっています。

普通に生活していたら発生しない大きな破損がない限り、戻ってくることの多いお金です。引越し後すぐの退去であれば、ほぼ全額が返金される可能性もあります。

ただ、退去費用として部屋のクリーニング代やエアコンの掃除代の名目で敷金から一律に引かれる場合もあります。 退去時に敷金がどのくらい戻ってくるのか、確認作業は怠れません。

火災保険料

火災保険料は、基本的に1年または2年更新の保険です。たいてい、入居時に一括で支払っています。入居から数カ月ですぐの退去なら、経過分を差し引いて月割にて返金されるのが一般的です。

返金方法や返金額については、保険会社に確認しておくことをおすすめします。

前家賃

前家賃とは、賃貸借契約時に支払う翌月分の家賃です。契約書にて、特約として返金できない旨が記載されている場合は返ってきません。明記されていなければ、法律上貸主側に返金する義務が生じますので前家賃が返金されます。

次の引越し先の選び方

引越してすぐに退去となった際、次の物件選びで覚えておきたいポイントをご紹介します。

退去の原因となった不満が起こらない物件を探す

まずは、今回の物件を退去する理由・原因を書き出しておくことが大切です。

たとえば、「隣人がうるさかった」「虫が大量発生した」「湿気がたまりやすくすぐにカビが発生した」「入居後に事故物件だと知った」「住んでみたら思っていたよりも狭かった」「設備や構造上の欠陥があった」など、箇条書きでかまいません。

書き出したメモをもとに物件を探し、不動産会社に相談するときも「このような物件以外で探したい」と希望を伝えます。

なるべく初期費用のかからない物件を選ぶ

入居から短期間での退去となると、何かと出費がかさみます。なるべくお金を節約するためにも、初期費用のあまりかからない物件を選ぶのが得策です。

初期費用の中でも、とくに安く抑えられる可能性があるのは礼金です。礼金とは、物件を所有する人へのお礼として入居時に慣例的に支払うお金を指します。

近年では空室リスクを避けるため、礼金を0円にして入居者を募るケースも増えてきました。初期費用を抑えたい場合は、礼金が必要ない物件を狙ってみる価値は十分にあります。

同様に、入居者を集めるために敷金0円の物件も増加中です。敷金は退去時の修繕費として利用されるお金であるため、解約時にハウスクリーニング代などの名目で請求される可能性があります。とはいえ、初期費用を抑えられる点は魅力的です。

また、不動産会社によっては仲介手数料を安くして入居者を募集しているケースもあります。初期費用の節約につながるので、こちらも狙っていきたいところです。

即入居可能の物件を探す

何らかの事情からすぐに退去するなら、新たな移転先は時間をかけず即入居可能の物件を探すと不便しません。

即入居可能の物件とは、すでに前の入居者が退去済みでありハウスクリーニングや修繕も終えている物件です。ただし、契約すればすぐに住めるとはいえ、実際には審査や各種手続きの都合もあり数日かかるケースが多く見られます。

それでも、わずか数日で入居できるのであればスピーディーな住み替えは実現できます。引越し後すぐに退去するケースでは、即入居可能の物件を前提に探していくのが賢明です。

内見時に実際に住むことをシミュレーションして選ぶ

入居後すぐ退去して引越す場合、新たな物件探しでは内見時にしっかりシミュレーションすることが大切です。

たとえばゴミ捨て場を始めとした共有スペースの清掃状況は、確認を欠かせません。整った状態であれば管理人によってしっかり管理されている証拠ですし、住民のマナーも良いと考えられます。

部屋の使いやすさ、快適さも重要なポイントです。生活動線や各水回りの設備も、一通り確認しておきます。

また、周辺環境も内見時に見ておきたいチェックポイントです。駅、コンビニやスーパーが近いか、もし遠ければ帰り道は大通りに面しているか、治安はどうかなど細かく確認し、長く快適に住める物件を探してください。

すぐ退去したい場合の引越し業者の選び方

すぐ退去する場合、引越し業者選びにも迅速さが必要です。スピーディーさとともに、お得な業者を選ぶための方法やコツをご紹介します。

一括見積もりサイトを利用する

すぐ退去するため引越しまでの時間的余裕がない場合は、一括見積もりサイトで引越し業者を探すのがおすすめです。

サイト上で引越し希望日を入力すれば、その日に空いている引越し業者がリストアップされます。複数社がリストに上がれば相見積もりで料金比較できますので、引越し料金の安い業者を選ぶのにも便利です。

入居後すぐに退去し引越しするなど急ぎの場合、一括見積もりサイトで見つけた引越し業者に電話連絡でスケジュールを確認します。

地元密着型の引越し業者に依頼する

地元密着型の引越し業者は、業務エリアを限定しているところがほとんどです。

エリア内で効率的に引越し作業を行っているため、スケジュールに空きがある可能性があります。大手引越し業者より、安くリーズナブルな引越しを実現できる場合も珍しくありません。 すぐに安く引越したい首都圏の単身向けとしては『ケーエー引越センター』がおすすめです。

ケーエー引越センターの大きな特徴には、業務エリアの限定・徹底したコストカット・効率的な作業により実現した引越し費用の安さがあります。

たとえば、宅配便よりも安い『爆安75パック(定額7,500円)』やレンタカーを借りるより安い『超節約パック(15,000円~)』が挙げられます。 爆安75パックの適用条件は、「ダンボール20箱以内の荷物量」「東京23区内・近接エリア間運搬のみ」「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬で、利用者の手伝いが必要」です。

超節約パックの場合は、「平日であること」「低層階から低層階への引越しであること」を適用条件に設けています。 ケーエー引越センターがこのようなお得な料金プランを実現できているのは、さまざまな企業努力や工夫の成果です。

たとえば、訪問見積もりを排除して人件費や車両費をカット、サービスをオプション化することで基本料金をスリム化、また下請けを使わない運営スタイルで中間コストの排除を進めています。 これらの努力・工夫によって、ケーエー引越センターではリーズナブルな引越し料金プランを実現しています。

またケーエー引越センターのもうひとつの特徴は、地元密着型の引越し業者として急な引越しにも対応できる柔軟性です。引越し希望日の数日前であったとしても、スケジュールに空きがある場合があります。

タイミングによっては、引越し料金が割引価格になっていることもあります。なお実際にお得でスピーディーに引越しできるかは、事前のお問い合わせによる確認が必要です。

急な引越しが気になる方はこちら『急な引越しが決まったらすべきことは?業者が決まらないときの対処法

引越し後すぐ退去するなら効率の良さが大切

引越してすぐ退去、再び急いで転居するケースでは、各種の作業をスピーディーに進めるためにもコツや注意点の把握が重要です。

違約金発生や返還金の有無を確認するのはもちろん、新たな転居先に不満があり引越しを繰り返す事態とならないように次の物件選びは慎重かつ迅速に行わなくてはいけません。 特に内見時は、実際に住むことを十分にシミュレーションするのがおすすめです。

また、すぐ退去する場合は次の引越しまでの期間も短くなりがちです。そのため、引越し業者探しにも迅速さが求められます。

一括見積もりサイトはもちろん役立ちますが、スピーディーでお得な引越しを目指すなら地元密着型で日頃から企業努力を怠らない『ケーエー引越センター』が大きな力になれます。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!無料で見積してもらう
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.