冷蔵庫だけの引越しを依頼できる業者の種類|料金を抑えるコツは?

引越しアドバイス
引越しアドバイス
冷蔵庫だけの引越し
業者や料金を抑えるコツは?

「冷蔵庫だけの引越しってできるの?」「冷蔵庫だけ引越しの費用相場を教えて!」「冷蔵庫だけ引越しで注意する点は?」

細々した荷物は自力引越しで行い、冷蔵庫など大型家具・家電のみを業者に運搬してもらいたい、という需要はとてもたくさんあります。 その需要に応えるべく、実にさまざまな業者が冷蔵庫だけ引越しに対応しているようです。

今回は冷蔵庫だけ引越しを依頼できる業者の種類や費用相場、費用を安く抑えるコツなどをご紹介していきます。

冷蔵庫だけの引越しを依頼できる業者の主な種類

引越し業者

引越し業者は引越業務を請け負う業者です。引越しサービスだけでなく、大型家具や家電だけを単品で運ぶプランを用意している業者も増え需要が高まっています。もちろん冷蔵庫だけの引越しも頼めます。

宅配業者

宅配業者は小口の荷物を全国各地に運ぶ業者です。 ダンボールの箱を持ち運ぶイメージがありますが、実は大型家具や家電などを単品で運ぶサービスを持つ宅配業者も少なくありません。もちろんそれには冷蔵庫も含まれています。

軽貨物運送業者

軽貨物運送業者とは、軽トラックなどの軽貨物を使って少量の荷物を運ぶ業者です。冷蔵庫の運搬も、軽トラックに載るサイズであれば請け負ってくれます。

軽貨物運送業者の特徴は料金が比較的安いところで、近距離であれば他の業種よりも安く済ませることが可能です。軽トラックとドライバー1人で人件費や車両代が安いため、料金も安くなるのです。

便利屋

引越しや運送だけでなく、家事代行やクリーニングなど多種多様な仕事を請け負う便利屋でも冷蔵庫の運搬に対応してくれる可能性があります。 もちろん企業によって冷蔵庫等の大型家具・家電運搬サービスの有無が変わりますので事前に確認しましょう。

ちなみに、冷蔵庫の引越しだけでなく家の中でインテリア配置を変えたい時のスポット移動なども業務として行ってくれるのは便利屋です。

冷蔵庫だけの引越しを依頼する際の注意点

冷蔵庫のみの引越しに対応する業者は意外と多くあります。 ここからは実際に冷蔵庫だけ引越しを依頼する場合にはどのような点に注意すればよいのかまとめていきます。

配送エリアや日時などを制限している場合がある

業種によっては冷蔵庫のみの配送について対応エリアや日時などの制限をしている場合があります。

引越し業者の場合、3月4月は引越しシーズンのため冷蔵庫だけの引越しに対応できない場合があります。宅配業者はその業種的に混載便での配送となるため、即日配達できない場合もあるでしょう。

また、軽貨物運送業者や便利屋は基本的に特定地域に密着した業態なので、遠方の配送は難しいことがほとんどです。

梱包や手伝いが必要な場合がある

冷蔵庫のみ配送の場合、依頼する業者によっては依頼者が梱包作業をしたり運搬作業の手伝いをしたりしなければならない場合もあります。 たとえば軽貨物運送業者は基本的にスタッフが1名のみなのでほぼ確実に手伝いが必要になるでしょう。

冷蔵庫のみの引越しで手伝いが必要になるかどうかは、事前に業者側に確認しておきましょう。

前日までに冷蔵庫の中身を空にして霜取りをしておく

冷蔵庫は引越しする前日までに中を空にしてコンセントを抜いておくのが基本です。 製氷器内の氷や霜が溶けるのを待つためで、全て溶けたら蒸発皿に残った水を捨てておきます。

また、運搬にはそれなりに時間がかかりますので、消毒用エタノールなどで庫内を清掃しておくとよいでしょう。雑菌の繁殖を抑え、引越し後にまたすぐ使えるようにするためです。

このような作業を行うためにも、引越しに向けて計画的に食料を消費していきましょう。余った食材はクーラーボックスに入れておけば半日程度であれば問題なく保管可能です。

冷蔵庫だけの引越しを依頼する際、料金を安く抑えるコツ

引越し需要の高い時期を避ける

冷蔵庫だけの引越しとはいえ、やはり引越しである以上は需要が高い時期だと料金が高くなります。 また繁忙期などは冷蔵庫のみなど単品運搬は断られる可能性がありますので、需要の多い時期はなるべく避けたほうがよいでしょう。

引越し料金が高くなるのは繁忙期である3~4月、土日祝日、月末、縁起の良い日などです。これに加えて、午前中は引越しが集中する時間帯のため料金が高くなりやすいです。

これらのタイミングを避けて、なるべく安く冷蔵庫のみの引越しを進めていきましょう。

引越しの安い時期が気になる方はこちら『引越し料金が安い時期とは?

引越しの安い曜日が気になる方はこちら『引越し料金が安いのは何曜日?できるだけ費用を抑えるタイミング

ケーエー引越しセンターの魅力

ケーエー引越しセンターは首都圏の単身引越しに特化した業界最安クラスの引越し業者です。『爆安75パック』など驚きの低価格引越しプランが用意されていて、荷物の少ない近距離引越しでは圧倒的安さ・人気があります。 安さの秘密はケーエー引越センター独自の徹底したコストカットにあります。

訪問見積もりなし
下請けを使わず中間マージンカット
稼働エリアを限定し業務を効率化
中古車仕入れ業務により安くトラックを仕入れる
業務用トラックはセルフ給油でコストダウン
ダンボールや養生など細かいサービスはオプション化

など、大手引越し業者では真似できないさまざまな企業努力をケーエー引越センターでは行っているのです。 中でも訪問見積もりがないのは人件費や交通費のカットになるだけでなく、依頼者がわざわざ訪問日に予定を空けなくてもよいことにつながります。

金銭的負担だけでなく、依頼者に手間を取らせないといった顧客ファーストな考えがケーエー引越センターにはあるのです。

ケーエー引越しセンターの主な料金プラン

『爆安75パック』

爆安75パック』はケーエー引越センターで最も安いプランです。 ダンボール20箱以内であれば7,500円と驚きの低価格で、宅配便を利用するよりも安く済ませられます。

プランの適用には、ダンボールは自分で用意する、対応エリアは首都圏のみ、ドア・ツー・ドア運搬といった条件があります。これらにマッチするのであれば頼む価値は十分にあるのではないでしょうか。

『超節約パック』

やや荷物の多い単身者向けの引越しプランが『超節約パック』です。ダンボール50個相当であれば10,500円から引越しできます。 この価格であればレンタカーによる自力引越しよりも安く、しかもプロによる作業なので安全・スピーディーに進められるでしょう。

適用には、対応エリア首都圏近郊で、ドア・ツー・ドア運搬、平日であることなどの条件があります。自力で引越しをするよりも明らかに便利なのでぜひ検討してみましょう。

『標準パック』

ケーエー引越センターで最も人気の高いプランが『標準パック』です。 プラン平均価格は1万5,500円と格安でダンボール箱は90箱相当とかなりの荷物を運び出せます。 荷物の多い引越しでも十分に利用できるパックといえるでしょう。

首都圏近郊など近距離、平日であること、低層階から低層階の引越しであることといった条件をクリアできるならかなりお得なパックです。 もちろん条件オーバーしても格安オプションを追加すれば対応可能となるのでぜひケーエー引越センターに相談してみてください。

冷蔵庫だけの引越しは業者に頼んでお得に楽に!

今回は冷蔵庫だけの引越しを依頼できる業者の種類や注意点、安く抑えるコツなどをご紹介しました。

冷蔵庫だけであれば、引越し業者はもちろん宅配業者や軽貨物運送業者なども利用できます。 さまざまな利用可能業種を比較し、料金やサービスに納得いくところを選ぶようにしましょう。

また、冷蔵庫は特殊な家電なので事前に水抜きなどを行えるように食料は計画的に減らしていくようにしたいものです。

冷蔵庫だけでなく、首都圏近郊の単身向け引越しをお考えであれば業界最安クラスで安心のサービスを誇るケーエー引越センターがおすすめです。 荷物量に合わせてさまざまな料金プランを選べますのでぜひご検討ください。

また「冷蔵庫だけでなく、首都圏近郊の単身向け引越しを考えている方は、業界最安クラスのケーエー引越センターをご検討ください」という旨の訴求文を盛り込んでいただけますと幸いです。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.