9月の引越し費用の相場と特徴|料金を安く抑える方法は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しアドバイス
引越しアドバイス
9月の引越し費用の相場と特徴
料金を安く抑える方法は?
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。 心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。 引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「9月の引越し費用相場と特徴」についてご説明しますね! 9月引越しにはどのような特徴があり、それが引越し料金にどのような影響を与えるのか、平均相場や料金を安く抑えるコツ、おすすめの引越し業者もご紹介していきます。

9月の引越しにおける特徴

9月はこの時期ならではの事情があり、引越しに大きく影響します。9月の引越しにはどのような特徴があるのかご紹介していきます。

9月下旬から引越しのニーズが増える

3月決算の会社では9月が上期末です。そのため、人事異動も多くなり転勤による引越し需要が増加しやすくなります。

引越し需要が増えることで引越し業者も忙しくなるため料金もそれに応じて高くなり、スケジュールも埋まりやすくなっています。

もし9月に転居が決まっているのであれば、なるべく早い段階で引越し業者に連絡を入れておくのがおすすめです。 引越しニーズの高い9月は、引越し業者のスケジュールも埋まりやすく直前では予約が取りにくいからです。

また、早期予約などを利用して引越し料金が割引になることもあるためお得です。

シルバーウィークに引越し需要が高まる

9月は年によって、ゴールデンウィークに次ぐ規模の連休、俗に言うシルバーウィークとなることがあります。 ハッピーマンデーが導入されたことがきっかけで、最大で5連休となります。もちろん、祝日と曜日の関係が変わるため、必ずしも大型連休となるわけではありません。

いずれにせよ、祝日が多いため9月はお休みが多い時期です。 連休ないし休日が多いということはそれだけ引越し需要も高まります。会社や学校を休まずに引越しできるためです。

ニーズが増えればもちろん引越し業者側も忙しくなるため、スケジュールは埋まりやすいですし料金も高くなる傾向にあります。

9月上旬は引越し作業で体力を消耗しやすい

9月上旬の引越し作業は体力を消耗しやすいため注意が必要です。

9月は秋とはいえ、残暑の厳しいタイミングでもあります。真夏である8月と同じくらいの気温になることも珍しくありません。 普段の生活でもそうですが、引越し作業中も熱中症に気をつける必要があります。

特に押さえておきたいのが、新居についてからのことです。 荷解きはなるべく涼しい夜間の時間帯に行い、エアコンもできるだけ早く設置して体力の消耗を抑える対策を取ってください。

台風の影響を受けるリスクがある

9月は残暑だけでなく台風リスクにも注意しなくてはいけません。 日本において台風は8月と9月に発生率が高く、規模によっては引越し作業に大きく影響します。

万が一、引越し当日に台風が直撃してしまった場合、せっかく梱包した荷物が濡れてしまったり強風の影響で破損してしまったりする可能性があります。 また、大雨で視界が悪く滑りやすいことから、慎重に荷物を運び出さなければいけませんし、トラックの運転も注意深く行わなくてはいけません。 そのため、引越し作業も遅れがでやすくなります。

もし引越し当日に台風が直撃してしまったら、十分に注意しつつなるべく速やかに作業を進めてください。 また、荷物は濡れても大丈夫なように、手厚く梱包しておくことをおすすめします。

ちなみに、台風の影響で引越しを延期する場合も有りえます。 そのような場合でも、引越し業者側からキャンセル料を請求される可能性があるので事前に確認しておいてください。

9月の引越し費用の相場と安く抑えるポイント

9月は引越し費用が高くなりがちですが、実際にどのくらいの相場なのか、上旬・中旬・下旬で確認していきましょう。また、費用をなるべく安く抑えるポイントもご紹介します。

9月の引越し費用の相場

9月上旬

9月上旬の引越し費用の平均相場は以下のとおりです。

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族
平均 30,000円 40,000円 60,000円
  • 【出典】引越し侍「9月の引越し費用の相場」(2021年5月12日現在)https://hikkoshizamurai.jp/price/month-september/

単身者の場合、荷物が少なければ3万円、荷物が多くなると4万円が引越し費用の平均相場となります。2人家族の場合は6万円です。

荷物の量が増えるほど引越し費用が高くなる傾向にあるため、なるべく荷物は減らしておいたほうが良いでしょう。

9月中旬

9月中旬の引越し費用の平均相場は以下のとおりです。

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族
平均 30,000円 40,000円 60,000円
  • 【出典】引越し侍「9月の引越し費用の相場」(2021年5月12日現在)https://hikkoshizamurai.jp/price/month-september/

単身で荷物が少なければ3万円で荷物が多ければ4万円、2人家族だと6万円が平均相場となります。

もちろん距離によっても変わりますが、基本的には9月上旬とそれほど変わらないと思っておいてよいでしょう。

9月下旬

9月下旬の引越し費用の平均相場は以下のとおりです。

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族
平均 40,000円 50,000円 79,960円
  • 【出典】引越し侍「9月の引越し費用の相場」(2021年5月12日現在)https://hikkoshizamurai.jp/price/month-september/

単身で荷物が少ない場合は4万円、単身で荷物が多い場合は5万円、2人家族で約8万円です。

9月上旬・9月中旬と比べて引越し費用の平均が、単身の場合は1万円、2人家族では約2万円値上がっていることがわかります。

9月下旬は休日も多いですし、人事異動が決定して転勤する人が増えるタイミングであるため、引越し需要が増加傾向に。 そのため、上旬・中旬と比べて引越し費用が高くなりやすくなります。

9月の引越し費用を安く抑えるポイント

引越し費用の平均相場からもわかるように、引越し費用をなるべく安く抑えたいのであれば、9月上旬~9月中旬を狙うようにしましょう。 9月下旬からは休日や転勤増加が重なるためどうしても費用が高くなる傾向にあるためです。

また、少し前倒しして8月に引越しするのも安く抑えるコツです。8月は転勤に伴う引越しニーズが9月と比べて少ないため、引越し費用が安くなりやすいためです。

事前に引越が決まっていて、新居も確定しているのであれば、ぜひ検討してみましょう。

首都圏で9月に単身引越しを検討するなら『ケーエー引越センター』がおすすめ

ご紹介したように、9月は引越し料金が高くなりやすい時期です。 このタイミングに単身引越しを予定しているようでしたら、首都圏エリア単身引越し業界最安値の『ケーエー引越センター』がおすすめです。

9月の引越しにケーエー引越センターがおすすめの理由

『ケーエー引越センター』には料金が一定の格安プラン(爆安75プラン)があるため、9月下旬のように転勤や休日により費用が上がりやすいタイミングの引越しでもリーズナブルに利用できます。

『ケーエー引越センター』は首都圏の単身向け引越しで業界最安値を実現している引越し業者です。 「いま契約すれば割引きます」のようなしつこい営業はありませんし、割引がなくてもすでに他社と比べて引越し費用が安いことがほとんどです。

なぜ『ケーエー引越センター』は業界最安値を実現できるのか、その秘密は徹底したコストカットが背景にあります。 たとえば、梱包資材代をオプション化し、他社のように無駄なサービスを排除しています。利用者が必要だと思うサービスを選べて、料金も利用者本人がコントロールできます。

人件費のカットも『ケーエー引越センター』では徹底しています。訪問見積もりを行わないためスタッフの人件費をカットでき、さらには訪問車両の維持費や駐車場代の削減も実現。 下請け業者を使わずに自社スタッフのみで作業するため、人件費・中間コストカットも実現しています。

また、効率を求めることでさらなるコストカットを行っています。『ケーエー引越センター』は首都圏エリアに絞ることで作業効率をアップさせ、1日の引越し件数を多くこなしています。 引越し作業に使われる車両は、必要のない豪華な装備などない、機能的で低コストのトラックです。

このように、『ケーエー引越センター』ではあらゆる角度から徹底してコストカットして格安引越し料金へと還元しています。 費用が高くなりやすい9月の引越しにはぜひ『ケーエー引越センター』をご検討ください。

ケーエー引越センターの格安料金プラン

爆安75プラン(7,500円)

ケーエー引越センターで最も安いプランが『爆安75プラン』です。利用料金は7,500円ポッキリで、倍によっては宅配便よりも安くなります。 ただし、爆安75プランには利用条件があります。

かなりお得な引越し料金プランですが、利用するにはいくつか条件があります。

・荷物量は段ボール箱20箱以内
・引越しエリア:同一区内、または隣接する区へのお引越し
・荷物の運搬:1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬
・手伝いの有無:利用者の手伝いが必要

これらの条件をクリアーできるのであれば、かなり安い費用で引越しが可能となるのでぜひ検討してみましょう。

超節約プラン(10,500円~)

レンタカーによる自力引越しよりも安いと評判なのが『超節約プラン』です。 1万500円から利用でき、プロが引越し作業をしっかりとサポートしてくれます。

素人だけの自力引越しよりも安心ですし、費用そのものが安くなることもあります。

超節約プランの条件は

・ダンボール箱約50個相当
・同一区内または隣接区への引越し
・であれば、1万500円から引越しが可能です。また以下が条件となります。
・低層階から低層階への引越し
・平日であること

です。

標準プラン(1万3,500円~)

ケーエー引越センターで最も人気の高いプランが『標準プラン』です。

荷造り荷解きは利用者が行う者の、大型家具・家電の荷造りは専門スタッフが担当してくれます。 ケーエー引越センターなので無駄なサービスこそ省いていますが、引越しに必要とされる標準的な作業についてはプロに任せられるプランです。 料金は1万3,500円からで、「平日であること」「低層階から低層階への引越し」が条件となります。

9月の引越しは特徴を理解してお得に行いましょう

9月は4月の引越しシーズンに次いで、引越しニーズの高まる時期です。特に9月下旬は休日も多く転勤による引越しが増加するため料金も高くなる傾向にあります。

また、9月は日によって残暑が厳しく熱中症になる可能性がありますし、台風の多い季節でもあります。体調面や悪天候リスクがあるため、十分に注意しなくてはいけません。

9月に引越す場合は、この時期ならではの特徴やリスクを把握して事前に対処できるところはしておくようにしましょう。

また、ケーエー引越センターの『爆安75プラン』のようなリーズナブルプランを利用するのも方法のひとつです。 お得にお安く引越ししたいならば、首都圏エリア業界最安値『ケーエー引越センター』をぜひご検討ください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる