家具の移動に役立つグッズと注意点|業者に頼む場合の依頼先は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 家具の移動に役立つグッズと注意点|業者に頼む場合の依頼先は?
引越しアドバイス
引越しアドバイス

家具の移動に役立つグッズと、
その注意点を解説します

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「重たい家具を簡単に動かす方法を知りたい」
「家具の移動で怪我をすることはない?」
「自力で家具移動するのは大変…」

引越し後はインテリアの配置がうまく行かずに何度も家具移動をすることは珍しくありません。 椅子やテーブル程度ならば問題ありませんが、食器棚やタンスなど重たい家具を移動するのはなかなか大変なものです。

そこで活躍するのが家具移動グッズたち。毛布など身近なものやホームセンターなどで手軽に買えるものを利用すれば思ったよりも簡単に家具を移動することができます。 今回は家具移動時に使える方法と便利なグッズ、怪我や事故を防止するための注意点、安価で気軽に頼める業者をご紹介します。

家具を移動する方法と便利なグッズ

家具を移動する方法

家具を移動する方法は大きく分けて2つあります。 ひとつは身の回りのものや便利グッズを使って自分で移動する方法です。 たとえば毛布やダンボールなどすぐに用意できるものでもうまく活用すれば簡単に大きく重い家具を移動することができます。

もうひとつはプロの業者に依頼する方法です。あまりに大きく重すぎるようなものは個人だとなかなか運べません。 また、ピアノなど重量があるうえに慎重に運ばなければならないものなどは素人では難しいでしょう。

そういったものに関しては無理をせず専門業者に依頼したほうが安全です。万が一の破損事故のことも考えると、金銭的にもお得な面もあるでしょう。

家具の移動に便利なグッズ

毛布

家具の移動に便利なグッズとして最も身近でポピュラーなのが毛布です。 重く移動しにくい家具の下に敷いて、そのまま毛布を引きずるようにして持ち運ぶことができます。

毛布によって保護されているので床を傷つけることもありません。重さのイメージとしてはだいたい半分以下ですし、重いものを持って腰を痛めるリスクも少ないなどのメリットがあります。
ちなみに、毛布以外にもダンボールやカーペット、または四隅に軍手を置くことでも代用可能です。

家具移動キャリー、リフター

ホームセンターなどで家具など重いものを持ち運ぶ専用の器具として販売されているのが移動キャリーやリフターです。

リフターはテコの原理を使って家具を持ち上げることができます。床と家具の間にできた隙間に薄い車輪付きキャリーを入れればそのまま滑るように運搬できます。 多少の費用はかかりますが、力のない女性や年配の方などでも器具を使えば重い家具も持ち運び可能となります。

家具移動マット、スベリ材

家具移動マットやスベリ材も重い家具を動かすアイテムとしてポピュラーです。 家具の重さを支える脚部分に設置し引きずって移動させます。毛布よりも滑りがよいので力の無い方でも安心して使うことができるでしょう。

また、床接地面はつるつるとして丸みのある形状をしているので移動時に床を傷つけるといった心配もありません。比較的安価ですし、ホームセンターなどでも手に入りやすいという特徴もあります。

キャリーベルト

キャリーベルトは体全体を使って家具を持ち運べるアイテムです。肩や腰などにベルトを巻き、さらに家具に巻きつけることで使用します。

テコの原理を最大限に活用することができ、腕や腰への負担が大幅に軽減されます。もちろん普通に運ぶよりも楽に家具を移動できることでしょう。 ただ、背の高い家具などは持ったときに安定しにくく不向きなので注意しましょう。

自力で家具を移動するときの注意点

家具の中身を出しておく

重たい家具を移動する際にはできる限り「中身を出しておく」「分解できるならする」ようにしましょう。 こうすることで家具が少しだけ軽くなりますので移動時の負担が減ります。

また、タンスなどの場合、中身が飛び出し落下物によって怪我をするなどのリスクがあります。 そういった事態を防ぐためにも、ぜひ中身を出す・分解して運ぶということを心がけましょう。

保険に入っておく

可能であれば保険に入っておくこともおすすめします。家具の移動・運搬はそう頻繁に行うものではありません。 慣れない作業ですから「自室の壁に穴をあける」「落下で足や手を挟んでしまう」「マンションの共用部を破損してしまう」などのリスク発生も少なくありません。

万が一こうした事故が起きた場合でも保険に入っておけば安心です。 また、万が一に備えて壁やドア、共用部分には養生を施しておくようにしましょう。さらに、作業時には軍手などをして怪我から体を守るようにしておいてください。

移動ルートを決めておく

重たい家具を運搬する際にはルートを決め、移動しやすいように予め片付けておきましょう。 重たい荷物を持っているときは力を入れることに専念するので足元の注意が疎かになりがちです。 ちょっとしたゴミやたった1本のペンでも、躓いたり滑って転んだりする可能性があります。

また、大きい荷物を運ぶ場合、ルート上に物があると通れない可能性もあります。 その都度、邪魔なものを避けていては時間もかかりますし、ぶつかってしまうなどの危険性もあります。 移動できる家具類はルート上から外しておきましょう。

焦らず慎重に運搬する

重たい荷物を運ぶ際には焦らず慎重に行ってください。 「重たいので早く終わらせたい」という気持ちは分かりますが、急いだせいで壁に穴を開けたり家具を破損させたり、最悪の場合ご自身が怪我をしてしまうなどの危険性があります。

また、準備も端折ったりせずにしっかり行いましょう。たとえば軍手がなく面倒だから素手で…という考えはやめましょう。 素手で運搬中に汗で手が滑って荷物を落として足の指を骨折、という事故は実は以外に多いのです。また、滑り止めのゴムのついた軍手ならば重い荷物も比較的楽に運ぶことができます。

安全面はもちろん効率面を考えても、面倒臭がらずに軍手を使用するほうがよいと言えるでしょう。

家具移動サービスを提供している業者

引越し業者

引越し業者の中には重たい家具の移動を請け負ってくれる業者が複数存在しています。 引越しといえば重たい荷物を運ぶことも当たり前で、実は引越し業者は重量物の運搬の知識・経験が豊富なプロなのです。

料金については「移動させる家具の点数」によって計算されます。 総重量ではないので覚えておきましょう。 ちなみに、引越し業者によっては、引越し後の一定期間「無料で家具を移動する」というサービスを行っています。

新居で数日暮らしてみて「家具の位置がしっくりこない」と思ったならば、こうしたサービスを利用してみるのもよいでしょう。

生活支援サービス業者

いわゆる「便利屋」と呼ばれる業者でも重量物の運搬・移動サービスを行っています。 料金については時間制で、依頼した時間内であればどんなに移動しても同料金です。そのため、家具の移動だけならば引越し業者よりもリーズナブルになる傾向があります。

また、便利屋は家具の分解・組み立てなどもサービスで行う場合があります。こちらは業者によっても違うので確認してみましょう。

家具移動は無理しない

重たい家具を楽に移動できるグッズや注意点、さらに素人には難しい重量物の移動を依頼できる業者についてご説明しました。今回のポイントとしては以下です。

毛布やダンボールなど身近なものでもできる
家具移動グッズはあると便利で楽に運びやすい
ピアノなど特殊な家具や大掛かりな移動はプロに頼むほうが安心・安全
家具の移動は焦らずじっくり、事前準備が大切
引越し業者や便利屋で家具の移動を頼むことができる

ちょっとした家具の移動であれば便利グッズを活用すればご自身でも可能です。 大掛かりな場合はプロに頼んだほうが怪我や破損といったリスクを回避できるのでおすすめです。

引越し時は新居の家具移動サービスなどを利用すると無料でできるのでぜひ活用してみましょう!

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる