引越しにかかる値段の総額の内訳や相場、安く抑えるためのポイント

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 引越しにかかる値段の総額の内訳や相場、安く抑えるためのポイント
引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越しにかかる値段の総額の内訳や相場、
安く抑えるためのポイント
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

引越しする際に、最初に考えるのが引越し費用です。誰もが何度も経験するわけではないので、退去・入居にかかる費用は大きな出費となります。そして引越し料金も気になります。

業者の引越し見積もりを見ても、高いか安いかの判断も難しいし、値引き交渉は出来るのか?そもそも引越し料金に定価があるのか?などとわからない事ばかりです。 そこで、それらの疑問にお答えするために引越しにかかる費用の内訳と、作業費用を安く抑えるポイントをご紹介します。

引越しにかかる値段の総額の内訳

引越しには一時的に大きな金銭負担が発生するため、計画的に資金を準備しておく必要があります。引越しにかかる値段の総額についてご説明します。

引越しにかかる値段の総額

引越しにかかる値段の総額は、引越し先の家賃の6カ月分前後が相場です。新居の初期費用、急遽の退去費用、引越し費用、大型家具や家電の購入、処分費用などが発生します。

新居の契約にかかる初期費用

敷金

貸主(大家さん)に渡しておく保証金である「敷金」は、退去時に修繕費用を引いた金額が返還されます。目安は家賃1~2カ月分ですが、物件によってはゼロという物件もあります。

礼金

「礼金」は貸主への謝礼金であり、「敷金」と異なり退去時に返還されません。目安は家賃1~2カ月分で、これもキャンペーンなどの施策によってゼロになる物件もあります。

仲介手数料

仲介手数料は不動産会社に支払う費用で目安は家賃0.5~1カ月分というケースが多いのですが、不動産会社によって異なります。

前家賃

入居翌月の家賃をあらかじめ払っておくシステムで、目安は家賃1カ月分となり月の途中の引越しの場合は、日割りで家賃を払う場合もあります。

賃貸保証料

賃貸契約の場合、ほとんどの場合、家賃を滞納した時のために保証会社と保証委託契約を結ぶので「賃貸保証料」はその費用になります。目安は家賃0.5~1カ月分です。

管理費・共益費

アパートやマンションなど、共同住宅の場合に必要になることがあります。目安は家賃の10%ほどで、設備や建設年度によっても異なります。

鍵交換費用

防犯対策のために、前使用者と異なるカギにするための費用です。目安は2万~3万円ほどで、鍵の構造によって異なります。

火災保険料

目安は2年契約で2万円ほどで、不動産会社などの仲介会社、もしくは管理会社の指定した保険会社で加入しなければならない場合もあります。

旧居の退去にかかる費用

敷金の上限を超える修繕費用が発生した場合、退去する際のハウスクリーニング費用などの借主負担が賃貸契約書に記載してあれば必要となります。

解約日までの家賃

解約日までの家賃は、月末でなければ日割り計算で支払う事になります。

修繕費用・クリーニング費用

退去時にかかる原状回復費用が敷金を超える場合、超過分の修繕費用を負担することがあります。 退去時にハウスクリーニング費用を借主が負担する契約になっていた場合、費用を負担することになるため、賃貸借契約書を確認してください。

引越し作業にかかる費用

引越し業者を利用する場合

引越し業者が設定している料金に相場はありません。引越し会社や業者の種類、利用条件、時期などによって変動します。

料金の主な内訳は、「運賃」「実費」「附帯サービス料」の3要素です。

運賃は、時間制と距離制の2つの基本料金のいずれかで決定されます。また、基本料金は2t車、4t車など車種によって異なり、積載量が大きくなるほど高くなります。 引越し需要の集中から3~4月の繁忙期、土日・祝日、深夜・早朝などは割増料金が加算される点も注意が必要です。 さらに、移動距離が100kmを超える遠方への引越しの場合、荷物の積み下ろしにかかる時間に制限があり、超過すると車両留置料がかかります。

実費は主に作業員の人件費です。その他、梱包や養生の資材費、高速道路代などが発生します。

附帯サービス料は有料オプションサービスを選んだ場合に発生する費用です。 例として、エアコンの設置・取り外し、ピアノなど特殊な荷物の運送などを依頼した場合は、基本料金とは別にオプション料金が発生します。

自力で引越しをする場合

自力で引越しをする場合は、工夫次第で費用を抑えられる点がメリットです。

具体的には、レンタカー代、ガソリン代、高速道路利用料、交通費、梱包資材代、協力者への謝礼などが考えられます。 移動距離によってはレンタカーの乗り捨て料金が高額になり、引越し業者のプランの方が安くなる場合があります。

このように、メリットが転じてデメリットになることもあるため、注意してください。

他にかかる可能性のある費用

新たに家具、家電を購入する費用や、新居では使用できない家具、家電の処分にかかる費用がかかります。 内見時に新居の部屋や通路のサイズを把握し、置ける家具家電のサイズを事前に調べておきます。

カーテンのサイズが異なったり、ガス機器では都市ガス用とプロパンガス用で異なるなどの場合は、処分する以外にオークションを利用したり、知り合いに譲ることも必要です。

また、引越しを機に新規に購入する家具、家電は引越し先で購入して配達してもらう事で荷物を減らせたり、無料で引き取ってもらったりすることもあるので、購入する際に確認しておいてください。 そして、新居の近隣に挨拶する際の手土産代や車庫証明書など住所変更手続きにかかる手数料なども計算にいれておく必要があります。

引越し作業にかかる値段の相場

引越し業者の料金は荷物量や時期によって変動します。主に3月~4月上旬は引越し業界の繁忙期です。 以下に平均的な引越し料金の相場をご紹介しますので、荷物量や時期による違いを比較してみて下さい。

家族の場合は間取りが1LDK~2DK、2LDK程度の広さの部屋で3人家族、それ以下の荷物量の2人家族を設定しています。 なお、あくまで平均であり、個々の状況や条件によっては実際の料金とは異なる場合がありますのでご了承ください。

引越し業者に頼む場合(繁忙期:3~4月)

単身者の場合

荷物量の違いで9千円~2万円の違いがあり、50km以上から料金の伸び幅が大幅に上がる傾向にあります。

また、200~500㎞は中距離と遠距離の境目となり、単身引越しでは遠距離になると直行便ではなく割安な混載便を利用する頻度が高くなり、料金が逆転するケースが出てきます。

距離 荷物量 平均価格
同一市区町村内(15km未満) 少なめ 36,841円
多め 48,256円
同一都道府県内(15km以上50km未満) 少なめ 40,606円
多め 49,852円
同一地方内(50km以上200km未満) 少なめ 51,041円
多め 59,097円
200km以上500km未満 少なめ 51,277円
多め 75,435円
500km以上 少なめ 59,646円
多め 81,548円
家族の場合

家族2人と3人の違いで1万6千円~7万円の差があり、500km以上から料金の伸び幅が大幅に上がります。

500km以上となると確実に翌日降ろしになることで料金が上がり、荷物量が多いほどその差は大きくなる傾向にあります。

距離 家族の人数 平均価格
同一市区町村内(15km未満) 2人 82,429円
3人 97,071円
同一都道府県内(15km以上50km未満) 2人 84,932円
3人 104,069円
200km以上500km未満 2人 121,394円
3人 181,169円
500km以上 2人 167,257円
3人 190,953円

引越し業者に頼む場合(通常期:5~2月)

単身者の場合

繁忙期と比較すると、7千円~2万円の違いがあり、500km以上から料金の差が大幅に上がる傾向にあり、荷物量が多いほど繁忙期より安くなります。 そして、単身引越しであっても繁忙期を避けた方が節約できることが分かります。

距離 荷物量 平均価格
同一市区町村内(15km未満) 少なめ 30,354円
多め 39,357円
同一都道府県内(15km以上50km未満) 少なめ 35,487円
多め 42,318円
同一地方内(50km以上200km未満) 少なめ 45,880円
多め 52,615円
200km以上500km未満 少なめ 53,387円
多め 67,472円
500km以上 少なめ 57,110円
多め 76,537円
家族の場合

家族2人と3人の違いで1万~2万円の差があり、繁忙期と比べると2万円~最大で5万円以上安くなっており、荷物量の多い家族での引越しの場合は単身者以上に繁忙期を避ける必要があることが分かります。

3人家族でもこの大きな差になるので、4人家族だったり4LDKの荷物だったりすると、その差はさらに大きくなります。

距離 家族の人数 平均価格
同一市区町村内(15km未満) 2人 64,931円
3人 78,424円
同一都道府県内(15km以上50km未満) 2人 68,388円
3人 78,322円
同一地方内(50km以上200km未満) 2人 74,869円
3人 94,377円
200km以上500km未満 2人 108,526円
3人 123,949円
500km以上 2人 115,915円
3人 131,688円

自分でレンタカーを使って引越しする場合

自力で引越しした場合にかかる主な費用はレンタカー代金とお手伝いしてもらった人へのお礼が主な費用になりますが、その他にも細かな費用がかかります。

単身者の場合

単身者の場合は引越し業者の料金とさほど差はなく、割安な引越しプランを利用したほうが良い場合もあります。 特に、100kmを超えるような長距離の引越し荷物量が多い引越しの場合は、時間や費用かさんでくる可能性があります。

記載しているレンタカー料金はあくまで12時間の場合のため、それ以上かかる場合は、レンタカー代が増えることも覚えておいてください。 多くの場合、最初に申し込んだ時間を超過すると、1時間ごとに料金が加算されます。

ワンボックス 車両レンタル代(12時間) 7,000円
高速・ガソリン代(30km圏内) 3,000円
ダンボール箱代(新品):200円×20箱 4,000円
布テープ代:300円×3巻 900円
協力者へのお礼:1万円×1名 10,000円
合計 24,900円
家族の場合

家族の場合、人数によっては別の車のレンタカー代や移動のための電車代などが別途発生します。

また、やはり荷物量や移動距離によっては、さらに費用が上乗せされます。こうした点を踏まえて、引越し業者を利用した場合の費用を比較検討してください。

2トンロングトラック 車両レンタル代(12時間) 15,000円
高速・ガソリン代(30km圏内) 5,000円
ダンボール箱代(新品):200円×50箱 10,000円
布テープ代:300円×5巻 1,500円
協力者へのお礼:1万円×3名 30,000円
合計 61,500円

引越し作業の値段を安く抑えるポイント

引越し作業費用の負担が苦しい場合は、値段を安く抑える方法を使ってください。以下のようなポイントを知っておくと、値段を安く抑えやすくなります。

荷物の量を減らし、不用品を処分する

トラックの積載量が大きくなるほど使用料金は高くなるため荷物が減ればトラックの使用料が安くなります。

また、荷物が少ないと、運搬などの作業量が減り、作業時間も短縮できるために作業員の人数も減らせ、人件費も安くなります。 トラックと人件費という引越し料金の2大要素が安くなることで、引越しにかかる合計の料金が安くなることになります。

また、ダンボールなどの梱包資材も少なく済み、資材代も節約できます。荷物の量を減らすには、不用品を処分したり、リサイクルショップやフリマアプリを利用することで荷物を減らすことが出来ます。 うまく売ることができたら、引越し費用の足しにもなるので、おすすめです。

複数の業者に一括見積もりを依頼する

上述した引越し料金の3要素のうち「実費」と「附帯サービス料」は業者に異なります。 各社の料金設定や算出方法が異なり、請求額に差が出やすいため、比較検討が必要です。

そのため、複数の引越し会社に見積もり依頼を行い、料金を提示してもらうことをおすすめします。ただし、あまり情報が多いと把握しきれなくなるため、3社程度までに抑えるのがおすすめです。

重要な比較ポイントは料金ですが、サービス内容を見ることも大切です。各社で、同料金で実施しているサービスが異なる場合があります。 くわしいサービス内容についてわからない部分がある場合は問い合わせて確認してください。

また、あらかじめ相場を調べておくこともお忘れなく。調査で調べておいた相場は、値下げ交渉の参考材料になります。

引越しが集中する時期や時間帯を避ける

引越しの需要が高い時期は相場が高くなりやすいので、なるべく避けることが安くするコツです。 繁忙期の3月~4月は、入学・入社など新生活が始まるため、引越しの需要が高まり、引越し料金も割高になります。

また、土日祝日や連休などの休日は繁忙期でなくても予約が多く入るため、引越しの需要が高まり料金も上がる傾向があります。 さらに、新居と旧居で家賃の2重支払いを避けるため、月末の引越し需要が高いのと、縁起の良いとされる大安、天赦日、一粒万倍日などは引越しの需要が高くなります。

時間帯では、時間指定が可能な「午前便」は、引越し作業を午前中から開始できて1日を有効活用しやすいことから需要が高く、午後から作業する「午後便」や、引越し業者に時間を任せる「フリー便」が割安になります。 したがって、繁忙期を避けて六曜を気にせず、平日の午後に引越す方法なら、比較的簡単に引越し料金を安くすることが可能です。

引越し会社の料金が安いプランを利用する

荷物が少ない場合は、単身者向けに料金が安く設定されたプランの利用を検討してください。代表的な例として、単身パック、単身プランがあります。

単身パックは、コンテナボックスに入るだけの荷物を積み込み、混載便で運送するプランです。他の荷主の荷物を一緒に運ぶため、引越し先への到着までに数日かかる場合があります。 単身プランは、軽貨物車など小型車両を使い、コストを抑えて運送するプランです。

ベッド、冷蔵庫、洗濯機、テレビなど大型家具や家電だけ運んでもらうプランもあります。残りの荷物は自力で運搬するため、その分費用を抑えることができます。

軽貨物運送業者を利用する

引越し会社ではなく、軽貨物運送業者を利用するという方法もあります。 業者の料金表示によっては、引越し会社よりも安く利用できるケースは少なくありません。

使用する車両は軽貨物車であり、基本的にスタッフが1人のため人件費もかかりにくくなっています。

オプションサービスをなるべく使用しない

オプションサービスを付けると、当然ながらそのぶん費用が大きくなります。また、最初からオプションがセットになったプランもあるため注意が必要です。

例として、「おまかせプラン」などがあります。 利用するだけで荷造り・荷解きなどの梱包作業も引越し会社の作業員が行う便利なプランですが、必要ないオプションが付いている場合は利用せずに費用を抑えてください。

引越しにかかる費用に関するよくある疑問

以下では、引越しの費用に関して多くの方が気になっている代表的なポイントをご紹介します。

エレベーターの有無で引越し費用は変わる?

料金に影響を与える要素のひとつが、エレベーターの有無です。新居もしくは旧居にエレベーターがなく階段のみの場合は、料金が高くなる可能性があります。

エレベーターがない場合、作業時間がかかり、時間内に終わらせるために作業員が増えるケースがあるため、人件費がかさみます。

引越し費用の値段がすぐに確定しないのはなぜ?

引越し費用の値段は基本的にすぐ確定しません。

これは、引越し会社が車両や作業員の空き具合を確認してから決めるためです。引越し費用は、引越し会社がまず見積もり金額を提示してから金額が確定するのが一般的となっています。

見積もり金額は実際にかかる金額よりも高めの場合と安めの場合があります。高めの場合、相見積もりにより値下げの交渉があることを見越して提示しているケースが大半です。 安めの場合、受注率を高める意図があると考えられます。

引越しの手土産代はいくらのものが良い?

引越しした際は、新しい住まいのご近所さんに手土産を配るのが慣例的となっています。

特に決まりやルールはありませんが、手土産は1,000円ほどのものが一般的です。高すぎる商品の場合、気を使わせてしまうことがあるためおすすめできません。 タオルなどの日用品や、お菓子などが一般的です。大家さんや管理人にはご近所さんより少し高めのものを渡すのもおすすめです。

一人暮らしの引越しの値段を安く抑えられるケーエー引越センター

一人暮らしで引越しを予定されている方は、『ケーエー引越センター』にご相談ください。安心の引越しサービスを業界最安値で提供しています。

自力での引越しよりも安いプランを用意

ケーエー引越センターでは、プランによっては、レンタカーを借りたり宅配便を利用したりするよりも安く荷物を運べる業界最安値の料金を実現しています。 以下にケーエー引越センターの誇る3つの格安プランをご紹介します。

『爆安75パック』

同一区内、または隣接する区へのお引越しで、引越し時までに梱包してあるダンボール20個までなら、お客様にも手伝って頂くことで7,500円ぽっきりという宅配便より安い料金が実現します。

しかも新居まで直行するので引越しも速く終わるという、荷物量の少ない単身者には良いことずくめのプランです。条件によっては、宅配便を利用した引越しよりも安くなる場合があります。

『超節約パック』

同一区内、または隣接する区へ、あるいは20kmまでのお引越しなら、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)の荷物量で10,500円からという料金設定です。

荷造り荷ほどきはお客様が行い、お手伝いもして頂きますが、荷物量が比較的少なく節約したい人には最適なプランです。レンタカーを利用した時期での引越しよりも安くなる場合があるため、適用条件に該当する方はご検討ください。

『標準パック』

同一区内、または隣接する区へ、あるいは20kmまでのお引越しに、2トン車と作業員2~3名が伺います。

ダンボール約90個相当(容積8.4㎥)~ダンボール約90個相当(容積8.4㎥)までのお荷物を平均15,000円最安なら13,500円からという超低価格でお受けしています。

さらに、大きな家具や冷蔵庫などの養生と設置は作業員が行うなど、梱包と梱包開以外はお任せの本格引越しの内容となっています。

オプションサービス一覧

ケーエー引越センターのプランが安い理由

コストを徹底的に削減している

なぜこのような格安料金が実現できたかというと、訪問見積もりを省くことで人件費やガソリン代をカットし、ガソリンはセルフスタンドで給油。 そして中古車の仕入れ業務も行っているため、車両を安く用意できることなどが挙げられます。

利用者がサービスを細かく選べるようにしている

梱包資材費や各種割増料金をオプションサービス化、カットすることで引越し料金を安く抑えられ、利用者自身が必要なサービスだけを選べることで引越し料金を抑えることができるシステムになっています。

下請けの引越し業者を使用していない

スタッフは直接雇用することで、下請け業者を使う際の中間マージンが発生しないこともコストカットに役立っています。

エリアや利用形態を特化している

首都圏での単身引越しに絞り、いたずらに範囲を広げず、絞ることで作業効率を上げ、成約数を安定化し従業員の雇用環境を守ることで、求人費用も削減できるという努力も低価格の要因と言えます。

引越しの値段は工夫しだいで安くなる

引越しを安く行なうには、他の人が多く利用する時期や時間をさけることが必要です。 しかし、多く利用されているという事は、それだけメリットがあるという事でもあります。したがって、休日をずらしたり、休んだりするなど多少の苦労をしてでも安くしたい場合に限ると思います。

でも10万円かかるところが7万円で済むのなら、その苦労をあえて行う価値は十分にあると思いますが、皆さんはどうお感じでしょうか?

レンタカーを借りれば繁忙期でも高い引越し料金を払わなくても良いと思うかも知れません。しかし、レンタカーも繁忙期や休日には割増料金になるのです。 そして、レンタカー会社には引越し向けの車両は多くは在庫していないので、予約も取りづらくなります。

それよりも、ケーエー引越しセンターの激安プランを利用したほうがより安く安全に、しかも早く引越しが終わるという事を知っておいてください。 ケーエー引越しセンターの料金や見積もり、そして契約は電話かネットで簡単にできます。

ケーエー引越センター 簡単見積もり
無料見積もり・お問い合わせ:0120-915-846
今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる