転勤に伴う手当の種類と金額の相場|支給される場合の注意点は?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 転勤に伴う手当の種類と金額の相場|支給される場合の注意点は?
引越しアドバイス
引越しアドバイス

転勤に伴う手当と金額の相場
支給される場合の注意点は?

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「転勤で支給される手当にはどんな種類がある?」
「単身赴任で手当がどれくらい貰えるのか支給額を知りたい」
「転勤の手当は課税と非課税どっちになるの?」

会社都合による転勤では、会社側から引越し費用や単身赴任手当などさまざまな手当が支給されることがほとんどです。 会社にとって転勤は業務上必要なことですし、転勤者の生活を守ることでより良い仕事をしてもらうためにも、各種手当ては必要な経費と捉えられています。

今回は転勤に伴う手当の主な種類や支給額の相場、手当をもらう上で注意すべき点などをまとめてご紹介いたします。

転勤に伴う手当の主な種類

単身赴任手当

単身赴任手当とは、家族を現居に残して転勤先で一人暮らしをする場合に支給される手当です。 単身赴任になると食費や公共料金など生活費が二重にかかります。そうした負担を軽減する目的で支給されます。

なお、単身赴任手当を帰省費用に充てるといった使い方をする方も少なくありません。

住宅手当(家賃補助)

単身赴任では、赴任先の家賃を住宅手当として会社が支給することがあります。

転勤先に社宅が用意されている場合もあり、これも一種の家賃手当のような形と考えられます。 ちなみに、転勤に限らず住宅手当を各社員に支給している企業も少なくありません。

帰省手当

帰省手当とは、転勤先と家族の住む家を往復するための交通費を会社が支給する制度です。 転勤先の場所にもよりますが、帰省のたびに交通費を支払うと社員の自己負担が大きくなり、次第に帰省の頻度が減る可能性がでます。 福利厚生的な側面から、会社によっては帰省手当を支給して旅費・交通費を負担するのです。

会社によって帰省手当の支給方法は異なります。月に1~2回帰省できる交通費として固定支給したり、領収書等の提出で後ほど実費支給する形をとったりします。

赴任地までの交通費

現住所から赴任先までの片道交通費を支給する会社も少なくありません。転勤は会社都合であり、業務上必要な移動ということで、経費として取り扱われるためです。

家族全員で引越しをする場合、該当社員はもちろん、家族全員分の交通費が支給されるケースも多いです。

引越し費用に対する手当

会社が転勤に伴う引越し費用を、一部、もしくは全額を負担してくれるケースは珍しくありません。 実際の負担額については会社によって違いますが、基本的には「オプションを含まない一般的な引越し費用」が負担される傾向にあります。

会社によっては引越し費用だけでなく、新居で必要になる家具・家電の購入費用を含めた「赴任手当」を支給することもあります。

着後手当

転勤による引越しではさまざまな出費があります。会社から手当が出るとしても場合によっては新生活をスタートするのには手持ちが心もとない状態になることも。 そうした状況を緩和し、引越し直後からスムーズに新生活を送れるような手当として支給されるのが着後手当です。

こちらの手当は新生活用の支度金という目的もありますが、場合によっては新居に入居するまでのホテル滞在費として支給されることもあるようです。

転園・転学手当

転勤に伴って家族全員が引越す場合、お子様は転園や転学しなくてはいけません。その際に会社が支給するのが転園・転学手当です。

幼稚園・保育園の入園料や学校の入学金、それに伴う各種手続きや準備にかかった費用などが負担されます。

転勤に伴う手当の相場

公務員の場合

公務員の転勤に伴う単身赴任手当の相場は、月額30,000円とされています。 この支給額は赴任先と家族の住む家との距離が100kmを超えると、その距離に応じて加算されていく仕組みです。遠ければ帰省にもお金がかかりますし、妥当な考え方と言えるでしょう。

また、人事院によれば住宅手当は最大で28,000円で、こちらは本人に支給されるとのことです。

民間企業の場合

厚生労働省の調査によると、民間企業の単身赴任手当の平均額は46,065円でした。 住宅手当は平均17,000円で、こちらは単身赴任の有無に関わらず支給転勤は会社都合なので、多くの会社ではさまざまな手当が支給されます。しかされる可能性があります。

公務員と比べると民間企業の方が単身赴任手当の支給額が多く、住宅手当は少なくなっています。総額的にはほぼ同じでやや民間企業の方が多いようです。 ちなみに企業規模が大きくなればなるほど手当の金額は増える傾向にあり、逆に小さければ減少する傾向にあります。

転勤に伴う手当が支給される際の注意点

会社の手当の制度を確認する

転勤は会社都合なので、多くの会社ではさまざまな手当が支給されます。しかし、会社ごとに規則がありますので、転勤者が希望する手当の制度の有無や、どれくらい支給されるのかは違いがあります。

転勤が決まった際には必ず各種手当て制度の有無や支給を受けられる条件などを調べるようにしましょう。

手当の申請は早めに行う

転勤に伴う手当の支給条件を満たせるのであれば、早めに申請するのがおすすめです。 たとえば、月額の支給額が決まっている手当(単身赴任手当など)の場合、申請日が遅くなったせいで減額される可能性があります。

転勤が決まったらできる限り早く条件を確認し、速やかに申請しましょう。

手当は基本的に課税される

転勤に伴い支給される各種手当ては基本的に「課税対象」です。たとえば単身赴任手当などは給与に含んで支給されることがほとんどです。 増加した手当分は給与所得として課税されますので、支給額全てが手元に残るわけではないので覚えておきましょう。

ちなみに、家賃補助については条件次第で非課税になることもあります。具体的には会社が所有する社宅に住み、一定の家賃を支払うという形を取ると非課税扱いになります。 また、移動に関わる手当は交通費として経費計上できる可能性もありますので、事前に確認しておきましょう。

引越し業者を自由に選べない場合がある

会社の規定次第では、引越し業者を自由に選べないケースもあります。会社が契約している引越し業者がある場合などがそれにあたります。

もし引越し業者を選択できる、または複数社から見積もりをとって安い業者を選ぶことができるのであれば、お得なプランを提供している業者選ぶのがおすすめです。

転勤に伴い支給される各種手当は必ず事前に確認を

今回は転勤に伴って支給される可能性のある手当の種類やもらうための注意点をご紹介しました。 転勤は会社都合かつ会社にとって必要な業務なので、様々な手当が転勤者に支給されるのが一般的です。そのため、金銭的にはそれほど気にすること無く、転勤・引越しを進めていきましょう。

とはいえ、会社によって支給条件や支給額に違いがあるのも事実です。実際にどれくらい負担されるのか、適用条件はどうなっているのかをしっかり確認しておきましょう。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる