最安料金で引越しする方法|手段や業者、時期を選ぶポイントは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 最安料金で引越しする方法|手段や業者、時期を選ぶポイントは?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
最安料金で引越しする方法
手段や業者、時期を選ぶポイントは?
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「最安料金で引越しする方法」についてご説明しますね!

引越しを最安料金で行うための手段や業者の選び方、時期を選ぶポイント、さらに首都圏最安クラスのケーエー引越センターの料金プランについてもご紹介します!

最安料金で引越しするコツ(1) 初期費用を節約する

引越し費用の中でも大きなウエイトを占めるのが物件にかかる初期費用です。初期費用をなるべく抑えるためのポイントをご紹介していきます。

初期費用を節約できる賃貸物件を探す

引越し費用の中でも最も高くなりやすいのが新居の賃料や敷金・礼金です。 引越し費用を安く抑えたいならば、賃貸物件の初期費用をなるべく節約できるように工夫してください。

賃貸の中にはゼロゼロ物件と呼ばれる敷金や礼金が無料の物件があります。 シェアハウスも初期費用不要の場合がありますのでぜひ検討してみてください。 一定期間の家賃が無料となるフリーレント物件も初期費用を抑えるのにおすすめです。

特定優良賃貸住宅も敷金・礼金といった初期費用や、引越し後の家賃を抑えるのに向いています。 公的賃貸住宅制度であるため、特定優良賃貸住宅は国や自治体が家賃の一部を補助してくれます。 また、保証人が不要で初期費用も一般的な賃貸物件よりも格段に安くできます。

注意点としては、制度の利用に賃貸主の世帯年収上限が設定されていることです。条件を確認し、賃貸可能であれば検討してみてください。

また、家賃そのものが安い物件であれば、初期費用も安くなります。というのも、敷金・礼金は家賃の○ヶ月分という形になっているためです。 初期費用を安く抑えるためには、できる限り家賃の安い物件を探すのがポイントです。

ちなみに、不動産会社によっては仲介手数料を割引するキャンペーンを行っている場合があります。 引越しするタイミングでこのようなお得なキャンペーンを行っている不動産会社が見つかれば利用してみてください。

新居での家具家電の購入費用を抑える

引越し後に家電・家具の買い替えを検討している方もいらっしゃるはず。 大型の家具・家電は価格が高いため、まとまって購入する場合は費用もかなりかかります。

なるべく引越し費用を抑えたいとお考えでしたら、フリマアプリやネットオークションを利用してみてください。 新品の最新機種ではなく中古品となってしまいますが、家電量販店などで購入するよりも格段に安く入手できます。 物によってはほぼ新品状態の家具・家電もありますので、じっくり探してみてください。

家具・家電付きの物件を選ぶのも費用を安く抑える方法のひとつです。

生活に必要となる大型家電や一部の家具がすでに備え付けられているので、新たに購入する必要がありません。 購入費用がカットされますので、引越し費用も安く済ませることができます。

最安料金で引越しするコツ(2) 適切な手段を選ぶ

引越しの方法は大きく分けて3つの方法があります。それぞれの特徴や料金のかかり方についてご説明していきます。

レンタカーを借りて自力で引越しする

軽トラックなどをレンタルしてご自身で運転、荷物の運搬をする引越し方法です。

自力での引越しのため、引越し業者に支払う料金がかかりません。 その代わり、レンタカー代やガソリン代、梱包資材代や手伝ってくれた友人・知人らへの謝礼などの費用がかかります。

自力ということで安く済むようなイメージもありますが、引越し業者を利用した場合と引越し費用があまり変わらない場合もあります。 というのも、距離が長ければそれに応じて時間がかかるため、軽トラックのレンタル代やガソリン代も高くなるためです。

また、手伝ってくれた方が多ければ支払う謝礼も高くなります。結果として引越し業者を利用するのとほぼ変わらない費用となる場合があります。

そうしたことから、レンタカーでの自力引越しは近距離で荷物が少ない引越しをする方に向いている方法です。

宅配便を利用して引越しする

荷物が少量の場合は、宅配便を利用して引越しできます。 宅配便は段ボールのサイズと届け先までの距離によって料金が決まっています。

引越し業者のように時期による価格の変動も起きないため、費用を計算しやすく少量の荷物であれば費用を安く抑えることが可能です。 荷物が少なく、大型の家具・家電を運ぶ必要がなく、さらに長距離の引越しであれば引越し費用を安く抑えられる可能性が高いため検討する価値があります。

費用がお得になる目安としては段ボール箱10箱以下で、それ以上になると引越し業者を利用した場合と料金がほぼ変わらない、もしくは高くつく可能性があるので注意してください。

業者に依頼して引越しする

引越し業者に依頼する最もスタンダードな引越し方法です。

引越し業者の料金は繁忙期と通常期で料金が大きく違うため、時期によってはそれなりの費用がかかります。 しかし、引越しのプロが荷物の搬入・搬出を行うため作業時間は大きく削減できるメリットがあります。

また、引越し作業中に起きた荷物や家屋やマンション共用部分の破損については補償されるケースが多いです。 というのも、ほとんどの引越し業者は保険に加入しているためです。

荷物量や時期、選ぶプランによってはレンタカーや宅配便よりも手軽・スピーディーな上に費用が安くなる可能性があります。 無理に自力で引越しする前に、必ず見積もりをとって料金を比較して検討してください。

最安料金で引越しするコツ(3) 適切な業者を選ぶ

スムーズで安全・安心な引越しをするためには適切な引越し業者選びが大切です。 みなさまがご自身に合った引越し業者を見つけ出すことができるよう、業者の特徴や選ぶポイントをご紹介します。

大手の引越し業者

全国展開している大手の引越し業者は他の業者と比べて料金は高くなりがちなものの、長距離引越しに対応、オプションサービスの充実といった点から、安心して引越しを依頼できます。

また、大型の家具・家電のみを運んでもらうというプランの選択で費用を抑えることも可能です。 家具・家電以外の荷物についてはレンタカーを利用して自分で運ぶという形にすれば、引越し費用の節約ができます。

地域密着型の引越し業者

地域密着型の引越し業者は、大手の引越し業者と比べて比較的安価な引越し料金であることがほとんどです。

業者にもよりますが、一般的には大手と比べて広告費がそれほど多くなく、引越し費用もそれに応じて安くなっているためです。

また、地域密着型の引越し業者は対応エリアを近距離に絞ることで作業効率を高めてコストカットし、安価な料金を提供している場合があります。 近距離の引越しであればぜひ検討してみてください。

軽貨物運送業者

軽貨物運送業者は個人事業主のため人件費がかかりにくく、引越し専門の業者よりも安く荷物を運搬できる可能性があります。 運搬に使用する車両も2tトラックのような大型のものではなく、小さな軽トラックで維持費がかからないため、リーズナブルな運搬料金に反映されています。

このように、軽貨物運送業者は比較的安く荷物を運搬できる可能性が高いですが、荷物量には注意が必要です。 使用車両が軽トラックのため、あまり多くの荷物を積み込めません。もし荷物が大量の場合は複数回に分けて運搬するため、作業時間がかかり料金が高くなる可能性もあります。

運転手付きレンタカーサービス

一般の方ではなかなか難しい大型トラックは運転手付きでレンタルできます。 基本的に荷物の運搬は自力となりますが、一部引越し作業については手伝ってくれます。

運転手の方に引越し作業を手伝ってもらわないことで料金を安く抑えることもできるので、予定している費用と照らし合わせてどのように利用するか検討してみてください。

最安料金で引越しするコツ(4) 時期やタイミングを考慮する

引越しは時期・タイミングによって料金が大きく異なります。料金が変わる理由やおすすめの引越し時期・タイミングをご紹介します。

引越し需要の多い時期を避ける

引越し料金を安くするには引越し需要の多い時期を避けるようにしてください。特に繁忙期は引越し業界が売り手市場となるため、料金も高くなるためです。

引越し料金が高く、費用を抑えたい方が避けた方がよい時期・タイミングは主に4つあります。

ひとつは引越しシーズンである繁忙期(3月~4月)です。入学・就職・転職など新生活スタート時期であり、引越需要が高まっています。

2つ目は土日祝日です。平日と違って、依頼者側が学校・会社を休まず引越しできるため、需要が高まります。

3つ目は月末です。旧居と新居の家賃を二重に支払うリスクをなくすため、月末に引越しする方がたくさんいます。

4つ目は大安などの縁起がよいとされる日です。ご年配の方など、縁起を重視する人は意外と多く、大安などは引越し需要も多くなります。

最安料金で引越しするためにはこれらの時期を避けるようにするのが大切です。

引越しの時間指定をしない

引越し料金を抑えるならば時間指定をするべきではありません。

一般的に午前便は荷物の運搬後に荷解きなどの後作業を午後に行えることから、引越し需要が高い傾向にあります。もちろん、料金も午後便よりも午前便の方が高くなります。

そういった意味で、最安料金で引越しするならば時間指定がなく、開始時間を引越し業者の都合に合わせるフリー便の方がリーズナブルになります。

早めに引越しの予約をする

引越し予約をなるべく早くすることで割引されたり、お得に適用できるプランが提案されたりします。

引越し業者にもよりますが、一般的に早期予約は依頼者にとって料金的にお得になるケースがほとんどです。 早期割引はもちろん、トラックの帰り便を利用できるプランなどを提案される場合があるためです。早い段階で引越しする予定が決まっているならば、ぜひ早期予約をしてみてください。

最安料金で引越しするコツ(5) 荷物量を少なくする

荷物量は引越し料金を決める大きなポイントです。最安料金で引越すために必要な荷物量を減らすコツをご紹介します。

積載量の少ないトラックを選ぶ

引越し用のトラックは積載量の少ないものを選ぶと引越し料金も安く済みます。

というのも、トラックの車種が小さくなればなるほど引越し業者側のコストが安くなるためです。 また、積載量が少ないということは運び出す荷物も少ないということなので、作業時間も短縮されます。 必要な作業スタッフも減らすことができるため人件費の節約になり、総合的に引越し費用を節約できます。

引越し業者の単身向けサービスを利用する

荷物の少ない単身引越しであれば、引越し業者が提供しているリーズナブルな単身向け引越しサービスを利用するのがおすすめです。

たとえば「単身パック」と呼ばれるサービスはかなり引越し費用を抑えることができます。 業者が用意する一定サイズのコンテナボックスに入る量のみを運搬するサービスで、荷物がかなり少ない方におすすめです。

「単身プラン」は通常の引越しとは料金体系が異なり、単身者に特化したプランです。 荷物量に応じて通常よりも割安になるため、条件によってはレンタカーの自力引越しや宅配便よりも安く済ませることができます。

不要な荷物を処分する

引越し前の梱包作業のついでに不要な荷物はなるべく処分してください。荷物が減ればその分だけ引越し料金を安くできます。

引越し料金を決めるポイントは荷物の量です。荷物が多ければ高くなりますし、少なければ作業時間やスタッフ人数を減らせるため引越し料金は安くなります。

たとえば、新居にて新たに家具・家電を買い替える、または備え付け物件である場合は古いものを処分してしまいましょう。 大型家具・家電の運搬がなければ荷物も大幅に減りますので引越し料金を抑えることができます。

「不要だけどまだ使える品」についてはフリマアプリやネットオークション、リサイクルショップで売却を検討してみてください。 安くても売れれば引越し費用の足しになりますし、ほとんど値がつかなかったとしても、荷物量が減りますので引越し料金の節約につながります。

首都圏の単身向け引越しで最安クラスの「ケーエー引越センター」

引越し料金を安くしたいと考えるならば、首都圏単身向け引越し業界最安クラスのケーエー引越センターがおすすめです。 ケーエー引越センターが最安クラスの料金を実現できている理由とお得な料金プランについてご紹介します。

ケーエー引越センターがリーズナブルな理由

ケーエー引越しセンターは徹底したコストカットを行い、首都圏の単身者向け引越しで業界最安値を実現している引越し業者です。

実際にケーエー引越センターで行われているコストカット例を以下にまとめます。

・無駄なサービスを省きオプション化(利用者が必要なサービスだけを選べる)
・訪問見積もりを行わない(人件費・車両維持費・ガソリン代のカット)
・首都圏エリアに絞っている(作業効率を高め、引越し受注件数を増やしている)
・下請け業者を使わない(自社スタッフのみとすることで中間コストカット)
・割安ながら高品質な中古トラックを使う(車両仕入れのコストカット)
・ガソリンをセルフで給油する(1円にこだわり地域で最も安いスタンドを使っている)

このように、ケーエー引越センターでは引越し業界では当たり前となっているようなサービスの中にある無駄を極限まで省き、徹底してコストカットを行っています。 もちろん、コストを削減してもサービスの質は高く、安価・安心・安全・スピーディーな引越しのプロとしての地位を確立しています。

ケーエー引越センターの料金プラン

爆安75パック

ケーエー引越センターで最も安い料金プランが「爆安75パック」です。 その名の通り料金は7,500円(税別)のみで、場合によっては宅配便を利用するよりも安く引越しできます。

かなりお得な引越し料金プランですが、利用するにはいくつか条件があります。

・荷物量は段ボール箱20箱以内
・同一区内、または隣接する区へのお引越し
・1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬(手伝いが必要)

上記の条件に当てはまる場合はぜひ検討してみてください。

超節約パック

一般的な引越し相場よりも安い料金で引越しできると人気のプランが「超節約パック」です。

料金は10,500円(税別)~でレンタカーを利用した自力引越しよりも安く済ませることが可能です。 しかも、プロが運転・運搬作業を行うので自力よりも安心かつスピーディーであることは間違いありません。

・平日である
・低層階から低層階への引越し
・依頼者が積み込み・積み降ろし作業を手伝う
・荷物量は段ボール箱50箱相当

上記の条件を満たすことができるのであれば、安心・安価・スピーディーな超節約プランを検討してみてください。

標準パック

ケーエー引越センターで最も人気の高いプランが「標準パック」です。

荷造り・荷解きは依頼者本人が行うものの、素人では難しい大型家具の荷造り・運搬はプロに任せることができます。 引越し時に必要となる最低限のサービスが詰まっているので、安価かつなるべく労力をかけずに引越ししたいという方におすすめです。 料金は13,500円(税別)~なので、一般的な引越し料金と比べれば格安となっています。

・平日である
・低層階から低層階への引越し
・段ボール箱90個~120個相当(量により料金が変わる)

上記の条件を満たすことができれば「標準パック」はかなりお得な引越し料金プランです。 安価で安心・手軽な引越しを希望するならばぜひ検討してみてください。

ちょっとした工夫で最安引越しは必ず実現できます

引越しは規模にもよりますが、引越し準備から新居での生活を整えるまでトータルに考えるとかなりの費用がかかります。 なるべく節約したいと考えるならば、敷金・礼金のない物件を探したり、引越しのタイミングを考えたり、荷物量を減らしたりなどの工夫が必要です。

工夫・検討するポイントはさまざまありますが、最も重要なのはどの引越し業者を選ぶかです。 大手は安心感がありますが料金は高めですし、軽貨物運送業者は積載量が低くサービスの質も業者によってまちまちです。 どの業者も一長一短あるものなので、ご自身の状況・条件に合うお得な引越し業者を選んでください。

首都圏の単身引越しということでしたらケーエー引越センターがおすすめです。「爆安75パック」を始めとした業界最安値クラスのさまざまな料金プランが用意されています。 リーズナブルかつプロに任せて安心・安全な引越しをご希望ならば、ぜひケーエー引越センターをご検討ください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる