12月の引越し費用の相場と安く抑えるコツ、年末ならではの注意点

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 12月の引越し費用の相場と安く抑えるコツ、年末ならではの注意点
引越しアドバイス
引越しアドバイス
12月の引越し費用の相場と安く抑えるコツ、
年末ならではの注意点
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。 引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「12月の引越し」についてわかりやすくご説明しますね!

12月引越しにはどのようなメリットがあるのか、上旬・中旬・下旬の引越し費用相場はいくらなのか、12月の引越しを安く抑えるコツ、年末ならではの注意したい点をまとめてご紹介していきます。 さらに、12月の引越しをリーズナブルに行える、おすすめの引越し業者もご紹介していきます。

12月に引越しするメリット

12月は早めに準備をして時期を調整すれば、金額的に引越しの狙い目となるタイミングです。 12月の引越しには具体的にどのようなメリットがあるのかまとめましたのでご覧ください。

12月前半は引越し費用が安くなりやすい

12月を前半と後半に分けて比較すると、意外なことに引越し費用に大きな差が出る傾向にあります。 実は前半は引越し費用が安く、後半が高くなる傾向にあるのです。そのため、12月に引越しを考えている方は前半が狙い目でありおすすめとなります。

12月前半の引越し費用が安くなりやすい理由として最も大きいのが「年末進行」です。

年末はほとんどの企業で冬休みに入ります。それまでに仕事を終えなくてはいけないため、会社員の方はまとまった休みを取りにくく引越し需要もやや減少しがちです。 その結果、引越し費用も安くなる傾向にあります。

こうしたことから、12月の引越し費用をお得にしたいならば、事前に12月前半に引越し日程を組むようにしましょう。 さらに確実に12月前半の引越しを行うために、早めに準備を進めておくことがおすすめです。

たとえば会社側に早い段階で引越し希望日に有給申請をしておいたり、仕事を先に進めておいておいたりすれば、年末進行のタイミングである12月前半でも休みを取りやすくなります。

また、賃貸物件探しも11月の早い段階で行うとお得です。実は11月は不動産業界が閑散期であり、新規入居希望者が減りやすい傾向にあります。 このタイミングは空室リスクを避けたいと考える大家さんも多くいるため、礼金等の初期費用が割引されるケースも少なくありません。

引越し業者へ支払う金額だけでなく、引越しにかかる費用全体を安く抑えるためにも早めに動いていきましょう。

新年を新居で迎えられる

12月前半に引越しを終えてしまえば、後半はゆっくりと荷解きや片付けなどの作業に専念できます。

そして、清々しい気持ちで新しい1年と新生活をスタートさせられます。 年末の慌ただしいタイミングや年明け早々に引越しの準備をしなくて済むので、12月前半の引越しはかなりおすすめです。

また、知り合いに新居の住所を年賀状で報告できるメリットもあります。

12月の引越し費用の相場と安く抑えるコツ

12月は一般的にどれくらいの引越し費用がかかるのかがひと目でわかるように「上旬」「中旬」「下旬」に分けて平均相場を表にまとめました。 また、12月の引越し費用をなるべく安く抑えるコツも解説いたしましたのでご覧ください。

12月の引越し費用の相場

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
12月上旬 32,400円 35,000円 58,000円 63,000円
12月中旬 30,120円 38,000円 60,480円 70,000円
12月下旬 36,860円 43,200円 70,000円 85,500円
単身(荷物少なめ)
12月上旬 32,400円
12月中旬 30,120円
12月下旬 36,860円
単身(荷物多め)
12月上旬 35,000円
12月中旬 38,000円
12月下旬 43,200円
2人家族
12月上旬 58,000円
12月中旬 60,480円
12月下旬 70,000円
3人家族
12月上旬 63,000円
12月中旬 70,000円
12月下旬 85,500円

上記表は引越し時の移動距離「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の平均によって算出された目安料金です。 そのため近距離であればこれより安くなりますし、都道府県外などの長距離であれば高くなると覚えておきましょう。

この表からわかるように、12月上旬・中旬まではほぼ費用は変わることがありません。しかし12月下旬以降は費用相場が一気に跳ね上がります。 これは年末に近くなればなるほど、まとまった休みが取りやすく依頼者が増加しやすいためです。

また、一人暮らしよりも2人家族、3人家族と人数が増えるほど引越し費用は上がることから、ファミリー世帯の引越しはより高くなりやすいと覚えておいてください。

  • 【出典】引越し侍「12月の引越し費用の相場」https://hikkoshizamurai.jp/price/month-december/
  • 本記事に記載した料金は2020年7月現在のもので、変更になる可能性があります。あらかじめご注意ください

12月の引越し費用をさらに安く抑えるコツ

引越し需要が集中し、割高になりやすい時期を避ける

引越し料金が高くなるのは需要が集中しやすい時期・時間帯です。 12月の引越しをさらにお得にしたいならば、需要が増えて料金が割高になるタイミングを覚えておき、避けるのがおすすめです。

週末である土日や祝日、12月末の冬休みのタイミングは、会社や学校を休まずに引越しができることから人気があります。 引越し需要が集中するため、費用も高くなるタイミングです。お得に引越しするならばそれらを避けるようにスケジュールを調整しましょう。

また、大安などの縁起の良い日もできる限り避けた方がお得です。 年配の方などは特にそうですが、縁起を気にして引越しをする方も多く、需要が集中しやすいためです。

逆に仏滅などの縁起が悪い日は引越し費用が安くなることもあります。 少しでも安く引越しを行うために、大安や仏滅等について六曜入りのカレンダーで確認しておきましょう。

午前中は一般的に引越し需要が集中する時間帯となり、費用が割高になる傾向にあります。 午前中に荷物を運搬すれば、午後の時間を活用して引越し当日中に作業の大半を終わらせられるためです。

お得な引越しを目指すならば、需要が集中しにくい午後便や作業開始時間を定めず業者の都合に合わせて引越し作業を行うフリー便を利用しましょう。

荷物を減らす

荷物量は引越し費用の金額を決める大きな要因のひとつです。 運搬する荷物が多ければ多いほど用意する車両は大型化し、派遣スタッフ数が増え、作業時間がかかるため、どうしても引越し費用が上がる傾向にあります。

引越し費用を安く抑えたいならば、荷物量をできる限り減らす工夫をしましょう。 12月の引越しということで、年末の大掃除を兼ねて大胆な断捨離やフリマ・ネットオークションを活用した不用品処分を進めてみてください。

相見積もりを行う

複数の業者に引越し見積もりを出してもらって、提示された金額が最も低い業者を選ぶのも、費用を抑えるコツです。

ただ、年末に近づくほど引越し費用が高くなる傾向にあることは覚えておきましょう。 見積もり依頼を出すのが遅くなればなるほど、平均費用が高くなるため、どんなに安い業者でも結果的に高くなる可能性があります。

相見積もりにより業者を比較検討する場合はなるべく早く行うのがおすすめです。

12月に引越しする際の注意点

年末となる12月の引越しは、他の時期とは異なる点がいくつかあります。 12月に引越しを検討している方が覚えておくべき注意点について解説していきます。

年賀状の転送手続きを行う

12月に引越しをする場合は必ず郵便局に転送手続きを届けておきましょう。転送手続きをしておかないと、旧住所に大量の年賀状が届いてしまう可能性があるからです。

転送登録されるまでには3~7営業日かかりますので、引越し日の10日前を目安に転送手続きを済ませるようにすると安心です。

また、年賀状のお返事は新住所を記入することを忘れないようにしましょう!

ライフラインの引越し手続きは早めに済ませる

12月の引越しでは電気・ガス・水道などのライフラインの住所変更手続きも必要です。 ライフラインの変更手続きは引越し当日の2~3週間前、遅くとも1週間前に手続きを済ませるのが一般的です。

年末である12月下旬に引越しをする場合は、業者が年末年始の長期休暇に入る前に済ませておく必要があります。 特に、年末は業者も繁忙期となりやすいので期間に余裕を持って手続きを進めるのがおすすめです。

住民税の納税地が変わる

引越しをすると住民税の納税地が変わります。住民税の納付先変更時期は引越し後に最初に迎える1月1日です。

たとえば、1月2日以降に引越しをした場合は引越し前の住所の地域に納付する形になります。 12月中に引越しをできれば新住所の地域に納める形です。

年末調整や確定申告、ふるさと納税など税金にかかわるアクションをする場合は住民税の納税地にも注意をしておきましょう。

年末年始に営業していない引越し業者がある

引越し業者も普通の企業ですから、大晦日から翌年の正月三が日まで休業しているところが少なくありません。 12月中、特に下旬に引越しをしたいと考えている場合はなるべく早く予約しましょう。

12月下旬は引越し需要が高く予約が埋まりやすいですし、業者の長期休暇と重なる可能性もあるためです。

スケジュール通りに荷物を搬送できない可能性がある

12月は師走と言われているように、多くの人や物が慌ただしく移動する時期です。 帰省ラッシュなどで渋滞が起き、引越し先への荷物の到着が遅れる可能性も実は少なくありません。

また、地域によっては雪で道路が塞がれたり、路面の凍結などがあったりします。

寒い地域へ引越す場合は悪路の運転に慣れている引越し業者に頼むのがおすすめです。 雪やアイスバーンなどの悪路の中での引越し実績があるか、運転技術に自信があるか依頼前に業者側に確認をしておくと安心できます。

防寒対策を行う

引越し作業は荷運びで人がバタバタと動き回り、長年動かしていなかった家具などを移動させるため、かなりホコリが舞います。そのため、引越しは窓を開けて作業するのが一般的です。

地域にもよりますが、12月の外気はかなり寒いので防寒対策を行うことをおすすめします。動きやすく引越し作業をしやすい薄手のダウンやカイロ、保温効果のある下着などを着込んでおきましょう。

12月の引越し費用を抑えやすい『ケーエー引越センター』

12月の下旬は引越し繁忙期になりやすく料金が上がりやすい傾向にあります。 なるべく費用を抑えたいと考えるのであれば、首都圏の引越し最安クラスのケーエー引越センターがおすすめです。

ケーエー引越センターが格安料金を実現できる理由

昨今、サービスの質を落として料金を安くするといった業者が増えてきています。 そういった業者は引越し料金を安く抑えたいという依頼者の気持ちを逆手に取るような悪質なところです。

ケーエー引越センターは作業の質を落とさず、徹底したコスト削減という企業努力によって格安料金を実現しています。

すべての業務を自社スタッフで行い下請け業者を使わないことで中間コストをカット。 さらに、中古車仕入れ業務により質が良く安いトラックを入手したり、ガソリンは地域で最安のセルフ給油を選んだり、作業効率を高めて人件費を抑えるなどしています。

さまざまなコストカットの中でも特徴的なのが「訪問見積もりなし」という工夫です。 訪問見積もりをしないことで派遣スタッフの人件費や交通費をカットすることで大幅なコストダウンを実現しています。 また、訪問がないので依頼者がスケジュールをあけて対応する必要がないため、気軽に引越しを頼めるというメリットもあります。

このようなさまざまな工夫によって、ケーエー引越センターは高クオリティのサービスと格安料金の両立を実現しています。

ケーエー引越センターの主な料金プラン

『爆安75プラン』

ケーエー引越センターで最も安い料金プランが『爆安75プラン』です。

ダンボール20箱以内ならば7,500円で引越し可能で、これは宅配便を利用するよりも安い価格となります。 もし、「荷物が少ないので宅配便を利用しようかな」と考えているならば、『爆安75プラン』を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにこちらの『爆安75プラン』には適用条件があります。

ダンボール20箱以内
ダンボールは自分で用意
荷造りは自分で行う(サイズ・重量目安は高さ・幅・奥行きの和が120cm以内で1個あたり10kgまで)
同一区内、または隣接する区へのお引越し
旧居の1階玄関から新居の1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬
依頼者による引越し作業の手伝いが必要となる
『超節約プラン』

単身引越しで一般的な荷物量であれば『超節約プラン』がおすすめです。

ダンボール50箱以内で近距離引越しならば10,500円から引越しできます。 この料金はレンタカーによる自力引越しよりも安いですし、プロのスタッフが1名派遣されますので安全・スピーディーに引越しできます。 自力引越しをするか迷っていた方ならば、ぜひ超節約もご検討ください。

ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
ドアツードア運搬で依頼者の手伝いが必要
平日であること

などが適用条件となります。

『標準プラン』

ケーエー引越センターで最も人気のあるプランが『標準プラン』です。

やや荷物量が多いという場合は『標準プラン』を検討してみるのがおすすめです。 ダンボール90箱相当であれば13,500円~、120箱相当なら24,500円から引越し作業を依頼できます。

料金もかなり安いですが、プロの引越しスタッフ2名(120箱なら3名)派遣されますので作業の品質もかなり高いプランとなっています。 荷物の多い単身者で安いプランをお探しならばぜひケーエー引越センターの『標準プラン』をご検討ください。

ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

が適用条件となります。

12月の引越しはなるべく早く進めることが吉

今回は12月の引越しの費用相場と注意点についてまとめました。

師走である12月は他の月と違って前半と後半では引越し料金に大きな違いがあります。

12月後半は引越し需要も高まりやすいため引越し業者の人員確保が難しいなどの理由から料金が高騰しやすく、スケジュールも埋まりやすい傾向にあります。 逆に12月前半は年末進行で休みを取りにくいことから引越し需要が集中しにくく、引越し費用が安くなりやすいです。

また、賃貸物件も、不動産業界の閑散期である11月ごろから探し始めると初期費用が割引になる可能性があります。

お得に引越しを進めたいと考えるならば、12月の特徴を理解してできる限り早く引越し準備・予約を行うようにしましょう。

また、引越しにともなうさまざまな準備も漏れがないようにして起きましょう。 たとえば郵便物の転送届や税金の確認、ライフラインの住所変更なども早いタイミングで事前に済ませておくと安心できます。

高騰しやすい12月後半の引越し料金をなるべく安くするには首都圏の単身引越しで最安クラスの料金プランを提供しているケーエー引越センターがおすすめです。 荷物の少ない単身引越しならば定額7,500円と格安の『爆安75プラン』がありますし、荷物の多い方でも『標準プラン』ならば十分に対応可能です。

ご自身の状況に合わせてプランを選択し、12月の引越しを進めていきましょう

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字飲みご記入ください。
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる