家具だけの引越しを安い料金で実現するには?料金相場と主なプラン

引越しアドバイス
引越しアドバイス
家具だけの引越しを
安い料金で実現するには?
料金相場と主なプラン

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは「家具だけの引越しを安い料金で実現するには?料金相場と主なプラン」について、ご説明しますね!

引越しといえば、家具家電を始め、生活雑貨や服など全ての荷物を運んでもらうイメージを持つ方が多いと思います。運ぶ荷物が多ければ多いほど、時間と人員がかかり費用もかさんでしまいます。

一方で、運ぶ荷物が少ない場合は、家具や家電の運搬を引越し業者に依頼することで費用を安く抑えられます。今回は、大きな家具や家電だけを安く運びたいという方にピッタリなプランや方法をご紹介します。

家具だけの安い引越しを行う主な方法と料金相場

単身での引越しなど荷物が少ない場合には、自分で荷物を運ぶことでリーズナブルに引越しを行いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

自力で運ぶことの難しい大型の家具や家電だけを業者に頼むことで安く引越しを行えます。以下では、家具だけの引越しに便利な引越し業者やその他の方法、料金相場について紹介します。

引越し業者の専用プランを利用する

引越し業者の家具専用の引越しプランは、梱包から搬入、設置までを行ってくれます。通常の引越しとは異なり、家具1点から運んでくれる業者もあるため、安く費用を抑えることが可能です。

ただし、家具のサイズや重さ、家財品の価格によっては断られてしまう場合もあるため事前に確認が必要です。また、運ぶ家具や家電の量が多い場合には費用が通常の引越しプランよりも高くついてしまう場合があるため注意が必要です。

以下は、引越し業者が行っている家具専用のプランや少ない荷物を運ぶ際に便利な引越しプランをまとめたものです。

引越し業者名 プラン名 料金の目安
ヤマトホームコンビニエンス らくらく家財宅配便 約10,000円〜
(都内間の引越しで、二人掛けソファーを運ぶ場合)
アーク引越センター 大物限定プラン 約20,000円〜
(同都道府県内の引越しでベッドのみを運ぶ場合)
日本通運 引越し単身パックL 30,800円〜
ボックスサイズ108cm×104cm×155cmに収まるサイズ、車で30分以上の距離
キタザワ引越センター 全国家財宅配便 約10,000円〜
(都内間の引越しで、大型冷蔵庫を運ぶ場合)
ファミリー引越センター 単品輸送便 約10,000円〜
(都内間の引越しでシングルベッドを運ぶ場合)
ヤマトホームコンビニエンス
らくらく家財宅配便 約10,000円〜
(都内間の引越しで、二人掛けソファーを運ぶ場合)
アーク引越センター
大物限定プラン 約20,000円〜
(同都道府県内の引越しでベッドのみを運ぶ場合)
日本通運
引越し単身パックL 30,800円〜
ボックスサイズ108cm×104cm×155cmに収まるサイズ、車で30分以上の距離
キタザワ引越センター
全国家財宅配便 約10,000円〜
(都内間の引越しで、大型冷蔵庫を運ぶ場合)
ファミリー引越センター
単品輸送便 約10,000円〜
(都内間の引越しでシングルベッドを運ぶ場合)

赤帽など軽貨物運送業者を利用する

軽貨物の運送を行う赤帽は、2時間以内の作業で、20km以内の運送距離なら、13,750円で行えます。車一台につきドライバーが1名のため、手伝いが必須条件となりますが低価格での引越しが可能です。

ただし、荷物の量や移動距離、作業時間により料金が異なる場合があるため、事前に見積もり依頼をしてください。長距離の場合は、引越し業者より高くつく可能性もあるため注意が必要です。

レンタカーを借りて自力で運ぶ

ご家族や友人など、運搬を手伝ってくれる方がいる場合には、レンタカーを借りて運ぶ方法もあります。ハイエースなど、積載量の多いワゴン車をレンタルすれば、洗濯機や一人暮らし用の冷蔵庫などは運べます。

レンタル会社により異なりますがトヨタレンタカーの場合、6時間9,900円で借りることが可能です。「乗り捨て」というワンウェイシステムを採用しているため、借りた店舗ではなく、新居の近くなど都合の良い店舗に車を返却できるのも嬉しいポイントです。

家具だけの引越しでさらに安い費用を実現するには?

家具だけの引越し費用をさらに安くするための工夫や注意すべきポイントについて紹介します。

引越しを機に買い替えを検討する

運搬する料金よりも引越し先で新しく購入した方が安くつく場合があります。また、家電製品には、寿命があるため、古くなると消費電力が大きくなって電気料金も上がる傾向があります。最新の省エネ家電に買い替えることで消費電力の削減も期待できます。

引越しのタイミングで買い替えを検討する場合には、下取りサービスを利用するのもおすすめです。処分する場合には、費用も算出しておく必要があります。テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンは、家電リサイクル法に従って購入した家電量販店が引き取ってくれます。費用は、製品によりますが、1,000~5,000円以内です。

上記以外の家電は、小型家電リサイクル法に従った処分が必要です。スマートフォンや携帯ゲーム機など品目によっては、無料の場合があるため、事前に確認してください。

毎日使うマットレスも5年ほどで劣化が見えはじめます。引越しのタイミングで買い替えを検討してください。

相見積もりをとる

引越し費用を安く抑えるコツの一つに相見積もりを取ることがあげられます。相見積もりとは、複数の引越し業者に見積もりを依頼することです。

ただ、ご自身で引越し業者一つ一つに見積もりを取るのは手間がかかってしまうため、一括見積もりサイトなどを利用するのがおすすめです。 複数の引越し業者とのやり取りが一気にできるため、金額の安い業者を選べます。

また、価格交渉がしやすいこともメリットです。デメリットとしては、しつこく連絡をしてくる引越し業者もいるため、お願いする業者が決まった場合には電話を無視せず断りの連絡を入れることをおすすめします。

不要な家具は処分・売却する

引越しのタイミングで、断捨離をすることも引越し費用を安く抑えるためのコツです。まだ使える家具や家電は、リサイクルショップに売却することでお小遣い稼ぎになる場合もあります。

手放す家具が大きい場合や、複数ある場合には、出張買取に来てもらうことで手間もかかりません。処分する際には、自治体で粗大ごみとして処分してください。また、家電は前述の通り、家電リサイクル法に従って処分してください。

家具だけの引越しを行う際の注意点

引越しを始める前に、大型の家具を運ぶ際の注意点をいくつか紹介します。

家具の採寸をしておく

運搬する家具が、引越し先に搬入できるサイズか事前に確認する必要があります。また、マンションの場合、エレベーターの有無や搬入方法によっては、別途オプション料金がかかる場合があるため見積もり段階で確認をしてください。

冷蔵庫や洗濯機の水抜きを済ませておく

引越し準備で忘れがちなのが、冷蔵庫や洗濯機の水抜きです。

冷蔵庫は、食材を全て外に出さなければいけません。引越し前までに食材を使い切るか、難しい場合はクーラーボックスの中などに保冷剤と一緒に保存してください。また、冷蔵庫によって水が溜まる部分が異なります。冷凍庫の霜を溶かすため、前日までには説明書を見ながら、水抜きを済ませておきくことが大切です。

洗濯機は、給水ホースの水抜き後、排水ホースの水抜きを行います。

《洗濯機の水抜き方法》
①洗濯機の中を空にしたら、蛇口を締めます。
②給水ホース内の水を抜くため、標準コースで洗濯機を回します。
③一分ほどで停止し、給水ホースを外します。
④再度電源を入れ、脱水を行います。
⑤排水ホースを抜きます。

取り外した排水ホースと脱水ホースは袋に入れるなどして保管してください。 また、洗濯機の蓋が運搬時開かないように養生テープなどで止めておくことも必要です。

タンスや棚の中身を取り出しておく

タンスや棚の中身は、事前に取り出してダンボールに梱包しておくのが大切です。家具の重量を減らし、運びやすくするために必要な作業です。引越し業者によっては、中身が入っている場合運ぶことを断られる場合もあります。

また、食器などは破損の恐れがあるため必ず取り出し梱包してください。食器棚など、扉や引き出しがついているものは梱包時開いてしまわないよう、養生テープなどで止めておいてください。

ピアノなど専用業者による運搬が必要な大型荷物はないか確認する

ピアノを運送する際には、専門の業者への依頼が必要です。ピアノの種類はもちろんですが、新居までの距離、入り口のサイズやエレベーターの有無、クレーン車の使用などによって料金は大きく変動します。

グランドピアノの場合、10km以内の近距離運送の場合は、約30,000円、入り口や階段が小さいなどの理由でピアノを運べず、部屋への搬入にクレーン車を利用する場合には、さらに10,000円以上費用がかかるため、ピアノなど専用業者による運搬が必要な荷物は事前に確認が必要です。

分解・組立作業が可能か確認する

組み立て式の家具を運搬する場合、基本料金内で分解を手伝ってくれる引越し業者が多いです。一部の引越し業者によっては、分解組み立てどちらも有料の場合もありますし、複雑な組み立ての場合のみ有料という引越し業者もあるため、見積もり時に確認が必要です。

ただし、分解不可の家具は、無理に分解すると破損の可能性があるため、運搬を断られる可能性があります。中には、運送時のトラブルを理解した上で、解体しないまま運んでくれる業者もありますが、破損時に保証もないため、注意が必要です。

家具の引越しも安い料金で実現可能なケーエー引越センター

首都圏を中心に格安なパック料金で引越しを行う『ケーエー引越センター』は、家具だけの引越しにも対応。三種類の引越しパックから、家具だけの引越しに適したパックを紹介します。

ケーエー引越センターとは?

東京と埼玉南部に特化した「ケーエー引越センター」は、徹底したコストカットにより、リーズナブルな費用での引越しを提供しています。 訪問見積もりを行わないことで、不要な人件費をカット、メールと電話のみで見積もりから成約を行える手軽さも魅力です。

また、引越し作業を行うのは自社スタッフのみのため、中間コストを削減。ダンボールなどの包装資材や時間指定などをオプション化し、必要なサービスだけをお客様にカスタマイズしていただくことで低価格を実現しています。

家具だけの引越しもお得なケーエー引越センターの料金プラン

前述の通り、「ケーエー引越センター」は、さまざまなコストカットにより、年間を通してリーズナブルな料金プランを展開しています。

とにかく安く引越ししたい方には「爆安75パック」がおすすめです。 ご自身でご用意いただいた20個以内のダンボールのお荷物をご自宅の一階玄関から新居の1階の玄関までの運搬で、料金は7,500円です。

同一区画、または隣接する区までの限定になりますが格安での引越しが可能です。ただし、ダンボール1箱の目安は、サイズが高さ・幅・奥行の輪が120cm以内で重さが10kg以内のため、大型の家具の引越しの場合には、以下のプランをご利用ください。

超節約パック

閑散期の平日でのお引越しなら『超節約パック』をご利用ください。

ダンボール約50個相当のお荷物の運搬で料金は10,500円~です。低層階から低層階へのお引越しが条件にはなりますが、格安でのお引越しが可能です。

スタッフが1名のため手伝いが必須にはなりますが、少ない家具や家電の引越しを行いたい場合におすすめのプランです。

標準パック

「ケーエー引越センター」1番人気の『標準パック』は、ダンボール約90個相当の荷物の運搬で、料金は13,500円~です。

スタッフ人数は、2名のため大型家具にも対応しています。荷物の量や、スタッフ人員数によっても料金が異なるため、見積もりでの確認が必要です。

家具だけの引越しなら引越し業者の専用プランがおすすめ

家具だけの引越しを安い料金で実現する方法とその料金相場について紹介しました。引越し業者が展開している家具専用プランは、家具1点からの運搬も対応している引越し業者もあります。低価格でありながら、プロにお任せする安心感が魅力です。

ケーエー引越センターでは、格安の引越し「爆安75」を始め、家具だけの引越しにも便利な「超節約パック」や「標準パック」をご用意しています。是非ご検討ください。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.