引越し作業前にやっておくべきこと

引越しアドバイス
引越しアドバイス
引越し作業前にやっておくべきこと

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「引越し作業前にやっておくべきこと」についてご説明しますね!

新居に引越しを行う場合は、やっておくべきことがいくつかあります。 新たな気持ちで新生活をスタートさせるために重要となりますので、少しでも参考にしていただければ幸いです。

近隣住民への挨拶を行う

引越し先が決まったら、近隣住民へ挨拶をする必要があります。親切にしてくれた方や今までお世話になった方に直接足を運んで挨拶する必要があります。

また訪問する際は1,000円程度の贈り物を準備するといいでしょう。中々訪問できない場合はメールや電話などで挨拶を行うと良いです。

転校手続きを行う

引越しに伴って通う学校が変更となる場合は、転校手続きを行う必要があります。手続きは学校によって違ってきますが、基本的に転退学通知書や転校確認書が必要です。

私立の学校であれば編入試験を受けなければなりませんので、事前に確認すると良いです。

使わない製品は処分しておく

荷造りをしていると不用品が数多く出てきます。 不用品は新居に持ち込んでも邪魔になる可能性が高いので、リサイクルショップなどに持ち込んで買取してもらうか、必要とされる方に譲って処分する方法があります。

また壊れてしまった製品に関してはリサイクルショップで回収してくれる場合もあります。

ライフラインの手続きを行う

電気やガス、水道などのライフラインの手続きは自身で行う必要があり、忘れていると新居に入居した直後にライフラインが使用できず困る可能性があるので、早めに行いましょう。

郵便局で転送手続きを行う

新住所に郵便物を届けてもらうために、郵便局に転居届を提出して転送手続きを行います。手続きを行うことで、旧住所宛の郵便物を1年間無料で届けてくれます。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!無料で見積してもらう
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.