タンスの中身や処分方法

引越しアドバイス
引越しアドバイス
タンスの中身や処分方法
荷造り方法や運び方をまとめました

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「タンスの中身や処分方法」についてご説明しますね!

タンスは、そのサイズが大きいだけに、引越し準備の際に荷造り方法や運び方、引越し先での設置について困ることが多いものです。しかし予め対策しておくことで、その殆どは防ぐことが出来るのです。

引き出しの中身はどうする?

タンスは、中身の衣類や服など引き出しに入れたままの状態でそのまま運ぶことも、引越し業者によっては可能です。 その際は、引き出しが飛び出ないようにガムテープで留めましょう。

ただし、タンスに衣類をギューギューに詰め込み過ぎているなど、中身の量が多い場合は、運んだ際に重さで引き出しの底が抜けるなど、タンスが壊れる可能性があります。

その場合は、中身を取り出して衣装ケースやダンボールなどに詰めましょう。 特にプラスチックのタンスは耐久性が無いため、持ち上げた途端に歪んで、引越し先に到着する頃には服など荷物の重みで壊れてしまうこともあります。

二階にあるタンスを運ぶには?

二階にあるタンスなどの家具を1階まで降ろすのは、引越しに慣れていない人にとっては非常に大変です。 運び方を間違えると階段の壁や床に傷をつける可能性が非常に高いのです。

大抵のタンスなどの家具の角は尖っているので、ちょっとぶつけただけでも簡単に壁紙が剥がれてしまい、階段の壁紙全部を弁償、なんてことになる可能性も。

引越し代を節約しようと友達や家族だけで済ませようとして、引越しに慣れていない人が頑張って運んでも、 失敗して壁紙を傷つけたり床を凹ませてしまったりして、補修代として高額のお金を請求される可能性もあります。 ここは自力で運ぶより、引越しのプロに任せた方が良いでしょう。

タンスが引越し先に搬入できない、入らない!?

大きい家具の場合、引越し先の玄関や窓から搬入しようとしても、入らない場合があります。

タンスやドレッサーなどの場合、上下が分離するタイプのものも中にはありますが、基本的には分解して運べるものではありません。

引越し先の搬入口となるであろう玄関や窓の幅や高さは予めしっかり測定しておき、引越し当日になってから慌てることのないようにしましょう。

どうしても引越し先に搬入することが出来ない場合、方法は3つしかありません。引越し先を変更するか、その家具を廃棄するか、またはリサイクル業者などに売るか、です。

タンスを分解して処分すれば家庭ごみになる?

廃棄の場合、タンスなどの家具を分解して処分すれば粗大ごみにならないと考える方も多いようですが、相当に細かくバラバラにしないと、普通の家庭ゴミとして回収はしてもらえません。

また、リサイクル業者に売れば、その家具を気に入って使ってくれる方が出てくるとも限りません。資源の有効活用の面からも、基本的には分解してどうにかしようと奮闘するより、リサイクルが推奨です。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!無料で見積してもらう
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.