11月に引越しするメリット・デメリット、費用の相場と安く抑えるコツ

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 11月に引越しするメリット・デメリット、費用の相場と安く抑えるコツ
引越しアドバイス
引越しアドバイス
11月に引越しするメリット・デメリット、
費用の相場と安く抑えるコツ
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは11月に引越しするメリット・デメリット、費用相場やお得に利用する方法について、ご説明しますね!

11月は1年間で最も引越し料金が安くなる時期で引越しするなら狙い目だと言われています。 秋の転勤シーズンも終わり、年末に向けて人の移動が少なくなることがその理由です。

まさに引越しの穴場的タイミングであり、費用を抑えて引越しをしたい方にとっては良い時期と言えます。

今回は11月の引越しの費用相場・平均料金や特徴、費用・引越し見積もりをさらに安く抑えるコツと、おすすめの格安業者をご紹介していきます。

11月に引越しするメリット・デメリット

11月の引越しは引越しにかかる平均料金が低く、狙い目といわれているタイミングです。実際に11月の引越しにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、具体的にご紹介していきます。

メリット

引越し費用を安く抑えやすい

引越し会社の料金はシーズンによって大きく変動します。

一般的に年度の変わり目で入学・就職のシーズンとなる3月~4月は繁忙期とされて、引越しを希望する方が多くて需要も高いことから、料金も割高になりやすい傾向にあります。 また、9月~10月も多くの企業で人事異動のシーズンになるため、料金がやや割高です。

逆に11月は引越し需要が少なく閑散期であり、引越し料金も割安になりやすい傾向にあります。 これは、9月~10月の人事異動シーズンが一段落し、引越し需要が落ち着く時期であることが関係しています。

引越し閑散期とされる11月で特におすすめなのが長距離の引越しです。 繁忙期と比べたら、長距離の引越し費用をかなり安く抑えられる傾向にあります。

というのも、閑散期であることから引越し会社もスタッフに余裕があり、長距離用のトラックもスケジュールが空いていることが多くなるためです。

希望の日程で引越ししやすい

11月は閑散期であり、引越し需要があまりありません。そのため引越し会社のスケジュールも余裕があり、希望日で予約を取りやすい傾向にあります。

希望どおりの日程で引越しを進めていきたいならば11月はまさに適しているタイミングです。

作業効率が上がりやすい

引越し作業をなるべく早く済ませたいと思っても、作業員のレベル次第で作業時間は大きく左右されます。

実は11月の引越しは作業効率がアップしやすい時期です。というのも、引越し需要が少ないことから、引越し会社でもスタッフに余裕が生まれます。 そのため、作業になれたベテランスタッフが割り振られる可能性も高くなり、作業効率がアップしやすい傾向にあるのです。

物件の初期費用が安くなりやすい

引越し需要が少ないことは物件の初期費用にも影響を与える可能性があります。11月は新たに賃貸物件を借りる人も減るため、敷金・礼金や家賃が下がることもあるのです。

大家さんとしてはたとえ値引きをしたとしても、長期の空室リスクにさらされるよりは良い、という考えがあります。

デメリット

11月は引越し需要が少なくお得な面もたくさんありますが、逆に引越し先となる物件の選択肢が少ない可能性があるというデメリットもあります。

そもそも11月は引越しする理由を持つ人が少なく、需要の低い閑散期です。そのため、空いている物件数も少なく、新規で賃貸を探すのは意外にも難しい傾向にあるのです。 もし11月に引越しを検討しているならば、早めに物件を探しておくことをおすすめします。

11月の引越し費用の相場と特徴

11月の引越しではどれくらいの費用がかかるのか、また引越し事情・特徴などをまとめていきます。

11月の引越し費用の相場

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
11月上旬 3万3,000円 4万円 6万円 8万円
11月中旬 3万5,000円 4万円 6万2,950円 6万8,000円
11月下旬 3万5,000円 4万5,000円 6万6,940円 8万円

上記表に記載されている費用相場は、移動距離15km未満の近距離~500km以上の長距離までの引越し費用の平均値となります。

この表から見てわかるように11月は上旬・中旬・下旬で引越し費用にそれほど大きな差はありません。 3人家族の中旬はやや低くなりますが、誤差の範囲と思っていただいて問題ありません。

ちなみに、単身引越しの場合は荷物量によって料金が異なってきますので、5,000円~1万円の差が出てくることを覚えておきましょう。 費用を抑えるならば不用品を処分して、荷物量を減らすようにしてみてください。

  • 【出典】引越し侍「11月の引越し費用の相場」https://hikkoshizamurai.jp/price/month-november/
  • 本記事に記載した料金は2021年5月現在のもので、変更になる可能性があります。あらかじめご注意ください

11月の引越し費用の特徴

11月は1年のうちでも引越し費用が比較的安くなる時期です。繁忙期より安いことはもちろん、通常期の中でも費用が安くなりやすい傾向にあります。

11月の引越し費用が安くなる理由としては、引越し需要そのものが少なくなる時期になることが挙げられます。 9月~10月にある秋の人事異動や転勤による引越し需要も落ち着き、人の流れが止まりやすいためです。

また、引越し費用と同様に賃貸物件の家賃も安くなる傾向にあるため引越しにかかる初期費用全体が安くなりやすい時期でもあります。

もし12月に引越しを検討しているのであれば、少し早めて11月に引越し予定を繰り上げて見積り依頼をだすとお得に引越しできる可能性があります。 12月は年末需要もあり、意外と引越し料金が高くなるためです。

11月の引越し費用をさらに安く抑えるコツ

11月は引越し費用が安い時期ですが、さらにコストを抑えるコツもご紹介します。

引越し費用が高くなるタイミングを避ける

引越し料金は曜日や時間帯によっても料金が変わります。費用をなるべく抑えるのであれば、割高になる引越し会社が忙しくなる時期を避けるのがポイントです。

引越し需要が高まるタイミングとして、週末の土日や祝日、月末だけでなく、大安、一粒万倍日、天赦日など縁起の良い日も挙げられます。 六曜が記載されたカレンダーを確認し、料金相場が割高になるこれらのタイミングを避け、平日や縁起が悪い日とされる仏滅などに引越しを行えば費用は安く抑えられます。

時間帯でいうと午前中は、依頼者が新居で荷解きの時間を取りやすいため引越し料金が高くなります。 そのため、午後便・夕方便のようなタイミングの方が引越し費用を抑えやすいです。

また、11月は文化の日と勤労感謝の日があり、年によっては3連休となる場合があります。 3連休となれば、上記でご説明したように引越し需要が集中しやすくなりますので、引越し費用を抑えたいならば避けることをおすすめします。

複数の業者から見積もりを取る

引越し費用を安く抑えるならば、複数社から見積もりをとっての比較もポイントになります。

大手業者より中小の方が安い傾向にあることはもちろん、格安を売りにしている引越し業者でも各社料金はかなり違ってきます。

できる限り複数社から見積もりを取って安い業者を見つけましょう。 見積もりを出す際には複数業者すべてに訪問してもらうのは大変なので、一括見積りサイトなどを利用すると手間がかからず便利です。

荷物を少なくする

荷物の量は引越し料金を決定する上でとても重要なポイントです。

基本的に荷物が多いほどそれを運び出すスタッフの人数が増えますし、運搬用トラックも大型化するので料金も高くなります。

また、荷物が少ない単身者向けのプランはかなり割安で、多くの業者で用意されています。荷物が少ない場合はぜひ利用を検討してみましょう。

もしダンボール10箱程度と荷物が極端に少ない場合は、宅配便を利用したほうが引越し費用を安く抑えられます。こちらも合わせて検討してみましょう。

自力で引越しする

引越し業者を使わずに、マイカーやレンタカーで引越しをする方法もあります。 かかる費用としてはレンタカー代やガソリン代、手伝ってくれた友人・知人らへの謝礼などです。 引越し規模にもよりますが、比較的費用を抑えやすい方法といえます。

ただ、自力引越しは自分で荷物の搬出・搬入・レンタカーの運転をすることになりますので体力はかなり消耗します。 また、大切な荷物を落下により破損させたり、集合住宅の共用部分にぶつかってキズをつけたりなどのリスクもあるので注意しましょう。

運び出しが難しい大型家具だけを引越し業者に割安で依頼する方法もありますので、ぜひそちらも検討してみてください。

費用の安い業者を利用する

引越し料金は業者によってかなり違います。 たとえば荷物がそれほど多くないならば、大手引越し業者よりも軽貨物運送業者などを利用したほうが費用を安く抑えられます。

軽貨物運送業者は一般的な引越し業者と違い、スタッフはドライバー1名で軽トラックにより運搬をします。 人件費が大幅にカットされますので荷物が少ないならば費用を安く抑えやすくなります。

また、地域密着型の引越し業者も検討してみてください。密着型の業者は引越し対応エリアを絞ることで業務を効率化し、コストを抑える工夫をしています。 それが引越し料金に還元されていることがほとんどですので、費用を大幅に抑えられる可能性があります。

11月の引越し費用を抑えるなら『ケーエー引越センター』

これまで11月の引越し費用相場や引越し事情、費用を安く抑える方法をご紹介してきました。 11月は料金面でいえば引越しするのにもってこいの時期であり、安く抑えたい単身者には特にメリットのある時期といえます。

さらにお得に11月の引越しを進めたいならば、格安引越しのケーエー引越センターを利用してみてはいかがでしょうか。

格安の引越し業者、ケーエー引越センターとは?

ケーエー引越センター』は首都圏の単身者向け引越しに特化した業者で、業界でも最安クラスを誇る料金プランがあります。 なぜ『ケーエー引越センター』が業界内でも驚きの安さを維持できるのか、その理由は独自の経営努力=徹底したコスト削減にあります。

ダンボール20箱以内
訪問見積もりをなくし不要な人件費をカット
下請けを使わず中間コストをカット
中古車仕入れ業務により安価で質の良いトラックを入手
稼働エリアを絞ることで業務の効率化・コストカット

このようにさまざまな企業努力をしていますが、中でも注目したいのが下請けを使わない点です。

中間マージンを発生させずにコストカットしていることはもちろん、全員『ケーエー引越センター』直属のスタッフであるため、プロとしての信頼感があります。 料金の安さだけでなく、熟練のプロの作業による安心感もケーエーの売りといえます。

また、『ケーエー引越センター』では多くのサービスをオプション化して必要なサービスのみを選べるようにしています。

たとえばダンボールの準備や養生、時間指定などご自身の都合に合わせて格安でカスタマイズできるわけです。 『ケーエー引越センター』ならば無駄がなく自分だけの引越しを行えるというわけです。

ケーエー引越センターの魅力

『ケーエー引越センター』にはさまざまな格安料金プランがあります。

その中でも最も安いプランが、宅配便よりも安いがコンセプトの『爆安75プラン』です。

ダンボール20箱以内で首都圏の引越しならば7,500円ポッキリと業界でも最安クラスの料金となっています。
ダンボールサイズ・重量の目安は高さ・幅・奥行の三辺の和が120cm以内かつ1個あたり10kg以内です。 このサイズ・重量で20箱以内に収まる荷物量であればぜひ検討したい格安プランといえます。
プランの適用には荷物量の他に移動距離(同一区内、または隣接する区へのお引越し)、1階から1階のドア・ツー・ドア運搬(依頼者の手伝いが必要)などの条件がありますので、依頼する際には必ず確認しておきましょう。

やや荷物が多い場合はレンタカーでの自力引越しより安いがコンセプトの『超節約プラン』がおすすめです。

ダンボール50箱以内で近距離であれば10,500円から引越し可能となっています。 熟練のプロが引越しのお手伝いをしてくれるので安心感がありますし、作業時間も自力でやるより短くできます。
適用条件はダンボール50箱であること以外は基本的に『爆安75プラン』と同等です。

単身で荷物が多い引越しを検討している人におすすめなのが『標準プラン』です。

こちらはダンボール90箱以内が目安で平均1万5,500円とかなりお得なプランとなります。 また、スタッフが2名以上派遣されますので、よりスピーディーで安心できる引越しが可能です。

また、『ケーエー引越センター』ではさまざまなオプションも格安で追加できます。 たとえば引越しに伴うエアコンの移設工事費用もかなり格安で行ってくれます。 エアコンの取り外し5,000円エアコンの取り付け7,000円となっていますので、必要であればぜひ検討してみてください。

11月は引越しの穴場!さらに安く抑えるなら工夫と良い業者選びを

今回は11月の引越しでかかる費用相場や特徴、メリット・デメリット、費用を安く抑えるコツなどをご紹介しました。

11月は繁忙期より安いことはもちろん、それ以外のシーズンの中でも引越し費用が安く収まりやすい時期です。秋の人事異動も一段落し、引越し需要がかなり落ち着くことがその理由です。

引越し費用が安い傾向にあるだけでなく、引越し需要が少ないことから、希望日での引越しをしやすく、作業効率が上がりやすいといったメリットもあります。 さらに新居となる物件の初期費用が安くなる可能性があるなど、副次的なメリットもあるため、11月の引越しはかなりお得です。

このように多くのメリットがあるため、もし差し迫った事情などがなければ11月の引越しをおすすめいたします。

さらに11月の引越しをお得に進めたいならば、荷物量を減らしたり時間帯や曜日にこだわったりしてみましょう。さらに引越し費用を抑えられます。 ぜひ工夫をしてリーズナブルな引越しを実現してください。

ケーエー引越センター』であれば、首都圏の引越しは最安クラスで行えます。 荷物量に合わせて『爆安75プラン』、『超節約プラン』、『標準プラン』から選び、お得で安心・安全な引越しをしていきましょう。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
※カレンダーからの選択のみ有効です。
スマホキーボードから文字を入力したデータは送信されません。
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる