5月の引越し費用相場|料金を抑えるコツとGWに引越しする際の注意点

引越しアドバイス
引越しアドバイス
5月の引越し費用相場
料金を抑えるコツと
GWに引越しする際の注意点

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは5月の引越し費用相場などについて、ご説明しますね!

4月は、多くの方が新生活を始める時期です。 この時期の引越しは、年度末の繁忙期に比べると落ち着いて進められる特徴があります。

5月は年度末を中心とする繁忙期が終わり、比較的に落ち着いて引越すのに適したシーズンです。 ただGW中や同月下旬の引越し料金は高くなりやすく、注意する必要があります。

そこで今回は5月の引越し費用の料金相場をふまえたうえで、利用料金を抑えるコツやGW中に引越す際の注意点などをご紹介します。

5月に引越しする際の費用相場

5月の引越しでコストを抑えるなら、費用相場の確認は怠れません。現時点での相場価格を示すと、以下の通りです。

5月の引越し費用の相場

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
5月上旬 34,000円 41,750円 70,000円 70,000円
5月中旬 31,500円 40,000円 70,000円 80,000円
5月下旬 35,000円 47,220円 70,000円 80,000円
単身(荷物少なめ)
5月上旬 34,000円
5月中旬 31,500円
5月下旬 35,000円
単身(荷物多め)
5月上旬 41,750円
5月中旬 40,000円
5月下旬 47,220円
2人家族
5月上旬 70,000円
5月中旬 70,000円
5月下旬 70,000円
3人家族
5月上旬 70,000円
5月中旬 80,000円
5月下旬 80,000円

上記の表は、単身者と2~3人家族について5月における「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の引越し費用の全平均をまとめたものです。

同表を見る限り、単身者の場合は荷物量に関係なく中旬が最も安く、上旬と下旬は高くなる傾向にあります。一方、家族世帯は全期間にわたり料金が大きく変動していません。

5月の引越し費用を安く抑えるコツ

5月の引越し費用を安く抑える大切なコツは、引越しのタイミングをよく検討することです。引越し業者から相見積もり取ったうえで依頼先を早めに決める姿勢なども、出費の節約につながります。

5月中旬に引越しするか、6月に引越し時期をずらす

5月に引越すなら、中旬が適しています。場合によっては、6月に引越し時期を変更できるか再検討することも重要です。参考として、まず4月および6月の引越し費用の相場をご紹介しておきます。

4月および6月の引越し費用の相場
単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
4月上旬 50,000円 65,000円 102,340円 120,000円
4月中旬 40,000円 52,500円 80,000円 90,900円
4月下旬 38,000円 50,000円 80,000円 86,000円
6月上旬 35,000円 35,000円 62,240円 70,000円
6月中旬 34,700円 41,520円 67,000円 75,000円
6月下旬 35,128円 44,640円 66,980円 79,000円
単身(荷物少なめ)
4月上旬 50,000円
4月中旬 40,000円
4月下旬 38,000円
6月上旬 35,000円
6月中旬 34,700円
6月下旬 35,128円
単身(荷物多め)
4月上旬 65,000円
4月中旬 52,500円
4月下旬 50,000円
6月上旬 35,000円
6月中旬 41,520円
6月下旬 44,640円
2人家族
4月上旬 102,340円
4月中旬 80,000円
4月下旬 80,000円
6月上旬 62,240円
6月中旬 67,000円
6月下旬 66,980円
3人家族
4月上旬 120,000円
4月中旬 90,900円
4月下旬 86,000円
6月上旬 70,000円
6月中旬 75,000円
6月下旬 79,000円

上記の表は、単身者と2~3人の家族世帯について4月および6月における「15km未満の近距離から500km以上の長距離まで」の引越し費用の全平均をまとめたものです。

4月は年度末である3月に近く、上旬を中心として5月より相場価格は高い傾向を示しています。それに対し6月の価格は5月上旬や下旬に近似し、条件次第では5月中旬より安くなる場合があります。

単身者に限ると、引越し費用が安くなる可能性の高い時期は5月中旬です。「荷物少なめ」31,500円・「荷物多め」40,000円であり、いずれも6月全体より安くなる傾向が見られます。

これらの点をふまえると、5月中の引越しが必須でない場合は6月上旬への日程変更を検討するのも出費を減らすには良い選択肢です。

複数の引越し業者から相見積もりを取る

引越し業者選びでは、複数社に見積もりを用意してもらう相見積もりを取るのが得策です。

各社から見積もりを入手すると、それぞれの提示金額を比較検討したうえで依頼先を選べます。いずれも契約を取りたいと考えるため、総じて提示額は相場より安くなりがちです。

引越し業者を早めに決めておく

5月に引越しを予定する際、依頼先となる引越し業者は早めに決めておくことが大切になります。

繁忙期の過ぎた5月も、余裕をもって引越せるとは限りません。3~4月に移転できなかった方々が引越すケースは珍しくなく、費用が安いタイミングで引越しを予定するなら早めに準備しておくのがコツです。

不用品は処分して荷物を減らす

不要品の処分による荷物の少量化も、5月の引越し費用を抑えるのに効果があります。

上記の費用相場が示す通り、とくに時期を問わず荷物が増えると相場価格も上昇するのが普通です。不要品のゴミ出しやリサイクルショップなどでの売却が面倒でも、荷物を減らすと費用の負担を軽くできます。

5月のGW(ゴールデンウィーク)に引越しする際の注意点

5月に引越しできる時期がGW期間のみに限られる場合、日程調整や移動手段の確保には注意が必要です。

定額料金プランのある引越し業者を利用する

GWの引越しで予算オーバーになるリスクを避けるには、定額料金プランのある引越し業者を利用する方法があります。

5月上旬の引越しは、GWが含まれる関係もあり費用相場は高くなる傾向です。資金繰りが厳しいなか大幅な日程変更が難しいと、予算オーバーになる恐れがあり注意は欠かせません。

定額料金プランの活用は、GW期間に予算内の費用で引越しを進めるのに適しています。なかでも『ケーエー引越センター』が用意するプランはおすすめです。

『ケーエー引越センター』は首都圏の単身引越しを低価格で実現できる地元密着型の引越し業者であり、「爆安75パック」はGW中も7,500円で定額利用できます。

適用条件は、「荷物は自ら用意したダンボール20箱以内(箱のサイズに指定あり)」「同一区内か隣接する区への引越し」「1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの引越し(運搬の手伝いは必須)」です。

GW後半の日程での引越しを検討する

同じGWに引越しを進めるのであれば、日程は同期間の後半を検討したほうが費用の軽減を見込めます。

GW中の引越し費用は連休のため高くなる傾向にありますが、それでも前半より後半のほうが引越し件数は減少する流れであり相対的に費用は低くなる場合があります。

同期間の引越し費用に前後半で若干の差が生まれやすい要因は、前半が4月末にあたり引越し需要が高いためです。月末の引越しは家賃の二重払いを避けやすく人気があり、相場価格も上昇傾向に向かいます。

スケジュールの都合からGWの引越しが不可避であれば、引越し需要の下がる後半に予定したほうが出費を安く済ませるには有効です

長距離引越しの場合、自分や同居家族の移動手段も早めに確保しておく

引越しが長距離になる場合、自分や家族の移動手段は早めに確保しておくことが求められます。

GWになると、全国的に人の流れは活発化します。実家への帰省や行楽目的で、長距離移動するケースも少なくありません。新幹線や飛行機のチケットからレンタカーまで、直前に予約するのは難しくなります。

予定通りに引越し業者を頼めても、自分たちの移動手段がないと新居に荷物が届いたタイミングで受け取れなくなる恐れがあります。そんな事態を防ぐには、移動手段の確保が不可欠です。

一般的にGWは長距離移動する交通機関の利用者が増えるものの、新幹線や飛行機のチケット予約、またレンタカーの確保を早めに済ませておくと自分たちが足止めされる事態を防げます。

単身パックや混載便は時間がかかることを想定しておく

GWに引越す際、あらかじめ単身パックや混載便は時間がかかると想定しておくことが必要です。

引越し業者は、トラックの荷台に余裕があると作業効率をよくするため荷物量の少ない単身パックをはじめ複数の引越し荷物を混載する可能性があります。

荷物の混載により配送先が多くなると、それだけ移動には時間を要します。とくにGWは行楽目的などの人出が増えるため道路は混雑し、引越し車両も渋滞に巻き込まれる可能性が高まります。

通常期でも混載便は多くの移動時間を必要とする傾向にありますが、さらにGW中は時間がかかると想定する意識が欠かせません。

5月に引越すならタイミングを考えて

5月の引越しでは、タイミングを考えることが大切です。 できるだけ費用を安く抑えるなら、5月中旬がおすすめできます。GWを外せない場合には、同期間の後半を選ぶとコスト軽減に効果的です。

ケーエー引越センター』はいつでも定額利用できるプランなどを用意しているので、リーズナブルな引越しを実現する際にはぜひ活用してください。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!即回答します!今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※gmail(×××××@gmail.com)には、こちらからの返信メールが届かないケースがあります。他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.