6月の引越し費用相場|梅雨ならではのメリット・デメリットとは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 6月の引越し費用相場|梅雨ならではのメリット・デメリットとは?
引越しアドバイス
引越しアドバイス
6月の引越し費用相場
梅雨ならではの
メリット・デメリットとは?
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
低金利の引越しローン 敷金・礼金等の初期費用や家具・家電など多目的に使える!

ケーエー引越センターの神代優也です。引越し業界10年。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。

このページでは「6月の引越し費用相場とその特徴」について、ご説明しますね!

6月の引越し費用相場はどれくらいなのか、梅雨の時期ならではのメリットやデメリット、6月の引越しで注意すべき点とその対策、6月引越しでおすすめしたい引越し業者もご紹介していきます。

6月の引越しの費用相場

6月の引越し費用の相場

単身(荷物少なめ) 単身(荷物多め) 2人家族 3人家族
6月上旬 35,000円 35,000円 62,240円 70,000円
6月中旬 34,700円 41,520円 67,000円 75,000円
6月下旬 35,128円 44,640円 66,980円 79,000円
単身(荷物少なめ)
6月上旬 35,000円
6月中旬 34,700円
6月下旬 35,128円
単身(荷物多め)
6月上旬 35,000円
6月中旬 41,520円
6月下旬 44,640円
2人家族
6月上旬 62,240円
6月中旬 67,000円
6月下旬 66,980円
3人家族
6月上旬 70,000円
6月中旬 75,000円
6月下旬 79,000円

こちらの表は6月の上旬・中旬・下旬における「15km未満の近距離から500km以上の長距離」までの引越し費用全平均をまとめたものです。

荷物量や引越しする人数によって多少のバラつきがあるものの、傾向としては6月下旬に引越し費用が高くなっています。 これは、引越し業界では常識となっている「月末需要」が発生しているためです。

月末は家賃の二重払いを防ぎやすいことや、月末に引越しをして次月初めに新しいスタートを切りたいと考える人が多いことが関係しています。

  • 【出典】引越し侍「6月の引越し費用の相場」https://hikkoshizamurai.jp/price/month-june/
  • なお、本記事に記載した料金は2021年10月現在のもので、変更になる可能性があります。あらかじめご注意ください。

6月に引越しするメリット・デメリット

1年のうちでも6月はリーズナブルに引越ししやすいタイミングです。ここからは、6月引越しには他にどのようなメリットがあるのか、そしてどのようなデメリットがあるのかをまとめてご紹介していきます。

メリット

リーズナブルに引越ししやすい

6月の引越しはそれほど引越し料金が高くないことがメリットです。これは、繁忙期となる3月~4月、さらに長期連休のあるGWを過ぎた6月は引越し需要そのものが少なくなる傾向にあるためです。

また、6月は梅雨のシーズンに迎えるタイミングであり、作業をしにくいことから引越しを控える人も多くいます。

このような理由から6月は引越し需要が少なく、リーズナブルになりやすいのです。

希望の日程を選びやすい

6月は希望の日程を選びやすいのがメリットです。前述の通り、6月はさまざまな理由から引越し需要が少なく、引越し業者のスケジュールも余裕があるためです。

たとえば、縁起が良いとされる大安などの吉日や、比較的需要の高い午前中でも引越しスケジュールに空きがあることも珍しくありません。

余裕を持って希望日に引越しをしたい場合は6月が狙い目です。

空き物件を見つけやすい

6月の引越しはお部屋探ししやすいのもメリットです。繁忙期と異なり、物件探しのライバルが少なく、ゆっくりと物件を吟味しやすいためです。

実際、6月は不動産会社としても賃貸の問い合わせが少ないタイミングです。新規入居者を確保したいと不動産会社や大家さんも考えるため、ゆっくり物件を探せるとともに、家賃・条件交渉をしやすい時期でもあります。

物件探しの面からも、6月の引越しはこのようなメリットがありおすすめです。

料金交渉をしやすい

引越し料金を安く抑えられる可能性があるのも6月引越しのメリットです。

繁忙期やGWが過ぎたこの時期は引越し需要が大きく減少します。新規依頼者を獲得するため、各引越し業者では価格競争を行ったり、期間限定で引越し料金を値下げしたりなどのキャンペーンを行うことがあるためです。

デメリット

梅雨のシーズンと重なる

6月は雨により引越し作業が思うように進まない可能性があることがデメリットです。梅雨の時期であり、引越し予定日が大雨で荷物が濡れたり作業が大幅に遅れたりするなどのリスクがあります。

梅雨のシーズンであることを理解し、当日は余裕を持ったスケジューリングをしておくのがおすすめです。また、濡らしたくない荷物は雨対策をしておかないと汚損・劣化の恐れがあるのでご注意ください。

祝日がない

6月は祝日がないため引越しを休日または平日に会社・学校を休んで行う必要がある点がデメリットです。 また、梱包作業を土日や平日に行わなくてはいけないため、荷造りする時間が足りなくなってしまう場合もあります。

6月は祝日がないことを踏まえた上でのスケジューリングを心がけてください。

大雨でも引越しのキャンセルには料金がかかる

大雨により作業困難となった場合もキャンセル料がかかる点がデメリットです。

引越し業者としては、予定日時に合わせて人員や車両を用意します。当然のことながら人件費・ガソリン代などがかかっているため、どのような理由でも作業中止となればキャンセル料を支払ってもらわなければ赤字になってしまいます。

6月は梅雨のシーズンで雨天の多い時期であるため、キャンセル料発生リスクが起こる可能性があるので注意してください。

6月に引越しする場合の注意点

6月は閑散期であるため引越し料金もリーズナブルで、部屋探しもしやすいタイミングです。

しかし、梅雨の時期である6月ならではの注意点もあります。引越し時にはどのような対策をしておくべきかまとめましたのでご参考ください。

雨天時でも荷物が濡れないように対策しておく

G6月の引越しでは雨対策をしておくことが大切です。特に本や家電、水の後が残りやすい革製品など、濡れに弱い荷物は対策しておかないと故障や汚損・劣化する可能性が高まります。

濡れては困る荷物はダンボールに入れるだけでなく、ビニールシートや大きめのゴミ袋、または梱包材を敷き詰めるなどして念入りに対策を施してください。

また、ダンボールも濡れ対策のために補強しておきましょう。というのも、ダンボールは紙でできているため水で濡れると強度が大幅に落ちます。 底抜けによる荷物の破損などの恐れがあるため、補強はしっかり行ってください。

ダンボールの底に紙を敷く、なるべく厚みのあるダンボールにするなど工夫を考えてください。

新居での除湿対策を考えておく

6月の引越しでは新居の除湿対策を事前に考えておき、速やかに実行してください。

雨の日に引越しをする場合、濡れた荷物やダンボールを運搬することとなり、新居に大量の湿気を持ち込むこととなります。 何も対策をしないと、せっかくの真新しい新居がジメジメしてしまい、カビが発生する可能性があるので注意が必要です。

濡れたダンボールは速やかに処分する、換気扇を回して空気を循環させる、除湿機などを活用するなどして、新居に湿気を持ち込まないよう気をつけてください。

冷蔵庫の食材は引越し前に使い切る

6月のジメジメした空気はカビが発生しやすく、食材も腐りやすくなります。そのため、引越しの前には食材を使い切っておくようにしましょう。

引越しの基礎的な知識として、冷蔵庫は前日までに電源を落として水抜きを済ませておく必要があります。 このときに食材が残っていると、たった一晩であっても腐ってしまう可能性があります。そのため、常温保存できるもの以外はすべて使い切ることが大切です。

6月の引越しには「ケーエー引越センター」がおすすめ

閑散期となる6月は料金的に引越し向きの時期ですが、雨天での作業になる可能性があるなど、注意点も複数あります。

ここでは6月の引越しをリーズナブルかつ安心・安全に進められる『ケーエー引越センター』についてご紹介します。

ケーエー引越センターとは?

ケーエー引越センター』は首都圏の地元密着型の引越し業者で、単身者向け引越しでは地域トップクラスの低価格を誇ります。

訪問見積もりのカットやサービスのオプション化、下請けを使わず中間コストを排除するなどさまざまなコストカットを徹底的に行うことで業界でも最安クラスの引越し料金を実現しています。

首都圏でなるべく安く引越しをしたいとお考えならば、ケーエー引越センターはぜひ検討していただきたい業者です。

6月の引越しにケーエー引越センターがおすすめの理由

引越し費用を抑えやすい

ケーエー引越センターでは「爆安75プラン」という定額引越しプランが用意されています。荷物量や距離などの条件が合えば土日祝や繁忙期であっても定額7,500円にて利用できるプランです。

荷物の少ない引越しで料金を安く抑えたい場合、宅配便利用という方法もあります。 しかし、最短でも翌日配送である点がデメリットです。 ケーエー引越センターの「爆安75プラン」ならば、新居へ当日荷物が運べますし、引越し料金も定額7,500円であるため、宅配便を利用した引越しよりも安くなる可能性があります。 ただし、利用には以下の条件を満たす必要があります。

・ダンボール20箱以内の荷物量
・ダンボールのサイズ・重要は幅・奥行・高さの3辺の和が120cm以内で、1箱あたりの重量が10kg以内
・引越エリアは東京23区内・近接エリア間運搬のみ
・1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドア運搬で、利用者の手伝いが必要

ケーエー引越センターには他にもお得な料金プランが用意されており、それぞれ条件が合えば費用を抑えてリーズナブルに引越し可能です。

雨天時の作業に慣れたスタッフが多い

ケーエー引越センターは若いスタッフが多いですが、経験はかなり豊富で作業には安心感があります。 エリアを首都圏に絞ることでスケジュールを濃密にして作業効率を高めているため、自然と実践経験が豊富になっているためです。

もちろん雨天での作業にも慣れているスタッフが多く、雨の多い6月の引越しでも安心して作業を任せられます。

6月の引越しは天候に注意すればリーズナブルでお得

6月は引越しシーズンおよびGWを過ぎた時期で引越し需要が落ち着いているため、引越し料金相場も抑えめとなっています。 また、物件探しもしやすいため、じっくり腰を据えて引越しをしたい方に向いています。

ただし、6月は梅雨のシーズンに入るため雨天も多く、雨の日の引越しになる可能性もあります。 大切な荷物の汚損・劣化を防ぐためにもダンボールや荷物の雨対策はしっかり考えてください。また、6月は祝日がないため梱包作業は早めに進めておくことをおすすめします。

首都圏で6月の引越しをお考えであれば『ケーエー引越センター』がおすすめです。

定額7,500円の「爆安75プラン」を始めとして首都圏でもトップクラスの低価格を実現しているため、リーズナブルに引越しすることが可能です。 また、スタッフの経験値が高いため、雨天でも安心して作業を頼めるのでおすすめです。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:30-20:30 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる