引っ越し挨拶、一人暮らしでも必要?挨拶しないのアリ?

引越しアドバイス
引越しアドバイス
引っ越し挨拶、
一人暮らしでも必要?
挨拶しないのアリ?

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「引っ越し挨拶、一人暮らしでも必要?挨拶しないのアリ?」についてご説明しますね!

引っ越したときの「近隣への挨拶」は、一人暮らしの人でも必要なのでしょうか?

一人暮らしの人だけに限定すれば、ほとんどの割合で「引越しの挨拶をしない」という調査結果もあります。 近隣への付き合いが希薄になっている現在「引っ越し時の挨拶」そのものが形骸化しているということなのでしょう。とはいえ、単身の人でも「引っ越し時の挨拶」にはメリットがあります。

引っ越し時に挨拶しておくことのメリット

多くの場合、一人暮らしの人が引越先に選ぶ物件はワンルームマンションです。

少し広めの場所を選んでいたとしても1LDKまで(もちろん特例もありますよ)。子供のいる家族連れ世帯とは異なる環境ですね。

そのような場合、左右上下の隣人も同じ単身者である可能性が高くなります。日頃の挨拶さえも遠慮しがちではありますが、それはお互いの顔が見えていないから。 最初の引っ越し時に挨拶しておけば、その関係性が少しだけ良くなるかもしれません

相手を詳しく詮索したり、無理して仲良くなったりする必要もありません。ちょっとだけ「顔見せ」するだけで良いのです。 こうしておけば、外出時にタイミング良く出くわしたときでも、軽く会釈するのに抵抗感がなくなります。相手の顔がわかってさえいれば、騒音やゴミ出しなどのトラブルだって起きにくくなるものです。

加えて体調の異変など、緊急を要する場面でも隣人へ助けを求めやすくなりますよ。

また、引っ越ししたときの挨拶がきっかけで友人付き合いが始まったり……なんてことも少なくありません。 たとえ頻繁に引っ越す人であっても、引っ越しは人生における転換点。隣同士になるのも何かの縁なのですから、数少ない出会いを大切にしてみてはいかがでしょうか

引越し時に挨拶することで受けるデメリット

引っ越ししたとき、挨拶することのメリットは前述の通りですが、そんなに都合よくいかないのも事実。

挨拶へ伺っても居留守を使われて出てこないとか、挨拶だけなのに変な目で見られたとか、怖い人が住んでいて部屋に入るよう強要されたとか、挨拶がきっかけで宗教へ勧誘されるようになったなど、挨拶することで起こるトラブルは枚挙に暇がありません。

また、引っ越しする本人が男性で隣人が女性だった場合、挨拶するだけのつもりでも相手は警戒しがちです。 逆に、引っ越しする本人が女性で隣人が男性だった場合、相手から性的な目を向けられるかもしれません。

せっかく挨拶したのに室内の生活音や外出時の応対など、その都度で意識して警戒するのでは気苦労が絶えないというもの。 外出時にタイミングよく玄関口で出くわす程度なのですから、このようなデメリットを考えれば「引っ越しの挨拶をしない」という選択肢もアリだと言えるでしょう。

近隣への挨拶は仲介してもらった不動産に相談する

結果として、引越時の挨拶におけるメリットとデメリットは、どちらも相手次第ということがわかってきます。そこで近隣への挨拶は、事前に仲介してもらった不動産へ相談してみましょう。

不動産の人は、同じアパートやマンション内の情報をある程度まで把握しているものです。 近隣へ引っ越しの挨拶がしたい旨を伝えれば、個人情報の範囲内で「右隣の人は女性なので挨拶には気を配ったほうが良いですよ」「上の階に住んでいる人は、夫婦で住んでいるから2人の揃っている時間帯に挨拶したほうが良いですよ」など的確なアドバイスしてくれるはず

逆に「引っ越し時の挨拶は必要ないですよ」と言われれば、それはそれで「引っ越しの挨拶をしない」ための免罪符にもなります。 挨拶の件を含めて、仲介してくれた不動産の人とは何かと仲良くしておくと損しませんよ。

引越先に大家が住んでいる場合は挨拶しておくべし

新しく引っ越してくるということは、大家にとっても「どんな人が引っ越してくるのだろう」と気にかけているもの。

引っ越し時の挨拶は、自身を知ってもらう数少ない機会でもあります。引越しするマンションに大家が住んでいる場合は、たとえ一人暮らしであっても速やかに挨拶しておくべきです。

引っ越した当日、または数日以内に引っ越しの挨拶をしておけば、大家との今後の付き合いも円滑になるからです。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!無料で見積してもらう
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.