転勤の準備に伴う手続き|新天地への赴任が決まったらやることは?

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 転勤の準備に伴う手続き|新天地への赴任が決まったらやることは?
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
新型コロナウイルス対策実施 トラック全車両・社内徹底殺菌 業務用オゾン発生器でウイルス死滅 アルコール消毒液で殺菌 ※ オゾンはウイルスも細胞も死滅させます。 オゾンは、その強力な酸化作用によって、細胞構成成分である核酸(DNA、RNA)を溶解し、ウイルスも細胞も死滅させます。また遺伝子が変化した耐性菌を作らないのも特徴です。
引越しアドバイス
引越しアドバイス

転勤の準備に伴う手続き
転勤が決まったらやることは?

「転勤を言い渡されたけど引越しまであまり時間がない…」
「引越し準備を、具体的に何から進めればいいのかわからない」
「時間がないからパッと見積もりできて安くお得な業者を探したい!」

会社にもよりますが、転勤を言い渡されるのは1ヶ月前くらいがほとんどです。 一見すると時間がありそうに見えますが、会社の引き継ぎだけでなく引越し準備や各種住所変更、新居の物件選びなどやることは多いもの。 1ヶ月では足りない!と思う方も少なくなく、何をすればいいのか、何から進めたら良いのかと頭を悩ませる人もたくさんいます。

そこで今回は転勤による引越し準備では何をしていけばいいのか、それをわかりやすくご紹介いたします。

転勤の準備の基礎知識

転勤の準備期間の目安

転勤までの準備期間は、内示(言い渡し)または転勤の辞令が下ってから約1ヶ月程度が最も多い傾向にあります。

ただし「転勤を伴う人事異動は、何日前までに該当社員に通達しなければいけない」という法令上の定めはありません。 社内規則や会社の事情などによっても告知タイミングは異なり、場合によっては転勤辞令から1~2週間しか準備期間がないということも。逆に2ヶ月~半年と準備期間に余裕のあるケースもあります。

転勤時、家族がいる場合に決めること

転勤の際、ご家族がいらっしゃる場合は「単身赴任」にするか「家族一緒に引越す」のか決めなくてはいけません。 単身赴任を選択した場合、本人と家族それぞれが別の場所で暮らすことになるため、生活費も二重にかかります。

また、家族が離れて暮らすことで寂しさも感じることでしょう。経済的だけでなく、精神的負担は少なくありません。 一方、家族一緒の引越しの場合、転勤する本人だけでなく、家族全員にさまざまな変化を強いる形になるかもしれません。 お子様の転校、共働きであればパートナーの仕事への影響、家族全員分の行政手続き、など引越し先での新生活に慣れるまでは家族全員がストレスを抱えてしまう可能性があります。

会社の都合やご家庭の事情などを考慮し、単身赴任にするか家族一緒に引越すかを決めましょう。

【時期別】転勤の準備の主な作業

転勤の決定直後にすること

引越し業者の手配

転勤が決定したら、引越し業者の手配を第一に考えましょう。 辞令を受けたら転勤日を確認し、そこから逆算して引越しのスケジュールを決めていきます。 遅くとも転勤日の前日までに引越しが完了するくらいのスケジューリングで臨んでください。

引越しシーズンと言われる3〜4月頃は、内示が出たらすぐに引越し業者を手配すべきです。 繁忙期は引越し業者のスケジュールが埋まりやすく、希望日に引越しができない可能性も出てくるからです。

旧居の退去通知

現居が賃貸物件の場合、大家さんまたは不動産業者に引越しすることを伝えなくてはいけません。

退去予定日の1ヶ月前までにその旨を先方に告知するのが一般的です。 転勤の辞令はほとんどの会社で1ヶ月前に出るので、内示を受けたらすぐに大家さんや不動産会社に退去日を伝えるようにしましょう。

新居探し

引越しの手続きを進めるのと並行して行いたいのが新居探しです。 新居が決まらない状態では引越し先未定ということで、引越し業者とも契約できません。

まずは不動産仲介サイトや不動産会社などをあたってみましょう。物件の候補が出揃ったら、いくつか内見してなるべく早く契約しましょう。

3~4月の引っ越しシーズンは良い物件も多くありますが、引越し希望者も多いためすぐに埋まってしまうことがほとんどです。 特に条件の良い人気物件は早いもの勝ちですので、良いと思った物件はすぐに押さえてしまいましょう。

引越し1週間前~前日までにすること

転出届の提出

転勤に伴う引越しでは、行政手続きも必要となります。なかでもしっかりやっておきたいのが「転居・転出届の提出」です。 引越し日から14日以内に手続きを行わないと5万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

転居・転出届けは、旧居の住所を管轄する役所に提出します。住民票の住所を旧居から新居に変更し、受理されれば終了です。 同一市区町村内の引越しであれば転居、他市区町村への引越しならば転出届となります。

ちなみに単身赴任の場合、1年以内の短期単身赴任または定期的に帰省する場合は「生活拠点が変わっていない」ということで転居・転出届は出さなくてもかまいません。 また、単身ならば転出届は転勤する本人のみ提出し、他のご家族はそのままの住所変更をしないことも可能です。

住所変更手続き

引越しをする際には、各種公共料金の住所変更手続きも必要です。

ライフラインとなる電気・ガス・水道については、引越し後すぐに使えるように必ず住所変更手続きを行いましょう。 変更手続きについてはインターネットや電話を使って申し込めます。旧居で使用停止手続きで立ち会いが必要になることもあるので、事前に確認しておきましょう。

通信に関する公共料金として固定電話やインターネット回線の解約や新規契約も必要であれば行ってください。 こちらについては業者側のスケジュールなどにより、転居後すぐに使用開始できないこともあります。

転居後、旧居に届いた・届く予定の郵便物を新居に転送するために、郵便局で転送手続きを行いましょう。 手続きをしてから3~7営業日のタイムラグがありますので、それに合わせて早めに手続きすることをおすすめします。

荷造り

引越し業者が決まり、転居届や各種住所変更手続きがとともに進めていきたいのが荷造りです。

単身赴任であれば、荷物はある程度限定されますので、それほど時間もかからないでしょう。 しかし家族一緒に引越しとなれば荷物も多くなります。遅くとも1週間前にはスタートさせて引越し前日までには済ませておきましょう。

引越しに関わる荷造りを少しでも簡単にするには、不要なものは処分することです。

ほとんど着ない洋服や使っていない家具、読んでいない本などはこれを機会に断捨離してしまいましょう。処分するアイテムによっては、ネットオークションやフリマアプリなどの利用もおすすめです。

引越し当日以降にすること

引越し作業

引越し日当日の運搬作業では、引越し業者に壊れやすいものや大切に扱ってもらいたいものを明確に指示しておきましょう。 もちろんプロなので荷物の運び出しや積荷には十分な注意を払っていますが、指示をすることでより安全に運搬作業を行えます。

また、新居に荷物が到着したらダンボールや家具をどこに置くのか指示していきます。こちらは当日または後日荷解きをしやすくしたり、家具の大幅な移動をなくしたりするためです。

荷解き後のダンボールは自治体のゴミ出しルールに従ってゴミ出しをする、または業者に後日引き取ってもらうことになります。

近隣への挨拶

引越し後は近隣への挨拶も必要に応じて行います。とくに集合住宅の場合は、顔見せや今後のトラブル防止を兼ねて近所に挨拶しておくのが無難です。

戸建てならば近隣住民の方へ、集合住宅の場合は同一フロアや自室の上下のお部屋とともに管理人さんへも挨拶しておくと新生活をスムーズに始められます。

転入届の提出

引越し後は、14日以内に転入届の提出が必要です。こちらは転居先の住所にある役所に提出します。 単身での引越しならば本人が手続きするのが基本となり、家族一緒にという場合は同一世帯のうち誰が手続きしてもかまいません。

ちなみに、同一市区町村内の引越しですでに転居届を出している場合は転入届の手続きは不要となります。

転入届の提出で役所にいくならば、合わせて「印鑑登録」「国民健康保険」「国民年金」などの住所変更も同時に行うと効率が良いでしょう。時期にもよりますが、手続き自体はすべて行っても数時間以内で終了します。

住所変更手続き

転居後は公的機関での住所変更手続きも必要になります。

運転免許証があれば最寄りの警察署で住所変更を行います。新居の住所が確認できる住民票などの書類を用意しておきましょう。 マイカーをお持ちであれば車検証・車庫証明書の住所変更も必要です。普通自動車であれば陸運局、軽自動車であれば軽自動車検査協会に赴くことになります。

銀行、クレジットカード、保険など金融機関にも転居した旨を伝えなくてはいけません。こちらは電話やインターネット、各機関の窓口などで住所変更可能です。

転勤を準備する際の注意点

内見時に準備を整えておく

転勤後の新生活を気持ちよくスタートするためにも、新居の内見はしっかりと行いましょう。 良い物件、ご自身が納得できる物件であれば、気持ちも晴れやかに転勤することができるはずです。

内見でぜひ用意しておきたいものをリストアップしておきます。

本人確認書類や印鑑

人気の物件は競争率も激しく、1日違いで他の人が契約してしまうというケースも珍しくありません。 せっかくのめぐり合わせの縁をつなぐためにも、ぜひ内見日には本人確認書類や印鑑などを用意しておきましょう。

スマートフォンやデジカメ

内見時には部屋の現況を撮影できるようにスマホやデジカメを用意しておきましょう。

ひとつひとつの部屋全体を撮影できるように広角で撮影できるとベターです。室内のキズや目立つ汚れなどがあればそちらはアップにして撮影しておきます。 撮影した画像は保存をしておけば、退去時のトラブル防止に役立ちます。

メジャーでサイズを測定する

物件はひとつひとつサイズ感や規格が違います。そのため、お持ちの冷蔵庫や洗濯機などの大型家具が引越し後に設置できない、という可能性もなくはありません。

そういった事態にならないよう、内見時にはメジャーで家具・家電の設置場所、搬入口、カーテンや窓のサイズを図っておいてください。

周辺環境の確認

内見では物件そのものを確認するのと同時に、周辺環境もチェックしておきましょう。

転勤による引越しですから、駅からの距離や職場までの通勤時間、利用する交通機関の状況などは必ずチェックすべきです。 新生活を快適にするためには、スーパーやコンビニなどの商業施設の確認も欠かせません。

また、知らない土地に移り住むことになりますので、近所の雰囲気や監視カメラ・街灯の数など治安に関することもチェックしておくと安心です。

転勤にかかる費用をどれくらい会社が負担するか確認する

転勤による引越しは会社都合によるものなので、基本的な費用は会社が負担するのが一般的です。 しかし、その負担額や条件などは会社によって違います。また、そもそも転勤に伴う手当に関する規則がない、という会社もあります。

転勤が決まって引越しをすることになったらまずは就業規則を確認したり担当部署に「引越し費用の負担はどれくらいなのか」を聞いたりしましょう。

基本的な引越し費用を会社が負担する場合でも、さまざまな条件がある場合もあります。たとえば、会社が費用負担するが契約している引越し業者以外は選べない、といったものです。 こうした場合は規則に従う形になるでしょう。

もちろん、引越し業者を転勤者本人が選べるというケースも少なくありません。そうした場合は、お得なプランを提供している引越し業者を選ぶとお得です。

複数の引越し業者から見積もりを取って比較する

会社が引越し費用を負担する場合、「複数の引越し業者から見積もりを取って安いところを選ぶ」という条件が出されるケースもあります。 会社としては転勤にかかる経費をなるべく抑えたいと考えるので、これは当然でしょう。

また、多くの場合は引越し後に領収書の提出が必要となります。会社が負担する場合、引越し費用は経費扱いなのでこれも当然です。 このように、会社としてはなるべく費用を抑えたいと考えるため、安い業者を探し出せれば、会社としても喜ばしいことなのです。

そこでおすすめなのが「ケーエー引越しセンター」です。

宅配便よりも安い『爆安75パック』やレンタカーよりもお得な『超節約パック』などさまざまなお得プランがあります。 首都圏の単身引越しであれば首都圏でも最安値クラス。『標準パック』でかかる費用は平均15,500円です。

当社の料金が安い理由は、不要なサービスをカットしているためです。もちろん、そのままでもプロの作業による安心・安全な引越しができますが、お客様が必要だと思ったサービスを後からオプションで追加することもできます。 そのほか、訪問見積もりをなくし、作業の効率化や下請けを使わないなどさまざまなコストカットにより首都圏の単身引越し業界最安値を実現しています。

スムーズな転勤のための準備は欠かさず!

転勤による引越しで必要となる準備や各種手続きについてご説明いたしました。今回のポイントとしては以下になります。

内示は転勤の1ヶ月前がほとんど。場合によっては2週間前や半年前というケースも。
転勤日前には引っ越せるように、引越し業者の手配は内示を受けたらすぐに行うべき
転出転入届けや公共料金等の住所変更は必ず行う
内見時は物件を選ぶだけでなく、退去後にトラブルにならないように写真も撮っておく

一般的に転勤の内示は1ヶ月前というケースが多く、実際に準備をするとかなりバタバタすることがほとんどです。ぜひこちらの記事を参考に、準備すべきことや優先して行うべきことを整理してスムーズに進めていってください。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
ちょっと面倒ですが、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる