単身赴任にかかる費用には何がある?内訳と負担を補助する手当の相場

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越しなら東京で1番安いケーエー引越センター HOME 引越しを格安・激安にするおすすめポイント 単身赴任にかかる費用には何がある?内訳と負担を補助する手当の相場
引越しアドバイス
引越しアドバイス
単身赴任にかかる費用とは?
内訳と補助手当の相場
口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。
通勤・通学の移動中に1分で簡単入力!当社は訪問見積もりナシ!お気軽にどうぞ!
1分で即回答します!簡単見積もり

「単身赴任ではどんな費用がかかる?」「会社から負担される手当には何がある?」「手当の相場と費用を安く抑えるコツは?」

単身赴任が決定してまず確認しておきたいのが、かかる費用についてです。 赴任先地域の家賃相場や必要な生活費、もちろん引越し費用についても考えなくてはいけません。

多くの場合は単身赴任手当が支給されますが、会社によってその金額や条件が違うため事前確認は必須といえるでしょう。 単身赴任先で予定以上の出費・自己負担があって困ることがないように、費用についてまず知っておくことが大切です。

今回は単身赴任で必要になるさまざまな費用の内訳、負担される手当の種類や相場、引越しをお得に」する方法などをご紹介します。

単身赴任にかかる費用の内訳

引越し費用

引越し費用は単身赴任先に引越しする際に業者に支払う料金です。 荷物の搬出・搬入・運搬にかかる費用であり、荷物量や移動距離によって金額が変わってきます。

会社都合による単身赴任であれば、会社側が引越し費用を負担してくれるのが一般的です。 もちろん経費扱いとなるため、引越し手当の申請には複数社の見積もりが必要になるなど条件が課されます。 必ず事前に引越し手当について担当部署に問い合わせるようにしましょう。

単身赴任先での初期費用

単身赴任先の拠点となる、賃貸物件の初期費用も必要です。敷金・礼金・仲介手数料などがこれにあたります。

一般的には家賃の5~6ヶ月分が初期費用としてかかりますが、中には敷金礼金ゼロや手数料ゼロという物件もありますので確認しておきましょう。 また、引越し費用と同様に会社によってはこの賃貸初期費用を全額または一部負担してくれる可能性があります。

また、初期費用とは別に住宅手当の支給や社宅・寮の手配をする場合もあるようです。どういったサポートを受けられるのか、こちらも担当部署に事前に問い合わせておきましょう。 他にも新居の初期費用として家具・家電の購入が必要になるかもしれません。こちらも頭に入れておくと安心です。

生活費

単身赴任における生活費は通常の一人暮らしと同じで12万~14万円ほど必要になります。 もちろん工夫次第で安くできますし、逆に状況によって高くなる可能性もあります。

生活費の内訳としては、家賃・食費・水道光熱費・通信費・娯楽費などです。 家賃は削れませんが、食費は自炊で抑えられますし通信費も格安スマホに乗り換えることで改善できるかもしれません。

また、会社によっては単身赴任手当として毎月補助が支給されることがあります。金額や条件については事前に確認しましょう。

ちなみに、上記はあくまでも単身者のみの生活費です。当然、旧居に残った家族の生活費、家賃・食費・水道光熱費は二重に支払うことになります。 単身赴任手当など各種手当ての支給額によっては生活を大きく圧迫する可能性があるでしょう。

単身赴任の費用負担を補助する手当の相場

単身赴任では実にさまざまな費用がかかることがわかりました。特に生活費は残した家族と合わせて二重に支払う形になるので生活が圧迫される可能性があります。 ここでは単身赴任で会社から負担される各種手当ての相場についてまとめていきます。

民間企業に勤める会社員の場合

厚生労働省によれば、単身赴任手当・別居手当の平均支給額は4万6,065円で住宅手当の平均支給額は1万7,000円とのことです(単身赴任に関わらず支給されることがある)。

たとえば毎月の食費は単身赴任で3~4万円かかると言われていますので、そのくらいが目安になっていると考えられます。 また、企業規模が大きいほど支給される手当の金額が増える傾向にありますので、実際の支給額については総務部などの担当部署に必ず確認をとるようにしましょう。

公務員の場合

民間企業だけでなく公務員も単身赴任手当や住宅手当があります。

人事院規則によると単身赴任手当は月額3万円です。 これは赴任先と家族の住む家までの距離が100kmを超える場合は距離に応じて手当が加算されるので、実際の支給額は担当部署に確認をとるようにしましょう。

住宅手当は最大で2万8,000円となり、単身赴任に関わらず支給される場合があります。

単身赴任で費用を抑えて引越しできる『ケーエー引越センター』

単身赴任ではさまざまな費用がかかるため、引越し費用はなるべく安くすませて自己負担を減らしたいと考えることでしょう。

もし単身赴任先が首都圏で荷物がそれほど多くないのであれば、業界最安クラスのケーエー引越センターがおすすめです。 最安プラン7,500円と圧倒的リーズナブル価格で引越しできます。

ケーエー引越センターとは?

ケーエー引越センターはご紹介したように首都圏の単身者向け引越しでは業界最安クラスの引越し業者です。 単身赴任先が首都圏であればかなりお得に引越しできるでしょう。

業界最安クラスとはいえその作業品質は高クオリティです。ではなぜ安いのか、その理由はケーエー引越センター独自の経営努力にあります。

ケーエー引越センターは首都圏に稼働エリアを絞り単身者向けに特化することで、作業を効率化してコストの削減と安定した利益確保を両立させています。 また、訪問見積もりの廃止や下請け業者を使わずに中間マージンをカットするなど独自のコスト削減努力をしているのです。

また、作業内容をスリム化して多くのサービスをオプション化しているので、依頼者は必要な分だけ引越し内容をカスタマイズできます。 ダンボールの準備、養生、時間外指定など無駄なく必要なものだけ選べるので料金も抑えやすいのです。

オプションそのものも格安なものばかりで、たとえば引越しに伴うエアコン移設工事では「エアコン取り外し5,000円」「エアコン取り付け7,000円」となっています。 基本料金にプラスしても大手業者と比べて格段に安いのでお得感はかなりあるのではないでしょうか。

ケーエー引越センターの主な料金プラン

爆安75パック

爆安75パック』はその名の通り7,500円で引越しできる究極の爆安引越しパックです。

ダンボール20箱以内まで可能なので宅配便よりも格安で引越しできるでしょう。手軽にお得にサクッと単身赴任の引越しをしたい方におすすめの爆安パックです!

こちらのプランの適用条件は以下です。

ダンボール20箱以内
東京23区内および指定近接エリア間の運搬
1階から1階のドアツードア運搬(依頼者の手伝いが必要)

荷物が少なく首都圏の引越しならば選ばない手はないのではないでしょうか!

超節約パック

超節約パック』はレンタカーによる自力引越しより安いと言われる格安プランです。ダンボール50箱以内で10,500円とこちらもかなりお安い料金となっています。

引越し費用を抑えるために自力でなんとかしようと考える方は少なくありませんが、実はレンタカー引越しは意外と費用がかかります。 車代にガソリン代、手伝ってくれた友人らへの謝礼もありますし、万が一の事故による予定外の出費リスクも自力引越しにはあります。

超節約パック』ならばプロが作業を手伝いプロが運転しますのでリスクはほぼゼロ、依頼者の肉体的・精神的疲労も大幅カットできることでしょう。

適用条件は以下です。

ダンボール50個相当、同一区内・隣接区であれば10,500円から
ダンボール50個相当、20km以内であれば11,500円から
ドアツードア運搬で依頼者の手伝いが必要
平日であること

レンタカーによる自力引越しを選ぶよりも安全・スムーズですし割安なのでぜひ検討してみてください。

『標準パック』

『標準パック』は平均引越し料金1万5,500円でケーエー引越センターの中でももっとも人気のあるプランとなっています。

ダンボール箱90個または120個相当まで運搬可能で、熟練スタッフが最大3名まで派遣されますので圧倒的な安心感・お得感があります。 荷物量もかなり余裕がありますので、単身赴任による引越しはもちろん、家族引越しにも対応可能です。

安いことはもちろん、引越しをしっかりサポートして欲しい方におすすめできるプランといえるでしょう。

こちらのプランの適用条件は以下です。

ダンボール90箱相当で同一区内、隣接区であれば13,500円~
ダンボール90箱相当で20km以内であれば14,500円~
ダンボール120箱相当で20km以内であれば24,500円~
平日であること
低層階から低層階への引越しであること

必要であれば格安オプションも追加可能なので、ぜひケーエー引越センターの担当者と相談の上で決定していってください。

単身赴任にかかる費用と各種手当を知って賢くお得な生活を

今回は単身赴任にかかる費用の相場や内訳、会社から支給される手当についてご説明しました。

単身赴任でかかる費用の中でも生活費と引越し費用は金額が大きくなりやすいものです。 会社から支給される各種手当を活用することはもちろん、ご自身でうまく工夫をしてお得な暮らしを送れるようにしたいものです。

引越しについては、首都圏ならばケーエー引越センターが断然おすすめです。 最安7,500円という料金はもちろん、信頼感あるサービスを提供してくれるので安さ以上の満足感を得られることでしょう。

今すぐ!簡単見積もり!
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
引越しなら東京一安いケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.
簡単見積もり

閉じる