クロネコヤマトの単身引越しサービスの料金の目安、メリットと注意点

引越しアドバイス
引越しアドバイス
クロネコヤマトの
単身引越しサービスの
料金の目安、メリットと注意点

ケーエー引越センターの神代優也です。心から引越しを愛し、筋トレが趣味の34歳です。 引越し業界歴10年の経験と知識を活かして、みなさまに引越しに役立つさまざまな知識をご紹介します。

このページでは「クロネコヤマトの単身引越サービス」についてご説明しますね!

クロネコヤマトの単身引越サービスの「わたしの引越」にはどのような特徴があるのか、引越し料金の目安、利用する上でのメリットや注意点、おすすめの引越し業者をご紹介していきます。

クロネコヤマトの単身向け引越しサービスの基礎知識

クロネコヤマトでは単身者向けの引越しとして「わたしの引越」というサービスを提供しています。ここではそのサービス内容と料金の目安をご紹介していきます。

クロネコヤマトの単身向け引越しサービスの内容は?

クロネコヤマトには単身引越し向けのパックサービスとして「わたしの引越」というサービスがあります。

「わたしの引越」では高さ170cm×幅104cm×奥行104cmの専用のボックスが用意されます。単身引越しということで運搬できる荷物量はボックス1~2本に入る程度です。 専用ボックスに入る荷物量の目安は以下の通りです。

1本の場合

ダンボール15箱、テレビ+テレビ台、ローテーブル、布団、衣装ケース3箱、カラーボックス

2本の場合

ダンボール15箱、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビ+テレビ台、ローテーブル、布団、衣装ケース5箱、整理ダンス、カラーボックス

ダンボールへの梱包は依頼者が行い、専用ボックスへの積み込みや家財搬出はクロネコヤマトのスタッフが行います。

クロネコヤマトの単身引越し料金の目安

クロネコヤマトの単身引越し料金の目安は以下の通りです。

集荷日・届け日が
共に平日
集荷日・届け日の
一方だけ土日祝日
集荷日・届け日が
共に土日祝日
東京都→神奈川県 23,100円 25,300円 27,500円
東京都→大阪府 30,800円 33,000円 35,200円

表の目安料金は専用ボックス1本分のものです。2本であれば料金は倍になりますので注意してください。 また、土日祝日は引越し需要が高くなることから、1日あたり,2200円ほど費用が高くなることも覚えておいてください。

なお、同一市区内での引越しであれば、専用ボックス1本で1万5,400円とやや割安になります。

クロネコヤマトの単身向け引越しサービスのメリットと注意点

クロネコヤマトが提供する単身向け引越しサービス「わたしの引越」のメリットや注意点をご紹介します。

メリット

コストを抑えることができる

一般的な引越しよりも費用を大幅に抑えられるのがメリットです。 「わたしの引越」は混載便です。そのためトラックを貸し切りにした引越しよりもコストがかかりません。

また、大型家具など専用ボックスに収まらない荷物であっても、「らくらく家財宅急便」を利用して運搬できます。 「わたしの引越」利用時であれば、事前申し込みが不要で、家具一点から利用可能です。単身者で大きな家具がある方でも安心して依頼できます。

Webで申し込みを完結できる

「わたしの引越」はWebで申し込みができます。 専用ページにて運搬予定の家財を選択すると、それに必要なボックス数と料金目安が自動的に算出されます。

Webのみで申し込みを完結でき、面倒な訪問見積もりや電話でのやり取りもないので気楽に単身引越しを進めることが可能です。 手間や時間をあまりかけたくない方に向いています。

荷物の届け日を指定できる

「わたしの引越」では荷物の届け日を集荷日から7日後までの範囲で自由に指定できます(例:集荷日4/1なら最短4/2~最長4/8まで指定可能)。

すぐに荷物を届けて欲しいならば集荷日翌日に指定すればいいですし、事情によりすぐに新居に足を運べない場合はそれに合わせて7日後以内の届け日を設定可能です。

また、集荷日については15時までの申し込み完了で、最短翌々日の集荷に対応してくれます。急な引越しでも対応してくれやすいのもメリットです。

注意点

加算料金が必要になる場合がある

「わたしの引越」では加算料金科必要になる可能性があるので注意してください。

土日祝日はもちろん、引越しシーズンとなる3月~4月の引越しシーズンは費用が加算されて割高になります。 また、時間指定をする場合は集荷日・届け日それぞれに別途費用がかかりますので事前にご確認ください。

他にも料金加算されるものとして、家具・家電の取り付け・取り外しがあります。 洗濯機や証明、テレビなど大型家具・家電の運搬もお願いする場合は、作業料金を事前確認するのが大切です。

出荷当日に届けることはできない

一般的な引越しサービスと異なり、「わたしの引越」では出荷から到着までを当日中に完了できません。 地域にもよりますが、荷物の最短届け日は集荷日の翌日となります。

集荷後すぐに新居に移る場合、その日の夜は家財道具がない状態となるため注意が必要です。 新居にてすぐに必要な荷物があるならば厳選して持てる範囲で予め持っていくようにしてください。

ダンボールの無償提供はない

「わたしの引越」では専用ボックスへの積み込みをスタッフがすべて行ってくれます。 その代わり、ダンボールへ荷物を積み込む作業については、事前に依頼者が行わなくてはいけません。

また、荷造り用のダンボールはクロネコヤマトから無償提供されないため、自身で準備する必要があります。 ホームセンターで購入、またはコンビニ・スーパーなどで不要ダンボールを貰うなどして準備を進めてください。

クロネコヤマトの単身引越し同様に、格安で利用できる引越し業者の探し方

「わたしの引越」だけでなく、単身引越しを格安で行える引越し業者はたくさんあります。 ここでは格安で利用できる引越し業者を効率よく探す方法をご紹介します。

一括見積もりサイトを利用する

格安利用できる引越し業者を探すのに一括見積サイトはとても便利です。複数の引越し業者の見積もり一気に取ることができ、料金を比較して安い業者を容易に探せます。

また、一括見積サイトを利用した場合、引越し費用を割引してくれる可能性も高まります。 これは、相見積もりとなるため、引越し業者は依頼を勝ち取るために割引やさまざまなサービスを提案してくれやすくなるのです。

軽貨物運送業者を利用する

引越し費用を抑えたいなら、軽貨物運送業者の利用も選択肢のひとつです。

軽貨物運送業者では使用車両が軽貨物車であり、スタッフもドライバーが一人であることが少なくありません。 人件費やコストを抑えられるため引越しにかかる料金も安い傾向にあります。

このことから、荷物の少ない単身引越しであれば、大手引越し業者よりも費用を抑えられやすいのでおすすめです。

地元密着型の引越し業者を利用する

地元密着型の引越し業者は大手引越し業者よりも費用の安い引越しを行える可能性があります。 これは、利用エリアを限定して引越し作業を行うことで、人件費や車両費を抑えつつ低コストかつ効率を高められるためです。

首都圏の単身向け引越しであれば業界最安クラスの引越し費用を誇る『ケーエー引越センター』がおすすめです。

『ケーエー引越センター』ではさまざまな格安プランが用意されているため、利用者の状況によってお得に選べます。

『ケーエー引越センター』が提供している『爆安75パック』は定額7,500円と激安で、荷物量が少ないならば宅配便よりも安く引越しすることが可能です。 また『超節約パック』ならレンタカーを借りて自力で引越しするよりも費用を安く抑えることもできます。

『ケーエー引越センター』が業界最安クラスの引越し料金を提供できる理由は「徹底したコストカットや企業努力」です。

たとえば『ケーエー引越センター』では訪問見積もりをカットし中間コストの排除を行っています。 また、サービスをオプション化することで基本料金のスリム化・利用者が必要と思うものだけを選べる自由度の高さも実現しています。

このように『ケーエー引越センター』では、あらゆる角度からコストカット・企業努力を進め、格安引越し料金へと還元しているのです。

格安引越し業者をお探しならばぜひ地元密着型の引越し業者も利用を検討してみてください。首都圏エリアであれば最安クラスの『ケーエー引越センター』がもっともおすすめです。

単身の安い引越しが気になる方はこちら『単身の引越しを安い費用で実現するには?節約するコツとおすすめ業者

クロネコヤマトの単身引越しはリーズナブルでも注意が必要

クロネコヤマトが提供する単身向け引越しサービス「わたしの引越」はリーズナブルなので費用を抑えたい方におすすめです。 申込みもWebで完結できるため手間をかけたくない人にも向いています。

ただし、加算料金がかかる可能性があることや引越し作業日=出荷当日に届かないなどの注意点もあります。 「わたしの引越」を利用する場合は、事前に料金やスケジュールについて確認してください。

首都圏の単身引越しであれば『ケーエー引越センター』が最安クラスでおすすめです。 爆安75パックならば定額なので加算料金もないので安心できます。他にも格安プランが用意されているのでぜひ検討してみてください。

まとめ

ケーエー引越センターの料金プラン

では最後に改めてケーエー引越センターの料金プランを確認しておきましょう。『標準パック』、『超節約パック』、『爆安75パック』という3つのプランがあり、その中から自分の引っ越しに最適な内容と条件のプランを選ぶことが出来ます。

一般的な引っ越しに最適な『標準パック』 13,500円~

標準パック』は一番の人気を誇るプランです。荷造りなどは自分でやる必要がありますが、大きな家具や冷蔵庫などの養生や運搬などはプロのスタッフが担当するので安心できます。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越しが可能で、荷物量に応じて2tトラックの標準車かロング車が配備され、スタッフは2名~3名が伺います。 荷物量もダンボール約90個相当(容積8.4㎥)からダンボール約120個相当(容積10.5㎥)までが可能な目安です。 『標準パック』 詳細ページ

とにかく節約したい人に『超節約パック』 10,500円~

とにかく節約したい人は、不用品を処分するなど荷物を極力少なくした上で、荷造り以外に引っ越し作業そのものも手伝うことで、料金を低くすることができます。

超節約パック』では、引越し専用車両「ロイヤル号」と作業スタッフ1名が伺います。作業をお客様にお手伝いしていただくことで、低料金かつスムーズな作業を実現することができているのです。

適用条件としては、同一区内、または隣接する区へのお引越しと20km以内へのお引越し、ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)のお荷物となります。 それでも10,500円からの料金と激安なので、超節約というプラン名なのも納得するはずです。 超節約パック』 詳細ページ

宅配便よりも安い!『爆安75パック』 7,500円ポッキリ!

爆安75パック』は、同一区内、または隣接する区へのお引越しで、段ボール20個以内の荷物の少ない方におすすめのプランです。

荷物を宅配便として引き取り&配達してもらっても、この金額には収まらないでしょう。 しかも通常の宅配便などとは異なり、そのまま新居に直行します。宅配便も当日配送があるにはありますが、一旦持ち戻って、荷物を積み替えてからなのでスピードが違います。

また他の荷物と混ぜられてしまう混載便になるため、紛失等のリスクがあります。一円でも安くスピーディーに、かつ荷物を混載されずに引っ越しをするなら、この『爆安75パック』しかありません。 『爆安75パック』 詳細ページ

口コミ・評判はコチラ 実際に利用したお客様のリアルな評価です。

東京で底値の引越し見積もりを入手する方法

単身のお引越しなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。

荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

そして、『ケーエー引越センター』では業界で1番安いお引越しができます!

是非、ケーエー引越センターで見積もりを取ってください!

1分で入力完了!無料で見積してもらう
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-21:00 03-5656-2858
お見積もりフォーム 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越し
タイプ
現在の
ご住所
引越先
ご住所
引越し
ご希望日
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号 ※ハイフン不要。半角数字のみご記入ください。
【業界で1番安い7500円】東京都内の引越しはケーエー引越センター
© KA Hikkoshi. All Rights Reserved.